幸せへのキセキのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 幸せへのキセキ
 > (レビュー・クチコミ)

幸せへのキセキ

[シアワセヘノキセキ]
We Bought a Zoo
2012年【米】 上映時間:124分
平均点:6.79 / 10(Review 43人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-06-08)
ドラマコメディファミリー実話もの
新規登録(2012-05-14)【放浪紳士チャーリー】さん
タイトル情報更新(2014-12-01)【DAIMETAL】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督キャメロン・クロウ
キャストマット・デイモン(男優)ベンジャミン・ミー
スカーレット・ヨハンソン(女優)ケリー・フォスター
トーマス・ヘイデン・チャーチ(男優)ダンカン・ミー
エル・ファニング(女優)リリー・ミスカ
パトリック・フュジット(男優)ロビン・ジョーンズ
アンガス・マクファーデン(男優)ピーター・マクレディ
コリン・フォード(男優)ディラン・ミー
マギー・エリザベス・ジョーンズ(女優)ロージー・ミー
東山紀之ベンジャミン・ミー(日本語吹き替え版)
佐古真弓ケリー・フォスター(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしダンカン・ミー(日本語吹き替え版)
中博史ピーター・マクレディ(日本語吹き替え版)
梅津秀行ウォルター・フェリス(日本語吹き替え版)
菅原正志スティーヴンズ(日本語吹き替え版)
山根舞キャサリン・ミー(日本語吹き替え版)
佐藤政道ナレーター(日本語吹き替え版)
脚本キャメロン・クロウ
アライン・ブロッシュ・マッケンナ
撮影ロドリゴ・プリエト
製作20世紀フォックス
製作総指揮イロナ・ハーツバーグ
ジュリー・シルヴァーマン
制作ACクリエイト(日本語版制作)
配給20世紀フォックス
美術クレイ・A・グリフィス(プロダクション・デザイン)
衣装デボラ・リン・スコット
編集マーク・リヴォルシー
字幕翻訳石田泰子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
43.スカーレット・ヨハンソンが出演していなければ、多分見ていなかった作品。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 4点(2018-04-23 14:50:27)
42.《ネタバレ》 2時間程度の上映時間に、家族と動物園の再生をうまく織り込んだ作。動物園のスタッフはやや簡略化されていますが、全体としては過不足なくバランスよく描かれています。これだけならまあ普通なのですが、本作の真価はやはり最後のレストランの場面でしょう。亡き妻への思いを胸に秘めつつ、その死を乗り越えたということが伝わってきましたし、なんといっても全体を締めるあのセリフにやられました。おみごとな幕切れです。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-06-23 21:12:43)
41.《ネタバレ》 キャメロン・クロウが監督として何が優れているのか、私はいまだに理解できないのだが、この作品でも、観念的なだけの人物造型や、机の上で考えただけのような登場人物の言動という習性は治っていない。なおかつ、一番まずいのは、動物園を題材としていながら、肝心の動物の出し方や映し方が、人間側の都合の良いようにしかなっておらず、単なる小道具の1つにしかなっていないこと。なので、ドラマはなくなり、作品構造としても底の浅いものになってしまっている。また、動物の飼育や園の経営のディテールを見事に素通りしているのも、対象に対する食い下がりが感じられない。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2015-05-22 04:36:55)
40.《ネタバレ》 奥さんに先立たれたら(実際には闘病中だったらしいが)、スカーレット・ヨハンソンが現れる。ってのが「幸せへのキセキ」であり、そりゃあ冒険しちゃうよなあ。と観客(自分だけ?)に思わせてしまうキャスティングはどうなんだろうか?実話通りに闘病中では美人飼育員との恋愛が描けなくなるし、映画化では殺すしかなかったんだろうけど。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-05-16 10:28:53)
39.《ネタバレ》 脚本がおざなりなのか実話らしく見えませんが、中味は結構面白いです。ライオンの檻の扉の鍵が壊れるシーンはちょっと緊張します。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-05-11 18:06:34)
38.べたべたのストーリー。
嘘のようなホントの話しの魅力に安心して、映画としての完成度をそこまで追い求めていないように感じた。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 6点(2014-09-07 13:54:27)
37.《ネタバレ》 実話ベースのストーリーと言う事で、ラストもまぁどうせハッピーエンドだろうしなぁって斜に構えて観ていましたが、結果的にはストーリーの内容どうこうよりも、ラストシーンの「 Why not?」がとにかく心に残った。カフェに入った所から、ここの描写いる・・?って思っていたんだけど、最後の最後でとても良い余韻で鑑賞終了。物凄く優しい気持ちになれました。それと、「勇気を出すのは20秒で良い」。これも凄い言葉。所でこの映画の原題は「We bought a zoo」だけど、邦題はそのまま「動物園を買っちゃった!」位にしておけば良かったのに、と個人的には思いました。
ネフェルタリさん [DVD(字幕)] 6点(2014-04-07 20:10:48)
36.《ネタバレ》 「ダメなの?」この一言が良かったですね。子役の存在感がすごい、サンドイッチを作るシーンがちょっとグッと来るw。マットデイモンもいいお父さんです。実話にしてはいろいろ出来過ぎてるなーと思ったけど、ま、実話かどうかはこの際どうでもいいかな。スカーレットヨハンソンと、最後はハッピーエンドか?と思ったけど、最後のシーンで、一気にスカーレットの存在感が薄くなったw
とんちんさん [DVD(字幕)] 7点(2014-04-06 23:04:33)
35.《ネタバレ》 マット・デイモンは素晴らしいですね。私は、画面いっぱいに溢れる彼の優しさ誠実さが大好きで、彼が出演する映画は要チェックしています。20秒の勇気・・。いい言葉でした。けれど私はいつも、その勇気を出すまでに数年かかります(笑)
タケノコさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-01-26 22:04:15)
34.↓映画では他のお父さんより毛量が多い事を誇ってたのにね。
アキラさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-01-17 03:51:36)(良:1票)
33.ベンジャミンさん、実際はめっちゃハゲとるやん!!!
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-01-09 23:33:30)
32.ちょっと冗長な映画だな~、と思いながら観ていたが最後の方は確かに感動的。
実話を基にしたということだが、ストーリー展開はほぼ想像通り。その分、落ち着いて観られるが、退屈な時間もある。と言うことで、評価が難しい作品でもある。

こういう映画はもしかすると自分のその時の感情で左右されるのかな、とか。
ちなみに、タイトルはイマイチ。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-12-24 00:16:51)
31.ボーン・シリーズの後、しばらくぶりにこのM・デイモンを見てショックが大きいのは私だけかしら。もう中学生の父親を演じられるトシなのか・・少し減量したらどうかな・・、等まあそれは置いとくとして、お話は全体的にほのぼのと暖かく、優しさ先行の気持ちの良い作品に仕上がってます。子役のまあ存在感のあること。向こうの女の子は凄いなあ。小さい手でサンドイッチを作る、その馴れた手つきひとつで母親を亡くしてから色々家事もこなしてきたんだろうなあ、と思わせる。この子のいじらしさや、亡き妻の写真に涙するM・デイモンの情感溢れる演技、泣いてくれと言わんばかり。泣きました。
お兄ちゃんも飼育係のオネエサンもその妹もみんな美形というのはちょっと引っかかるかな。引っかかるといえばやっぱり邦題だな。カタカナにしてダブルミーニング狙いですかね?あんまり良いセンスではないなあ。直訳でも良かったよね。
tottokoさん [DVD(字幕)] 7点(2013-12-01 00:15:03)
30.《ネタバレ》 爽やかでウェルメイドなストーリー。古典の名作に通じるものがある。
親子の葛藤、廃業状態だった動物園の再生、妻を亡くした喪失感の克服、動物や自然との触れ合い、新しく生まれた恋。
いかにもといった風な王道のアイテムで構成されていて、ベタで安定感はあるけれど新しさという意味では物足りなさはある。
プラス思考のメッセージが強く、奇跡を生む「20秒の勇気」は力を与えてくれる。
マイナス思考から抜け出したいときにはオススメ。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 6点(2013-09-16 08:38:24)
29.リアリティは感じなかったけど、ベタの展開だけど楽しかったです。最近、殺伐とした映画ばかり観ていたので(そういう映画が好きなので)たまにはこういうのもいいかなと。久々に動物園に行きたくなりました。
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2013-09-11 20:42:23)
28.《ネタバレ》 いかにもキャメロン・クロウ印の、もう躁病かってくらいの徹底的な人生肯定映画。努力すれば叶わない夢はないよ!家族って今はうまくいかなくても、きっといつかは分かり合える日が来る!!どんな悲しみだって、生きていればいつかは必ず癒される日が来るんだ!!ボブ・ディランはやぱ最高!!!そしてどんな人生だって、絶対に誰にでも生きる価値があるんだよー!!!………もうこんな暑っ苦しいメッセージをひたすら人に強要してくる映画って苦手っす!!ごめんなさーい(笑)
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2013-06-23 13:22:12)
27.《ネタバレ》 ○どこか良い意味で古臭さを感じさせる作品。クラシックで言うと「素晴らしきかな、人生!」、少し新し目で言うと「フィールド・オブ・ドリームス」のような感じ。○大げさなお涙頂戴もなく爽やか手好印象。○マット・デイモン他キャストがいい味出している。○脇のスカーレット・ヨハンソンも色気は隠しきれない様子だった。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 7点(2013-05-06 23:28:30)
26.《ネタバレ》 動物たち、家族愛、イケメンパパ、なぜか綺麗な女性飼育員・・・・・・印象が悪くなるわけありません。反則だろ~~~!(^^;)     
どん底の暗さはなかったので全体のメリハリには欠けましたが、たまには殺伐とした現実から離れ、こんな「フィクション」に浸るのも悪くありません。
実話があるようですが、飼育員がスカーレット・ヨハンソンの時点で私にとっては十分「どフィクション」です(^^;
牛若丸さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2013-04-27 21:20:17)
25.《ネタバレ》 斬新さや派手さは一切なく、全体的なムードとしては地味なので、誰にでもオススメという感じではないと思いますが、とってもいい映画だと思いました。登場人物それぞれがよく描けていて脚本がとても丁寧だと思います。父と息子の確執も、娘の可愛らしさも、亡くした妻への引きずる思いも、動物園で出会う女性と女の子の魅力も、主人公の兄も、ヒゲおやじも、全て印象的に出来上がってて手抜かりがない上手さだと思いました。最近の映画でこれだけキャラクターそれぞれをしっかり印象的に描けてる映画は貴重だと思います。「なぜこの動物園を買ったの?」になんて答えるのか気になっていたら「いけない?」という返事。僕にはとっても印象的だったこの切り返しが、ラストに泣かせるとは思ってもいませんでした。とっても上手い映画だと思います。いろんなシーンのコミュニケーションのやりとりが記憶に残る作品です。
だみおさん [DVD(字幕)] 9点(2013-03-18 10:23:20)
24.安心して見られる作品。「動物園を買った」こと以外では、父子の関係がもうひとつののテーマかな。マット・デイモンの不器用な父親役は合ってましたね。
カワウソの聞耳さん [DVD(字幕)] 7点(2013-02-27 20:46:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 43人
平均点数 6.79点
000.00%
100.00%
200.00%
312.33%
424.65%
512.33%
61125.58%
71841.86%
8613.95%
949.30%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review2人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS