わが母の記のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > わが母の記
 > (レビュー・クチコミ)

わが母の記

[ワガハハノキ]
Chronicle of My Mother
2012年【日】 上映時間:118分
平均点:7.03 / 10(Review 30人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-04-28)
ドラマ実話もの小説の映画化
新規登録(2012-04-22)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2020-04-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督原田眞人
キャスト役所広司(男優)伊上洪作
樹木希林(女優)八重
宮崎あおい(女優)琴子
南果歩(女優)桑子
キムラ緑子(女優)志賀子
ミムラ(女優)郁子
三國連太郎(男優)隼人
赤間麻里子(女優)美津
小宮孝泰(男優)明夫
菊池亜希子(女優)紀子
真野恵里菜(女優)貞代
三浦貴大(男優)瀬川
内田也哉子(女優)若い頃の八重(ノンクレジット)
原田遊人(男優)親戚
大久保佳代子(女優)女給
しゅはまはるみ(女優)親戚
橋本じゅん(男優)クールなダンプ男
芹澤興人(男優)本を運搬する男
原作井上靖「わが母の記 花の下・月の光・雪の面」(講談社刊)
脚本原田眞人
音楽富貴晴美
作詞松田聖子「涙のしずく」
西條八十「かなりや」
作曲松田聖子「涙のしずく」
服部良一「東京ブギウギ」
山田耕筰「日本大学校歌」
ヨハン・セバスチャン・バッハヴァイオリン協奏曲第1番:第2楽章
民謡(メキシコ民謡)
ヨハン・パッヘルベルパッヘルベルのカノン
主題歌松田聖子イメージソング「涙のしずく」
挿入曲ヨハン・セバスチャン・バッハ
撮影芦澤明子
製作松竹(「わが母の記」製作委員会)
キングレコード(「わが母の記」製作委員会)
電通(「わが母の記」製作委員会)
朝日新聞社(「わが母の記」製作委員会)
深澤宏(「わが母の記」製作委員会)
プロデューサー坂上也寸志(COプロデューサー)
配給松竹
特撮オダイッセイ(VFXスーパーバイザー)
美術赤松陽構造(タイトルデザイン)
衣装宮本まさ江
編集原田遊人
録音松本昇和
柴崎憲治(音響効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.14年間の家族の物語を描いてるわけだけど、出演者がそれぞれに歳を重ねていくのが凄いね。
違和感が全く無かったので、同じ時間を共に過ごしたような感覚だった。
落ち着きのある作風で、物語に起伏がないので、泣けそうで泣けない。
このまま盛り上がらずに終わるのかなと思ったら、最後の最後でキムラ緑子の力技に屈して泣かされました。
あと、真野恵里菜に対する南果歩のツッコミは笑った。
スピンオフでわが貞代の記というコメディ作品を作ってもらいたい。
もとやさん [DVD(邦画)] 8点(2018-02-04 12:51:03)
29.《ネタバレ》 よかった〜〜!
映画ファンの方にオススメ!といわれたんですけど、よかった〜!(教えてくれてありがと〜)
見終えたあとの、満足感、そして余韻。久しぶりに邦画をみた〜って感じにさせてくれました!

樹木希林の演技がすさまじくて、もう引き込まれました!あっぱれです!脱帽です!
(ほんとに、フジカラーのcmしてた樹木希林と同一人物でしょうか?)
役所こうじ、宮崎あおい、キムラ緑子 キャスト全員がよかったですけど、この作品では、樹木希林が圧倒的です!

一番胸にぐっときたところは、八重(樹木希林)が、息子の洪作(役所広司)に
もうぼけてしまって、息子のこともわからなくなってるけど、
洪作が小さいころに書いた、小説を大事にとっておいて、ぼけてもそれだけは、覚えてるところ。
もう、涙がでそうになりました。

そして、八重が、洪作をのこして、台湾にいった理由が明かされたときも、胸が苦しかったです。

洪作は、八重に捨てられたと恨んでましたが、本当は、捨てられたんじゃない。愛されていたんだと思っていたんでは
ないかとも思いました。
物語のはじめに、八重が、洪作にお守りのようなものを渡し、それを肌身離さず大人になってもみにつけてたんだから・・・
へまちさん [DVD(邦画)] 9点(2017-08-05 23:02:42)
28.《ネタバレ》 もうタイトルからしてね、やられるって思ってたんだけど、最後はもう堪えちゃったなぁ・・。冒頭では、最近こういう上流階級の話の映画って観ないなぁと感じてて、ちょっと距離を置いてた。でも「細雪」かなぁなんて思ってたんだけど、途中から「ペコロス」を交えつつ、母の愛の映画になっていく過程で、もうこの家族が大好きになっちゃって・・。確かに修羅場が少ないので、作りものではあるんだけど、それでも最後はやられたなぁ。「処女の泉」が3年で3人ボーイフレンドつくっちゃうとこは、プッと笑えたよ。原田監督は、若いうちにえらく評価されちゃったけど、浮足立つことなく、着実に実力つけてるね。こういう人がいると、まだ安心だね、日本映画界も・・。
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2016-06-18 19:23:31)
27.間違いなく樹木希林さんの代表作でしょう。圧巻でした。それ以外は映像が良かった。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2016-04-29 22:07:31)
26.《ネタバレ》 井上靖については殆ど何も知らないのと、認知症介護の体験もないので、多少バックボーンが弱いのですが、母息子に留まらず家族の物語としてテンコ盛で消化不良になりそうなぐらい(さすがに作中に『東京物語』を引用するのはやりすぎかと)。作家というのはもっと頑固で偏屈なハズだし、家族も善人ばかりなので、この辺は映画化でかなり美化されてるのかな?という気もしましたが、名家でかつ経済的余裕のある上流階級ってホンキの善人が多かったりもするので、原作未読だし、どこまでホントなのかはわかりません。母息子の物語は総じてマザコン系になりやすいのでその点を懸念していましたが、幼少期からの確執や姥捨て山もベースにもあり、安易なマザコン話にならなかったのは自分の家族を題材に小説を書く作家の冷徹な視線が寄与したのかなと。長いスパンでの家族の成長と共に相互理解していく脚本はキレイに収斂していくし、各役者はそれを上手く演じていたと思います(特に宮崎あおいはスバラシイ)。古きよき昭和の大家族でしかも金持ちの話で現代ではリアリティーがなく感情移入し難い所はありますが、実話がベースになっているのでそういうモノとして見るしかないのかと。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-05-09 13:41:35)
25.映画の雰囲気はとても良い。俳優や登場人物も合っていてストーリーはともかく、引き込まれる。
作品自体は、結局何だったんだろうというぐらいの平坦さなので、評価が難しい作品。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-03-28 21:52:47)
24.なかなかいい映画だと思いますが、私小説の原作だからなのか自己中心的で自己満足気味のストーリーに共感度も今一でした。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-09-28 17:48:55)
23.この映画を見たのはあくまで宮﨑あおい目当てで、その点では十分以上堪能できた。(つか、題材でずっと敬遠していたのを後悔した。実は少年メリケンサック以降、彼女の映画を封切りで見に行かなかったのはこれだけなので)
 冒頭の中学生役はちょっとと思ったが、さすが万年少女ほとんど違和感なく、その後の20代後半の大人びた綺麗な様子までどのシーンでも十分以上に彼女の魅力を堪能できた。
 ストーリー的には井上靖さん、ほとんど読んだことないんだけど実は「北の海」だけは愛読書で何十回も繰り返して読んでるので、伊豆での義曾祖母との生活、父母兄弟との関係とか理解できてたので楽しめたし、ある種の感動もあった。

認知症に関しては、身近に約1名初期段階がいるんで、ああ随分研究してリアルだと思う反面、日ごろの自分の態度を反省することしきり。(諸般の事情で、自動車で駅までの送り迎えをしてもらってているんだけど、運転さえ安全なら、「寒い、寒い」といって、30数度の暖房を入れられるくらい我慢しなければならないなとw)

 主人公一家の裕福な生活に違和感を持たれた方がいるみたいだけど、自分的には純文学の作家の本がそんなによく売れて裕福な暮らしができるって、現在よりもずいぶん文化的に上品な時代だったなという感想しか持ちませんでしたけど

rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-06-07 12:48:38)
22.主演の3人のキャスティングが決まった段階で制作者が安心してしまい、その後の創造や表現を止めてしまったのがまる分かり。その3人以外の扱いの雑さ、1つ1つのシーンの妙な軽さなんかにも、そういったスタートの低さがもろに表れています。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2014-05-16 01:21:02)
21.しろばんばを読んだことがあったので話を理解しやすかった。湯ケ島の風景が映像で見られてよかった。
ホットチョコレートさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-05-12 06:39:24)
20.《ネタバレ》 内容は日々の生活を描いただけのもので過剰のエンターテイメントはなされていない。なのにこの感動を与えてくれたのは、画の良さもあるけど、なんといっても樹木希林と役所広司の演技。特に樹木希林。当然のように日本アカデミー最優秀主演女優賞を受賞していた。現在過去たくさんの女優がおばあさん役を演じてきただろうけど、樹木希林の前に人無し、後に人無し。もはや人間国宝に値するともいえる。もう鬼気迫る域にきてるともいっても過言じゃない気もする。宮崎あおいの可憐な演技も華を添えてた。秀作です。
タッチッチさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-05-06 23:33:13)
19.暮らしが豊かすぎて設定が全く昔だとは感じなかった。セレブってええなー。
ケンジさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2014-01-28 02:24:32)
18.《ネタバレ》 邦題は単に「記」だが、英題の方は「年代記」になっている。映画では期間が14年間とされており、その間に登場人物も年齢を重ねて変化していくのが目に見えているが、そのような長期にわたる時々のエピソードを淡々と記述していく形になっているのは年代記の名にふさわしい。しかし、当初は一見ばらばらのようだったものが次第に母子の関係に収斂していくのはこの映画独自の構成であり、これは素直に賞賛したい。自分としてはまだ味わい切れていないところがあるような気もするが、とりあえず現時点でも間違いなく良質の映画と感じられる。
また役者についてはそもそも名優揃いで自分などが特に褒めようとは思わないが、主人公の三女役に関しては、メイクや衣装のおかげもあるとのことながら中学生から二十代後半までをスムーズに演じているのはやはり少し驚く。

ところでこういう話を見て思うのは、劇中にも出ていた「東京物語」(1953)のように、同じ映画でも年代によって見えるものは違うのだろうということである。高齢者の世話が大変だという観点ももちろんあるだろうが、人生の半分を間違いなく過ぎたと思う自分としては、死と向き合う登場人物が直接自分のこととして感じられ、親が亡くなれば視界が開けた感じがすると言っていたのも他人事とは思えない。うちの身内は高齢でも頭はしっかりしている者が多いので自分もそうだろうと思ってはいるのだが、いずれその時が来れば、この映画のような穏やかな風景の中で死ねるだろうかと考えたりもする。

なお完全に余談だが、劇中のバス車掌役の女優(枝元深佳さん)は役所広司氏(179cm)と比べてずいぶん小柄なのが目立つと思ったら、“150cmなので役に限りはあるが女優として頑張っています”という趣旨の記事をネット上で発見した。最近知ったところでは志田未来も同じくらいのようである。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 7点(2013-11-11 19:39:47)
17.《ネタバレ》 なかなか面白かったです。セリフに頼らないスマートな脚本は最近の日本映画には珍しいんじゃないですかね。役者陣も素晴らしいです。樹木希林の良さは言うまでもないですが、化粧しているとはいえ、中学生と言われても違和感がない宮崎あおいに驚いた。
カニばさみさん [映画館(邦画)] 6点(2013-08-25 19:57:08)
16.《ネタバレ》 ただただ、樹木希林さんに脱帽(最早、演技とかいう次元を超えている。スポーツ選手ばかりに授与しないで、彼女にこそ国民栄誉賞を・・・と、ふと思いました。)

物語としては観る人の世代や立ち位置で変わるでしょうが、私的には自分が母子家庭という環境で育ち、尚且つ後年母が認知症だったこともあり、すんなり入っていけました。
そして、こういう母子関係モノに無条件に弱い自分でもある上でのレビューです。

八重が散々、物事を忘れいく中・・・
洪作の中学生の頃の詩を朗読し始め、母親の掛け替えのない愛情を知るシーンには、
自分の事のように涙してしまいました。

にしても、ただ重い雰囲気なだけでなく認知症特有の子供に返る八重と子供や孫のやりとりなんかは、ちょっとした漫才のボケ・ツッコミのようでクスりとさせられ、ほのぼのさせられました(実際、認知症の人と面と向かう大変さも知っているつもりです・・・)

兎にも角にも、素晴らしい樹木希林さんの映画でした。



ぐうたらパパさん [DVD(邦画)] 8点(2013-04-09 15:05:00)
15.《ネタバレ》 井上靖の自伝小説を映画化。母親が息子を捨てるはずない、無二の母子の絆を懐かしく香る昭和日本の風景が優しく包み込みます。目の前にいる息子に気づかずしきりに息子に会いたがる認知症の母を希木樹林が凄みある怪演。
獅子-平常心さん [DVD(邦画)] 6点(2013-03-25 00:20:41)
14.う~ん、不覚にも終盤のオチで、泣かせて頂きました..痴呆症の母親とその家族の、なんでもない日常を描いた平凡な物語だが..長男が幼いころに抱いた母親へのしこり(疑念)が、物語の随所にそれとなく描かれ..後半から、その小さなしこりが、徐々に主題へと変わって行き..断片的に、謎解きのように、長男洪作の目の前で明らかになって行く..「親の心子知らず」とは、よく言ったものです..本作は、それを見事に描ききっています..日本人の気質、文化が見事に表されています..やはり、脚本が上手い!秀逸! 脱帽です..そして、誰もが認める日本を代表する俳優、樹木希林と役所広司..二人の自然な演技に、吸い込まれそうでした..好演です..玄人好みの、高度な演出、邦画ならではのストーリー展開..秀作です、映画ファンなら観るべし...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 8点(2013-01-26 17:01:54)
13.井上靖氏のものは結構好きで読んでたので観賞。原作もあり、脚本も、俳優陣の演技も悪くない(樹木さんの演技の特筆はみな書かれてますね。)、カットにもこだわっているような素場らしい映画なのに、印象が薄い・・・何故。何故か後に残るものが少ない映画の一本になってしまいました。
minさん [DVD(邦画)] 5点(2012-12-21 20:07:38)
12.お手伝いさん(メイドではなく)がいるようなセレブの家庭の話なので、感情移入できるはずもない。と言いつつも、老いて子供に帰って行く母親の気持ちを知る過程は丁寧に描かれており、素晴らしいと思う。
ついでに言えば、樹木希林の演技は凄いの一言に尽きる。どうでもいいことだけど、冒頭の宮崎あおいの中学生姿はちょっと無理があると思うぞ(その後の展開を考えると仕方がないとは思うが)。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 7点(2012-12-16 23:57:21)
11.《ネタバレ》 うちのお婆ちゃんも完全にボケてるからよくわかるが、
ボケ老人の世話は本当に大変だ。とても笑ってられない。
本人に自覚は無いし、誰も悪くないが、なぜあんなになってしまうのだろう・・・
虎王さん [DVD(邦画)] 6点(2012-11-26 14:09:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 7.03点
000.00%
100.00%
213.33%
300.00%
413.33%
513.33%
6826.67%
7620.00%
8930.00%
926.67%
1026.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review3人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 8.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS