ドライブ・アングリー3Dのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドライブ・アングリー3D
 > (レビュー・クチコミ)

ドライブ・アングリー3D

[ドライブアングリースリーディー]
DRIVE ANGRY 3D
2010年【米】 上映時間:101分
平均点:5.15 / 10(Review 20人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-08-06)
アクション犯罪もの3D映画
新規登録(2011-08-07)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2013-08-28)【新しい生物】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督パトリック・ルシエ
助監督ジョニー・マーティン(第二班監督)
演出ジョニー・マーティン(スタント・コーディネーター)
キャストニコラス・ケイジ(男優)ジョン・ミルトン
アンバー・ハード(女優)パイパー
ウィリアム・フィクトナー(男優)監査役
ビリー・バーク〔男優〕(男優)ジョナ・キング
トム・アトキンス(男優)キャップ
ジャック・マクギー(男優)「デブ」ルー
デヴィッド・モース(男優)ウェブスター
トッド・ファーマー(男優)フランク
プルート・テイラー・ヴィンス(男優)ロイ
マーク・マコーレイ(男優)サージ
脚本トッド・ファーマー
パトリック・ルシエ
音楽マイケル・ワンドマッチャー
撮影アンドレア・V・ロソット(第二班撮影監督)
製作マイケル・デ・ルカ
ミレニアム・フィルムズ
Nu-Image
製作総指揮トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
ダニー・ディムボート
アヴィ・ラーナー
配給日活
特殊メイクゲイリー・J・タニクリフ
特撮スコット・コールター(視覚効果プロデューサー)
ワールドワイドFX(視覚効果)
編集パトリック・ルシエ
スタントケイシー・オニール
その他ボブ・ワインスタイン(サンクス)
ビル・マーレイ(サンクス)
マリアンヌ・マッダレーナ(サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.《ネタバレ》 おバカもの初心者で、序盤でおバカものと気がつきませんでした。
もう少し何かネタがあるんだと思ってました。
ほかの方のコメントを読んで、
こんなジャンルもあると思えれば、楽しめる幅が広がるのかなと思いました。
次からもう少し楽しんで見れるようになりたいです。
スズメッキの魔女さん [CS・衛星(吹替)] 3点(2019-03-22 03:07:00)★《新規》★
19.《ネタバレ》 3Dを使ったお馬鹿映画。ケイパーものとしては、話は杜撰。サスペンスにもかける。3Dの使い方も下手。
にけさん [映画館(字幕)] 6点(2019-01-28 22:33:43)
18.《ネタバレ》 ニコラス・ケイジ主演。ゴーストライダーの車版?アメコミ的にぶっとんでいて、結構面白かったが、今の所、続編の気配皆無。容赦ないエログロ描写あり、家族そろっての鑑賞には激しく不向き。(精神年齢子供の)大人向き。
えぴおうさん [インターネット(字幕)] 7点(2018-07-23 22:06:39)
17.多分これっていわゆるニコラスケイジ映画なんだろうな、と思って内容を知らずに観てみれば間違いなくいわゆるニコラスケイジ映画である本作は、えと、あ、それで映画の説明終わりですね…

クライマックス付近のシーンで、あぁこれ豪華版死霊の盆踊りなんだな、と思いました。

もしこれからこの映画を観ようかどうか迷ってこれを読んでる人がいたとしたら、その人へ言える事は一つだけ。
この映画を見ずにもし一生を終えたとしても決して後悔する事はありません。
あばれて万歳さん [地上波(吹替)] 5点(2016-07-01 16:04:26)(笑:1票)
16.個人的にこの主役俳優は脳筋タイプの二枚目とは全然違う方向の印象が強かったので驚きました。漫画のような演出がお気に入り。
spputnさん [地上波(吹替)] 7点(2014-11-12 00:53:16)
15.《ネタバレ》 もうこれはニコラス・ケイジのために企画された様な映画で、おバカ映画になればなるほど悲しいかなニコジーも光輝いてくるんだから(頭部の事ではありません)大目に見てやってください。 冒頭の脱獄らしきシーンもあるので脱獄犯が主人公なのかと思ったらなんかヘンだよね、そうか地獄から脱け出すから「脱獄」なんですね、日本語って良く出来てます(笑)。そのニコジーを追っかけるウィリアム・フィクトナー、「看守役」ならぬ「監査役」だってところがまたお茶目で(くだらない駄洒落で済みません)、けっきょくニコジーの復讐をアシストしてあげるためにやって来た様なもんでした。私はその方面には疎いんですが、登場する車には製作者のこだわりがあるみたいに感じました。敵ボスのカルト教祖もなんかヘンなキャラでしたが、あの死にっぷりをを見るとこの人も「監査役」と同じ業界の人だったということでしょうか。 ニコジーにもう一回脱獄させて続編を撮るというのも有りかなと思いました。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-11-07 22:51:19)
14.吹替えで観たら、ヒロインが「こんにちはパイパイよ、ご注文は?」と聞こえ、ここで確認するまでパイパイって名前だと思ってました。パイパーね。
真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2014-10-05 16:17:36)
13.この映画をクソ真面目に「否定」することしか出来ない人は、映画ファンとして勉強不足だと言わざるを得ない。
なぜならば、これこそが、もはや一つのジャンル映画として確立しつつある、“ニコラス・ケイジ映画”なのだから。

勿論、端から「期待」なんて言葉は持たずに某動画配信サービスで鑑賞を始めた。
すると、序盤から想定外の“おかしな”テンションの高さに、ニヤリとしてしまった。
「あれ?これはもしかしたら中々の馬鹿映画かもしれない」と、別の意味の「期待」が膨らんできた。

ニコラス・ケイジ演じる主人公が、ショットガン片手に問答無用に暴れまくる。
その凶暴さは、明らかに常軌を逸していて、この主人公が“フツーの人”ではないことは容易に理解できる。
どうやらその凶暴さの動機は、愛する娘を謎のカルト教団に殺され、残された孫娘を救い出すため……ということらしいが、はっきり言ってそれに見合った悲愴感など全く漂わせずに、襲来する悪漢を蹴散らし、行きずりの女とのセックスに興じる様は、ニコレス・ケイジ史上に残る無頼漢ぶりかもしれない。

その主人公の無頼漢ぶりに“悪ノリ”するかのように、映画の核心となると或る「設定」が明らかになり、「暴走」は益々激しさを増し、それと同時にストーリーは益々どうでもよくなってくる。

主人公のキャラクター性も良いが、それを上回るくらいに脇のキャラクター達も立っている。
アンバー・ハード演じるヒロインは、絶妙なビッチ感を漂わせつつ、ダイナーのウェイトレスを好演していた。
そして何と言っても、ウィリアム・フィクトナー演じる「監査役」が最高だった。得体の知れない独特のキャラクター性が、映画の重要なアクセントになっていたことは間違いなく、娯楽性を高める要因となっていたと思う。

物理的におかしな激しさを見せる銃撃戦とカーアクションに眉を潜めてしまったら負けだ。
映画全体の馬鹿馬鹿しさに対して、ストレートに「馬鹿だ!」と大笑いできた者の勝ち。
それが、“ニコラス・ケイジ映画”を楽しむための鉄則だろう。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 6点(2013-11-13 22:41:32)
12.《ネタバレ》 よくも悪くもこの映画で涙を流せる人は私くらいだろう(笑)ある意味ハッピーエンドな物語だと思うし、アンバー・ハードさんとウィリアム・フィクトナー氏が最高でした。(パイパーちゃんの暴れっぷりとコインがFBIになっちゃう都合のよさ)デヴィッド・モース氏もいい感じ出してます。ニコラス氏には「だからなに?」といったところです。お話の内容は支離滅裂ですが、気持ちのいい映画でした。
新しい生物さん [DVD(吹替)] 7点(2013-08-07 15:06:30)
11.《ネタバレ》 (ネタバレあります。未見の方はご注意ください)←本サイトで感想を投稿する際、いきなり核心に触れる内容を記述する場合は、念のためこのように注意喚起をしています(一応ネ)。本作の場合も“地獄を脱獄してきた男が、娘の復讐と孫救出のためにカルト教団と対決するバイオレンスカーアクション”と書きたかったため、冒頭の定型文を挿入した次第ですが、実はそこまで気を使う必要は無いのかもしれません。というのも、物語の肝である“地獄から脱獄”の部分を、クライマックスまで隠しておこうという意図が脚本からは感じ取れないからです。目玉を銃で撃たれたら、そりゃ死にます。死にますとも。言い訳なんか出来ません。“インパクトのある画”が欲しかったのでしょうが、中盤で設定の肝をネタ晴らしするような真似は如何なものかと。ラストで種明かしされても、『でしょうね』という感想しか出てきませんもの。アイデア自体はすごく面白いと思うので、雑なつくりが勿体無いと感じました。もっとも、このくらい大雑把な方がバカ映画には相応しいとも言えます。なんだかんだ言っても、憎めない映画ではあります。
目隠シストさん [DVD(吹替)] 5点(2012-08-31 18:17:23)
10.《ネタバレ》 どうしようもなく馬鹿馬鹿しいけど、それでもそれがひどく面白い、そんな映画を撮ろうとして見事に失敗してます。なにより変にストーリーに謎を持たせようとしたのか、話が見えてこず途中でだれる。それでも役者陣は豪華で良かった。高級食材を、料理をしたことのない素人が調理したような映画。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2012-08-16 16:51:06)
9.《ネタバレ》 この映画を見ようと思った動機はキャスト。それ以外の何物でもない。で、内容のほうもキャスト以外はまあまあどこにでもあるB級映画。まあ最近減りましたけどね。こういうどこからどう見てもいかれた集団と戦うヒーロー的なアクション映画は。一昔前なら普通に面白かったんだと思う。けど昨今の情報化社会の中、視聴者もいろんな意味で目が肥えてきて、こういった映画に対してやれ「ストーリーが意味不明」とかそういうコメントが増えてきたように感じる。かくいう私もそうなんですけどね。
自戒の意味も込めて、もっと単純に映画を楽しめた時代が懐かしく思った一作でした。
TANTOさん [DVD(字幕)] 4点(2012-05-28 15:24:30)
8.ニコラス・ケイジが不死身の男である必然性が全然ないとは思うんだけど、
アンバー・ハードのビッチぷりにしても、追跡する男にしても、過剰演出的な無茶っぷりが、実に爽快で面白おかしくされてるんで、やりたい事のために無理やりそういう設定にでもしたんだろうけど、ストーリーにしてもなんというかアメコミ的、細かい理屈抜きに楽しむ分にはいいんでないでしょうか。

シネマブルクさん [DVD(字幕)] 4点(2012-05-20 20:37:38)
7.本当に、猛烈にバカですね~。そこが素晴らしい。説明不要、説明不能。「カルト集団へ復讐を誓う主人公」なんて言うと、ちょっとマトモに聞こえるけれど、実際にはそんな事はどうでもよくって、ただただ、主人公を含めた魑魅魍魎どもをひたすら戦わせ暴れさせて、そのメチャクチャさを楽しむ作品。エッチしてるところを襲撃されるくだりの、あのアホらしいスローモーション。実際にはあり得ない超高密度の活劇と虐殺、時間なんぞ表現の一手段に過ぎない訳で、アホらしさの表現のためには、堂々と伸び縮みさせちゃえばよい。自称FBIの男と橋の上で並走するシーンなんて、異常なまでに橋が長いし。このFBIのオッサンにいたっては、もはや一切の物理法則を無視しちゃってるしなあ。本作品、驚くことには途中で主人公自身が目を撃ち抜かれて死んでしまう。でもアタリマエのように生き返る。「確かに撃たれはしましたが、それが何か?」ってな感じで。わざわざサングラスをかけて、それを外して見せることで、何の説明も伴わない“撃たれた目”を強調するのには、つい笑っちゃいました。本作品は全体的に、こういう残酷描写を伴ったギャグが、実に冴えてて、かなり笑わせていただきました。
鱗歌さん [DVD(字幕)] 8点(2012-05-06 07:31:05)
6.《ネタバレ》 ニコラス・ケイジは多額の借金をかかえてしまったそうで、ここ数年は色々な作品に出演しまくってお金を稼いでいるようですね。そんなわけで、えり好みなんかしてらんねぇや、て感じなんでしょうか。この作品も、びっくりするほどお粗末なCGでB級街道まっしぐらなんですけど、そんな中でもニコラスの熱演が光っております。内容的には、昔のカーアクションムービーを再現して、それを今流行の3Dでやってみようという魂胆なのでしょう。その古くささも含めてこの作品の魅力なのかもしれませんが、全体的にタランティーノ映画を意識しているように感じましたね。笑いのノリとか、無駄に血がほとばしるアクションとか。FBIのおっちゃんはなかなかいいキャラクターだったと思うけど、主役のニコラスが目ん玉ショットガンで撃たれても復活するとか、それはさすがにやりすぎだろと思っちゃった。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2012-01-25 19:57:20)
5.10年前ならロバート・ロドリゲスが撮っていたような闇鍋アクション映画。個人的に好きなジャンルなのですが、本作にはイマイチ乗り切れませんでした。主人公の能力設定がとにかく曖昧なので、アクションに感情が乗らないのです。無敵の強さを見せたかと思えば、意外な場面でピンチに陥る、2時間弱見ていて手に汗握ることが一度もありませんでした。また、復讐劇ならもっとウェットであるべきだし、勧善懲悪ものならもっと爽快であるべきなのですが、本作はどっち付かずになっていることも不完全燃焼の原因です。きちんとしたお膳立てがあれば目を釘づけにするような素晴らしい見せ場が多く、役者も全員ハマっているにも関わらず、脚本や演出の手落ちのために残念な仕上がりとなっています。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 5点(2012-01-21 20:16:04)
4.《ネタバレ》 部分部分面白いんだけど、全体としてはイマイチ。良くも悪くもクソ映画。T-1000みたいなウィリアム・フィクトナーがいい感じだったけど、最後までちゃんと殺しあってよ。汚い映画館で爆音で酔っぱらって観るべき。
すべからさん [DVD(吹替)] 5点(2011-12-18 21:42:16)
3.本当にしょうもないストーリーに対して、まじめにCGを作っているところが結構いたい。
アホな映画であることを承知で、アホな映画を作っているのなら面白いのだけどね。
ついでに言うなら、この映画に3Dはどう考えても必要ないだろう。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 3点(2011-12-04 22:33:05)
2.ニコラス確か最近金回りが良くないから大量の映画に出ていると聞きましたが・・・。
そのおかげでキックアスなどに出演出来た一方、こういう駄作にも出てしまうのはちょっと安売りしすぎなんじゃ?しかしせめてゴーストライダーくらいの面白さはあると思っていたんですが、この映画はいくらなんでもひどい。笑ってしまうようなバカさもなく、かといって真剣に見るにはアクションがCGやVFXを使った盛り上がらないアクションばかり。ストーリーも木曜洋画劇場で何度か見たような話。というかゴーストライダーと似すぎ?自分が記憶している中ではニコラスが出演した映画の中でもかなりつまらない方だと思います。
ronronvideoさん [DVD(字幕なし「原語」)] 3点(2011-11-05 21:29:39)
1.アメリカのマジ基地大集合みたいな感じ。 2011/05/24
幸志さん [インターネット(字幕)] 4点(2011-10-24 06:31:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 20人
平均点数 5.15点
000.00%
100.00%
200.00%
3315.00%
4420.00%
5525.00%
6420.00%
7315.00%
815.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 9.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS