ダーク・シャドウ(2012)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > ダーク・シャドウ(2012)
 > (レビュー・クチコミ)

ダーク・シャドウ(2012)

[ダークシャドウ]
Dark Shadows
2012年【米】 上映時間:113分
平均点:5.34 / 10(Review 59人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-05-19)
コメディファンタジーリメイクTVの映画化
新規登録(2012-04-22)【8bit】さん
タイトル情報更新(2016-12-11)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ティム・バートン
キャストジョニー・デップ(男優)バーナバス・コリンズ
エヴァ・グリーン(女優)アンジェリーク・ブシャール
ヘレナ・ボナム=カーター(女優)ジュリア・ホフマン
ミシェル・ファイファー(女優)エリザベス・コリンズ・ストッダード
クロエ・グレース・モレッツ(女優)キャロリン・ストッダード
ジャッキー・アール・ヘイリー(男優)ウィリー・ルーミス
ベラ・ヒースコート(女優)ビクトリア・ウィンターズ/ジョゼット
ジョニー・リー・ミラー(男優)ロジャー・コリンズ
クリストファー・リー(男優)シラス・クラーニー
ウィリアム・ホープ〔1955年生〕(男優)保安官
デヴィッド・セルビー(男優)
ララ・パーカー(女優)
ラフィー・キャシディ(女優)アンジェリーク(幼少期)
平田広明バーナバス・コリンズ(日本語吹き替え版)
深見梨加アンジェリーク・ブシャール(日本語吹き替え版)
白石涼子キャロリン・ストッダード(日本語吹き替え版)
高乃麗ジュリア・ホフマン(日本語吹き替え版)
家弓家正シラス・クラーニー(日本語吹き替え版)
高島雅羅エリザベス・コリンズ・ストッダード(日本語吹き替え版)
矢島晶子デヴィッド・コリンズ(日本語吹き替え版)
本名陽子ヴィクトリア・ウィンターズ(日本語吹き替え版)
楠見尚己ジョシュア・コリンズ(日本語吹き替え版)
佐々木睦ウィリー・ルーミス(日本語吹き替え版)
諸星すみれ10歳のヴィッキー(日本語吹き替え版)
原作ジョン・オーガスト(原案)
セス・グレアム=スミス(原案)
脚本ダン・カーティス〔監督〕(オリジナル脚本)
セス・グレアム=スミス
音楽ダニー・エルフマン
挿入曲カーペンターズ"Top Of The World"
T-REX"Get It On"
撮影ブリュノ・デルボネル
製作ジョニー・デップ
リチャード・D・ザナック
ワーナー・ブラザース
製作総指揮クリス・レベンゾン
ブルース・バーマン
制作東北新社(日本語版制作)
配給ワーナー・ブラザース
特撮BUFカンパニー(視覚効果)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
美術リック・ハインリクス(プロダクション・デザイン)
ジョン・ブッシュ[美術](セット装飾)
リチャード・モリソン[タイトル](タイトル・デザイン)
衣装コリーン・アトウッド
ヘアメイクジョエル・ハーロウ(メーキャップ)
編集クリス・レベンゾン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
59.《ネタバレ》 それなりに面白かったが、ストーリーが薄すぎ。クロエちゃんのオオカミ女って唐突すぎ。
木村一号さん [地上波(吹替)] 5点(2017-07-30 14:03:30)
58.中途半端なコメディーで笑えません。ただ、強烈な映像美を感じました。
クロさん [地上波(吹替)] 5点(2017-07-15 07:49:38)
57.《ネタバレ》 監督ティム・バートン&主演ジョニー・デップといえば『シザー・ハンズ』を筆頭に数々のヒット作を生み出してきた名コンビ。ジャンルもお得意のダークファンタジー。なるほど、なるほど。美術センスといい、毒加減といい、らしい世界観です。まずもって驚くのが、キャストの豪華さでしょうか。『007カジノ・ロワイヤル』のボンドガールに、監督の嫁、大女優ミシェル・ファイファーに、ヒットガール。それに家庭教師役の美少女ちゃん。美人女優揃いですなあ。これだけで、ちょっと得した気分。ストーリーの方は、正直なところ“微妙”です。時代背景を差し引いても、主人公に正義(大義名分)はなく、何バカやってるんだという感じ(これがジョニデだから憎めないワケで、羽賀研二なら袋叩きでしょ)。そりゃ恨まれて当然です。バンパイアにオオカミ女まで出したのなら、ついでにフランケンシュタインもお願いしたいところ。黒魔術でヒトをバンパイアに変えるって設定は、初めて見た気がします。
目隠シストさん [地上波(吹替)] 5点(2017-06-25 10:28:06)
56.もろに説明不足で見どころもあまりない。キャラの善悪が付きにくいし、説明不足なので設定や背景もよく分からないまま物語が進んでいく。一体どうしたいのかどういう風にしたいのか。

ティム・バートン+ジョニー・デップはおなじみのタッグだけど、だからいい作品が出るとは限らないことを思い知らされた
ラスウェルさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2017-05-01 00:01:22)
55.あまり評価は高くないようですが、個人的にはアタリ。たしかに人間以外を演じるジョニー・デップには見飽きた感がありますが、魔女エヴァ・グリーンの悪女ぶりが秀逸でした。あの大きな目から放たれる鋭い眼光は、いかにも魔女。ギロッと睨まれるだけでゾクゾクします。鎖で縛られ、顔面に○○まで乗せられるジョニー・デップは幸せ者です。
しかも妖艶にして理不尽なまでに屈強。終盤の息詰まらない〝攻防劇〟は、さながら「ターミネーター2」のエロ&矮小バージョンという感じ。女優としては格上であろうミシェル・ファイファーも、すっかり食われていたように思います。というわけで、魔女の尽力でおおいに堪能できました。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-01-07 21:24:23)
54.200年前の吸血鬼が現代に(といっても70年代)蘇り、子孫たちに何やら貫録のあるところを見せつけるも、なにぶん時代遅れの存在なもので、言動がカルチャーギャップネタへと繋がっていく。慌てず騒がず、ご先祖様かつ吸血鬼としての落ち着きを見せ続ける一人合点のチグハグさが、みどころ(このトホホな吸血鬼、趣向は違うけど、ちょっと『処女の生血』を思い出したりして)。ではあるのですが、本作のさらに気が利いている点は、吸血鬼が吸血鬼なら、子孫たちも子孫たち、妙なキャラクターたちを配置して、さて物語をどうまとめるのかと思ったら、まとめるどころかラストではさらにとっ散らかし、でも何か妙にナルホドと思わせる。ナルホド、そうやって盛り上げるのか。もう何でもアリアリ、好き放題やってて気持ちいい。
と手放しで楽しめるのかというと、正直、残念なところもあって、いやこれは単なる好みの問題かも知れないけれど、コワそうなシーンではもうちょっと本格的にオカルト映画風のコワい雰囲気を出してくれたら、コミカルなシーンの可笑しさがさらに際立ったんじゃないか、とも思うのですが(その点、『ヤング・フランケンシュタイン』のモノクロ映像は、効果的でした)。ダニー・エルフマンの音楽は、いかにもコワそうに頑張ってたんですけどねえ。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-12-26 22:30:03)
53.最初から最後まで主人公が「ただその場にいるだけ」で、屈折感もなければ逆に躍動感もない。それどころか、いろいろ配置された周りの登場人物もみんなそう。映像はぎとっとした人工感丸出しの配色で、吸血鬼やその他もろもろが登場しそうな奥行きや底の深さがまったくない。つまり、ティム・バートンが完全に手クセだけで作ってしまったということです。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2016-12-09 00:38:56)
52.バートンらしさが十分に出た凡作。
バートンファンなら楽しめるのかもしれないが、
このセンスよさげなファンタジーにどうにもノリきれない。

ブラックユーモア自体、文化的な違いなのか嗜好の違いなのか
率直に楽しめるようなモノではなく、
自由すぎる設定もありでついていく事に嫌気がさす。

それでも世界観や動きの撮り方などやはり一流監督らしい作品ではあるので
この点数で。
病気の犬さん [映画館(字幕)] 5点(2015-11-08 11:40:59)
51.《ネタバレ》 惜しい もうちょっと耳がでかけりゃ織田裕二の出来上がりなんだけどもな~ バーバナス? だっけ?
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-11-06 22:31:44)
50.コメディなのでもっと笑えば良かったのでしょうが、私のツボにははまらず・・・・
原作ドラマも知らないし、登場人物への思い入れも無いまま、見てしまいました。
雰囲気で見せるならもっと変にしたら良かったし、人間ドラマだったらコリンズ家のお話を掘り下げれば良かったし。

どれかひとつに絞ったらぴかっと光るものがあったかもしれません。
面白かったけどちょっと惜しい作品。
たんぽぽさん [地上波(字幕)] 5点(2014-07-26 21:56:17)
49.完全にティム・バートンの趣味の世界。ジョニデの特殊メイクだけでもうお腹いっぱいです。
ヴレアさん [地上波(吹替)] 4点(2014-06-12 19:48:15)
48.ストーリーはまぁそれなりって感じだが、話の雰囲気とジョニー・デップとエヴァ・グリーンのキャラが良かった。
misoさん [地上波(吹替)] 6点(2014-06-12 17:35:35)
47.魅力的な脇役が沢山いるが、掘り下げが浅く非常に残念でした。キャラが本当に生かせてない。シャリの無い寿司を食ったみたい。
真尋さん [DVD(吹替)] 4点(2014-03-30 04:07:31)
46.《ネタバレ》 ティムバートンの美しいダークファンタジーを久々に見た。
荒んだ家族風景は軽く”アダムスファミリー”を連想させる。
色褪せて寂れた港町の雰囲気と、オープニングの音楽がもう最高。これは死ねる雰囲気だ。
自分は音楽に詳しくないので誰が歌っている曲かは知らないが。

この映画は
ヴァンパイアと現代とのズレがウケる。

吸血鬼の数々の伝統がコメディによって消されないのは監督の匠の技といってもいいかもしれない。
怪奇とコメディが両方とも生きている。これはたぶん手腕がないとできないと思う。
しかしジョニーディップの吸血鬼役に自分は違和感を少しだけ感じてしまった。

ティムバートンは自身が好きであろう怪奇趣味を元手に、そこにとらわれることない面白い作品を大量生産する様は
まるで魔術師のようだ。

ただ、ティムバートンが最も得意とすると思えた吸血鬼幻想という題材であるが、
その手のジャンルを極めた彼にとってはあまりにも今さら感というか手慣れた感が出てしまい、ストレートで面白みに欠けるものになってしまったのかもしれない。

ストレートとはいえ他のヴァンパイア映画にはないユーモアや様々な視点を取り入れて成功しているのは
やっぱティムバートンは巨匠であり、こういった趣の美意識の体現者であるからだと思う。

ヴァンパイア映画で描かれるべき悲壮感はちゃんとあった。
人を結びつけるのは愛であるか所有であるのかというのが一つのテーマではあったと思う。
最後で愛を訴えた魔女の肉体は干からびて脆くひび割れて中身は空洞であった。それは彼女の心の表れでもあったと思う。
もしそれが本当の愛であったなら彼女は干からびることなく彼女の中身は空洞には決してならなかったと思う。

近代ヴァンパイア映画のクィーンオブバンパイアという映画はロックミュージックとヴァンパイアを融合したような内容だったと記憶しているが、
このダークシャドウも少しだけその流れをくんでいるのかもしれない。
ティムバートンの映画って、悪女とか魔女が多い確率で出てくるような気がする。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 7点(2013-11-26 23:37:15)
45.《ネタバレ》 ティム・バートン×ジョニー・デップという組み合わせに過剰に期待しなければ、この映画の世界観、映像美は十分楽しめるものだったと思います。ただ、コメディという観点で言えば、クスッとするシーンはそれなりにあったけれど、ちょっと物足りない感じ。魔女って怖いねー。そりゃヴァンパイアもだけどさ・・・。あと、若者の群れはかわいそすぎ。
ほかろんさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-11-24 21:52:16)
44.《ネタバレ》 男の駄目っぷりが描かれていて可笑しい。
「200年も閉じ込めやがって、許さない」と言いつつ、
迫られるとあんな事しちゃうバーナバス。懲りないねえ。
「愛とか平和とか言ってる所悪いんですけど、この後みなさんを殺さないと…」
「へ?」の流れが気に入りました。
ラストでヴィクトリアもバンパイヤとなるわけだが、
精神的にも強くなって、あそこで彼を引っ叩いてしまえばいいのに。
「そもそも、あんたが女中に手を出すからこうなったんだろがっ!」と。
二人は幸せになりましたとサ…というラストより、よっぽど良いと思うのだが。
もっとクロエちゃんが登場すればいいのにな。
かわいい顔して狼女だったなんて最高じゃありませんか。それなのにバトルシーン短過ぎ。
ボウヤの母親の霊がトドメですか…。少し呆気ない美魔女の最後でした。
じょるるさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-11 01:01:18)
43.《ネタバレ》 初めの雰囲気は良かったですし、浦島太郎的なネタはベタだけどまずまず普通に面白かったのですが、話しが進むにつれB級臭丸出し、さらにはVシネマレベルまで落ちたかのような印象です。
お金かけて美しい映像や音楽を用意して、こんな話でいいんですか? い~~~んです(??)。  
色々な要素を盛り込もうとしたのかもしれませんが、すべて中途半端でもう支離滅裂。
それにしてもこのヴァンパイア、正義感振りかざしてるけど、説得力ねぇ~~~~(^^; 
そもそも冒頭から出てきた家庭教師は存在感なさすぎ。
いっそのこと、ヴァンパイアと魔女で最後くっついてメデタシメデタシでいいんではないでしょうか。
牛若丸さん [ブルーレイ(字幕)] 2点(2013-08-18 13:48:47)
42.それなりに面白かったけど、ちょっと毒気が薄かったかな?お手軽な感じ。ジョニー・デップが老けてるのが気になった。
Robbieさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2013-08-17 11:28:45)
41.《ネタバレ》 うーん…おもしろかったような、そうでもないような…。でも飽きずに観れたからおもしろかったのかな?こんな感じです。ただ人は殺さないでもっとコメディ色が強かったほうがよかったな。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-08-15 22:17:30)
40.《ネタバレ》 ◇気楽にみられる1本。ティムバートンの薄暗いけど美しい映像美を安心して楽しめました。◇最後の最後にキャラ設定を追加するとか、ちょっと?なところがあったので、ネットで見てみたら、昔のテレビシリーズの映画化だったんですね。納得。その前提がわかってる世代にはドンピシャなんでしょうね。◇陰翳礼讃!
ハクリキコさん [DVD(字幕)] 5点(2013-08-03 10:51:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 59人
平均点数 5.34点
000.00%
111.69%
211.69%
31016.95%
458.47%
51627.12%
61016.95%
7915.25%
846.78%
935.08%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.33点 Review3人
2 ストーリー評価 3.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review3人
4 音楽評価 8.00点 Review3人
5 感泣評価 2.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS