風の又三郎(1957)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 風の又三郎(1957)
 > (レビュー・クチコミ)

風の又三郎(1957)

[カゼノマタサブロウ]
1957年【日】 上映時間:49分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマファンタジーモノクロ映画学園もの小説の映画化
新規登録(2011-05-20)【ESPERANZA】さん
タイトル情報更新(2021-06-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督村山新治
キャスト山内賢(男優)
松山省二(男優)
伊東隆(男優)
宇佐美淳也(男優)
左卜全(男優)
加藤嘉(男優)
原作宮沢賢治
音楽木下忠司
配給東映
あらすじ
1年生から6年生まで全生徒27名の東北の小さな小学校、そこに北海道から一人の転校生がやって来た。名前は高田三郎というのだが、風のように突然現れ、突如として消えてしまう。そうした出没から、子供たちは「風の又三郎」と呼んだ。 宮沢賢治の名作童話を東映教育映画部が映画化したもので、学校や公民館などで繰り返し上映され続けている名作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.小学生の頃、学校で見た映画。50年以上経っても「どおっどど、どどど」で始まるあの歌は、鮮明に覚えていた。DVD化され再鑑賞したのだが、原作のいくつかのエピソードが省かれている以外ほとんど忠実に再現化されている。
児童劇に近く、演技も決して上手とは思えないが、宮沢賢治の「風の又三郎」を知る上で、格好の材料になると思う。
複式学級の先生役を若い加藤嘉さんが演じているし、あの懐かしき左卜全さんも見ることができる。主役の山内賢さんは当時は久保賢という名前だった。
ところで鑑賞環境分類で困るのは、学校や公民館あるいは研究集会などで見た映画はどれに入るのだろう? とりあえず、試写会ということにしているが・・・。

ESPERANZAさん [試写会(邦画)] 6点(2011-06-06 06:12:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS