BIUTIFUL ビューティフル(2010)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > BIUTIFUL ビューティフル(2010)
 > (レビュー・クチコミ)

BIUTIFUL ビューティフル(2010)

[ビューティフル]
Biutiful
2010年【メキシコ・スペイン】 上映時間:148分
平均点:6.40 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-06-25)
ドラマ
新規登録(2011-06-04)【+】さん
タイトル情報更新(2019-08-16)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
キャストハビエル・バルデム(男優)ウスバル
原作アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(原案)
脚本アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
音楽グスターボ・サンタオラヤ
撮影ロドリゴ・プリエト
製作アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
ジョン・キリク
フェルナンド・ボヴァイラ
アルフォンソ・キュアロン(製作補)
ギレルモ・デル・トロ(製作補)
配給ファントム・フィルム
美術ブリジット・ブロシュ(プロダクション・デザイン)
編集スティーヴン・ミリオン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.《ネタバレ》 上手く出来た映画なんだと思うが、なぜかあまり入り込めなかった。ハビエルバルデムには好き嫌いは別として愛嬌というか、目を離せない不思議な魅力がある。最初と最後の雪のシーンは美しかったが、親子似てなすぎじゃない?とも思った。
なすさん [インターネット(字幕)] 7点(2020-02-16 08:20:23)★《新規》★
9.《ネタバレ》 バラエティ旅番組では決して見ることのないバルセロナの熾烈。ただ生きていくことだけで手一杯で、あまりにも醜悪で悲惨な世界でもがく人たち。わずか二ヶ月の命を宣告された父親は自分に出来ることを最期まで捧げる。しかし全て裏目に出て、安いストーブの不燃焼で自分が斡旋した不法労働者は死に絶え、知人のセネガル人女性に後見人として頼むも裏切られる。残された姉弟は受け継がれる貧困を歩むのかもしれない。それでも父親から与えられた愛情を胸に、困難に立ち向かう未来を我々は願うしかないだろう。猥雑で汚わいに満ちた世界から一転して純白に染まった雪景色の中、彼を待つ父と共に黄泉の世界へ旅立つ。歪だがそれでも生きた証こそ<<BIUTIFUL>>そのものではないだろうか。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 7点(2015-04-09 19:58:55)
8.ごちゃごちゃな映画だなーと。人種、性的嗜好などマジョリティだけ登場するのではなく雑多。
雑多な背景で、救われない出来事が延々と続く… 
ここまで悲惨なことばかり起きることって現実にあるの?と思ってしまうのは、自分が先進国でぬくぬくと暮らしているからだろう。

ただ、この監督の特徴なのかもしれないがスローテンポに馴染めなかった。
もう少しテンポ良く、2時間以内に収まっていたら7点台だったかも。
Sugarbetterさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-10-13 20:59:57)
7.《ネタバレ》 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の個性的な映像は堪能できたが、余命2か月という設定が個人的には合わなかった。

自分がもし末期がんで、あと余命2か月と宣告されたら、素直に諦めて身辺整理するだろう。

だがだが、子供の行く末を案じるのは同じかも・・・
いつ死んでも怖くないと思ってはいるが、確かに子供の将来は心配だ。

子供を持つ親が、死に臨んでの現実的な描写が多く、実際に自分が主人公の立場に立たされた時、健康な時には思ってもいなかった心情が発生するかもしれないと思うと、どうにも居たたまれない気持ちになる映画であった。

イニャリトゥ作品はどれも好きだが、この作品は自分にとっては微妙だった。
しかし、映像美と主人公の演技は素晴らしく、イニャリトゥの次回作に期待したい。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 6点(2012-08-15 19:28:53)
6.《ネタバレ》 二時間半という長い物語なのに、その悲惨なあまり幸せとはいえない環境にめげず必死に生きる人々のエネルギーを生々しく描くことで、一気に見せきる監督の手腕はさすが。でも、ちょっと神秘主義に流れすぎているのではないか?
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2012-07-14 21:25:31)
5.期待していたものとは、違っていました..しかしながら、社会の底辺に暮らす人達を、リアルに描いているのは、秀逸...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-11 12:47:06)
4.《ネタバレ》 最期の近い親父が見せる、親父なりの美学。そして平行して映される、他の登場人物達の苦い横顔。命懸けで這いつくばってもがいても、思い通りに行かない人生の妙をまざまざと見せつけられる。途中、ウスバルのバックに並んで写るサグラダ・ファミリアと近代的ビル。美しいものも裏の隠れた部分も全て、ありのままのバルセロナを見ろと言わんばかりの光景だった。ひとつひとつのシーンが妙にしつこく、その結果2時間半という長い物語になってしまったけれど、ハビエル・バルデムの力投はそれを補ってあまりあるものだった。
のはらさん [映画館(字幕)] 9点(2011-09-23 01:51:07)(良:1票)
3.ハビエル・バルデム目当てで観に行きました。心の準備なくこんなに重い映画を観てしまうと辛くなる…。全体的に曇ったような雰囲気の映画でした。まさか心霊現象みたいな話も入っているとは思わなかったので、やや疲れてしまいました。
お目当てのハビエル・バルデムだけはよかったです。
kanekoさん [映画館(字幕)] 3点(2011-08-28 18:24:32)
2.演技は凄かったです。バルデムは「海を飛ぶ夢」で見て以来、いくつか見ましたが、その中でも最高です。もの凄い存在感と有無を言わせない迫力があります。演出も良かったと思います。映画の雰囲気が最後まで統一されていました。ストーリーは、監督が以前から扱っている人種や立場の違いから起きる問題を扱ってます。今回の映画では、理解しきれない事柄がいくつかあって、映画の全てを楽しめたとは言い難いです。ということで、中間の点数にしました。
shoukanさん [映画館(字幕)] 5点(2011-07-08 22:24:20)
1.《ネタバレ》 イニャリトゥ監督が、ギジェルモ・アリアガの脚本から離れて撮った映画。そのためか、「アモーレス・ペロス」「21グラム」「バベル」と徐々に加速していった時間錯誤がなく、主人公を中心とした物語に素直に感情移入しやすい。主人公は余命を宣告され、残る子供たちのためにお金を貯めようと奔走する。その過程で見えてくる主人公を取り巻く世界は過酷で、なによりも狭い。この狭い世界をより窮屈に感じさせるイニャリトゥァの演出と、バルデムの圧倒的な演技に圧倒させられました。
カワウソの聞耳さん [映画館(字幕)] 8点(2011-07-03 22:09:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 6.40点
000.00%
100.00%
200.00%
3110.00%
400.00%
5110.00%
6330.00%
7330.00%
8110.00%
9110.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2010年 83回
主演男優賞ハビエル・バルデム候補(ノミネート) 
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2010年 68回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS