一枚のハガキのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > 一枚のハガキ
 > (レビュー・クチコミ)

一枚のハガキ

[イチマイノハガキ]
2011年【日】 上映時間:114分
平均点:5.79 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-08-06)
ドラマ戦争もの
新規登録(2012-03-09)【ESPERANZA】さん
タイトル情報更新(2021-04-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督新藤兼人
助監督新藤風(監督補佐)
キャスト豊川悦司(男優)松山啓太
大竹しのぶ(女優)森川友子
六平直政(男優)森川定造
大杉漣(男優)泉屋吉五郎
柄本明(男優)森川勇吉
倍賞美津子(女優)森川チヨ
津川雅彦(男優)利ヱ門
川上麻衣子(女優)松山美江
絵沢萠子(女優)利ヱ門の女房
渡辺大(男優)下士官
麿赤兒(男優)和尚
原作新藤兼人
脚本新藤兼人
音楽林光
作詞古賀政男「影を慕いて」
サトウ・ハチロー「リンゴの唄」
作曲古賀政男「影を慕いて」
古関裕而「露営の歌」
万城目正「リンゴの唄」
挿入曲並木路子「リンゴの唄」
製作新藤次郎
企画近代映画協会(企画製作)
プロデューサー新藤次郎
制作近代映画協会(制作プロダクション)
配給東京テアトル
美術金勝浩一
あらすじ
戦争末期に召集された100人の中年兵、その生死を分けたのは上官がくじを引いて決めた赴任先それぞれの戦地だった。くじ引きが行われた夜、松山啓太(豊川悦司)は仲間の兵士、森川定造(六平直政)から妻・友子(大竹しのぶ)より送られてきたという一枚のハガキを手渡される。検閲が厳しくハガキの返事が出せない定造は、生きて帰って来られないことを覚悟し、妻へのことづけを託したのだった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》 豊川悦司と大杉漣の殴り合いのシーンは、茶番過ぎて笑ってしまった。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 5点(2017-08-18 13:31:18)
13.《ネタバレ》 恥ずかしながら新藤兼人監督の作品はほとんど観たことが無い。脚本作は何本か観たのだが。

森川定造の妻・友子は戦争で多くのものを失う。まず夫を失い、その後その弟に嫁ぐがそれも失い、そしてその父と母も息子を失った失意の中でこの世を去ってしまうという絵に描いたような悲劇。その夫を戦地に行かせたのはクジ引きである。定造本人ではなく上官が引いたクジでだ。だがそのクジで戦地に行かずに済んだ者もいる。松山啓太はクジで生き残るが帰還してみれば妻は父親と関係をもって家からはとんずらしている始末。

といったように徹底して戦争による不条理を描いている。ここまで不条理だと悲劇すら喜劇に見えてきてまさに紙一重だ。その不条理に翻弄される人々を役者たちが冒険的な演技で演じる。まるで舞台を観ているかのようにその演技は大げさで声を張り上げるようなものだ。特に大竹しのぶはさすがの怪演。もっと若手女優でも良さそうな役だがこの演技力が必要だったのだろう。

しかし、この作品を観終わった後の印象はそんなに暗いものではない。どちらかというと人間のたくましさや力強さを感じられる。一人になった友子に言い寄る男は妻子もいるのにどうしようもない奴だが、友子が松山とブラジルに行くと決まれば祝いの席を設け「あんたが本当に好きやった」と感情を吐き出す。その姿をぐちゃぐちゃだが可愛いと思ってしまう。戦争を起こすのももちろん人間だが愛すべき姿もきちんと描かれていて監督はきっと人間を見つめ続けてきた人なのだろうと思う。

ともかく100歳まで生きた監督が晩年まで創作意欲が尽きなかったことが素晴らしい。人間の持つエネルギーを体現してますね。
さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-02-13 02:35:27)
12.《ネタバレ》 この設定で主演が大竹しのぶって、もうその時点でありえないでしょ、80年代ならともかく・・・。演出も脚本も随所で中途半端で、見るべきところがありませんでした。あえていえば、最後に一気に家が崩壊して麦畑に生まれ変わる強引さくらいか。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2015-01-31 02:51:21)
11.《ネタバレ》 他の方も言われている通り、舞台を見ているような感じの作品でしたね。良くも悪くも、とても素直で直球な作りでした。それはすなわち、戦争がもたらす悲しさ、悲惨さ。その一点。新藤監督の最後の作品となりましたが、彼が映画で伝えたかったものは終始一貫してましたね。翻弄される人たち、特に友子さんにとっては実に痛ましいストーリーとなってるんだけど、でも単に悲しいだけの映画ではなく、ところどころ笑える、ある意味ではコメディのような仕立てにもなってるわけです。それはたぶん、戦争という過酷な経験に比べればそれ以外のことはたいしたことないんだよ、とか、あらゆる生き様において人間はとても愛らしい生き物だよ、とか、生きてさえいれば、必ずいいことあるんだよ、とか、そういうポジティブなメッセージを伝えたかったんだなと思います。友子さん役を演じるには、大竹しのぶではおばちゃんすぎるのでは?という気もするけど、なかなか若い人でこの役を出来る人はいなかったのかも。なんにせよ、新藤さんの遺作として、希望を感じられる結末であったのはとても感慨深いです。
あろえりーなさん [地上波(邦画)] 7点(2015-01-14 00:24:22)
10.なんか舞台のような演技でした。それはそれで問題ないし、ラストの大竹しのぶも怖いくらい迫力あり。この映画の彼女は結構好きです。
nojiさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-06-04 23:31:49)
9.戦争のバカバカしさを伝えたいという意図は感じるのだが、ちょっと演出が過剰というか、キャストも演技にも疑問が残る。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 4点(2014-02-05 12:01:02)
8.「喜劇」と呼ぶのもおこがましい。ただの「お笑い」映画ですね。反戦なんか全然感じられない。「おっさん」と呼ぶにも年を取りすぎた六平直政と、そろそろ更年期?っていう大竹しのぶが、戦争から帰ったら子供を作ろう!なんて、これは笑いをとっているつもりなんだろうか。まあ、大竹の怪演が見られたのでよしとしようか。
駆けてゆく雲さん [地上波(邦画)] 3点(2014-02-02 23:21:56)
7.シリアスか、コミカルかどう捉えて良いか戸惑ったもので入り込めませんでした。年齢設定などにも無理を感じます。ハガキの文面はとてもよかったのですが。
HRM36さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-01-30 10:59:59)
6.個々人の生活に焦点を当てているものの現実感は何故か薄い。ただし、結構しっかりとした映画。
戦争反対への強い意識が生じる程ではないが、作者がそこを中心にしたかったのかどうかは不明。役者はもうちょっと...という感じ。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-01-26 22:48:24)
5.《ネタバレ》 自分的には、新藤兼人監督と言えば「裸の島」だが、「墨東綺譚」みたいな作品まであるから、一筋縄ではいかない。まだまだ観てない作品が多いが、これだけ豊潤な人生を描ける監督も逝ってしまった…。クソ「マジメ」な自分には、観ると頭が柔らかくなり、鑑賞後優しい気持ちになるこんな作品がこれからも創られたらなぁとしみじみ思います。
トントさん [映画館(邦画)] 8点(2013-11-12 00:51:42)
4.久々に近年の映画で良質なものを観れました。さすが新藤監督。映画とはこういうものだ。
ケンジさん [DVD(邦画)] 7点(2012-11-22 21:53:13)
3.99歳の新藤兼人監督が最後と決めて世に送り出した映画は戦争への憎悪に満ちたものだった。この国では夏になると各局こぞって反戦ドラマを作るのが風物詩だが、この作品はその手のドラマと同じようなものだと思う。ただ、一つ違う点があるとすれば監督が戦争体験者だという事。戦争体験を語れる人が少なくなってきた今日の日本にあって、その数少ない一人である新藤監督が後世へ残した最後のメッセージ、しかと受け取りました。先に書いたとおり、同類の映画や2時間ドラマと比べて特別何かが優れているとは思わないため、点はこの程度に。最後に、日本の俳優には絶望したよっ!
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-04-23 18:10:02)(良:1票)
2.《ネタバレ》 どんな賞に輝いたかではなく、これぞ新藤兼人監督人生100年の集大成と言える映画だ。一切の無駄がなく、粋を集めたような画面やストーリーは、人間を追求してやまなかった男の神髄を見たような気がした。
戦争はいろいろな形で語られるが、これは監督自身が主人公松山啓太同様、くじという幸運に恵まれ帰還できた体験によるものだろう。
戦争は多くの悲劇をもたらした。長男が戦死し、その嫁が次男と結婚し、その次男も戦死する。子どもを戦死させた老夫婦が後を追ったように亡くなる。そういった不幸もあったろう。あるいは夫が戦死したと思っていた妻が他の男と一緒になっていたということもあったろう。この映画はそういった不幸を淡々と物語っている反面、鋭い叫び声を上げ、残された人間が強く生きていく姿も描いている。シンプルな作りと舞台劇のような台詞は、あたかも上質のお芝居を見ているようだったし、満を持して見ただけあって、実に見応えのある映画だった。
ESPERANZAさん [CS・衛星(邦画)] 9点(2012-04-23 06:16:08)
1.久々に骨のある映画に出会いました。新藤監督といえばあまりにも多くの作品があるのでレビューしにくくて、もしかすると初めてかもしれませんが「人間」を見たときのような感覚が生々しく甦ってきた事だけは確かです。
白い男さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-04-22 22:22:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 5.79点
000.00%
100.00%
217.14%
317.14%
417.14%
5321.43%
6214.29%
7428.57%
817.14%
917.14%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS