少年マイロの火星冒険記のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 少年マイロの火星冒険記
 > (レビュー・クチコミ)

少年マイロの火星冒険記

[ショウネンマイロノカセイボウケンキ]
(少年マイロの火星冒険記 3D)
Mars Needs Moms
2011年【米】 上映時間:89分
平均点:6.00 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-04-23)
アクションSFコメディアドベンチャーアニメファミリー小説の映画化CGアニメ3D映画
新規登録(2011-05-18)【民朗】さん
タイトル情報更新(2016-06-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督サイモン・ウェルズ
セス・グリーンマイロ
ダン・フォグラーグリブル
ジョーン・キューザックマイロのママ
ミンディ・スターリング総統
トム・エヴェレット・スコットマイロのパパ
ジュリアン・レネ火星人
濱田龍臣マイロ(日本語吹替版)
本田貴子マイロのママ(日本語吹替版)
設楽統マイロのパパ(日本語吹替版)
藤村歩キイ(日本語吹替版)
京田尚子総統(日本語吹替版)
宝亀克寿警官(日本語吹き替え版)
脚本サイモン・ウェルズ
音楽ジョン・パウエル
編曲ピート・アンソニー
ブラッド・デクター
リック・ジョヴィナッツォ
ジョン・アシュトン・トーマス
撮影ロバート・プレスリー
製作ロバート・ゼメキス
スティーヴ・スターキー
制作東北新社(日本語版制作)
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
特撮マイケル・ランティエリ(特殊効果スーパーバイザー)
振付ジュリアン・レネ
編集ウェイン・ワーマン
その他ピート・アンソニー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.まったく記憶に残らない映画。
miumichimiaさん [DVD(吹替)] 5点(2014-09-07 13:40:46)
7.※タイ国在住。タイのTVで放映された為、タイ語で視聴※ 分りやすい設定は、家族で見るには良い感じでしたが、深い内容の映画慣れしている自分には物足りなさが残る内容でした。ウチの子が主人公と同じくらい成長した時に、お母さんの大切さを知る意味で見てほしいなぁ…とは思いました。 CGはディズニー作品らしくクオリティーも高く、地下世界など、複雑さと奇麗さが際立っていますが、こちらも自分にとっては劇場で見るほどではないという感想なので、5点。
sirou92さん [地上波(邦画)] 5点(2014-05-04 01:24:59)
6.ストーリーはいい。けどやっぱCGがいまいち。こういうのって見ているうちになれるもんだけど、火星人のヒロインはだんだん慣れてきたけど、人間が無理。ま、うちの子供は面白いっていってたので+1。
木村一号さん [DVD(字幕)] 7点(2012-09-22 16:27:46)
5.《ネタバレ》 レトロフィーチャーなデザインはよし。親子愛も素敵。ただしそれを活かしきれてないおしい作品だなぁ。
とまさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2012-07-28 22:40:01)
4.《ネタバレ》 まずグリブルのCGの出来が非常にリアルな存在感があって、思わず「すげぇ」と声を漏らしました。『アビス』ぽいけどクライマックスのヘルメットのシーンはやっぱイイですねー。地球に戻ってグリブルと別れた直後の「おえ~」も好きでした。自分的にはゼメキスさん最近は子供向けCG作品の監督さんといった印象なんですが、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のように大人も子供も楽しめる実写とか、『コンタクト』みたいに重量感あってしかもハートフルなSFとか、メリル・ストリープやブルース・ウィリスを使ってベタなオフザケさせた『永遠に美しく』とか、またいろいろ実写作品でお気に入りにできるものを見せてほしいなと期待しています。
だみおさん [DVD(吹替)] 8点(2012-01-04 04:07:28)
3.《ネタバレ》 ストーリーはと言うと、火星人にさらわれたママを連れ返すというただそれだけの内容なんですが、火星表面でマイロを助ける為に、自分のヘルメットをつけてあげるママの優しさにはジ~ンとくるものがありましたね。メッセージ性は凄く明確。総統率いる火星人達は全体主義そものもので、それに対して個人の自由や表現を大切にする民主主義が勝るということと、愛情は素晴らしいものだという内容。あとは、男性も子育てに参加しましょうということかな(笑)。同じCGアニメでも、ピクサーと比べると脚本がとてつもなく貧弱だし、ロバート・ゼメキスが関わってるだけあって人の顔の動きを取り込んだ独特のスタイルなんだけど、これがまた実に中途半端な出来なんですよね。妙に本物っぽい表情なのに、全然血が通ってないみたいな。だから、まだまだ発展途上だなという感じが致します。火星人が作った、大規模な地下施設のスケール感やクリーンさは個人的には好きでしたが。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2011-09-26 22:08:38)
2.《ネタバレ》 うーん、一言で言うと「惜しいな」と思えた作品です。ストーリーのテーマは悪くない。母親と詰まらない事で仲違いしてしまった少年マイロが、アブダクションされてしまった母親を何とか自分の手で救いだそうとする。火星の住人は完全女性上位社会であり、個人の意思や芸術が禁止されている世界。これはどう見ても社会主義のパロディですね。今頃に描くのはやや遅い気がしますが、軍隊の行進や指導者から想像するに北朝鮮を批判しているんでしょう。ヒロイン(?)の火星人の女の子が最終的に力いっぱいに絵を描いているシーンは、人間にはやっぱり芸術が必要なんだと感じジーンとしました。そしてラストで見せる母の愛。息が詰まりながらもマイロにヘルメットを被せるシーンは結構泣けました。火星から母親を救ったマイロは、冒頭ではクソガキだったのが、冒険を通して大人の顔になっている。オシマイ、オシマイ。……となれば良かったのですが、まずゼメキスのモーション・キャプチャーを使った人物造形が相変わらずコワいよ!どうしても実写で良いじゃんと思ってしまう。それからマイロの相方のグリブルが最後まで鬱陶しすぎる!こんなイヤな相方役は久々に見ましたよ。企画の段階で彼をどうにかできなかったのでしょうか。とまあ不満点もかなりある作品でした。
民朗さん [映画館(吹替)] 6点(2011-05-29 10:28:43)
1.《ネタバレ》 毎回、ゼメキスのところのフルCG作品の特徴はとてもリアルな人物造形。だけど、今回この作品にそれが合っていたかと言うと甚だ疑問です。アニメチックな火星人の造形とのバランスが取れてません。主人公の少年がちょっと生意気なガキなので、リアルな見た目だと殊更馴染もうとする気になりません。エンドクレジットでどうだとばかりにモーションキャプチャーのための撮影風景を見せつけるあたり、それって違うんじゃない?って思いがひしひしと。だったら実写でやろうよ・・・。でも、それより気になったのはカビの生えたようなアメリカ的価値観から見た絶対的アメリカ至上主義。「火星人は地球人よりも劣った存在で、支配者の下で夢を見ることもなく冷たい暮らしを送っています。だから地球人の正しい価値観によって啓蒙しなければなりません。」 今時、臆面もなくよくもこんな物語で映画作れちゃうよなぁ、って。地球人はアメリカ人に、そして火星人は他の、色々な国に容易に置き換えられてしまうような、逆に凝り固まった価値観によって描かれているような映画。主人公と行動を共にする肥満キャラもアメリカ映画によく登場するジョン・ベルーシ的、ジョン・キャンディ的、ジャック・ブラック的な喋りまくるウザいキャラで辟易。実のところ、そういう設定まで含めてアメリカンレトロSFなセンを狙った感じがあるのですが、デザインに魅力はあっても、物語はもう少し今日的な視点で描いて欲しかったと思います。火星人ヒロインは魅力的でしたけど。
あにやん‍🌈さん [映画館(吹替)] 5点(2011-05-21 00:34:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5337.50%
6337.50%
7112.50%
8112.50%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS