Menu
 >
 >
 > ランゴ(2011)

ランゴ(2011)

Rango
2011年【米】 上映時間:107分
平均点: / 10(Review 10人) (点数分布表示)
アクションコメディウエスタンCGアニメ
[ランゴ]
新規登録(2011-11-15)【民朗】さん
タイトル情報更新(2016-03-07)【イニシャルK】さん
公開開始日(2011-10-22
公開終了日(2012-04-13)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ゴア・ヴァービンスキー
ジョニー・デップランゴ
アイラ・フィッシャーマメータ
アビゲイル・ブレスリンプリシラ
アルフレッド・モリーナロードキル
ビル・ナイジェイク
ハリー・ディーン・スタントンバルサザー
レイ・ウィンストンバッド・ビル
ティモシー・オリファント西部の精霊
スティーヴン・ルート[男優]メリマック
ネッド・ビーティ町長
リュー・テンプルファーガス
ジョー・ヌネズロック・アイ
ベス・グラントボニー
ライアン・ハーストジェディディア
ゴア・ヴァービンスキーターリー軍曹/クレヴィス
平田広明ランゴ(日本語吹き替え版)
東條加那子マメータ(日本語吹き替え版)
山路和弘ロードキル(日本語吹き替え版)
玄田哲章町長(日本語吹き替え版)
辻親八バッド・ビル(日本語吹き替え版)
茶風林メリマック(日本語吹き替え版)
牛山茂アンブローズ(日本語吹き替え版)
高木渉ワッフルズ(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕アンジェリーク(日本語吹き替え版)
森山周一郎ビュフォード(日本語吹き替え版)
内田直哉エルギン(日本語吹き替え版)
田原アルノフラン(日本語吹き替え版)
堀越真己ボニー(日本語吹き替え版)
納谷六朗スプーンズ(日本語吹き替え版)
斎藤志郎ロックアイ(日本語吹き替え版)
糸博パピー(日本語吹き替え版)
山野史人ドク(日本語吹き替え版)
行成とあデリラ(日本語吹き替え版)
多田野曜平(日本語吹き替え版)
原作ゴア・ヴァービンスキー(原案)
ジョン・ローガン(原案)
脚本ジョン・ローガン
音楽ハンス・ジマー
編曲リック・ジョヴィナッツォ
製作ゴア・ヴァービンスキー
製作総指揮カイル・クーパー(タイトルシーン)
制作東北新社(日本語版制作)
配給パラマウント・ジャパン
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
録音ポール・マッシー[録音]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.《ネタバレ》 個人的に好きなゴア・バービンスキー監督とジョニー・デップが再びタッグを組み、新しくCGアニメというジャンルに挑戦した意欲的作品。で、なおかつアカデミー賞を受賞したとあって、僕の期待はいやがおうにも高まって観たのだけど、その期待が高すぎたのか、あるいは西部劇というジャンルにあまり思い入れがなかったせいなのか、そこまでノリ切れませんでした。でも、グロテスク一歩手前の擬人化されたキャラクターが画面狭しと暴れまくる映像は迫力満点で充分楽しめます。ランゴの造詣もジョニー・デップにぴったり。久々にワクワクさせてもらいました。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2013-03-24 18:52:07)
9.極端にデフォルメされたキャラクターなのに質感が群を抜いて素晴らしかった。もうこれだけで見る価値ある。コマ送りして見たい。
ただ、ストーリーは、完全にいわゆるハリウッドメソッドの典型のような物語。
それはいいのだが、主人公が最後の試練を乗り越えるきっかけと切り札がいずれも弱く、どんでん返しの意外性もなく、十分なカタルシスが得られない。
見せ場だけでぐいぐい押すのはやはり弱い。
ハリウッドメソッドで行くなら行くで、脚本を徹底的に練るべきだった。
ととさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-03-12 18:06:49)
8.《ネタバレ》 ペットとして飼われていたカメレオンが砂漠の町で保安官として大活躍。マカロニ・ウェスタンへの愛にあふれた映画で、趣がある。なんとクリント・イーストウッドのような人物まで登場。ちなみに日本語吹き替え版では山田康雄に声が似ていると評判の多田野曜平が声を担当。死神ジェイクまで兼ねてるのは予算の問題なのか、少し残念ではあるが、なかなか気が利いている。その他「スター・ウォーズ」や「インディ・ジョーンズ」などを彷彿とさせる場面もあり、娯楽映画としてのポイントをしっかり押えていることが分かる。映像も素晴らしく、ちゃんと面白い映画だった。
リーム555さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2012-10-30 18:00:22)
7.アニメーションと実写の“境界線”はいよいよあやふやになってきている。
砂漠に生息するありとあらゆる生物をデフォルメしたキャラクターたちが、縦横無尽に動き回る明らかにアニメーションでしか表現が出来ない映画世界を観ながら、「ほんとにアニメ?」と圧倒的な映像に唖然とした。
“渇き”と“潤い”、この相反する二つの要素が、この作品における核心で、その表現のクオリティーの高さが圧巻だったと思う。

ストーリーとしては、ある意味真っ当な「西部劇」であり、映像世界の革新さに反して目新しさがあるわけではなかった。
序盤の世界観の説明的なくだりは、やや冗長な感じもあり、全体的にもう少しタイトにまとめてくれた方が観やすかったとは思う。

主人公のカメレオンは、“カメレオン俳優”気質というキャラクター性も含め、声を担当したジョニー・デップそのものだった。
昨今のアニメーションの技術は凄まじいので、声を演じる俳優の“演技”が、そのままアニメのキャラクターに反映されるということを改めて感じた。
監督が、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの監督ということもあり、主人公のキャラクターが“ジャック・スパロウ”と似通い過ぎているとも感じたが、徐々に今作ならではのキャラクターとして成熟していき、魅力的になっていったことは良かった。

充分に面白い娯楽映画に仕上がっていることは認める反面、あと一歩乗り切れない感じが残った。
それは、「西部劇」という映画のジャンルそのものが、アメリカ人の精神に深く根付いているものであり、よほどそのジャンルに精通していなければ異人には完全に理解し難い要素が多分になるのではないかと思えた。

最後にもっとも残念だったのは、“西部の精霊”について。
あれほど“モロ”なキャラクター描写をするならば、何とか「ご本人」の出演を実現させてほしかった。
大きなリスペクトを伴ったパロディなのだから、出演交渉はそれほど難しいことではなかったと思うのだが……。
鉄腕麗人さん [DVD(字幕)] 7点(2012-09-25 16:32:47)
6.アニメーションは綺麗だし、 視覚的にはそこそこ面白い。けど、ストーリーが凡庸で、盛り上げ方や、キャラクターの使い方がうまくない。そもそも吹替で見るのは邪道だったか。ちょいちょい関西弁が入ってきて、シュールさを無理やりだしてくるのも寒い感じになってたし。
すべからさん [DVD(吹替)] 6点(2012-06-16 15:43:12)
5.《ネタバレ》 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのゴア・ヴァービンスキー&ジョニー・デップコンビが放つフルCGアニメーション。個人的に「パイレーツ~」はあまりピンと来ないシリーズなんで、それほど期待はしていなかったのですが、予想外になかなかのものでして、ゴア監督のこれがアニメ初挑戦とは思えない、見事な映像演出と、ジョニー・デップのいい意味でラフにのびのびと声の演出を担当している感じが伝わってきてよかったです。全体的には西部劇へのオマージュといった作りで、途中「地獄の黙示録」のパロディなんかもやったりして。そしてストーリーは、自分が凄いやつなんだと偽って皆を騙して、途中それがバレて引き返すも再び戻ってみんなを助けるっていう、「自分を変える」という手垢のついた王道中の王道のストーリーで、それ事態に目新しさは全くといっていいほどないのですが、正体がばれて、蛇に蔑まされて一人でとぼとぼと歩き続けるその映像表現がかなりツボだったんですよ。これまでのCGアニメとはまたちょっと違うものを感じて、とても感情移入出来ましたね。あるいはまた、鷹に襲われたり追いかけられたりするアクションシーンも、これまたCGアニメの限界を一つ超えたような良さもありましたしね。出てくるキャラクターは、どれも実際に砂漠に住んでる生き物たちなんだそうですが、相当デフォルメされててなんの動物だかわからない奴も多かったです(笑)。エンディングの曲は、「OK牧場の決斗」のテーマ曲にちょっと似てましたね。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 7点(2012-06-01 20:41:00)
4.これはいい西部劇ですね。
序盤は意味不明な展開でどうなることかと思ったけど、ヒロインが登場した辺りから面白くなってきた。
リアル系のキャラにちょっとグロテスクな印象を受けたけど、慣れてしまうと意外といいキャラに思えてきます。
ストーリーとしては平凡なのかも知れないけど、コミカルな台詞と派手なアクションで飽きさせませんね。
それにしても、最近のCGアニメのクオリティの高さにはほんと驚かされます。
もとやさん [DVD(吹替)] 7点(2012-04-30 19:08:21)
3.《ネタバレ》 まず、驚きに値する3Dグラフィックスの綺麗さ。ここまできたかという感じです。ストーリーはお決まりの、自然破壊の砂漠都市建設に絡む町長の汚職をとりあげ、町のみんなと共に勝利をもぎ取るなんていうパターンです。ところが喜んでしまったのはどこもかしこも、大好きなマカロニウエスタン仕上げ。精霊に至ってはゴルフカートの後ろにオスカーをたくさん積んだイーストウッドとおぼしき男が.....
腹抱えて笑っちゃいますよ!!名前もランゴ!? 荒野の用心棒のジャンゴと似てるぜ!!
前半はペットが突然砂漠に来て変なアルマジロおっさんに会ったりして、訳がわからないが、後半大活劇となり子供に話しかけられるラストまで、マカロニウエスタンのそのままです。アクション部分はちとやりすぎで、地獄の黙示録は古すぎだろう!!
とにかく、最初はちとがまんしてください。だんだんよくなりますからね!!
としべいさん [DVD(字幕)] 8点(2012-04-19 15:54:21)
2.主役は水槽育ちのカメレオン。カメレオンだけあって、七変化というか場に応じたキャラに変化したり軽妙なやり取りが割と面白かったです、デップもジャック・スパロウのような声色変化が見事。エモーション・キャプチャーで演じた俳優の動きを取り込んで作られたそうですが、役者が実際に演じているトコも見てみたいかな。 色んな動物が住み着いている町もキャラが立ってていい感じで、酒場はスターウォーズのようだった。これくらいのリアルな質感を持った映像でCGアニメを作られちゃうと、もはや何でもできるんだろうなぁ、と思います。音楽からキャラまで歴代西部劇作品への愛を感じましたね。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 5点(2011-11-20 22:01:45)
1.《ネタバレ》 とっっっても面白かった。私は最近のジョニー・デップが出ている映画には、メディアでやたら取り上げられている事もあり「ケッ」って感じで敬遠することが多く、パイレーツ・オブ・カリビアンなんか1作目はともかく、後はバジェットをかけただけのクソ映画だと思っています。……で「パイレーツ~」の監督とジョニデがタッグを組んで作る映画なんて碌なもんじゃないと勝手に決めつけていたのですが、この映画はとにかく西部劇に対する愛に溢れていて、映画ファンとしてとても楽しかった。ストーリーは非常にプロトタイプの西部劇で「荒野の用心棒」+「チャイナタウン」といった感じ。ただ主人公ランゴが実はタダのペットのカメレオンなのに伝説のガンマンに成りすます展開により、常にストーリーが緊張感を保っておりサスペンスとしても良くできているかなと。驚異的な解像度で描かれるCGによる各アクションもスリル満点で最高!そして最後に現れる西部の精霊など、本当に細かな点で西部劇ファンを楽しませる作りになっていて最後まで笑って、泣けて、燃えました。
民朗さん [映画館(字幕)] 8点(2011-11-20 18:32:02)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 6.70点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5110.00%
6330.00%
7440.00%
8220.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2011年 84回
長編アニメーション賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS