ファンタスティック Mr.FOXのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファンタスティック Mr.FOX
 > (レビュー・クチコミ)

ファンタスティック Mr.FOX

[ファンタスティックミスターフォックス]
Fantastic Mr. Fox
2009年【米・英】 上映時間:87分
平均点:6.20 / 10(Review 15人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-03-19)
コメディアドベンチャーアニメ動物もの小説の映画化
新規登録(2011-05-24)【R&A】さん
タイトル情報更新(2014-02-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウェス・アンダーソン
ジョージ・クルーニーMr.FOX
メリル・ストリープMrs.FOX
ジェイソン・シュワルツマンアッシュ
ビル・マーレイバジャー
マイケル・ガンボンフランクリン・ビーン
ウィレム・デフォーラット
オーウェン・ウィルソンコーチ・スキップ
ジャーヴィス・コッカーピーティー
ウェス・アンダーソンウイーゼル(いたち)
ヘレン・マックロリーミセス・ビーン
ロマン・コッポラ
ジェレミー・ドーソンビーバーの息子
ガース・ジェニングスビーンの息子
ブライアン・コックス〔男優・1946年生〕レポーター
トリスタン・オリヴァー〔撮影〕
エイドリアン・ブロディ野ねずみ
てらそままさきMr.FOX(日本語吹き替え版)
佐藤しのぶ【声優】Mrs.FOX(日本語吹き替え版)
原作ロアルド・ダール「すばらしき父さん狐」/「父さんギツネバンザイ」
脚本ウェス・アンダーソン
ノア・バームバック
音楽アレクサンドル・デスプラ
ランドール・ポスター(監修)
作詞ジャーヴィス・コッカー"Fantastic Mr. Fox AKA Petey's Song"
ウェス・アンダーソン"Fantastic Mr. Fox AKA Petey's Song"
作曲ジャーヴィス・コッカー"Fantastic Mr. Fox AKA Petey's Song"
ウェス・アンダーソン"Fantastic Mr. Fox AKA Petey's Song"
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト"Horn Concerto No. 4 In E Flat Major"
編曲アレクサンドル・デスプラ
挿入曲ジャーヴィス・コッカー"Fantastic Mr. Fox AKA Petey's Song"
ザ・ビーチ・ボーイズ"Heroes and Villains"他
バール・アイヴス"The Grey Goose"他
ジョルジュ・ドルリュー"Une petite île"
ザ・ローリング・ストーンズ"Street Fighting Man"
撮影トリスタン・オリヴァー〔撮影〕
製作ウェス・アンダーソン
スコット・ルーディン
ジェレミー・ドーソン
20世紀フォックス
製作総指揮アーノン・ミルチャン
配給ショウゲート
編集アンドリュー・ワイスブラム
字幕翻訳石田泰子
その他ギャガ・コミュニケーションズ(協力)
アレクサンドル・デスプラ(指揮)
キャメロン・クロウ(スペシャル・サンクス)
ナンシー・マイヤーズ(スペシャル・サンクス)
マイク・ニコルズ(スペシャル・サンクス)
スティーヴ・クローヴス(スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.《ネタバレ》 大人も飽きずに見れるアニメ。アンダーソンらしい動きのある画づくりと、ストップモーションで再現される動物たちの愛らしくも野性味のある表情がいい。1つ1つのキャラクターも立っている。
カワウソの聞耳さん [DVD(字幕)] 6点(2018-07-20 11:23:18)
14.世界観が好き。
喋る動物のキャラクター達が皆個性的で可愛い。
主人公のキツネは思いっきりジョージ・クルーニーだった!めっちゃ渋いこのキツネ。
あと、相棒の何の動物かわからないけど目が点になっちゃうとことか好きだし、敵なのに妙に愛嬌があるネズミとか気に入った。
ストーリーはちょっと取っ付きにくく、盛り上がりにも欠けるんだけど、映像がとても作り込まれていて観ているだけでワクワクさせられた。
あと気になったのが、キツネ時間って何?笑
ヴレアさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-05-24 22:06:32)(良:1票)
13.《ネタバレ》 話のテンポ、音楽、キャラクターの可愛らしさ&コミカルな動き、非常によかったです。ストップモーションの映画なので映像にも非常に温かみを感じました。父さんのしっぽが取れちゃうのは痛々しかったですね。ちょっと難しいですがおこちゃまも観れますね♪
とむさん [DVD(字幕)] 7点(2014-09-24 00:06:42)
12.期待してた感じと違う。
miumichimiaさん [DVD(吹替)] 5点(2014-08-21 12:24:29)
11.《ネタバレ》 キツネ父さんの主義主張は明快です。野生動物らしく生きたいということ。本能に従い、家畜は襲わせてもらいますし、欲しいモノがあれば勝手に頂戴しますよと。元来、そういうナチュラル派人生観の持ち主です。ところが家庭を持つとなると、少々話はややこしくなります。妻子を養う事が人生の最優先課題に変わります。信念に対して妥協を余儀なくされることも。その結果が新聞記者というワケ。でも血は抑えられぬもの。再び、主人公は野生動物の生き方を選択しました。これはもう生き様の問題。本来、他人がとやかく口を挟める問題ではありませんが、巻き込まれる方はたまったもんじゃありません。それでも所属するコミュニティ(野生動物業界、そして家族)から彼が排除されないのは、人徳(狐徳?)の成せる業でしょうか。おそらくキツネ父さんが理想とする野生動物の在り方とは、幻のオオカミを指すのでしょう。大自然の中で、何ものにも囚われず、自由に生きる。それと比べるとシガラミが多く、また人間文化に染まった彼のライフスタイルは、野生動物の美学に欠けるかもしれません。ただし、環境順化を拒否したが故にオオカミは絶滅に瀕したとも言えます。環境に適応しながら、かつ己が信じる生き方を貫き、そして見事に家族を守り切ったキツネ父さんは、まさしくファンタスティックな男という気がします。ただし、私なら妥協しまくってでも、家族を守る道を選びますけれども。『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』ほどアーティスティックではなく、『ウォレスとグルミット』ほどアクションが切れるワケでもない、何処となく垢抜けない印象のクレーアニメ。しかし、それでも信頼のウェス・アンダーソン印。私にとってはお気に入りの一作になりました。
目隠シストさん [DVD(吹替)] 8点(2014-06-30 19:58:05)
10.期待していたものとは、違っていた..ストーリーが、どうしようもないくらいお粗末..(アメリカ人には受けるんだろけど..) まったく笑えない..そもそも、苦労して、ストップモーション・アニメで創る意味があったのか?..疑問だ...
コナンが一番さん [DVD(吹替)] 3点(2013-07-13 19:10:55)
9.期待しすぎてたなぁ。人形アニメが大好物なのですが、毒の盛り方が私の好みの方向とは違う。ファンシーではなくシュールなので有れば、ヨーロッパ系の人形アニメの毒が好み。アメリカさんのシュールさは私の好みでは無いんだなと如実にわかった作品。でもつまらなくはない。
movie海馬さん [地上波(字幕)] 6点(2012-08-05 17:30:58)
8.《ネタバレ》 全体を覆う雰囲気は良いのだけど、展開が幾分か単調なため少々退屈な映画になってしまっている。それと暖かみのあるクレイアニメーションとシュールな世界観がいまいちマッチしていないような印象もあって、それほど乗り切れなかった。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2012-07-04 04:30:07)
7.人間とキツネのバトル。イマイチ面白さが分からなかったけど、声優陣の演技によってシュールな雰囲気は作られていた。一応日本語吹き替え版も見てみたが、だいぶ印象が違う。てらそま氏は渋い声を持っているのに、軽い声で通してるから、ジョージ・クルーニーの声や演技が恋しくなってくる。よっておススメは字幕版。カイリのイッちゃった目はサイコー。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-06-22 17:33:28)
6.《ネタバレ》 これは、どっちかというと大人向けのアニメですねぇ。子供が観て楽しめるかどうかは正直微妙ですが、全体に散りばめられたシニカルな笑いが楽しいです。ストップモーションアニメは作るのが本当に大変だろうけど、この作品は軽くCGも使われているようで、それが違和感なくマッチされているように見えます。声優陣がもの凄く豪華で、中でも主役のジョージ・クルーニーのダンディな声はハマり役です。ただ皆さんおっしゃるように、なにか物足りないなと思ったも事実で、シニカルな笑いに反してストーリーはそれほど毒っぽさがないというか飛び抜けてる感がないので、もっとやんちゃにやっても良かったのではないかなと思います。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2012-02-02 21:40:22)
5.こういうストップモーションアニメやクレイアニメを決して安直に子供に媚びるわけではなく、真っ当な大人も観られるコメディ映画に仕上げられることが、アメリカという国の多様性を最も分かりやすく表していると思う。
ジョージ・クルーニーやメリル・ストリープが声優としてメインを張るわけだから、その価値観が確立されていることは明らかで、“エンターテイメント”という要素でこの国にはやっぱり敵わないと思わずにはいられない。

映画は思ったよりも“真っすぐ”な親子の物語だった。
周囲への迷惑を顧みず功名心を貫き通してしまう父親と、彼に憧れ彼に認められていないことに傷つく息子の絆の物語。“人間”を完全な悪者に据えて、共闘する中で親子の絆を見出し深めていく。

ストーリーに特別な捻りがあるわけではないけれど、時に奇妙な動きを見せるストップモーションのキャラクターたちが総じて愛らしく、彼らの言動を観ているだけで充分な娯楽性は備わっていると言える。

楽しく、安心して観られて、子供の頃に観たなら、何度でも観たくなるだろうアニメ映画だったと思う。
そして、無性に“りんご酒”というものを飲んでみたくなる。
鉄腕麗人さん [DVD(字幕)] 7点(2011-12-19 15:10:51)
4.《ネタバレ》 「チョコレート工場の秘密」も「マチルダはちいさな大天才」も子供の頃の愛読書だった。よい子の僕は嫌なガキが徹底的に痛めつけられるのが大好物の嫌なガキでもあった。とにかく馬鹿とデブには厳しいんだ、この人は。そこが最高なんだ。
「父さんギツネバンザイ」は生憎読んだことがないが、この映画がロアルド・ダール原作と知って鑑賞を即決めた。ティム・バートンの「チャーリーとチョコレート工場」は原作の毒が薄まっていた上に説教臭い親子愛物語まで付け加わってイマイチな出来だっただけに、本作には期待が膨らみっぱなしだった。
そして鑑賞。人形は可愛いし、動物のキャラクターも愛着が持てる奴らばかり。父さんギツネとアナグマ弁護士のライバル意識、アッシュとクリストファソンの対抗意識。そして彼らを優しく見守る母性に満ちた母さんギツネは理想のお母さんだ。いつの間にか、自分も父さん目線になってるのには自分で驚いた。年取ったなあ。そして、クソ農場主どもの憎たらしいこと!そうそう、これがヴァイオレントで意地悪な偏見に満ちたダールの魅力ってやつさ。
でも、正直言ってちょっと物足らなかったなあ。やっぱり人形アニメの限界なのかもしれん。動きがぎこち無いのは許せるとしても、やっぱり顔の表情が出しにくいというのは致命的な印象を持った。いや、このアナログ感(=オシャレ感)がたまらんのだよという意見にも十分共感したうえでのこの点数だ。ごめんよ。
ただし、その中で声優陣の奮闘は称えられて良い。母さんギツネ役のメリル・ストリープの年齢不詳妖艶ヴォイス、カイリー役のウォロダースキーの間抜けな鼻声。そして父さんギツネ役のジョージ・クルーニーの上質なコーヒーの味わいにも似た優しくて深みのある語り口。この声がこの映画をファンタスティックにしている!男の中の男、ファンタスティックMr.Fox!!
枕流さん [映画館(字幕)] 6点(2011-06-16 23:20:37)
3.《ネタバレ》 アメリカ映画ってのは懐が深くて、こんな人形アニメでもメジャーの作品として成立するんだなぁ、と。日本でメジャーなアニメ映画って言ったら二次元手描きと、ごくごく限られたCGモノくらいのもんで、メジャーな人形アニメとかクレイアニメって言ったら『クレヨンしんちゃん』のオープニングくらいしか思いつかない世界だったりして。フサフサな毛の質感がステキなキツネファミリーが主役の人形アニメ。アップ用のモデルが上半身のみの演技でいかにも下半身ありません、みたいな映像になっちゃってるのはご愛嬌としても(全身でよく動くのはかなり引きの画に限定されます)、その細やかな人形達と作りこまれた美術によって描かれる世界には魅了されます。私の幼い頃からのバイブル『チョコレート工場の秘密』のロアルド・ダールが原作の作品でもあって。動物の野性と人間の理性とを相対化する事で、人間のエゴを浮かび上がらせる側面もあって。豪華な声優陣も映画ファン的に嬉しくて。『ウォレスとグルミット』や『コープスブライド』、『コララインとボタンの魔女』などの名作・傑作を手がけたスタッフが集結している作品でもあって。でも、なーんか物足らないままに終わってしまったのは、うーん、私がオタク的なるものに毒されているからなんでしょうかねぇ? この映画には「燃え」も「萌え」も成分として全く足らないなぁ、って。印象としては『チキンラン』や『カーズ』を見た時と似た感じで、技術は凄いけど、こちらが押して欲しいツボは微妙に外したままに過ぎてゆくような、そんなアニメーションでした。何が足らないんだろ? フェティズムかしら? 日本にはケモナーってフェティズムが存在しているんですが、その嗜好のある人にならカスってる・・・かなぁ? ・・・うー。作品の価値を堕した視点から語ってるようで申し訳ありません。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 6点(2011-06-03 21:24:18)(笑:1票)
2.まず、クレイアニメとはまた違う立体感のある人形CGアニメ(?)みたいなのが凄く良い。何か見てるだけで少年に戻ったような気分を受けました。ストーリーは別に驚くようなことはありませんが、細かいところの描写(きつねのかみつき具合とか)が妙にリアルなので子供向きではないのかもしれません。それでもなんだか見ていてほっとする。個人的にはムーミンみたいな作品でした。
ronronvideoさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2011-06-02 06:48:05)
1.《ネタバレ》 妻には足を洗うと約束するものの数年後に泥棒稼業に逆戻り。擬人化されているのでここはMr.FOXが悪いと思ってしまうのだが、野生動物の本能なのだと言われるとたしかに彼らはキツネ、泥棒という行為を責めるほうがおかしいのだと思い直す。そしてキツネであることを思い知らすかのように食事シーンでは誰もが凶暴な顔で貪り食う。と思ってたらここに出てくる人間たちはキツネを言語のわかる動物という設定で対決してゆく。もうその行動は相手を動物として見ていない。設定がむちゃくちゃというかテキトーというか。しかしそのテキトーさを許容するのがアニメーション。この作品はアニメーションであることの恩恵を最大限に活かして作られている。ストップモーションアニメなのだが動かないMr.FOXをそのまま回転させて背景を流してゆく逃亡シーンのまるで手を抜いたかのような部分もアニメーションならではで、このふざけた横移動シーンだけでも実に楽しい。父の尊厳と家族の再生の物語であり父を超える息子の成長物語でもあるといういかにもアメリカ映画的なテーマを直球で見せられてもアニメーションは許容する。
R&Aさん [映画館(字幕)] 7点(2011-05-30 15:30:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 6.20点
000.00%
100.00%
200.00%
316.67%
400.00%
5213.33%
6640.00%
7426.67%
8213.33%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2009年 82回
作曲賞(コメディ)アレクサンドル・デスプラ候補(ノミネート) 
長編アニメーション賞ウェス・アンダーソン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS