Menu
 >
 >
 > ニューイヤーズ・イブ

ニューイヤーズ・イブ

New Year's Eve
2011年【米】 上映時間:118分
平均点: / 10(Review 24人) (点数分布表示)
コメディロマンス
[ニューイヤーズイヴ]
新規登録(2011-12-26)【Olias】さん
タイトル情報更新(2014-10-07)【HRM36】さん
公開開始日(2011-12-23
公開終了日(2012-04-18)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ゲイリー・マーシャル
キャストハル・ベリー(女優)エイミー看護師
ジェシカ・ビール(女優)テス・バーン
ジョン・ボン・ジョヴィ(男優)ジェンセン
アビゲイル・ブレスリン(女優)ヘイリー
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(男優)ブレンダン
ロバート・デ・ニーロ(男優)スタン・ハリス
ジョシュ・デュアメル(男優)サム
ザック・エフロン(男優)ポール
ヘクター・エリゾンド(男優)コミンスキー
キャサリン・ハイグル(女優)ローラ
アシュトン・カッチャー(男優)ランディ
サラ・ジェシカ・パーカー(女優)キム
ミシェル・ファイファー(女優)イングリッド
ティル・シュヴァイガー(男優)ジェームズ・シュワブ
ヒラリー・スワンク(女優)クレア・モーガン
ケイリー・エルウィズ(男優)スタンの主治医
アリッサ・ミラノ(女優)ミンディ看護師
コモン(男優)兵士
サラ・ポールソン(女優)グレース・シュワブ
カーラ・グギノ(女優)モリセット医師
ジェームズ・ベルーシ(男優)ビル管理人
ショーン・オブライアン(男優)エドウィン牧師
ラリー・ミラー(男優)ハーレイ
ジャック・マクギー(男優)ジェドおじいさん
ペニー・マーシャル(女優)本人
チェリー・ジョーンズ(女優)ローズ夫人
キャサリーン・マーシャル(女優)シャーロット
マシュー・ブロデリック(男優)タイムズ・スクエア協会会長(ノンクレジット)
ジョン・リスゴー(男優)イングリッドの上司(ノンクレジット)
ソフィア・ベルガラ(女優)アヴァ
甲斐田裕子エイミー看護師(日本語吹き替え版)
樋浦勉スタン・ハリス(日本語吹き替え版)
本田貴子クレア・モーガン(日本語吹き替え版)
高島雅羅イングリッド(日本語吹き替え版)
藤貴子ローラ(日本語吹き替え版)
永島由子キム(日本語吹き替え版)
咲野俊介ジェンセン(日本語吹き替え版)
桐本琢也サム(日本語吹き替え版)
加瀬康之ランディ(日本語吹き替え版)
音楽ジョン・デブニー
挿入曲ジョン・ボン・ジョヴィ"I Can't Turn You Loose"他
撮影チャールズ・ミンスキー
製作ゲイリー・マーシャル
ウェイン・アラン・ライス
製作総指揮トビー・エメリッヒ
配給ワーナー・ブラザース
美術マーク・フリードバーグ(プロダクション・デザイン)
レスリー・E・ロリンズ(セット装飾)
衣装ゲイリー・ジョーンズ[衣装]
編集マイケル・トロニック
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
24.《ネタバレ》 いわゆるグランドホテル形式、あるいはメリーゴウランド形式と言われているタイプの映画で、洋画であれば「ラブアクチュアリー」、邦画であれば大晦日というところまでがそっくりな「THE有頂天ホテル」あたりと同じタイプの映画です。
とにかく豪華なキャストが売りで、普通であれば主演級の男優女優が20人ほど登場するのは製作予算いくらなんだ…と観てて心配になるほど。

さて、このニューイヤーズイブ、「大晦日からHappy New Year!までの限られた時間」を描いているわけですが、ちょいと致命的な欠点がありまして、劇中で「なんとしても0時までに」「0時にはあそこに」としょっちゅう語られるわりに「現在時間がまるでわからない」のです。
「0時までには必ずなんとかします」とまさに語ってるそのシーンが現在「何時何分」なのかが全然わからない。
19時なのか22時なのかが全然わからないまま視点を変えて話が進んでいくので、映画を観てても登場人物の焦りとかに全然乗れないわけです。もったいねー!

もう一つ、個々人の各エピソードが弱すぎるのが問題で、一つ一つのエピソードは悪くはないんだけど地味すぎて淡々と話が進んでしまい、大きく心を揺さぶられる事なくエンドクレジットを迎えてしまうのがなんとももったいない。
もうちょっとけれんみのある見せ方してもいいと思うんですよね。

全体的な評価ではハートウォーミングな佳作。
しかし決してそれ以上ではない、ちょっと惜しい映画だと思います。

ところで劇中でいきなり彼女が歌う「ほたるのひかり」、結構アレンジされてましたが「あ、これほたるのひかりじゃん」と僕はすぐわかりました、えへん。
あと、むしょうにニベアを塗りたくなりました。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-09-06 22:53:25)
23.ラブアクチュアリーという、とってもいいお手本があるのにこの出来では満足できない。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-28 01:11:17)
22.感動するところもあったけど、あえて言うなら、詰め込みすぎかな、もっと一つずつの物語がみたい気もしました。さらに、なんで彼女なん?ってラスト(笑)が少々残念。。リトルサンシャインのアビゲイル・ブレスリン がこんなになりましたか。早いのお。ザックのような青年います?やさしすぎるでしょ!
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2014-07-23 14:56:27)
21.このようなお祭りイベント映画でまさか感動してしまうとは、私も疲れているのか、丸くなったのか。0時の瞬間、ニューヨーク、タイムズスクエアという狭いエリアで、恋の始まり、復縁、誕生、死別、失恋、再開などが同時に繰り広げられる。その時の一瞬に向かって皆がまとまっていく感じが心地よい。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-07-04 16:14:03)
20.豪華キャストの群像劇という点では「ラブ・アクチュアリー」とよく対比される作品でもあるが、本作の方がフィクション色が強い(各エピソードにリアリティを欠く)分だけ、ドラマ性よりも、NYの大晦日の雰囲気を味わいたい人向き。大晦日から新年の迎え方としては、日本では「除夜の鐘」や「初詣」のように心静かに迎えるイメージが今も根強いが、彼の国はパーティ文化の国らしく、皆で集まり、カウントダウンで盛り上がり、年越しの瞬間は誰彼問わず抱き合う(本当にキスもするのか!)といった、文化の違いを楽しむ観方もありかな。いずれにしても年末に観るのがおすすめ。大晦日に観られたので+1点。
田吾作さん [DVD(字幕)] 6点(2013-12-31 21:55:07)
19.なかなか良い雰囲気の映画。
前編ほぼ平穏なそして新年への期待を込めた感じが続いている。そうなると普通は単調で飽きそうだが、多彩な物語が織り込められていて、一気に最後まで観てしまう。

「感動」の一歩手前という作品だけど、それがそれで心地良いからこういうのもありかと思った。

「失敗しないとしたら何したい? それを今やるんだ!」というのが印象的なセリフ。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-12-29 23:19:14)
18.人に薦められ鑑賞..期待していなかったのですが..意外と、心に染みました..良かったです..ボールが途中で止まった時の記者会見は、なかなかの名スピーチでしたね~ それにロバート・デ・ニーロ扮する老男も良かった..軟派男のメッセンジャーも好演..ただ、惜しまれるのは..ラストのピザ屋の前での再会シーン..これが、無かったらな~..って思います..(最後の最後で冷めてしまった..) シーンそのものが狙い過ぎ、カップルとしてあまりにも2人が不釣り合い..男は若く、イケメンで金持ち..有り得ない..せめて、容姿が釣り合う女優さんだったら..残念...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 7点(2013-12-23 14:54:29)
17.どうしても『ラブ・アクチュアリー』を思い出しますが、これはちょっとエピソードが多すぎて散漫な印象。でもNYのカウントダウンや「病院の新年」のシーンなど、所々とても印象的です。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-11-13 23:15:08)
16.《ネタバレ》 素晴らしい映画です。小さなエピソードの積み重ねだけれど、どれも心に残るものです。特にヒラリー・スワンクが父親(ロバート・デ・ニーロ)を亡くしたあと看護婦さんたちに新生児室に連れて行かれた時、なぜか胸がいっぱいになってしまいました。ボン・ジョビのファンだからというのもあるかな?「バレンタインデー」はあまりおすすめではないけれど、これはお勧めです。クリスマスには「ラブ・アクチュアリー」を観て、大晦日にはこれを観ることが恒例になりそう。
maruさん [DVD(字幕)] 8点(2013-05-21 01:06:50)
15.《ネタバレ》 2012/12/31の大晦日に観賞。 アメリカの皆さん、本~当にこの手のオールスターキャスト出演のイベント映画が好きでいらっしゃる。 裏を返せばこの手の作品でも確実にお客さんを映画館に呼べるだけの製作者側の自信と、映画館に足を運ぶ客層が実在する事の表れとも言え、日本と比較して何とも羨ましい限り。 中身の方は良くも悪くも予定調和で安心して観賞する事が出来るが、「バレンタイン・デー」と同様に軍隊絡みのエピソードが挿入されている辺りがいかにも現在のアメリカ映画らしい所。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-01-07 13:19:09)
14.《ネタバレ》 かなり豪華な出演者。ラストはお約束なのだけどもっと必然性をみせてほしかったなぁ。伏線をもっと効かせるとか。そこがすこし残念です。
とまさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2013-01-01 21:31:33)
13.これは、個人的は11年のベストです。すごく、NYの雰囲気、イブの雰囲気、カウントダウンへの物語の収束。よくできていると思います。ヒラリースワンクもマシュー風呂でリックもアストンもボンジョビもはまってます。ホームパーティの時に観てもいいし、カップルで観るのもおすすめです。最後はねぇ(笑)あれしかないでしょう。2回くらい途中涙して、最後はいい気分で観終わる、いい作品でした。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2012-12-15 23:18:07)
12.寒い年末には、たくさんの愛がつまった映画が求められるよう☆ アビゲイル・ブレスリンも花の16才ではじめてのキスシーン♪なのだけど、ちょっと面変わりしちゃった?(最近あまり売れてないみたいなのはそのせいか) ミシェル・ファイファーは、同じ若い男の子相手の「わたしの可愛い人/シェリ」とのギャップがありすぎて☆(ミシェルおねーさまってスゴイ…) ジョン・ボン・ジョビは地でやれる役、ゲイリー・マーシャル作品常連のへクター・エリゾントが老いても健在なのはウレシイ☆ メインはやっぱりスワンクとデニーロなんでしょうけど、つめこまれて圧縮されてるのでさほど目立たない感じではあります☆ みんなの心が一つになる、タイムズスクエアのカウントダウンが華やか☆
レインさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-12-08 07:00:00)
11.《ネタバレ》 フェリーの中で鑑賞しました、群像劇好きなので楽しめました、まさかBonJoviが出ているとは知らなかったので、ちょっと得した気分です。好きなものの群像劇は誰が誰かわからなくなりますね、好きな俳優さんが多ければ見分けがつくのですが、だんだんわからなくなります。
ないとれいんさん [ビデオ(字幕)] 7点(2012-11-08 13:39:51)
10.《ネタバレ》 当然ながら年末に観るべき映画だった…。群像劇という事で、まずは登場人物の簡単な紹介が続き、しばらくは我慢の時間帯。少しずつ物語が動き出し、その最初の段階では面白くなりそうな予感もあったが、終わってみれば平凡な話の寄せ集めに過ぎず、登場人物同士の「実は」という繋がりも驚くようなものではない。そんな訳で、ストーリーはパッとしなかったけど、ジョン・ボン・ジョヴィとリア・ミシェルの歌声にかなり救われていて、音楽の偉大さを改めて感じる結果となった。2011年は日本にとってつらい年だったが、映画の最後に日本やタイの事だと思われる「地震や洪水」という言葉を入れてくれた事には感謝したい。あと、東芝目立ちすぎ!
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-10-23 16:36:05)
9.《ネタバレ》 豪華キャスト共演の2011年を締めくくるラストムービー。大晦日にこの映画を観て一緒にカウントダウンすると盛り上がるに違いないハートウォーミングストーリー。成長したアビゲイル・ブレスリンも出演。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2012-07-11 00:26:52)
8.《ネタバレ》 うーん。なんとも。つまらない、見る時期、見る年齢、状況、、、、それによってこの映画の面白さは変わってくると思う。私にとっては心を動かされない、薄っぺらい映画でした。
蝉丸さん [DVD(吹替)] 6点(2012-05-13 23:22:57)
7.《ネタバレ》 まあ豪華な出演陣で、予想通りの展開。ただ最後のカップルだけは意外。M・ファイファーはすっかり老けましたね。役作りだと思うけど、かつてのセクシー・アイコンだったころが懐かしいです。そして突然のJ・ハイアットの曲(HAVE A LITTLE FAITH IN ME)にはちょっと涙。いい曲だ。
kaaazさん [DVD(字幕)] 6点(2012-05-04 17:50:31)
6.年末に観るのにはピッタリですが、10年古いセンス!というのが率直な感想。
長谷川アーリオ・オーリオさん [映画館(字幕)] 5点(2012-03-02 18:15:57)
5.去年暮れから何度か本作の予告編を見ていました。かなり軽いタッチのラブコメ群像劇かな?という感じでそれ程期待していた訳ではなかったですが、いい映画でした。

ちょっとイイ話にバカ話にゲイリー・マーシャルの十八番、ロマンティックコメディにちょっと悲しい話も・・・。中盤まではそれぞれが順序良く登場し素晴らしいテンポで展開していく。そして終盤に少しずつそれぞれのストーリーが重なり合う。それにしても豪華なキャストですが、やはりミシェル・ファイファーが一番印象に残りました。終盤にはちょっと扱いが軽くなってしまう話もありますが、それはこのジャンルでは仕方が無いところかもしれません。

1年の終わりに見ても、また新たな1年の始まりに見ても、実に気持ちのいい映画です。(でも、やっぱり”ニューイヤーズ・イブ”に見たかったな・・・)最後に「バレンタインデー」のDVDパッケージがチラッと登場しましたが、ゲイリー・マーシャルの茶目っ気でしょうか。また、一番最後の日本に向けたメッセージをとても嬉しく思いました。
とらやさん [映画館(字幕)] 8点(2012-01-27 19:52:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 24人
平均点数 6.71点
000.00%
100.00%
200.00%
314.17%
400.00%
514.17%
6937.50%
7625.00%
8625.00%
914.17%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.50点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 6.50点 Review2人

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2012年 32回
最低作品賞 候補(ノミネート) 
最低監督賞ゲイリー・マーシャル候補(ノミネート) 
最低主演女優賞サラ・ジェシカ・パーカー候補(ノミネート)「I DON'T KNOW HOW SHE DOES IT」に対しても

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS