プリーストのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プリースト
 > (レビュー・クチコミ)

プリースト

[プリースト]
Priest
2011年【米】 上映時間:87分
平均点:4.46 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-09-23)
アクションホラーサスペンスSF漫画の映画化3D映画
新規登録(2011-06-13)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2013-12-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スコット・スチュワート
キャストポール・ベタニー(男優)プリースト
カール・アーバン(男優)ブラックハット
キャム・ギガンデット(男優)ヒックス
マギー・Q(女優)プリーステス
リリー・コリンズ(女優)ルーシー・ペイス
ブラッド・ドゥーリフ(男優)セールスマン
スティーヴン・モイヤー〔男優〕(男優)オーウェン・ペイス
クリストファー・プラマー(男優)モンシニョール
アラン・デイル(男優)モンシニョール・チェンバレン
メッチェン・エイミック(女優)シャノン・ペイス
加瀬康之プリースト(日本語吹き替え版)
東地宏樹ブラックハット(日本語吹き替え版)
浪川大輔ヒックス(日本語吹き替え版)
園崎未恵プリーステス(日本語吹き替え版)
寿美菜子ルーシー・ペイス(日本語吹き替え版)
咲野俊介セールスマン(日本語吹き替え版)
有本欽隆(日本語吹き替え版)
音楽クリストファー・ヤング
撮影ドン・バージェス
製作マイケル・デ・ルカ
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特殊メイクジェイク・ガーバー
K.N.B. EFX Group Inc.
特撮ティペット・スタジオ(視覚効果)
美術アンドリュー・マックス・カーン
衣装ハー・グエン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.なんか『レギオン』に似てるな~と思ってたら、同じ監督だった。
と書こうと思いながらコメント見たら前の人も書いている。みんな通る道なのね。

世界観があるのはいいけれども少しオタク気質が強いかも。

エイリアンのような吸血鬼のデザインは新味があったがもはや別の化け物。
とにかくアメリカ人は手裏剣が好きですね。サイバーパンクでの採用率は半端ないのではないでしょうか。荒廃した管理社会の設定は面白かったが、もう少し人々の生活観がわかるようなギミックがあればさらに厚みがあったのではないかと思う。漫画原作ではどう描かれていたのでしょうか。神様を悪に対抗する手段として描くことはそろそろ止めたほうがいいのではないかと真面目に思ったりもした。

にしてもこの次の作品がレギオンなわけでもう少しオリジナリティがないと、
この監督生き残られないだろう。 
病気の犬さん [インターネット(字幕)] 5点(2015-12-19 14:48:50)
12.ポール・ベタニー主演でこういうアクションだと「レギオン」を思いだす。と思ったら同じ監督だった。しかし、アメリカは吸血鬼映画が好きね。吸血鬼というよりはエイリアンのような造詣だが。
冒頭に世界観の説明としてアニメーションを使っているので結構凝った作りなのかと思ったが、世界観やアクションはなんとなくどこかで観た感じのものばかりでそんなに目新しいものは無い。ストーリー的にも特に盛り上がる感じはなく平凡な出来。
さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-02-13 01:12:11)
11.B級のしょぼい映画かなって思って観たら、意外と金かけたちゃんとした映画だったので、結構楽しめました。ヴァンパイアと人間の戦いが果てしなく続く荒廃した近未来の世界が舞台で、もちろん僕らの現実世界とは全く違うファンタジーな世界。ヴァンパイアは普通の吸血鬼の設定とは全く違う口だけお化けの怪物。そして彼らを倒すために生み出されたのがプリーストと呼ばれる額に十字の刺青がある超人たち。いいんでないかい、この普通とは違う吸血鬼ものの設定。唯一の都市シティはブレードランナーっぽく、荒野をかける近未来的なバイクの疾走と列車での戦いはマッドマックスっぽく、ヴァンパイアの巣での雰囲気はエイリアンっぽく、アクションも決まっていて、特に聖書を開いて放つ手裏剣とか、数匹で襲ってくるヴァンパイアの素早い動きとか、悪くない。ただ、ストーリーはほんとこの手にありきたりなものなので、そこにあまり期待しなければアクションと世界観の雰囲気だけで楽しめるかな。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2014-11-03 04:23:27)
10.何を言いたいのか良くわからない。世界観は良いし、俳優さんも良いです。だけどどこかで見たようなシーンの連続で、若い人向けでしょうか?
たかちゃんさん [ブルーレイ(字幕)] 2点(2013-01-26 20:49:46)
9.《ネタバレ》 最初に世界観をモノローグで説明してスタート地点にする。最低限のことしか言わないので、分かったような分からないような、中途半端な意識でストーリーを追うことになる。ここがむず痒い。
じっくり描ければ面白く化ける素材がいくつかある。ヴァンパイアの慈悲に満ちた本性とか、組織的に運営するとダメになる信仰とか。そのあたりを放り投げたままアクションに走ってしまったのが少し勿体ない。
何もない広大な平原をデカいバイクで疾走するシーンはピンポイントにカッコ良かった。二瓶勉さんのマンガを見ているみたい。ちょっと「マッドマックス」も入っている。ヴァンパイア菌に感染した元プリーストが「荒野の用心棒」のイーストウッドに見えて少し笑った。
そもそもヴァンパイアって、人と同じ姿をしていて噛みついた者を仲間にするからヴァンパイアなのであって、本作のヴァンパイアはエイリアンと言われた方が納得しやすい。ヴァンパイアと感染者を分けていることにもご都合を覚える。消化不良感が濃いのはヴァンパイアと聖職者(教会&プリースト)の対立という構図が成立する根拠が無いからだろう。このヴァンパイア、十字架を怖がりませんから。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-10-17 01:44:20)
8.ヴァンパイアの造形がイマイチだと思いました。ロードオブザ・リングのゴブリンのようです。世界観も納得できないです。おそらく3Dで鑑賞するように作られていると思います。
ミッドさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2012-09-17 23:49:40)
7.《ネタバレ》 まぁ、これくらいの出来だろうと自分のなかで勝手にハードルを下げて観たせいか、そこそこ楽しめた。色んな映画(ブレードランナーやらアンダーワールドやら)の良いところをどうにかこうにか繋ぎ合わせて無難な出来に仕上がっている。後で知ったことだけど、監督は『レギオン』を撮った人だった。そのデビュー作では、人類の存亡を賭けた戦いが、最後まで田舎のレストランで繰り広げられるというお馬鹿な設定だったけど、今作ではそこまで破綻した設定は出てこなかったように思う(勝手にハードルを下げて観たせいかもですけどね)。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2012-08-27 19:04:01)
6.なかなかクール!冒頭のアニメがイカしてた。そして、荒野を走る近未来的なドデカイバイクだったり、無駄なモーションがいちいちダサカッコ良い。で、後半は、やってくれるのかしら?
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-09 22:34:28)
5.《ネタバレ》 酷い。教会と人間とヴァンパイアとプリーストとか設定がショボすぎる。つか分からん。 実写映画『ドラゴンボール』もこんな感じで、原作知らない海外の映画ファンに非難されているんだろうな。
トメ吉さん [DVD(字幕)] 2点(2012-03-15 13:13:20)
4.《ネタバレ》 退廃的でレトロフューチャーな要塞の街や、宗教を信奉する全体主義社会、そしてそこから一人抜け出そうとする主人公と、ビジュアルや設定などなかなかワクワクしそうな感じだったのですが、残念ながら、お世辞にも面白いストーリーとは言いがたかった。尺が短いからなのか、舞台の説明と、悪党との決闘のみ。要は起承転結のうちの起と結だけの映画だったように思います。砂漠を駆け抜けるバイクシーンはカッコよかったんだけどね、、、。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2012-02-01 17:23:22)
3.《ネタバレ》 こんな映画ばかりを作っていると、韓流の凄さに負けるのは、自明のことですね。
亜酒藍さん [DVD(字幕)] 1点(2012-01-21 01:37:55)
2.冒頭で世界観や人間関係(と言っていいのかは不明だが)を説明しているが、それだけで理解するのは困難だ。
アクションに徹ししていれば潔いと思うのだが、ラスボスとの関係や親子関係などのドラマ的要素が唐突に出てこられてもねぇ。
まぁ、知能のかけらもなく本能のままに行動するという既成のヴァンパイアのイメージを覆す描き方は面白いと思う。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 4点(2012-01-19 13:08:34)
1.《ネタバレ》 この類いの作品で89分という尺は普通だと思いますが、お決まりの冒頭ナレーションのみで
解釈しろというのがそもそも無理。当然、人物描写も希薄。主人公のプリーストとその敵役のブラックハットと因縁もよく分からないし、見殺しにしてしまった辛い過去があるという設定も全然活かされてない。また、とって付けたようにルーシーと親子だったという真実を唐突に明かされるけど、実の娘という理由以上の深みがあったとしても到底伝わらない。
言ってしまえば、原作漫画を読んで人間関係や世界観を熟知してる人にしか分からないネタが随所にある。感染者とヴァンパイアの特性や違いについても然り。韓国コミックの映画化らしいですが、原作を知らない人にとっては実に不親切である。
それでいて前述のとおりの尺なわけだから潔く人間ドラマなど削ぎ落としてSFアクションという見せ物一本に絞れば良かったと思う。アクション自体にも新鮮味はなかったけど。。
そうそう、スコット・スチュアート監督×主演ポール・ベタニーときたら、思い出すのは「レギオン」ですが、あれも世界観や雰囲気はすごく良いのに中途半端で勿体無かった記憶が。
本作、続編やる気満々な終わり方してますが、今度外したら仕事無くすよ。三度目の正直でお願いします!



シネマブルクさん [DVD(字幕)] 5点(2012-01-11 12:55:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 4.46点
000.00%
117.69%
2215.38%
300.00%
4215.38%
5538.46%
617.69%
7215.38%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 0.00点 Review1人
2 ストーリー評価 2.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 0.00点 Review1人
4 音楽評価 0.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS