指輪をはめたいのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ユ行
 > 指輪をはめたい
 > (レビュー・クチコミ)

指輪をはめたい

[ユビワヲハメタイ]
Looking for a True Fiancée
2011年【日】 上映時間:108分
平均点:5.67 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-11-19)
ドラマラブストーリーコメディ
新規登録(2011-12-06)【蛇蟇斎狐狸窟】さん
タイトル情報更新(2018-11-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督岩田ユキ
キャスト山田孝之(男優)片山輝彦
小西真奈美(女優)住友智恵
真木よう子(女優)潮崎めぐみ
池脇千鶴(女優)鈴木和歌子
二階堂ふみ(女優)エミ
佐藤貴広(男優)渋沢柿生
水森亜土(女優)医師 鴨川
前野朋哉(男優)巣鴨
千葉ペイトン(男優)
脚本岩田ユキ
音楽加羽沢美濃
製作キノフィルムズ
配給ギャガ
キノフィルムズ
美術井上心平
衣装伊藤佐智子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 映画は次のシーンから始まる。指輪の落下(イメージ)、スケートのシルエット(イメージ)、主人公のセリフ「080…」。そして三人の美女との恋愛、さらにスケート場で四人目の女性とのやりとり(恋の相談)。

指輪は誰のため?
それが判ったとき修羅場が始まり、現実に戻る。いろんな解釈ができるが私の解釈は「主人公は三人の美女の誰とも付き合っていなかった」。修羅場も妄想、夢の中のできごと。

その根拠。
二度目の病院のシーンで医者(水森亜土ちゃん)は、「またあなた?」というセリフがなかったことでOPのつづきと考えるから上記の解釈。まっ、全てフィクションだし、どう解釈するかは客の自由だし。

で、ラストがハッピーエンド。
いろんな解釈ができるが、あれは(私には)ハッピーエンド。

ED曲は、監督の作詞による歌。
邦画によくある「チャラいJ-POP」と大違い。

良い映画だから9点差し上げる。
と思ったが、周辺事情を知るうちに腹が立ってきたから7点。
冒頭の病院は現実じゃないし、スケートリンクはクモの巣でつまり夢の中。そのあたりが説明不足で再見しないと判り難い。いや、すごく判りやすいんだが、映画館で映画を観るというのは「再見」しない前提だろう。つまりこの監督は、「ちょっとくらい判り難くてOK!」と考えている気がする。

「あたしが書いた脚本なの。判り難い脚本だから2回は観てね、通常の半額にするから」なら良いが、そうじゃないわけだ。よって点数を9点から7点に下げた。

【追記:2018年12月3日】
冒頭の医者のシーンは、医者と看護師がヒソヒソ話。つまりアレは現実じゃない。病院を脱走してタクシーに乗ってタクシー料金は不払いでスケート場に行くが、スケート場はクモの巣状態で顔のない清掃員がいて、楽しそうな少女が20人くらいいる……それも現実じゃない。どれが現実で、どれが妄想か。それが曖昧。いや、ハッキリしてる。それはそれで良いのだが、なんか違う気がする。悪い映画じゃないし好きな映画だが、なんだか文句を言いたくなった。
判り難い映画が嫌いなわけじゃない。
だが判り難いなら、最後に全体のまとめ的な「何か」があって欲しい。主人公の独白で説明とか。もちろん、それがない方が良い映画があるが、この映画は「難解な映画を作りたかったわけじゃないはず」だから、ラストに解説的な何かがある方が良いと考える。
ってそれはあくまで私見だが、映画の客は自由に評価して良いはずなので…9点から7点に落とす。この映画が嫌いになったわけじゃない。
焼肉の掟さん [DVD(邦画)] 7点(2018-12-02 00:51:31)★《更新》★
11.二階堂ふみスケートうめえ。でもそれだけ。贅沢な女優陣を使ったドタバタ劇。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 4点(2016-05-15 20:38:53)
10.《ネタバレ》 キャスティングいいし、狙いもいい。
なのにそんなにハマらなかったなぁ。

現実離れした設定に現実感のないキャラクタになっちゃったから共感できなかった感じかな。

まぁなんとなく映画見たなぁって満足感はありました。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-05-07 23:33:36)
9.《ネタバレ》 三股のモテ男の話なんて楽しめるハズがない。本来だったらパスの部類なんだが、山田孝之だから見れたというのがあったと思う。そして実際、その期待に応えてくれた楽しいもんだった。中でも、彼の部屋で迎えた修羅場が一番ウケました。実質三者三女子の三つ巴のハズなんですが、よく見りゃ 真木・池脇 vs 小西真奈美という 2vs1 のハンデキャップマッチという絵柄となってるし(笑) 池脇千鶴のが張り手がバチバチ小西目がけて入っているし(笑)  いやあ、結構笑わせてもらった 作風自体も好きだな~  ただね、自分今、指輪をはめたいというより 白髪を抜きたい そう思っている昨今、ショックなんです 耳の上に2~3本生えてきたやつ でもそれ抜くと増えるから抜いちゃいかんという迷信。いやあ、指輪をはめたいどころか白髪をぬきたい このタイトル見る度、白髪が抜きたくなってしまう そんな今日この頃なんです 話はおもしろいんだけどさ このタイトル嫌い。
3737さん [地上波(邦画)] 8点(2014-01-17 20:41:25)
8.オルタナティブな映画。
途中で数回曲調が変わった。
夢うつつの表現が曖昧。
ストーリーが曖昧。
完成度が低い。
役者がいいぶんもったいない。
おでんの卵さん [DVD(邦画)] 5点(2013-08-19 01:29:31)
7.いい女たちとバカな男の物語。
僕みたいなバカな男にとって、この物語はかなり切なくて、泣きそうになった。
というか、ちょっと泣いた。
最後に伝えたかった言葉がありがとうだったのはせめてもの救いでしょうか。
僕の場合はごめんなさいだから情けない。
それにしても、電話番号を変えずに居てくれたことや来てくれたことを思うと、まだ可能性はあるんじゃないかと僕みたいなバカな男は考えてしまうんだけど、女性の割り切り方はシビアなもんですね。
もとやさん [DVD(邦画)] 7点(2013-03-30 21:54:15)
6.前半はコメディ路線で突っ走っていたのだが、後半のシリアスな展開は失速気味だった。
「何のために絆創膏持ってんの? 思いっきり転ぶためでしょう」っていうセリフは印象的だった。大人になるにつれて、転ぶことに対する恐怖とか、転んで起き上がるときのしんどさを知り、転ぶような生き方に抵抗感が生まれるような気がしており、印象に残ったのかもね。
どうでも、主人公の片山輝彦くん(山田孝之)の行動にはイライラする。こんな奴に惚れるほう奴もどうかと思うぞ。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2013-01-28 01:54:11)
5.《ネタバレ》 一言でいうなら、『ドリーマー片山くんの修羅場天国』。もうね、片山くんが羨ましくて。「何のために絆創膏持ってんの?思いっきり転ぶためでしょ!」って、なんて素敵な言葉なんでしょ。何も無いより、辛くても、苦しくても、思い出はあった方がいいと思ってしまいました。美人で性格も素晴らしい、個性豊かな3人の乙女たち。寿司とカレーとラーメンなら、そりゃローテーションで食べられたら最高でしょう。浮気の魅力というか、“魔力”の一端を垣間見た気がします。もっともこれはファンタジー。本当の修羅場はこんなもので済むはずもなく、失恋で狂っていたとはいえ、何の落ち度もない3人の女性を傷つけた事実は消せません。(寝ている彼女の指に指輪をはめてみるって、そりゃ気づかれたらダメでしょうよ…)片山くんが再起不能にならなかったのは監督(女性でしたか!)の武士の情けといったところでしょうか。自身の心にケジメをつけた彼は、ゼロからスタート出来ますもの。妄想シーンは『嫌われ松子の一生』の方法論と同じ。痛い物語には幻想的なデコレーションが相応しい。いろいろと勉強になる映画でしたが、一番感銘を受けたのは別れの台詞でした。「あなたといてもツマラナイ」抽象的なのに的確かつ圧倒的な人格否定。コレを言われたら、ちょっと立ち直れないです。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-10-30 18:28:41)
4.《ネタバレ》 要領よく三股交際をこなしていると思いきや、かつて一方的に別れを告げられた元カノへの想いを断ち切れず、見返してやるために30歳までに結婚したい一心だった。中盤のスケートリンクのシーンは色彩と構図がキレイだが少し冗長に感じましたが、全体的には嫌いじゃないですこういうお話。二階堂ふみって笑顔が宮崎あおいにちょっと似た可愛らしい女優さん、最近は大河ドラマの平清盛に出てますね。
時計仕掛けの俺んちさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-10-02 23:57:32)
3.凄く微妙。ファンタジー的要素も、コメディ的要素も中途半端だった。結末はこれでもいいけど、どうせならもう少し楽しくって笑える内容にしてほしかった。とにかく男が情けない・・・。まぁ、女性の方が強いってのはわかる気はするけど、男から見ても、記憶がおかしくなってるとしても、しっかりしろよ!と思ってしまう。それなのに、モテモテってどうい言うこと?とも思った。あと、山田孝之はこういう役が似合うし、特に困り顔が良かった。
スワローマンさん [DVD(邦画)] 5点(2012-04-17 13:27:28)
2.《ネタバレ》 (飛行機の中で鑑賞)最初っから最後までウジウジしっ放しの主人公に終始イライラ。 脚本が雑なので主人公の境遇を解き明かす謎解きも今ひとつ意味が判らず、残念ながら自分の気持ちにケリを付ける終盤の描写も盛り上がらず。 唯一の収穫は他レビュアー殿も記載されていらっしゃるが、二階堂ふみという女優さんを知る事が出来た事くらいか。二階堂ふみさんに3点。
たくわんさん [DVD(邦画)] 3点(2012-02-21 15:44:15)
1.《ネタバレ》 原作未読。「けがで記憶喪失になった男は婚約指輪を持っていた。しかし男は三人の女性と同時に交際中だった。果たして記憶を失う前の自分は、誰に指輪を渡そうとしていたのか?」という設定を聞くだけで面白そうな映画だな、と思って見に行ったのですが、ちょっと期待はずれでした。主人公があまり魅力的な男でないこともあって(山田さん、失礼!)、何でモテてたのかも首をかしげざるを得ないのと、オチに救いがないことが…。若干くどい演出も目立ち(ギャグ・繰り返しシーンなど)、映像的にも今ひとつ。ただストーリー自体はそんなに悪くないとは思うので、映画館ではなくレンタルで借りる分にはそこそこ楽しめるかもしれません。小西・真木・池脇という美女3人もさることながら、二階堂ふみという少女の存在感はなかなかでした(この映画の本篇上映前に流れていた「ヒミズ」(来年公開予定)の予告で初めてこの女優を知りました)。
蛇蟇斎狐狸窟さん [映画館(邦画)] 5点(2011-12-07 01:22:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 5.67点
000.00%
100.00%
200.00%
318.33%
418.33%
5433.33%
6216.67%
7325.00%
818.33%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 5.33点 Review3人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS