踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル<TVM>

[オドルダイソウサセンサイマツトクベツケイカイスペシャル]
1997年【日】
平均点:8.00 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
アクションサスペンスコメディTV映画シリーズもの犯罪もの刑事もの
新規登録(2012-01-24)【フライボーイ】さん
タイトル情報更新(2015-08-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
演出本広克行
羽住英一郎(演出補)
キャスト織田裕二(男優)青島俊作
柳葉敏郎(男優)室井慎次
深津絵里(女優)恩田すみれ
水野美紀(女優)柏木雪乃
ユースケ・サンタマリア(男優)真下正義
いかりや長介(男優)和久平八郎
小野武彦(男優)袴田健吾
斉藤暁(男優)秋山副署長
北村総一朗(男優)神田署長
佐戸井けん太(男優)魚住二郎
小林すすむ(男優)中西修
筧利夫(男優)新城賢太郎
甲本雅裕(男優)緒方薫
遠山俊也(男優)森下孝治
稲垣吾郎(男優)鏡恭一
広末涼子(女優)不良少女
仲間由紀恵(女優)北見繭
伊藤英明(男優)藍原誠治
六平直政(男優)寿司屋の大将
原沙知絵(女優)小学校の先生
古田新太(男優)現金輸送車強奪犯
津嘉山正種(男優)警察庁警備局長
高杉亘(男優)草薙中
西岡徳馬(男優)警視庁刑事部長
谷啓(男優)篠原浩三捜査資料室長
森廉(男優)小学生
高橋克実(男優)内田
久保晶(男優)寸借詐欺師
山崎一(男優)警務課長
辻萬長(男優)町屋忠正
田山涼成(男優)高橋交通課長
石井愃一(男優)生活安全課長
三上市朗(男優)三井一郎
児玉謙次(男優)
脚本君塚良一
音楽松本晃彦
作詞織田裕二「LOVE Somebody」
作曲ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
編曲松本晃彦「LOVE Somebody」
主題歌織田裕二「LOVE Somebody」
プロデューサー亀山千広(プロデュース)
制作フジテレビ(制作著作)
美術梅田正則(美術プロデュース)
編集田口拓也
照明加瀬弘行
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 TVシリーズ最終回で交番勤務に異動になっていた青島が、再び湾岸署に戻ってくるまでのドタバタを「歳末」という慌ただしい雰囲気に乗せてテンポ良く描けている。さらに定年退職した和久が指導員で復帰する、真下が親のコネで係長になっているなど、設定が自然なのが良い。後の映画版での設定で次第に違和感が増えていくことを思い起こすと、設定のリアリティを軽く考えるべきではない。また同じく後の映画版(特にムービー3やファイナル)と同じ監督・脚本家とは思えないほど、シナリオやカットが冴えまくっている。ファンの間で本作の人気が高いのはそれらに加え、「踊る」の基本ラインといえる、青島と室井の関係(青島が現場で頑張り、室井が上を目指す)、青島とすみれとの関係(同僚以上恋人未満)、スリアミの磨きのかかったオトボケ、「事件に大きいも小さいもない」信念、などを全シリーズを通じて本作が一番わかりやすく見せてくれているところだろう。
田吾作さん [地上波(邦画)] 8点(2012-12-17 00:20:02)
4.《ネタバレ》 今作に、まだブレイク前の仲間由紀恵や伊藤英明も出ていますが、
連ドラ版も見直すと阿部サダヲ、小池栄子、水川あさみとかも出てるんですよね。
結構、連ドラから15年以上経っているので、今活躍中の俳優さんたちが、こんな役で!
みたいな驚きもあるので見直すのも面白いのかもしれません。
これの後の秋の犯罪撲滅SPでは宮藤官九郎が出ていたり、大人計画が世間に認知され始めた頃だったんだなぁ、なんてことを懐古してしまう。
冒頭の病院でお花を渡したい女の子を、ミスしたフリをして通してあげるシーンだけで青島という刑事のキャラクターを見事に描いていて、
刑事からお巡りさんになり、湾岸署に戻されて、そのあと各部署をたらいまわしにされる青島を軸に小さな事件が一つの事件に繋がっていくという後の劇場版4作と見比べても実は一番見応えのある作品が今作だとも思います。
バニーボーイさん [DVD(邦画)] 8点(2012-11-18 15:56:47)
3.《ネタバレ》 連ドラ版が放送された年の暮れに放送された「踊る大捜査線」初のスペシャル版。連ドラ最終回で交番勤務となった青島(織田裕二)が湾岸署に復帰し、再び刑事課に配属されるまでを描いたストーリー。新作映画公開に合わせた再放送で久しぶりに見たが、最近のダラダラしたシリーズを見慣れていたためか、あまりのテンポの良さと、脚本のうまさ、そしてその面白さに逆に驚いてしまった。復帰した青島が署内でお荷物扱いされ、署内の各課をたらい回しにされるというのは、黒澤明監督の映画を意識したシーンやエピソードをやることが多いシリーズだけに「生きる」で公園を作ってくれと要望する市民たちが市役所の各課をたらい回しにされるシーンをなんとなく思い出してしまったが、あくまで参考にしたのかな程度のことなので、この後の映画シリーズのような露骨感は皆無。クライマックスの刑事課占拠事件もちゃんと緊張感をもって描かれているし、コメディーとシリアスのバランスも絶妙。こういうのが本来の「踊る大捜査線」らしさなのだとあらためて思うし、定年退職した和久(いかりや長介)が指導員として復帰することになる展開も、いかりや長介が故人となってしまった現在に改めて見直すと、やっぱりいかりや長介演じる和久平八郎は「踊る大捜査線」というドラマになくてはならない人物で、彼が出てくると画面がビシッと引き締まる感じがする。いかりや長介にはやっぱりもっと長生きしてほしかったな。それにしても今改めてこの作品を見ると当たり前だがみんな若いし、見ていてなんだか懐かしい気持ちにさせられる。それに今では売れっ子となっている当時無名の仲間由紀恵や伊藤英明が出演していたりして、出演者は今からすればけっこう豪華。特に仲間由紀恵は殺人事件の目撃者というかなり重要な役柄で出ている。それに対し、逆にアイドルとして人気が出始めていた頃の広末涼子がチョイ役というのが意外だった。犯人役の稲垣吾郎のキレた演技も見もの。杉並北署時代の青島の上司役が谷啓なのだが、もし当時存命であればこの役はハナ肇が演じていたかもしれない。
イニシャルKさん [地上波(邦画)] 7点(2012-11-17 13:20:40)
2.《ネタバレ》 あ、こんな作品が入ってたなんて… これはシリーズ最高傑作です。ほどよい緩みと緊張、張った伏線はすべてきちんと回収されます。恩田すみれの相手役にブレイク前の伊藤英明だし、なんといって「刺客」で満開になる吾郎ちゃんの萌芽が見えて素晴らしい。未見のかたは、とりあえず借りてみてください。絶対に損はしません。レギュラーシリーズは別にして、MOVIEの1作目が2番手評価かな。あ、スピンオフだけど「逃亡者 木島丈一郎」も捨てがたい。ほかのMOVIEやスペシャルは、過剰だったり、テンポ悪かったり、牽強付会だったりするもんね。個人的に「交渉人 真下正義」は好きだけど。
shintaxさん [地上波(邦画)] 10点(2012-09-27 16:04:43)
1.《ネタバレ》 登録ありがとうございます!!改めて「踊る」シリーズを観たのでレビューしようと思ったら、「初夏の交通安全スペシャル」はあるのに、歳末SPと秋SPがないではないか!…というわけで本作ですが、TVシリーズの最終回で交番勤務に戻された青島君が、湾岸署刑事課にカムバックするまでのお話。考えてみたら、15年も前の作品なので、みんな若い。長さんも生きてる。さらには、無名時代の仲間由紀恵や売出し中の広末涼子がチョイ役で出ているではないか!そんな新たな発見もあり、TVシリーズそのままの軽~いノリに頬が緩みっぱなし。ちょっと甘めに7点献上。
フライボーイさん [地上波(邦画)] 7点(2012-01-26 07:33:01)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7240.00%
8240.00%
900.00%
10120.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS