しなの川のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > しなの川
 > (レビュー・クチコミ)

しなの川

[シナノガワ]
1973年【日】 上映時間:91分
平均点:4.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(1973-11-03)
ドラマロマンス漫画の映画化
新規登録(2011-07-11)【MAHITO】さん
タイトル情報更新(2011-07-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督野村芳太郎
キャスト由美かおる(女優)高野雪絵
岡田裕介(男優)沖島雄介
仲雅美(男優)朝田竜吉
仲谷昇(男優)高野淳三郎
岩崎加根子(女優)高野綾子
浦辺粂子(女優)母親
加藤嘉(男優)亀田刑事
佐々木孝丸(男優)校長
財津一郎(男優)金子
進千賀子(女優)みどり
穂積隆信(男優)教頭
原作岡崎英夫「しなの川」(作)
上村一夫「しなの川」(画)
脚本野村芳太郎
ジェームス三木
音楽冨田勲
撮影川又昂
配給松竹
美術重田重盛
編集太田和夫
録音栗田周十郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 ひと昔前の朝や昼にやっていたような連続ドラマを凝縮して映画にした感じ。

相変わらずの由美かおるの裸体は自然の中で映えて美しい。
そのシーンだけで満足です・・・私には。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 5点(2014-08-15 13:13:43)
1.昭和初期の信濃川を舞台に、名家の娘の波乱に満ちた愛の遍歴と
彼女に思いを寄せる丁稚青年の心情を綴った作品。
映像から受ける雰囲気は古典的な純文学のようだが、昼メロ的な要素も多分に入っている。
気まぐれで我が儘なヒロインに翻弄される青年の姿が、何とも切ない。
いかにも現代っ子といった顔立ちの由美かおるは、そんなキャラのヒロインにはハマリ役。
この作品でも彼女の瑞々しいヌードは話題になった。格別に面白いという作品でもないが、
中々丁寧に作られており、当時の邦画としては良作の部類に入るのではないかと思う。
でも由美かおるは、相変わらず演技がうまくない。好きだからいいけど・・・。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 4点(2011-09-13 08:02:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 4.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4150.00%
5150.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS