きっと ここが帰る場所のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > きっと ここが帰る場所
 > (レビュー・クチコミ)

きっと ここが帰る場所

[キットココガカエルバショ]
This Must Be the Place
2012年【伊・仏・アイルランド】 上映時間:119分
平均点:6.22 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-06-30)
ドラマコメディ音楽もの
新規登録(2012-07-01)【3737】さん
タイトル情報更新(2015-06-05)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督パオロ・ソレンティーノ
キャストショーン・ペン(男優)シャイアン
フランシス・マクドーマンド(女優)ジェーン
ジャド・ハーシュ(男優)モーデカイ・ミドラー
ケリー・コンドン(女優)レイチェル
ハリー・ディーン・スタントン(男優)ロバート・プラス
ジョイス・ヴァン・パタン(女優)ドロシー・ショア
シェー・ウィガム(男優)アーニー・レイ
出演デヴィッド・バーン〔音楽・1952年生〕本人役
原作パオロ・ソレンティーノ(原案)(ノンクレジット)
脚本パオロ・ソレンティーノ
音楽デヴィッド・バーン〔音楽・1952年生〕
撮影ルカ・ビガッツィ
その他ジョン・キリク(スペシャル・サンクス)
フランチェスコ・スカルダマーリャ(スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.これはなんとも不思議な雰囲気の作品ですね。
とりあえずこの監督さんのセンスが良いことだけはわかった。
映像も音楽もちょっとしたセリフの言い回しとかにもセンスの良さが感じられた。
残念なのは話が面白くないという点くらいで、その他の要素は非常に素晴らしい。
5分くらいのPVに纏めてくれたら満点でもいいくらい。
もとやさん [DVD(字幕)] 6点(2015-01-29 13:19:21)
8.《ネタバレ》 「大人に反抗する子供」のまま年齢を重ねた男が実はもう反抗する相手などいないのだと気づくまでの過程を追った物語

TMさん [DVD(字幕)] 7点(2014-06-03 23:57:31)
7.《ネタバレ》 かつて栄華を誇った、ショーン・ペン演じるロックスター・シャイアン。だが、若いころの自堕落な生活がたたってか、いまや精神的に不安定なしょぼくれたジジイとなってしまった。ある日、彼の元に30年間音信不通だった父親が死去したという知らせが届く。単身、葬儀に参列するためにアメリカへと向かったシャイアンは、そこで父のアウシュビッツでの秘められた過去を知り、そのまま父の無念を晴らすためにナチ残党を捜す行き当たりばったりな旅へと出ることに。いかにも天才肌で変わり者のそんな主人公の、目的は高尚なのに実際はゆるーい一人旅をユーモラスに描いたへんてこなロードムービー。こういう「どうだい?このユーモアとペーソスとシリアスが不思議に入り混じったセンス溢れる世界観はなかなか新しいでしょ」と観客にことさらひけらかすような映画って(確かに多少はセンスあることは認めますけど!)あんまり好きじゃないです!ホロコーストの扱い方もこれじゃ実際の被害者の方に失礼なんじゃないかと思いました。でもまあ、ショーン・ペンの今までのキャリアとは掛け離れた演技をいまだアグレッシブに追及するその姿勢には好感が持てたけどね。実際、彼にはこういう趣味があるんじゃないかとさえ思っちゃいました(笑)。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2013-11-15 22:53:34)
6.《ネタバレ》 ショーン・ペンのコスプレ(?)に終始違和感。モデルはキュアーのロバート・スミスか? くすっと笑える場面もあったが、全体的な印象としては「長い」かな。もしくは「長い」と感じさせる展開? エンディングは特に不明。ただ観賞後の感想としては、、、嫌いではないです。
kaaazさん [DVD(字幕)] 6点(2013-02-02 00:29:48)
5.《ネタバレ》 ショーン・ペンがヴィジュアル系ロックスターの格好をしてるだけで見てて笑えるし、なんだか妙に子どもっぽいキャラも含めてこれはシニカルなコメディ映画なんだろうな~って思いました。いろんな人と会話をしてるけど、その台詞の一つ一つがやはりシニカルなユーモアに満ちている。退屈なシーンもないわけではないですが、付随音楽はひったりマッチングしているし、アート的なジャンプカットなど、素敵なロードムービーに仕上がっていたと思います。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2013-01-20 19:00:55)
4.評価が難しい映画。ロードムービーの割には一つ一つのエピソードにあまり思い入れがなさそうだし、やけに色々画面が飛ぶので、どちらかというと「バベル」のような多場面が交差している印象がある。ストーリーもどのようにつながっているか正直追いきれない部分が多く(例えば忍び込んだときの通信簿の意味、ユタ州ハンツヴィルに行ったことと太った息子と二人暮らしの女性との関係(父親がハンツヴィルと言っていた)、そもそもなぜハンツヴィルに手がかりがあるとわかったのか、家出した男と主人公、女の子の関係など)、いわゆるアート系の映画なら「雰囲気で」でもいいのだけれど、ナチスの残党を敵討ちに追いかけるというストーリーはなかなかそうもいかない。分からなくていい部分と分からなければならないんじゃないかという部分が混合して、なんともいえない気分になる。そしてデヴィッド・バーンに絡んだネタなどふざけた部分もあり、不思議な作品になっている。
Balrogさん [映画館(字幕)] 6点(2012-11-28 02:31:59)
3.ゆるーいロードムービーです。

15歳の心のまま大人になりきれていなかった主人公が、亡くなった父親の思いを辿る旅を経て大人になっていく、という話ですが、道中のエピソードがなんとなくキレイだったり、クスッと笑えたり、ちょっとダークだったりするわけです。

ショーン・ペン演ずるシャイアンのトボトボと歩く猫背の背中がイイ感じです。老眼鏡越しの上目遣いが火野正平そっくり。
longsleeper21さん [映画館(字幕)] 7点(2012-08-23 18:59:06)
2.《ネタバレ》 僕はショーン・ペンの新作を見るのが目的で劇場に足を運びましたが、でなければショーン・ペンとは気付かない厚化粧で強烈な風貌の、今はすっかり世捨て人のようになってしまっているかつてのロックスターが主人公。

きっとソレンティーノ監督、ヴェンダースの「パリ、テキサス」がお好きなんでしょう。本作の主人公もヴェンダース映画でよく見られる、社会に要領よく溶け込むことが出来ない男。さらに「パリ、テキサス」の主演ハリー・ディーン・スタントンを登場させる所にもそれを感じます。アメリカを舞台にしたロードムービーの風景も含め色んな意味で「パリ、テキサス」を感じる作品。

しかし本作はそれだけにとどまらない。話がアメリカに移ってからの、ナチスと生前の父との関係、ナチスの残党とその家族との不思議な触れ合い、脱力系の独特の笑いドコロ(結構笑わせてもらいましたよ)の挿入などなど。

重さのある要素や、ラストを含め唐突な話の展開もありますが、独特のユーモア、ユルさ、心地よさがある不思議な世界観を見事に作り上げています。
とらやさん [映画館(字幕)] 7点(2012-07-23 18:35:13)
1.《ネタバレ》 やりたいことは良く分かる。劇中にトーキングヘッズやデヴィッド・バーンが出ていることや、映画としてのルックがヴィム・ヴェンダース監督(特に「パリ、テキサス」)に似ていることからも80年代のアート映画を現在にやりたかったのだろうと思う。ただ80年代のアート映画の多くがそうであったように、キャラクターの心情は理解しがたい点も多いし、なにより純粋に退屈に感じてしまったシーンも多かった。最早この映画に合うか合わないかという短絡的な結論になってしまうのだが、個人的には余り肌に合わなかった様に感じた。ソレンティーノ監督の映画では前作の「イル・ディーヴォ」の方が硬派な抗争劇といった内容で好みだ。しかし前作と比較して全く違うジャンル、スタイルを扱いながら監督ならではのオリジナリティもしっかりといれている辺り素晴らしい手腕であることは間違いないだろうと思います。
民朗さん [映画館(字幕)] 6点(2012-07-16 23:21:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 6.22点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5111.11%
6555.56%
7333.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS