アイアン・メイズ/ピッツバーグの幻想のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アイアン・メイズ/ピッツバーグの幻想
 > (レビュー・クチコミ)

アイアン・メイズ/ピッツバーグの幻想

[アイアンメイズピッツバーグノゲンソウ]
Iron Maze
1991年【米・日】 上映時間:102分
平均点:4.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ドラマ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2007-03-05)【.】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督吉田博昭
演出ダン・ブラッドリー(スタント・コーディネーター)
キャストジェフ・フェイヒー(男優)
ブリジット・フォンダ(女優)
村上弘明(男優)
J・T・ウォルシュ(男優)
ジョン・ランドルフ〔1915年生〕(男優)
原作芥川龍之介『薮の中』
脚本ティム・メトカーフ
音楽スタンリー・マイヤーズ
リチャード・ハーヴェイ(追加音楽〔ノンクレジット〕)
製作イロナ・ハーツバーグ
製作総指揮オリヴァー・ストーン
エドワード・R・プレスマン
多賀英典(共同製作総指揮)
配給UIP
特殊メイクトニー・ガードナー[メイク](ノンクレジット)
衣装スージー・デサント
字幕翻訳岡枝慎二
その他グレゴリー・レムキン(バイリンガル・プロダクション監修)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 日本人がハリウッドで監督するってのに、わざわざまた「藪の中」を使うのは芸がないと思ってたんだけど、そう気にならなかった。もう「羅生門」型ってジャンルがあるってことか。これではみんなが誰かをかばって藪の中になっている。しかもアメリカ映画ですから結論が出ます。人によって見方は違う、ということを経て相互理解への道はある、って。滅んでいく町の人間の目に映る嫌味な金持ちの日本。このころは経済摩擦が問題化していて、コメディではよく扱われたが、この手のミステリー風のにまで登場したか、と思わされ、けっこう現地の雰囲気を出してたんじゃないか、よく知らないけど。彼が作ろうとしていた遊園地より、廃工場のほうが魅力的に見える。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2012-12-14 09:45:06)
2.ハリウッドで戦った村上弘明・吉田監督に敬意を表し3点はあげましょう。しかし・・・いい役者が揃っているのに、この出来。
黒澤明が如何に優秀だったかがわかる作品。
恭人さん 3点(2003-11-21 09:55:03)
1.この時期、結構脱いでたブリジット・フォンダが、本来ハダカにならなきゃなんないシーンでも肢体を見せてくんなかった。ああ、やっぱり彼女は日本人監督だからってこの映画を軽蔑してるんだ…。と、いろんな意味で落胆させられました。彼女とムラカミ・ヒロアキの絡みがあれば、それだけで満足(笑)できたのになあ。
やましんの巻さん 3点(2003-05-20 10:44:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3266.67%
400.00%
500.00%
6133.33%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS