恋の罪のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 恋の罪
 > (レビュー・クチコミ)

恋の罪

[コイノツミ]
The guilty of romance
2011年【日】 上映時間:144分
平均点:5.47 / 10(Review 32人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-11-12)
ホラーサスペンス犯罪ものミステリーエロティック
新規登録(2011-11-29)【Balrog】さん
タイトル情報更新(2020-10-20)【Yuki2Invy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督園子温
キャスト水野美紀(女優)吉田和子
冨樫真〔女優〕(女優)尾沢美津子
神楽坂恵(女優)菊池いずみ
児嶋一哉(男優)正二
二階堂智(男優)吉田正男
小林竜樹(男優)カオル
深水元基(男優)マティーニ真木
内田慈(女優)土居エリ
岩松了(男優)スーパーの店長(友情出演)
大方斐紗子(女優)尾沢志津
津田寛治(男優)菊池由紀夫
裵ジョンミョン(男優)
渡辺奈緒子(女優)
浜田翔子(女優)「魔女っ子クラブ」のデリヘル嬢
町田佳代(女優)
我妻三輪子(女優)
脚本園子温
撮影谷川創平
製作大月俊倫
日活
配給日活
編集伊藤潤一
照明金子康博
あらすじ
ある大雨の夜、渋谷区円山町のホテル街で女性の死体が発見された。事件を追う刑事・吉田和子(水野美紀)は、家庭を持ちながらも愛人との関係を続けていた。一方、大学の助教授・尾沢美津子(冨樫真)と、小説家の妻・菊池いずみ(神楽坂恵)は、普段の生活の裏では、それぞれ違う顔を持っていた。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.《ネタバレ》 タイトル負け…かなぁ。『恋の罪』興味あったんだが。この映画に「恋」出ましたかね?副題、と言うかタイトルの英訳のromanceのほうならまだほんの少し理解できる気もしますが。予告編を先に観たんですが、ラブホテル街でのドロドロした人間関係に端を発する猟奇的殺人事件を扱った刑事ドラマものかと。観てみると、刑事ドラマはほんの一部。ほとんどは小説家の貞淑な妻がどんどん堕ちてゆき、立ちんぼになるまでをひたすら描写していく物語。しかしこの奥さん、出会う人出会う人全て変態です。スーパーの試食コーナーの店員をいきなりスカウトする女。そこで無理やりやっちゃう撮影スタッフ。街中で女を捕まえてホテルに連れ込む男。大学教授で立ちんぼをしてる女。その母。などなど。挙げればきりがないくらい。そんな人間としか出会えないなんて運が悪いとしか言いようがない。逆にすごい運だわ。冒頭で実話を元にしているってありましたが、この奥さんの部分もノンフィクションなのでしょうか。だとしたらイカれてるとしか言えない。

ただ、「言葉なんか覚えなければ良かった」
このフレーズだけは心に残りました。何も知らなければそれまでと同じ、安寧とした自分でいられたのに、「知ってしまったから」「見てしまったから」「好きになってしまったから」、苦しくなることはたくさんあって。無意識・無知なままでいられた時の自分を取り返したくなる、そんな気持ちを少し思い出してしまいました。

個人的には小説家の妻より変態大学教授より、もっと水野美紀さんのストーリーを掘り下げて欲しかったが。残念。
TANTOさん [インターネット(邦画)] 5点(2021-05-31 01:22:10)
31.演出の下品さや過激的な表現はあいかわらずの高水準ですが、今回はなんか勢いを感じません。一生懸命ペダルをこいでもチェーンが外れて進まない自転車のよう。 それと「冷たい熱帯魚」の時は良かったんだけれど、この監督のそれ以外の作品で男優の配役や演技がピンとこない。もしかして男優の選び方が下手? 「死ねよ、くそばばあ」は良かった。
紫電さん [DVD(邦画)] 4点(2019-01-30 17:10:22)★《更新》★
30.《ネタバレ》 水野美紀さんが主役なんですかね。あれで警官とかってダメダメですね。

神楽坂恵さんが、いいわ。
どんどん奇麗になり、壊れていく様。
彼女のおっぱいは同じ女性として見ていて素晴らしい。
冷たい系に出てるときわからなかった魅力、最大限に発揮した感じ。

水野美紀メインじゃなかったらよかった。
だって彼女、最後はゴミ収集車追っかけて走って行ったって、ここはどこ?なんてならないし。そこつまんないよね。
水野美紀がだけじゃこの映画は0点。

あのダメダメ警官がボロボロズタズタになるホラー映画なら、面白かったな。

でも神楽坂さんの演技が最高だったので7点差し上げます。神楽坂さんにのみ7点。
新しい生物さん [インターネット(邦画)] 7点(2017-06-12 07:02:46)
29.《ネタバレ》 人間は何らかの役割を演じ、多かれ少なかれ抑圧されている。で、「自分とは何か?」がわからなくなって、解放を求める。その自分の体に値段がつけば、「XXXXX円の自分」という定量的、客観的評価に安心できるのかもしれない。あくまでも演技ではなく解放された素の自分である事が前提だが。これは元となった事件があまりにも有名だから、それとオーバーラップして見てしまうのだが、やはりフォーカスすべきは大学助教授の方でしょう。ヒマな主婦が寂しくて・・・なんて話はリアルではあるけど、映画の題材には成り難い。AVじゃあるまいし。本作は刑事には殆どスポット当たらないし、大学助教授の方は中途半端だし、主婦は素人AV女優だしで、配役のバランスが変。ここまで改変せずに、もうちょっと事件に忠実に描いてもよかったのではないのかと。神楽坂恵を使いたくてこうなってしまったのだろうが、折角の題材なのに惜しい作品になってしまった。伝わるものはあるし、悪い作品ではないんだけどね。
東京50km圏道路地図さん [インターネット(邦画)] 6点(2017-04-01 02:35:20)
28.申し訳ないが、園子温監督の作品を面白いと思ったことは一度もないので、本作にちょっとは期待していたのだが、ダメだった・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 4点(2016-10-17 01:20:57)
27.《ネタバレ》 とりあえずデリヘル事務所の顛末は単純に面白かった。派遣先での「ボケー!」の台詞も心に残る(笑った)。
ほか全体的なことに関しては、まずはいかにも頭の悪そうな人物が予定通り堕落していく話になっている。部外者としては目を逸らして見なかったことにするだけの相手であり(こっち見るな!)、おれは関係ない、で終わりである。
また途中で頭のいい人物が出て来て深淵な哲学を語りそうな雰囲気だったので、これは自分などの理解を絶した世界かと思っていたが、実際は普通の言葉でわりと簡単に説明できそうなことを難しくしただけで、結局最後は誰でも想像できる範囲に収まった感じだった。普通に生きることが難しい境遇だったとしても、そこを何とかカバーする知性をこの人物は備えていたはずで、その点で父親の行動はまだしも理性的な範囲にとどまっていたと思われるが、こういうのは性別によっても違うと言いたいのか。
以上の2人に関しては、こうなったことにもそれなりの事情があったらしく、全てが生来の体質によるものともいえないところがあるが、少なくとも次に生まれ変わった時には別の人生が期待できるわけで、その際は例えば修行して悟りを開いて仏になることを志したりするのもいいかも知れない。
そのほか警視庁の刑事には単純に失望した。劇中には全般的に変な連中が多いが、この人物は特に職業と人格の関係、また家庭環境に関する設定が支離滅裂である。またこの映画では三者三様のヘアヌードが出て、見た目でいえば胸の大きさの違いが明らかな特徴になっているが、この人物は中庸であって個性の表現にはつながっていない。別にそんな点は評価項目にならないのでどうでもいいわけだが、頭の良し悪しと胸の大きさに負の相関関係があると主張していたのであれば問題がある。多分そんなことも言ってないだろうが。
なお個人的には、この映画を見ながら大岡越前守の逸話と伝えられる「灰になるまで」の話を思い出したりしたが、それは関係ないか。何にせよあまり深入りしたくない映画だった。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 5点(2016-10-01 13:44:24)
26.《ネタバレ》    
何より、大方斐紗子さんの迫力に圧倒されました
傲慢、卑屈、闇、羨望、妬み、欲望、欺瞞
淡々と語る口調に
人の持つ、あらゆる憎しみがジトジトと滲み出るようで
恐ろしくて、気持ち悪い

自分が人に見せる姿が、自分の全てではない
自分の目の前にあるものが、真実でもない

その中で自分が迷走してることにも気づかず
果てに行き着く場所がどこだなんて
誰にも想像なんかできないんでしょうね
こっちゃんさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-08-03 16:41:44)
25.《ネタバレ》 冷たい熱帯魚が妙な魅力のあった映画だったため、こちらも鑑賞。『冷たい』と違いこちらは単なるエロス映画でした。東電OL殺人事件からインスパイアされた映画との事だったが、エリート女性が夜は売春婦だったという部分のみを使った設定で、事件性を全く取り入れていない。事件の解決も曖昧で、これなら殺人事件を絡めた必要性すら分からない、というか、いらない。主役を作家の妻にせず、エリート女性にあて、どうして落ちていったかとか、どうして殺害されてしまったのかというほうにしてもらえれば、映画としては面白かったのだが。女性全員のヘアヌードに1点プラスして5点というところか。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 5点(2015-03-25 12:47:15)
24.《ネタバレ》 冨樫真とおばあちゃんのやり取りがとても良かったです。神楽坂恵のおっぱいはもうお腹いっぱいです。面白さ自体は『冷たい熱帯魚』と同程度かなという感じです。311以降また話題になりましたが、「東電OL殺人事件」の真相は一般に言われている事とは全く別のところにあるようなので、東電とマスコミが植え付けたであろう「管理職女性の売春」というスキャンダラスな部分から映画作ったのは早まったし、インスパイアというと聞こえは良いが、下半身脳でとても恥ずかしい事だと思います。東電の中で原発に反対し続けて殺されたであろう被害者に対して、未来永劫に死体蹴りをし続けるとても酷い映画です。
DAIMETALさん [DVD(邦画)] 1点(2014-08-12 09:33:32)
23.《ネタバレ》 奇怪なストーリーと描写、表現。ただ一つわかったことは、あの女刑事も夜の帳が下りる頃、たどり着いた円山町に堕ちていくんだな、と思った。家庭になんか戻るわけがない。逆に理解不能なのは、試食コーナーでのいきなりの逆ナン、ラブホでのブッキング。ご都合展開極まれり。で、最後菊池の家で見た床の染み。サッパリでした。
oifairさん [インターネット(字幕)] 4点(2014-08-10 23:48:55)
22.渋谷円山町で実際に起きた未解決事件を題材にした作品でしたが、R18に値する作品以上にストーリーは盛り上がりませんでした。実際の事件も色々とあったようで煮え切らないまま終了しました。水野みきだけが一人歩きした作品でした。
SATさん [DVD(邦画)] 5点(2014-05-22 22:37:10)
21.《ネタバレ》 「男性は女性の感情が分からず、女性は男性の感情が分からない」と断ずる人々はいますが、私は誰でも異性的な感情を持っていると思うし、園子温監督が今回の映画を作るに当たり、「自分をどんどん女性に投影していき女性に完全に同化していき映画を撮った」というアプローチは別にいいと思います。
ただ私はこの映画に関してどれだけ女性に感情移入しようとも余りにも理解不能な箇所が多かったと言わざるを得ません。その意味で女性にこの映画を観てどう感じたか凄く興味があります。女になりきって園監督が撮った映画が、本当の女性に理解できないのであれば、それは全くの監督の自慰行為でしかないでしょう。
そして意図的にでしょうがわかり易すぎるキャラクター設定がちょっと引っかかりました。社会的に世間的に性的な満足が得られず欲求不満に陥った女性が売春・浮気に溺れていく。その女性等は婦人警官・大学の助教授・小説家の妻と来たもんだ。いくらなんでも浅薄すぎる設定ではないでしょうか?小説家の妻が「ウインナーいかがですか~?美味しいですよ~」って最早ギャグに見えてしまいました。
現代美術家の大竹伸朗の様な色彩の死体発見現場やラブホテルの内装の美術は一見の価値有り。三人の女優さんの惜しげもなく裸体を曝け出した演技も一見の価値有り。
民朗さん [DVD(邦画)] 5点(2013-11-11 10:55:28)
20.園子温の映画は観ることにしている。現実社会でおきているエグい事件は
沢山ありすぎるほどだが、それを超えるフィクションはそうそう無い。
「冷たい熱帯魚」のネタ原作(絶版)を読んでその感は深まった。この
映画も実際の事件にインスパイアされているようだが、社会性よりも、
プライベートでのエロスを追求したかのような内容になってしまっていた
のがチッと残念。
かれくさん [DVD(邦画)] 6点(2013-04-28 10:22:24)
19.《ネタバレ》 水野美紀は狂言回し的なポジションで、実質の主演は明らかに神楽坂恵。
体を売る裏の顔を持つ女に、すぐに東電OL殺人事件が思い浮かんだ。
やはりその事件がモチーフになっていたようだが、監督のオナニー臭が強くてわけがわからない。
イカれた登場人物の誰にも共感できず。
同監督の『冷たい熱帯魚』や『愛のむきだし』のほうが面白かった。
ただ、サスペンス性と迫力はあるので、最後まで退屈することはない。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 5点(2013-02-14 20:24:37)
18.園子温の映画はあまり観たことがないんだけど、この監督の映画は通常の「映画」の基準で語り、評価してもあまり意味がないし、楽しめないと思う。「こんなの映画じゃない!」という批判は聞いてもらえないでしょうね。野球を観ながら「こんなのサッカーじゃない!」って言っちゃうような感じです。カフカの「城」は読んだことがないので分かりませんが、個人的には安部公房の小説のような世界観( 短編小説「鞄」など )を思い出して、面白かったです。頭が働かなくなるくらいの言葉の羅列で圧倒され、逆に言葉ではできない表現をしようとしているように感じました(物騒な言い方をすると、洗脳に近いかも)。最初は禍々しいシーンから始まり、目をそらしたくなるような映像が続きますが、最後のほうはまるで不思議の世界に迷い込んだよう。逆に笑ってしまいました。おそらく園監督は通常のエンターテイメント映画を撮らせても、一級の作品を作る実力は十分あると思いますが、それでもなお独自の世界観に引きずり込もうとする危険な雰囲気にハマってしまいそうで怖くなります。
ゆうろうさん [映画館(邦画)] 7点(2013-01-09 18:35:53)
17.《ネタバレ》 園監督の描くエログロは、とにかく下衆で最高!
実質の主人公である、いずみ役の神楽坂恵さんはハマリ役。
貞淑な妻と、ビッチな女を持ついずみを見事に演じきって、あの巨乳を惜しげも無く見せて下さいます。
しかも、エロイ。
最近のグラビアや映画に多い、人形のような裸体では無く、生きたナマの感触がある裸体。
本当にエロくて、だからこそリアル。

女性が持って生まれた性欲と葛藤するいずみに、非常に共感できました。
監督はなぜにここまで女性を分かっているの?と驚いたぐらいです。
私自身は女性で、やはり性欲と倫理観の狭間で悩んだことがあります。
それはまさしく劇中で出てくる「城の周りをグルグル回る」でした。
多くの人は、そんな葛藤と上手に折り合いを付けていくのでしょうが、いずみは清潔すぎる世界にいたからこそ、性欲と言う『肉の自分』と折り合いを付けることができず、暴走してしまったのかな~?

難点は、とにかく長い!
自宅でDVDだったから良かったものの、これを映画館で観るのは、ちょっと辛いだろうな~。(椅子に座りっぱなし、トイレ行けない・・・。絶対に辛いはず)
ななのじさん [DVD(邦画)] 8点(2013-01-06 02:47:10)
16.《ネタバレ》 これ、普通にお色気要素の強いサスペンスとして
作ったほうがずっと面白くなったと思うの。
殺人事件を普通に解決すればそれなりに面白くなったと思うのに
謎のレベルが意味不明の領域に達しており、頭のおかしい人間の
「こいつ何を言ってんだ?」というシーン多く、理解しようとすると疲れる。
水野美紀以外の出てくる女性がことごとくブスでタイプじゃないんだよなぁ。
ブスが脱いでもしょうがない。
映画はもっと観る人にわかりやすいほうがいい。
これはなんというか芸術作品、って感じ。
芸術のわからない私にとっては何億円もする絵画が落書きにしか見えないんですけどね。
それと一緒でこの映画も監督の自己満足で駄作にしか見えない。
虎王さん [DVD(字幕)] 4点(2012-11-13 13:22:05)
15.《ネタバレ》 また観たいとは思わない、下品な映画です。下衆です。気味が悪いし気分悪くなる。でも観てる時、下品な人々を羨ましく感じてしまった。きっと自分だけじゃないはず。表の世界に住んでる人は、裏の世界にある下品さを羨ましく感じるものだ。作中のいずみが美津子を羨ましく思うように、この映画を観てる人は、この映画の下品さに惹かれる。でもそれは、安全圏から傍観しているからこそであって、自分の日常を非日常にしたいとは思わない...。
VNTSさん [DVD(邦画)] 5点(2012-11-06 19:48:29)
14.《ネタバレ》  昭和後期の日本映画の雰囲気で、バブル崩壊後の退廃的で享楽的な90年代の姿を園監督独特の淫靡でエログロ満載な作風で描いた作品です。

 ただ興味本位なだけではなくて、この作品もやはり園監督作品の継続的なテーマであろう「現代日本の家族関係」が中心にあって挑発的な映像とともに伝わってきました。そして、相変わらず園監督のファザコンぶりも垣間見えます。

 ただ、内容的には中々見応えのある作品だったのですが、「東電OL事件」のインスパイアという面がやや強調されているのは何だかなあという感じですね。確かにそれはわかるんですけど・・・・。
TMさん [DVD(邦画)] 6点(2012-09-23 11:13:16)
13.《ネタバレ》 ◇共感できる登場人物がいないので、なんとも入り込めない。
◇それでも「言葉に体が伴って意味を成す」「愛のないSEXはお金を取らないとダメ」などのセリフは、「人は自分の行為に意味を持たせようとする」ことによって、「罪悪感を正当化しながら堕ちていく」というストーリーの意図は、なんとなく見えた気がする。
◇「罪と罰(罪と理解しながら、その行為を正当化する)」の”女の性バージョン”か。。。。。
◆映画を見た後、東電OL事件を改めてネット検索し、この映画が「事件だけでなく、背景をも基にしている」ことを知った。自傷行為と言われた主人公の行動。誰かに殺されるのを待っていたのでは?と改めて思った。安らかに眠ってください。
ミルアシさん [DVD(邦画)] 5点(2012-09-17 19:01:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 5.47点
000.00%
113.12%
213.12%
300.00%
4618.75%
5928.12%
6721.88%
7412.50%
839.38%
913.12%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.66点 Review3人
2 ストーリー評価 3.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 3.50点 Review4人
4 音楽評価 5.00点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS