レイン・オブ・アサシンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > レ行
 > レイン・オブ・アサシン
 > (レビュー・クチコミ)

レイン・オブ・アサシン

[レインオブアサシン]
Reign Of Assassins
2010年【中・香・台湾】 上映時間:117分
平均点:7.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アクションカンフー
新規登録(2012-01-29)【あろえりーな】さん
タイトル情報更新(2017-05-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ウー
演出トン・ワイ(アクション監督)
キャストミシェル・ヨー(女優)ザン・ジン
バービー・スー(女優)ジャンチン
ショーン・ユー(男優)レイ・ビン
ペース・ウー(女優)ティールソード
ワン・シュエチー(男優)転輪王
千葉一伸レイ・ビン(日本語吹き替え版)
高木渉転輪王(日本語吹き替え版)
伊井篤史(日本語吹き替え版)
撮影アーサー・ウォン
製作ジョン・ウー
テレンス・チャン
衣装ワダエミ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 男性をかっこ良く撮らせたら、多分、右に出る者はいない・・・と、私的には思っている、ジョン・ウー監督が、名女優ミシェール・ヨーを迎えて采配を振るった”女性の為のカンフー映画”とお見受けします。■仕事の技術も、生き様も、男に依存はしない。非情な世界の中で、頑なにそう生きて来た暗殺者ザン・ジン、そんな彼女を命を賭して諭したルージューの思いがけない深い情愛の言葉が、この映画のテーマ。■ジョン・ウー得意の華麗なカンフーアクションの中に、欧米にはない、アジアならではの恋愛観、夫婦の情愛を、久しぶりに見直すことが出来ました。■貧乏だけど、正直で優しく、穏やかなことだけが取り柄の夫、アシャンが、真の姿を表すシーンは、何度見ても、しびれますw ■この映画を撮影した時、多分、ミシェール・ヨーは、45歳位、彼女が見せる、流麗なアクション、凛々とした演技は、同じ世代の女性として、憧れずにはいられませんね。
さん [地上波(字幕)] 8点(2015-04-14 10:12:46)
1.《ネタバレ》 久々のジョン・ウー監督作品。
だいたい予想していた通りの内容で、個人的には
シナリオに少し不満が残るものの、なんといっても
その素早いアクションシーンが見ものです。
元々、ワイヤーアクションは香港映画の一つの特徴として
発展してきましたが、最新の映像技術と相まって
中国独自のアクションを見事に進化発展させている印象。
こういうのを撮らせると、やはりジョン・ウーは
凄いなと思わせられる。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2012-01-30 16:02:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
700.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS