モテキのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 モ行
 > モテキの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

モテキ

[モテキ]
2011年上映時間:118分
平均点:6.29 / 10(Review 96人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-09-23)
ドラマラブストーリーコメディTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2011-09-18)【eureka】さん
タイトル情報更新(2024-01-27)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大根仁
演出石田雄介(タイトルバック/Perfumeミュージカルシーン監督)
キャスト森山未來(男優)藤本幸世
長澤まさみ(女優)松尾みゆき
麻生久美子(女優)枡本留未子
仲里依紗(女優)
真木よう子(女優)唐木素子
リリー・フランキー(男優)墨田卓也
新井浩文(男優)島田雄一
赤堀雅秋(男優)吉野家の店員
金子ノブアキ(男優)山下ダイスケ
日村勇紀(男優)
設楽統(男優)
Perfume(女優)
ピエール瀧(男優)
杉作J太郎(男優)
脚本大根仁
音楽岩崎太整
作詞中田ヤスタカ「Baby Crusing Love」
大江千里「格好悪いふられ方」
小室みつ子「SELF CONTROL」
竹内まりや「カムフラージュ」
稲葉浩志「愛のバクダン」「ultra soul」「衝動」
加藤ミリヤ「Love Forever」
YUKI「LOVER SOUL」
星野源「ばらばら」
作曲中田ヤスタカ「Baby Crusing Love」
大江千里「格好悪いふられ方」
小室哲哉「SELF CONTROL」
竹内まりや「カムフラージュ」
松本孝弘「愛のバクダン」「ultra soul」「衝動」
加藤ミリヤ「Love Forever」
星野源「ばらばら」
編曲中田ヤスタカ「Baby Crusing Love」
レミオロメン「粉雪」
小林武史「粉雪」
山下達郎「カムフラージュ」
星勝「失格」
JUDY AND MARY「LOVER SOUL」
挿入曲ももいろクローバー「走れ!」
Perfume「Baby Crusing Love」
大江千里「格好悪いふられ方」
星野源「ばらばら」
竹内まりや「カムフラージュ」
B'z「愛のバクダン」「ultra soul」「衝動」
TM NETWORK「SELF CONTROL」
くるり「東京」
JUDY AND MARY「LOVER SOUL」
レミオロメン「粉雪」
加藤ミリヤ加藤ミリヤ×清水翔太「Love Forever」
製作市川南〔製作〕
東宝
テレビ東京
電通(共同製作)
講談社(共同製作)
企画川村元気
プロデューサー山内章弘(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
編集石田雄介
録音加藤大和(整音)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
96.《ネタバレ》  ブルーレイで鑑賞したのですが、台詞の声は小さいのに、心の声と急に始まる音楽の音量がでかすぎて調整がむずい。仕方が無いので家の人に迷惑がかからんようにヘッドホンで視聴。
 突然始まる歌とダンスは別に良いけど、長いのはダメ。特にPerfumeのとこが長すぎ。しらける。
 でもまあ映画自体は面白いです。みゆきさんと仲良くなっていく過程。留未子さんと仲良くなっていく過程。どちらも楽しんで見られます。
 それにしても・・・。一昔前は一途。現在ではストーカー。一昔前は純愛。現在では『重い』。時代によって価値観や物差しが変われば、同じ行動でも随分と評価が変わるものです。もちろん人を傷つけちゃうような危険な物理攻撃はアウト。でも人を想う気持ちや慕う気持ちが『痛い』と簡単に表現されてしまうのは辛いです。留未子のエピソードを見て思いましたね。私はそもそもこの『痛い』という表現がすごく嫌いです。相手の気持ちに応えられないときは、せめて『ごめん』という気持ちを持ってほしいのに、この『痛い』という表現は相手を振るうえに、その原因は相手にあるという、死者に鞭打つ言葉だと思うのです。傷つける側にとってあまりに都合の良すぎる言葉。誰が言い始めたんでしょうね。
 私自身は一般的に『重い』とされている人は全然平気。それは言い換えれば『情が深い』とも言えるからです。そーゆー人は思いやりがあって一途な人が多いことも経験上知っています。だから別に留未子と結ばれたっていーじゃんっていう気持ちで見ていました。
 仲里依紗演じる愛の存在はとってつけたようでしたね。『モテキ』というタイトルに整合性を持たせるためだけに用意されたキャラとしか思えません。そんなことのためだけに胸をもまれる仲里依紗。そーいや長澤まさみの胸ももんでたな。森山未來、けしからん。
 ちなみに酷評されている終わり方ですが、ハッピーエンド好きとしてはアリです。
 ついでに不倫野郎が『二兎追うもの一兎も得ず』で家庭も愛人も失うであろうラストにスカッとしました。
たきたてさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2022-04-25 11:00:16)(良:1票)
95.《ネタバレ》 劇中で真木よう子が「ボーイズ・オン・ザ・ランじゃないだから」的なセリフを言うが、まさにこの作品はそれの逆をいくストーリー展開。
好みの問題だが、終わり方が好みではない。
中盤までは楽しめたが、不倫のくだりからイマイチに。
ポップなナンバーが盛りだくさんなのは楽しめたけど。

あと、麻生久美子の扱いがあんまりなのも、好きくない。
にじばぶさん [インターネット(邦画)] 6点(2021-06-28 00:49:19)(良:1票)
94.皆さんおっしゃるように、麻生久美子しか残らない映画でした。
真木ようこもいい味出しているんだから、もっと絡ませたら
よかったかも。
サブカル、今の日本の若者像がよく出て頭を空っぽにして
観る映画。前半のモブシーンもよかったです。
SHOGOさん [インターネット(字幕)] 9点(2021-03-17 09:39:26)
93.《ネタバレ》 いいなあ、森山。に尽きる映画。
登場する女優さんはみんな魅力的だが、長澤まさみの脚はほとんどCGのレベルで、逆に魅力が半減。
やっぱり久美子様の熱演に加点。
roadster316さん [インターネット(邦画)] 8点(2020-01-05 19:16:46)
92.見た当初(封切り時)は、点数は8であったが、その後の大根監督作品の酷さ(バクマン除く)で、マイナス1点。映画自体は、変格ミュージカルで楽しめた。特に、パヒュームと踊るモブシーンは最高。監督の長澤まさみ最強説は疑問点ありだが、楽しい映画であったことは変わらない。
にけさん [映画館(邦画)] 7点(2018-12-23 22:33:22)
91.《ネタバレ》 森山未來一人がち状態。
邦楽ロック好きにはたまらない映画。

とにかくサブカルっぽい雰囲気が好き。
バッジョさん [インターネット(邦画)] 7点(2018-06-09 20:25:56)
90.妄想をドラマにしたような作品。
観ててイライラしたり、痛いな〜って思う場面もちらほら。
へまちさん [インターネット(邦画)] 4点(2018-02-03 11:50:17)
89.《ネタバレ》 演出は面白くてよかったんやけど話はいたって平凡。
ロッキンオンとかサブカル系は嫌いじゃないけどそれを愛好する人らが好きになれないんでいい意味で登場人物には始終イライラしっぱなし。
このなんにも考えてない刹那的でイライラさせる人たちを愛でる映画。
今観てもちょっと時代やなと思うのに20年後の若者にはまったく理解不能になるやろうな。日本は豊かやなと思わせる一本。
CBパークビューさん [DVD(字幕)] 6点(2017-10-07 00:50:55)
88.もっとモテモテのヤリチン映画を想像してましたが、意外に純粋なラブコメという感じでした。
まあ、全くもてない引きこもりのオタクが、今までになかったくらい、女性と絡む機会があれば、ある意味モテキと勘違いしてもいいでしょう。
なかなか面白くて、原作コミックを読みたくなりました。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-01-20 14:13:16)
87.《ネタバレ》 鑑賞後、麻生久美子良かった。というのは率直な感想。
特に声がいいなぁって思ったら声優もされているようで。

逆に主人公含めて他の登場人物に共感できないこと(笑)
前半良かったテンポも後半急に失速した感じがしました。

長澤まさみも登場シーンは神懸っていたのですけどねぇ。

逆に良かったのは、映像的には色々凝ってました。
特にエンドロールは良かったです。
シネマレビュー管理人さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-12-29 16:31:17)
86.全然モテてないモテキ。
長澤まさみ、いいですね~><
主人公の心の声、うるさすぎ、、、
愛されるより愛したい ということなのか?
全く感情移入できない主人公に意味不明なラスト。
あきちゃさん [DVD(邦画)] 3点(2016-04-01 14:38:06)(良:1票)
85.《ネタバレ》 付き合うにはちょっと…って尻込みするけど、魅力的な女性陣に囲まれる主人公。率直に羨ましいです。その状況を素直に楽しめば良いのにと思いながら、主人公には全く共感できず。長澤まさみさんの魅力全開で輝いてます。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 6点(2015-01-24 16:39:26)
84.《ネタバレ》 非モテのためのナニカ。あと、お一人様フジロッカーは必見だと思う。見る人を選ぶ、という意味で、本当は7点あげたいけど、6点。つまり、一緒に鑑賞する人にJ-Rockの素養がないと、ただドタバタしてるだけの映画になってるのではないか、という危惧がある。
在日ファンクと女王蜂はこの映画で知った非モテの俺は、長澤まさみ役のビッチっぽさに棚ぼたを感じつつも、自分のカッコ悪さ回避を優先する生き方の結果、自ら翻弄されてしまうという、その、大人名の男になりきれないがいっちょまえに憧れだけはグラスにあふれんばかりにたたえてる自意識過剰オトコにはもう「あああ、ワカル!コロセー!」というあっちの方向に共感すること必死。
じゃ、モテ女はほっておいて、麻生久美子役の一見趣味が合いそうだけど性的衝動を覚えない女の子に走るか?と心傾くもコレジャナイ感に自分を騙せない真面目系クズっぽいところにも「あああ、ワカル!コロセー!」と死にたくなるのであった。ミツロウあっぱれ。そしてその映像化にもベストエフォートで成功している本作品にもあっぱれ。
よこやまゆうきさん [DVD(邦画)] 6点(2014-11-23 18:42:56)
83.面白かったし長澤まさみが息を吹き返したように可愛かったし選曲がすばらしかったけど、だらしない人間ばかりで1つも共感できなかった~。既婚者と付き合っていながら、あなたと付き合っても成長できないってエライ傲慢な女だなぁ。いつ真木よう子が絡むのか?と思ったらエンドロール。
SAEKOさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2014-11-23 16:43:03)
82.結構面白い映画でした。途中からラストに至るまでの展開に説得力があればもっと良かったと思います。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-09-23 16:51:16)
81.《ネタバレ》 モテキというほどモテていないような・・・ 麻生久美子さん演じる役が30歳を越えた設定だったかと思うのですが、彼女の扱われ方がシュールで可哀想に思えてきます。印象に残ったのはその点くらいでした。全体的にノーテンキというか話が薄いというか、主人公のつぶやきが適宜入るので、視聴者側に委ねられた解釈はなく、与えられた解釈を強要されます。テレビドラマをみているようで、こういうのも映画なんだなー、とそういう点で深く考えてしまいました。
Keytusさん [DVD(邦画)] 5点(2014-08-10 23:43:59)
80.深夜ドラマで放映していたと知って納得。
内容としては一時間ぐらいに収まるもので、「モテキ」というタイトルはあまり関係ないような普通のラブコメでした。
お話の展開に合わせてBGMに過去のヒット曲を流したり、ダンスがあったりと、飽きさせない工夫はなされているが、どうにも空回り感が……。
主人公がうるさくて、とても暑苦しいのが要因のひとつかも。
それでもヒロインたちがとてもかわいく撮れていて、見所としてはそれぐらい。
後半のグダグダ感、とってつけたようなラストは印象が悪かったです。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 2点(2014-07-29 00:36:31)
79.麻生久美子でいいじゃん。
Yuさん [DVD(邦画)] 5点(2014-05-13 22:41:21)(良:1票)
78.モテ期と呼べるほどモテていたかは微妙でした。演出が変わっていたので面白く感じた。その演出も後半は失速しましたけど。最後はハッピーエンド?あれは無理やり感が漂ってました。付き合っても数ヵ月で別れそうですね。
真尋さん [DVD(邦画)] 6点(2014-04-20 23:23:50)
77.リリーさんいい味出してる。連ドラから観れば良かった。
ドンマイさん [DVD(邦画)] 6点(2014-04-16 01:51:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 96人
平均点数 6.29点
000.00%
100.00%
222.08%
355.21%
477.29%
51313.54%
62222.92%
72425.00%
81818.75%
922.08%
1033.12%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.33点 Review3人
2 ストーリー評価 5.12点 Review8人
3 鑑賞後の後味 7.12点 Review8人
4 音楽評価 8.70点 Review10人
5 感泣評価 5.20点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS