ファミリー・ツリーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファミリー・ツリー
 > (レビュー・クチコミ)

ファミリー・ツリー

[ファミリーツリー]
The Descendants
2011年【米】 上映時間:115分
平均点:6.82 / 10(Review 44人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-05-18)
ドラマコメディファミリー小説の映画化
新規登録(2012-03-24)【放浪紳士チャーリー】さん
タイトル情報更新(2019-03-20)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アレクサンダー・ペイン
キャストジョージ・クルーニー(男優)マット・キング
シェイリーン・ウッドリー(女優)アレクサンドラ・キング
ボー・ブリッジス(男優)いとこのヒュー
マイケル・オントキーン(男優)いとこのミロ
マシュー・リラード(男優)ブライアン・スピアー
ジュディ・グリア(女優)ジュリー・スピアー
磯部勉マット・キング(日本語吹き替え版)
佐々木梅治(日本語吹き替え版)
勝杏里(日本語吹き替え版)
出演モーガン・フリーマン皇帝ペンギン
脚本アレクサンダー・ペイン
ジム・ラッシュ
撮影フェドン・パパマイケル
製作アレクサンダー・ペイン
ジム・テイラー
配給20世紀フォックス
衣装ウェンディ・チャック
編集ケヴィン・テント
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
44.《ネタバレ》 予告だと子供が超問題児でどうにも対処できない感じ。ただ和解が早すぎる。嫁のお父さんは大分あれだけど。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-03-25 21:16:02)★《新規》★
43.《ネタバレ》 母親の死を目前に、父親が奔走するお話。死ぬときになると、色んな秘密が出て来るんだね。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 6点(2018-04-26 08:21:38)
42.アレクサンダー・ペインらしいちょっとホロ苦さのある、苦味のあるコメディ。
決して軽い話ではないと思う。先立つ妻の浮気に、広大な土地をめぐる一族の様々な思惑。
それら重さのある要素をハワイの大らかさに実に旨く包み込ませています。
末っ子に母の運命を説明するシーン、土地の処遇についてマットが一族に説明するシーン。
重くなりがちな、話がややこしくなりがちなシーンも台詞を廃し、そっとさりげなく見せてしまいます。
偏屈な妻の父親が娘に別れを告げるシーンも良かった。マットと娘達(&姉のカレ)が病室の外からその様子を静かに見守る。
ハワイ音楽も巧く空気を和らげるのに一役買っています。
主要キャストが皆、それぞれに素晴らしい仕事をしています。
ジョージ・クルーニーはどんな役を演じても巧いなあと思う。いい円熟味も加わってきました。
長女を演じたシェイリーン・ウッドリーも好演。そして見逃せないのが彼女のカレの存在。
最初登場した時には、なんだこのアホな男は?と思ったけど、終盤までずっと家族と一緒にいる。
普通、フクザツな事情のある家族旅行にまでついて来るか?と思ったけど、
この男もコミカルな存在もまた、本作には欠かせない重要なピースとしてとても巧く機能していました。
奥の方でその様子を微笑みながら見ている。そんな感じでこのカレにも一緒にいて欲しかったとも思えましたが、
1つのソファーで、1枚のブランケットで3人がくるまってテレビを見る3人の姿に希望が感じられるラストでした。
とらやさん [DVD(字幕)] 8点(2015-12-15 22:36:06)
41.《ネタバレ》 家族って何だろうねえ。目に見えない情愛のみでスタートする不可思議なまとまり。常に順風満帆とはいかないのが世の常でして、ここに描かれる家族は予期せぬ事故に見舞われる。そしてそれをきっかけに明らかになる家庭崩壊すれすれの内情。ずっと進行していたのに気付かなかった綻びに突如直面した父親G・クルーニーの奮闘ぶりは涙ぐましい。
そりゃぶつけたくもなるわな。憤懣やるかたない思いを。たとえ相手が昏睡状態だとしても。でも別れの時が来たら、涙が頬を伝うのだ。この場面、複雑で多面体な”家族”という感情をリアルに描いていると思った。
家族にKOされつつあったお父さん、自らのアイデンティティを大王の子孫であることに見出し、親族らの意向を却下して再び生活を生き出す。ラストの、やけに生真面目なTVドキュメンタリーを見る親子三人をむしょうに応援したくなった。
今後土地のことでもめるだろうし、長女のしょーもない彼氏のこともやっぱり心配だ。
でもきっと上手くゆく。この世の皆、何がしかを抱えている。ゆったりとした音楽も伴って、しみじみと背中をさすってもらえたような想いが残りました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-09-27 23:41:46)
40.《ネタバレ》 母であり、妻である女性が死を迎えることで、残った家族に何がもたらされたんでしょうか。ラストシーンではそれなりに仲が良さそうに見えます。ですが、ストーリーの中では何がきっかけになっているのか、つかみきれませんでした。舞台がハワイであること、土地の門外が絡んでいること、それらが必要であったかも疑問です。
shoukanさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-07-26 18:20:09)
39.《ネタバレ》 原題の意味は「子孫たち」っていうんですね。つまり単なる家族ものではなく、先祖から受け継いできたものが大事であるということ。具体的には土地なのですが、それとはもう少し違った、目に見えない精神的なものも含まれているように思われます。そうしたものを大切にすることが、家族を大切にするということなのだというあたりが、通常の家族再生映画にひねりを加えていてよかったと思います。長女役のシェイリーン・ウッドリーが好演で、本作でかなりの映画賞にノミネートされたのも納得です(ほかに候補者もいなかったんでしょうけど)。水着姿が多かったから高評価だったわけではないと信じたい(笑)。チャラい彼氏もなかなか面白いです。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-06-30 20:28:15)
38.《ネタバレ》 コメディを軸にしたホームドラマはハリウッドの得意分野ですし、日本人も含めて需要は高いと思います。
私自身も肩の凝らないこの様な作品は嫌いじゃありません。
コメディとハートウォーミングの比率を序盤では前者に終盤にかけて後者に比重を高めていくのも平常運転だと思います。
定番と言えますが畳み掛けやアップテンポな展開にはせずに舞台をハワイにした事でレイドバックして見やすい印象になっています。

スコッティの友達に謝りに行った時のマットの態度で彼のダメ親父っぷりは直ぐに分かります。
家庭を顧みない彼をはじめ娘達や昏睡状態の妻も自分勝手に過ごして来ました。
鉢植えの花を誰も気にしなければ枯れてしまうのが当然の様に、家族が好き勝手にやっていれば家庭はバラバラになってしまいます。

もしエリザベスが事故にあっていなかったらどうなっていたでしょうか。
キング家は勿論、スピアー家も巻き込んで崩壊していたのは確実でしょう。
しかし、皮肉にも事故をきっかけにキング家は纏まって行きます。
要因は弱音を吐いたり感情的になりながらもマットをはじめ娘達も家族に視線を向けた為でしょう。
マットやアレックスが意識のないエリザベスに対して罵倒します。
また、アレックスのバカ彼氏シド(愛すべきキャラクターです)とフラストレーションを募らせながら会話したり、妻の尊厳死の報告に義父を訪ねに行ったら容赦無く罵られたり、妻の浮気相手をみんなで探しに行ったり等の数日間の彼の行動は数年間家族を放っておいたツケにより散々な結果ですが、真剣に家族とその周辺を含めた問題に向き合っているシーンにもなっています。
死に直面しているエリザベスがいるキング家の絆が深まるのに対してスピアー家がボロボロになって行ったのもまた皮肉です。
そんなブライアンへの複雑な感情もあったのかもしれませんが、受託者であるマットは先祖から託された土地の売却を辞めてしまいます。
いとこのヒューに「家族だろ」と言われますが、壁に掛かっている会った事もない様な何人もの先祖達の何枚もの写真を見て彼等先祖達と未来の子孫達を含めてハワイに住んでいる全ての人々が自分の『家族』なのではないかと感じたのかもしれません。
ですからマットには一族だけの私益に応える選択は出来なかったのではないでしょうか。
自分達一族だけが好き勝手にやっていればハワイという『家族』がバラバラになってしまうという事を妻の事故による今回の件から学んだのかもしれません。

エリザベスの散骨のシーンを挟んで、一度失ってしまったら二度と取り戻せない美しいこの島の財産とも言えるハワイの風景の数カットと、戻っては来ない彼女の死によって繋ぎ留められた3人の家族が一枚のブランケットと2つのアイスクリームをシェアしている光景を対比させています。
双方から穏やかな美しさと静かな希望を感じさせてくれる一連のシークエンスはとても印象に残りました。
しってるねこのちさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-06-22 18:22:14)
37.《ネタバレ》 扱うテーマが多過ぎたのでは?不倫と妻の死だけでも小説一冊書けるようなテーマなのに、そこに土地の売却問題や娘の非行等、2時間に収めるのは厳しいような数のテーマが出てきたと思う。とくに、2人の姉妹は最初こそやんちゃだったものの、映画が進めばむしろ良い子になっていたような、、、。単純に面白かったけど。
lalalaさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-06-21 17:29:38)
36.ハワイの地で、静かで、ちょっと哀しくて、そういう映画。
雰囲気が独特で、好きな人は好きだし、合わない人は合わないので、評価も両極端になるかと思いきや、結構普通なのは意外。
何か奥深いものがありそうだが、考えてみればそうでも無い。癒やされていそうで現実はどうだろう、という作品。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-05-24 09:16:57)
35.《ネタバレ》 クライマックスは不倫相手の奥さんが病室を訪ねてくるシーンでしょう。ここは最大の修羅場でもある。「どんなに憎くても許すしかないから!」いや~全然許してないでしょう。こんだけ怒りをぶちまけといて。死ぬ前に憎い相手に何か文句言っておきたかった。でも善人面はしておきたい。死ぬ人間を憎む事はできない。だから許すしかない。許す事で自分を守ろうとした・・・。これから苦難がまっている彼女の混乱と葛藤が伝わってきました。彼女を送り出してからのジョージ・クルーニーの大きなため息に「勘弁してよ~」というのが伝わってきます。ここでジョージ・クルーニーは妻との別れに踏ん切りがついたのか「さよなら」をする。そして、死間際の妻に「my pain」と語りかける。ここは結構シビアです。ラストのソファーのシーンはこの先もうまくいかないだろうという不安感が漂っていて中々印象的。
登場人物が皆勝手で、家族なんて簡単に崩壊していく様はノーテンキなハワイアンとのギャップ効果はあるのですが、逆にテーマが緩和されてしまったような気も。海に散骨するシーンは高倉健の『あなた』を思い出しましたが、妻との死別で夫婦関係を問い直すというテーマとして考えた場合、全体としては『あなた』の方が上かな。(こっちの方がムダが少ないけど)
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-05-21 10:09:23)
34.《ネタバレ》 ジョージ・クルーニーに感情移入したいところだが、不倫されてしまった方にも、この場合一定の責任があるようで、そうもいかなかった。やはり、仕事ばかりで家庭がほったらかしになっていると駄目なんだ。そして、もちろん不倫は駄目だし、二つの家族にとっては決して良い事にはならなかったわけだ。まぁ当たり前なんだけど。娘役が二人とも好演していて良かったし、姉の彼氏もあんな感じだけど意外にいい存在感があったと思う。物語とは関係ないが、姉の水着シーンが多くて可愛いなって思ったし魅力を感じた。あと、最後の親子三人のシーンが良かった。
スワローマンさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-05-20 11:48:33)
33.《ネタバレ》 いかにもありそうなファミリー・コメディーですが、リアルでコミカルなシナリオに無理なく感情移入できます。自分の妻の浮気相手の奥さんに対する挨拶のキスも主人公の複雑な気持ちが伝わってきて可笑しかったです。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-05-19 22:50:26)
32.《ネタバレ》 ジョージ・クルーニーの家族がいい味だしてるなぁ。姉妹の妹のほうはリトルミスサンシャインのあの女の子を思い出しました。あと何気にいい味だしてるのが姉の友達(ボーイフレンド?)のシド、最初はどアホかって思うぐらいのキャラだったけど最後の方は彼が家族と一緒にいるのが当たり前に思えました。最後のエンドロールでソファーで家族がくつろぐシーンがありますが、あそこにシドがフラッと遊びに来るっていう設定でも面白かったかも。
珈琲時間さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-05-06 01:05:44)
31.《ネタバレ》 普通すぎる・・・。
この父親がどれだけ家庭を放置してたのか、って部分が説明不足なのでは。
虎王さん [ビデオ(吹替)] 5点(2015-03-19 23:14:57)
30.なんかどこかで見たことのある内容の継ぎはぎ。
決して悪くはないけど、新しいものが何もなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-07 13:41:44)
29.《ネタバレ》 家庭を顧みないクルーニーパパが、妻の死を悟ってようやく改心する内容。こんな夫に愛想をつかした妻は、本当に愛する男性と一緒になろうとした。しかし自業自得であるはずの夫が、死のうとしている妻に突然逆切れ!われわれ観客からすると、夫の八つ当たりが不思議に見えます。この夫は、妻のことを「所有物」としか見ていなかったのだと思います。だから自分のモノが他人のモノになろうとしたから激怒した。浮気された原因は、自分の責任だと考えていない。自分勝手な男です。妻のお父さんが怒る気持ちも分かります。女性を幸せにできなかった男には罪が存在し、その全責任を負う必要があるのです。娘たちがやばいです。子供を妻におしつけて放置したから当然の報いですが、このダメオヤジは妻が死なないと子供と向き合えないのでしょうか?娘の彼氏なんてドラッグ漬けで相当やばい奴です、俺の娘に手を出すなと言ってぶん殴るのが父親の役目じゃないですか。性格がいい?冗談じゃありませんよ。私が親だったらコイツは絶対に娘に近づけない。あげくのはてにこの夫、妻が死ぬ時「さよなら、わが妻、わが親友」というキザなセリフ。これで世の中のダメオヤジたちは、自分の奥さんがこん睡状態になったら同じセリフを言ってやろうと喜んで妄想しているに違いない。困ったものだ。死人に口なしと言いますが、もし妻が喋ることができたら、この自分勝手な夫になんと言うでしょうか?「あなたを赦してあげるわ」そう言うでしょうね。そうすると夫はまた激怒するでしょう。だってやっぱり、この夫、自分が悪いと思っていないから。許してやるという感情はそれほど傲慢なのです。じゃあ私もこの映画を許してやるとするか。
花守湖さん [DVD(字幕)] 5点(2014-08-20 19:49:51)(良:1票)
28.《ネタバレ》 いままで何度も見た家庭崩壊と再生の物語 しかし崩壊というほど壊れてはいないが しかし家族だからと言っても決してすべてが判り合えるわけでもなく、ある程度あきらめている突き放した描き方は逆にリアルだと思った 冒頭、事故に遭う前の幸せそうな妻の笑顔で始まる 以降、主人公の妻はベッドの上で半死人のような描かれ方だが、決して良い妻では無かった、と言う展開になる 主人公のマットはいたって普通の家庭人に見えた 決して良い夫でも無いが非難されるほどでもない このマットが妻の不貞と、妻の死と、ハワイの広大な土地権利のために右往左往する この辺は充分に同情の余地があり見ていて引き込まれた マットは始終戸惑いながらも妻の浮気相手に怒り、妻の頑固な父親に辟易しながらも従い、バカ娘達の面倒をみながらも真摯に子供達と渡り合って決して偉そうではない 自分からすれば最良の父親にも思えた 過去のダメな夫な表現は子供達のセリフでしか描かれ無くて、むしろバカ娘達やバカ娘のバカップルなボーイフレンドとも徐々に仲良くなる過程は、マットの人間性を描く上でも非常に効果的だった 逆に妻の生活振りも同じくまったく描かれないが、冒頭のいい気な妻の笑顔が凄く象徴的で、バカ妻ぶりは一瞬で、しかも印象的に描かれていて非常にうまいと思った やはり主人公に肩入れして見る為には死にそうな妻に憐憫の余地が無い事をどこかで見せる必要がある なので見ていて主人公の困惑振りが心に滲みた 妻の死に際もグッバイマイラブ、マイフレンド、マイペインと言うがマイワイフとは言わなかったのは印象に残った しかしハワイは何処を切ってもハワイで、決してすっきりと晴れては無いのに、始終居心地が良い土地と優しいハワイアンが深刻なイメージにならないで見ていられる とにかく音楽は抜群だ ハワイアンがこんなに映画に合うなんて思わなかった 親戚達の会議でも、決して皆にとって良い決定では無いのに「まぁしょうがないかw」みたいに決まってしまうのは非常にハワイ的でのんびりしていてイイ エンディングの、娘と3人でのカウチアイスのシーンはホッとした と同時にほろっともさせる いつか必ず、娘と一緒に見ようと心に決めた
にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-04-19 10:08:46)
27.《ネタバレ》 ○今まで何度も扱われてきたようなテーマだが、コメディとドラマのバランスが絶妙。ジョージ・クルーニーここにありという感じさえ受けた。○まるで音楽が傍観者のように何があってもけだるい音楽が流れる。ハワイという舞台も良い。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-09-28 22:02:12)
26.《ネタバレ》 家族のためにと仕事に明け暮れて、ふと気が付けば娘とうまく接することすらできなくなっていた親父の物語。ホームドラマとしてはあまりにも使い古された題材ですが、ハワイが舞台というだけでどこか新鮮な感じの映画となっています。家族が当たり前のように一緒にいることの大切さを、さらっと感じさせるラストが秀逸でした。
タケノコさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-09-26 21:56:19)
25.《ネタバレ》 さり気なく良い作品。 ハッキリ言って単なる家庭ドラマであり、日本だったら二時間ドラマで船越栄一郎辺りが主役をやっていそうなお話。 でも、何だか嫌いにはなれなかった。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-03 12:45:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 44人
平均点数 6.82点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5613.64%
61329.55%
71022.73%
81329.55%
924.55%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review2人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 6.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

2011年 84回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ジョージ・クルーニー候補(ノミネート) 
監督賞アレクサンダー・ペイン候補(ノミネート) 
脚色賞アレクサンダー・ペイン受賞 
脚色賞ジム・ラッシュ受賞 
編集賞ケヴィン・テント候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2011年 69回
作品賞(ドラマ部門) 受賞 
主演男優賞(ドラマ部門)ジョージ・クルーニー受賞 
助演女優賞シェイリーン・ウッドリー候補(ノミネート) 
監督賞アレクサンダー・ペイン候補(ノミネート) 
脚本賞アレクサンダー・ペイン候補(ノミネート) 
脚本賞ジム・ラッシュ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS