アントキノイノチのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アントキノイノチ
 > (レビュー・クチコミ)

アントキノイノチ

[アントキノイノチ]
2011年【日】 上映時間:131分
平均点:5.23 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-11-19)
ドラマ小説の映画化
新規登録(2011-11-08)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2015-02-09)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督瀬々敬久
キャスト岡田将生(男優)永島杏平
榮倉奈々(女優)久保田ゆき
原田泰造(男優)佐相
鶴見辰吾(男優)古田
吹越満(男優)永島信介
洞口依子(女優)逸美
松坂桃李(男優)松井新太郎
染谷将太(男優)山木信夫
津田寛治(男優)萩原先生
堀部圭亮(男優)大沢稔
檀れい(女優)岡島あかね
柄本明(男優)井上正志
宮崎美子(女優)美智子
太賀(男優)同級生
原作さだまさし「アントキノイノチ」(幻冬舎文庫)
脚本瀬々敬久
田中幸子
音楽村松崇継
作詞GReeeeN「恋文~ラブレター~」
作曲GReeeeN「恋文~ラブレター~」
主題歌GReeeeN「恋文~ラブレター~」
製作TBS(「アントキノイノチ」製作委員会)
松竹(「アントキノイノチ」製作委員会)
電通(「アントキノイノチ」製作委員会)
WOWOW(「アントキノイノチ」製作委員会)
朝日新聞社(「アントキノイノチ」製作委員会)
毎日放送(「アントキノイノチ」製作委員会)
企画平野隆
プロデューサー平野隆(プロデュース)
配給松竹
美術磯見俊裕
赤松陽構造(タイトルデザイン)
編集菊池純一
その他IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.《ネタバレ》 「元気ですか~」はてっきり漫画「p.s.元気です。俊平」から来てると思ってた。
主人公の名前が似てるから・・
だけど、レビュー見て納得。
そうだよね、あの方だよね。そうすると、この映画は命を扱ってるのに、なんか軽いね。

ちょうどこの年に東日本があったから、制作時点ではまだあんなことがあるなんて思ってなかったんだろうね。
「ヘヴンズストーリー」の瀬々監督なら、今なら別のストーリーにするんじゃないかなぁ。

ラストはなにかストーリー上付け加わった感じ・・
榮倉ちゃん、そりゃないよ~。
また主人公の「うあぁあああ」と叫ぶ日々が続くのか!?それか老成しちゃうよ、彼。こんな展開。
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2018-07-24 20:23:03)★《新規》★
12.《ネタバレ》 死に向き合うことで生が救済される……大筋では「おくりびと」をやりたかったのかな、と思うんだけど。高校時代のカットインが邪魔だなあ……。停滞を招くばかりでなく、過度に嫌らしくて、とげとげしくて、想像上の「現代の若者」像を延々と見せられて辟易する。「世の中のリアルを描きたい」傾向の映画だと思うんだけど、出てくる人物がどうにもリアルじゃない。ありがちな「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!!!!!!!」って演出にもうんざり。
それと腹が立ったのは、キョウヘイが檀れいに手紙を届ける件。キョウヘイが、彼自身の心を救済するために行ったエゴを、正しかったと断定して描いて欲しくなかった。読んで母の思いを受け取ったかも知れないし、一瞥もくれず破棄したかも知れない。受け取った側がどう処理するかは、観客の感性に委ねて欲しかった。また全体として、キョウヘイが「こうあるべき」と考える物事の姿に拘泥して突っ走る姿に、あまり共感できなかった。
サソウさんの滋味が良かったなあ。サソウさんとキョウヘイをコンビにして、あくまでも特殊清掃を中心に据えて物語を転がした方が良かったのでは。でも、それじゃあまりにも「おくりびと」か。
C-14219さん [地上波(邦画)] 4点(2016-05-04 20:26:37)
11.《ネタバレ》 遺品整理業というあまり例のない世界に着目したのであれば、あくまでもその観点から徹底すればよかったのに、回想がどかどか入ったり同僚の女の子とどうのこうのが延々続いたりして、テーマは容赦なく見失われていっている。しかも最後がアレなのであれば、中心テーマ自体が完全な伏線扱いですね。あと、音楽があまりにも通俗的で、さらに作品を壊しています。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2015-09-03 01:46:31)
10.《ネタバレ》 生きることに肯定的になるまで生きながらえてきた...皮肉な結果だと思う。
映画としてはちょっと長い。そして、結果的に今後、彼の未来もまだ不安定すぎてスッキリしない。ここで留まる感動はやはり本当の感動になりにくい。惜しい作品。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-08-22 16:46:14)
9.前半の重くて、暗くて、痛々しい雰囲気はよかったんだが・・・。人を傷つける事の罪深さ、傷つけられた人の辛さ、周囲の無関心と無神経、そして破壊された心。主演の男女は難しい役どころを好演していたと思う。「生きるという事は恥ずかしい事だ」という原田の台詞も印象的。
死んだ人間は元には戻らないし、時間も元には戻らないが、死んでいった人がいて、今があり、そして生きているという事の無常観というか人生の儚さみたいなものは伝わってきたので、(映画なので後半はこうなってしまうのは仕方ないのかなという気もするが、それを割り引いても)全体としてはよかったと思う。原作も読んでみたい。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-03-04 00:30:41)
8.気付かれてない方もあるかと思いますが、原作:さだまさしさんなんですよね。本職のほうの歌だけではなく、テレビやラジオのパーソナリティーなど多方面で活躍されてる さだまさしさん。そのお顔に似合わず、明るくトークも冴えて笑いを絶やさないことにおいては秀逸で素晴らしいエンターティナーなお方なんですが、そんなさだまさしさんがお書きになったこの題材。タイトルから察する限り、タイトル自体にまずはギャグを効かせて 人目をひいて さださんらしいなぁ だとか、思えたところもありました。ただし、その、、これが映画仕様になってしまったならば話は別で 映画版用の脚本家によってきっと随分といじくられてしまったでしょうね 命の尊さを扱った題材とはいえ、息が詰まるような暗さの一本調子で見ていて気が滅入ってきてしまうばかりです。そんなラストの為に用意してあったと思えるアントキノイノチのくだりと あの『元気ですか~』の場面なんですが・・・  正直、ココで撮り方 明らかに失敗してると思いましたね 悲しみばかりで終わらせず、もっと前向きに明るく清々しく見終われるように撮ったほうがよかったんじゃないのかな ・・なんて思ってしまいましたね 勝手言って申し訳ないですが。 で、あ、そうそう、勝手といえばアレなんですが、タイトルのモチーフに使われてしまったプロレスの人 パンツ一丁でアゴの長い人。当の本人はこの作品見てらっしゃるんでしょうか 絶対に気になりますよね こんな題名付けられていたならば。でもさ、見たら見たできっとこの作品に対して 渇を入れられましょうね だって元気ないですもんね これってば。 きっと猪木さん好みの出来となってはいないでしょうね (あ、誰っていっちゃったですが いいのかな・・?)
3737さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2013-05-06 22:37:50)(良:1票)
7.《ネタバレ》 ゆきちゃんは本当に死ななくちゃいけなかったのかな。
他にやりかたはなかったのか・・・。彼女が死んでしまうのが残念です。

さらにラストのでっかいBGM。
"ここで泣かせよう!"というのが見え見えで萎えました。
らんまるさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2013-03-31 23:59:55)
6.《ネタバレ》 このタイトルを目にするたびに「あの人」のことが思い浮かんで、それを払拭する意味で観る気になったのですが、なんとそのままオチに使われていました。誰もが普通に連想すると思うので、そりゃそうだよね。
今、この世にいるのは生きている人だけ。でもそれは、いずれみんな死ぬことの裏返し。ぼんやりとそんなことを想いました。今は「生」の側にいる人も、相応の歳なら相応の数の「死」を身近に見ているはずです。身近に起こった「死」が周囲に何を残すのか。生きている側にとって、場合によっては痛みが風化しないどころか、苛まれ続ける「死」もあります。この作品のように、痛みや悔恨をポジティブに転化させられれば、最も良い解決だとは思います。
それにしても、結局は「元気ですか~!」を言わせたかったから、このタイトルだったんですね。鑑賞中にそのシンプルな言葉の含蓄には思うところがあったので、最後にヒロインを殺してまでダメ押しする必要は感じなかったです。陳腐なエンディングになってしまったのが残念。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-10-27 12:57:04)(良:1票)
5.人は誰だって最後は独りで死ぬんだというメッセージは強く伝わってきた。
シンプルにそのメッセージだけを貫き通せば名作になってたような気もする。
残念ながらこの作品の場合は余計な要素が多過ぎて遺品整理の部分がぼやけてしまってる。
いじめ・自殺・鬱・レイプ・妊娠といった深刻な過去に比べて、孤独死の方は大した問題じゃないような錯覚すら覚える。
そんなわけで、ラストの展開もどこか達観した目線で、どうせ誰だって最後は死ぬんだから仕方ないよねって感じで、悲しいという想いはあまり沸いて来なかった。
もとやさん [DVD(邦画)] 5点(2012-07-28 20:19:24)
4.久保田ゆき(榮倉奈々)の設定が原作とは違いすぎるので一概には比較できないが、原作の方がすんなりストーリーに入り込めたと思う。
まぁ、べたな展開なのは原作も映画も変わりはないけどね。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2012-06-07 19:45:34)
3.《ネタバレ》 何か前のお二人が言いたい事を言ってくれた様なので、あたしはザクッとくだらない意見として書きます。
原作を読んでいないので想像ではあるけど、これって、ネタ有りきで作られた小説だよね。
で、オチも多分そうなんだろうな、と思って見たらその通りなわけで、総じていえば非常にまっさんらしい物語だとおもいます。でね、映画にした時に小説通りに脚本を起こしたらこうなっちゃうのかな、という悪い意味でのお手本に思えて仕方ないんです。役者は良くやってたと思いますよ、でも、結実した結果がこれだとすると、非常に残念かな、という気がします。かなり無駄な部分があるし、現実と回想を織り込むのはこうした映画ではありがちだけど、ここまで時間が長いと、話に繋がりが保てなくなるし、困ったもんだな、と。
客引き目的なのだろうけど、エンドロールであの曲は絶対に合わないです。歌詞はそれほど悪くないのに、音楽性の方が強いから全く響いてこないという印象です。若い人受けを良くするなら、ヒップホップの方が良かったんじゃないかと。
奥州亭三景さん [映画館(邦画)] 6点(2011-12-21 12:51:49)
2.一種の流行なのか、役者の表情にハンディの高速ズームを度々入れてくるようなところが映画の統一感を欠いてさもしく煩わしい。

一方で、主演する岡田将生・榮倉奈々の二人の表情を捉えるショットは二人の瞳や口元の繊細な震えと動きを的確に伝えているし、部分的にVFXも使われているのだろうが、山の稜線やビルの高層階を捉えた高所のショットの危うい感覚などは見事だ。

二人は居酒屋、観覧車、ラブホテル、浜辺で互いに向き合い言葉少なに対話を紡ぐ。
二人の声のトーン、息遣い、ナイーヴな表情とぎこちない動きが素晴らしい。

にもかかわらず気になるのは、「友情出演」でクレジットされる壇れいのための水増しシークエンス。浜辺の波音、山稜の風音に負けず劣らず盛大な「泣かせ」の劇伴音楽。頻繁すぎて停滞を招く過去のフラッシュバック、、。

『感染列島』以降のシネコン症候群は如何ともし難く、しがらみと不自由を感じさせる。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 6点(2011-12-04 23:20:09)
1.《ネタバレ》 人と繋がっていないと生きられないのに、人によって傷付けられ壊されてゆく心。その繊細な役どころを岡田将生が好演しています。物語は『おくりびと』『サンシャイン・クリーニング』とネタカブリしておりますが、現実に押し潰されそうになりながら人の死に触れる事で生への再生をさせてゆく姿がじんわりと染みてきます。ところが中盤以降、段々と雰囲気が怪しくなってしまい。母に捨てられた娘に母の手紙を無理矢理届けるエピソードの甘さ(あそこで手紙を受け取らせてしまう、更に手紙を読ませてしまう)に嫌な予感。続く柄本明の通俗的エピソードに更なる嫌な予感。そしてシリアスな役を演じるとどうも冴えない榮倉奈々を襲うあまりに陳腐な展開(世の創作物の中でこれまでに一体何百回何千回繰り返されてきたんでしょう?)に、感動させよう泣かせようと押し付けてくる意図とは逆にささーっと冷めまくり。いくらなんでも今時あれはないわ。岡田将生(と原田泰造)のせっかくの好演が、やたら陳腐な展開によって妙に安っぽいものとして閉じてしまったような感じがしました。立脚点はいいのに物語としては陳腐という致命的な欠点は原作時点で存在していたのかもしれませんが、もう少し他のテというのがあったように思えてなりません。ちょっと残念な作品でした。
あにやん‍🌈さん [試写会(邦画)] 6点(2011-11-13 21:13:06)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 5.23点
000.00%
100.00%
200.00%
3215.38%
417.69%
5430.77%
6430.77%
7215.38%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 3.50点 Review2人
4 音楽評価 1.00点 Review2人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS