センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > セ行
 > センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島
 > (レビュー・クチコミ)

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島

[センターオブジアースツーシンピノシマ]
Journey 2: The Mysterious Island
2012年【米】 上映時間:94分
平均点:6.36 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-03-31)
アクションSFアドベンチャーファンタジーシリーズもの小説の映画化3D映画
新規登録(2012-08-08)【あろえりーな】さん
タイトル情報更新(2018-03-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブラッド・ペイトン
キャストドウェイン・ジョンソン(男優)ハンク
マイケル・ケイン(男優)アレキサンダー
ジョシュ・ハッチャーソン(男優)ショーン
ルイス・ガスマン(男優)ガバト
ヴァネッサ・ハジェンズ(女優)カイラニ
クリスティン・デイヴィス(女優)リズ
大塚明夫ハンク(日本語吹き替え版)
永井一郎アレキサンダー(日本語吹き替え版)
細谷佳正ショーン(日本語吹き替え版)
宮澤正ガバト(日本語吹き替え版)
藤村歩カイラニ(日本語吹き替え版)
坪井木の実リズ(日本語吹き替え版)
志村知幸ツアーガイド(日本語吹き替え版)
原作ジュール・ヴェルヌ「神秘の島」(日本語翻訳版・偕成社、福音館刊)
挿入曲ドウェイン・ジョンソン"What A Wonderful World"
撮影デヴィッド・タッターサル
製作ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮マーカス・ヴィシディ
制作東北新社(日本語版制作)
配給ワーナー・ブラザース
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》 設定の荒探しなどしたら、キリがないですね。
映像を眺めて楽しむ映画かな。
ジュマンジとインディ・ジョーンズ
それにジュラシックパークを加えた様な味付け?
マイケル・ケインがよく出演にOKしたなぁ‥‥と思いました。
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 5点(2021-08-24 00:37:47)★《新規》★
13.前作に続いてこちらもお子様向けかな。
でも4年の差でCGの雰囲気が格段に上がっていて、
見応えはありました。

前作と違って冒険ムービーとしてなりたっています。ちゃんとケガもしますし(笑)
ファミリータイプの作品でしょう。

はて、前作のマックスとダイヤモンドはどこへ行ってしまったのでしょうか。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2021-05-17 02:10:00)
12.吹き替え版で見てしまったのですが、ロック様の歌は本当の声らしく、優しくて美しかった。始終ロック様の大活躍で、こういうシリーズの2作目もあるんだね。
HRM36さん [インターネット(吹替)] 6点(2020-03-30 17:52:28)
11.《ネタバレ》  『ここはどこだ』『何とか脱出しなきゃ』の1作目に比べると、雰囲気やや穏やかめの2作目。違うのは子どものほうが主体で冒険に出ようとするところ。ハンクは完全に保護者状態。行方不明の祖父は超元気だし。だから終始ほのぼのとした雰囲気が漂っています。人数が多いのもピクニック感を増していますね。
 よって、『脱出のハラハラドキドキ』はトータルで見れば前作のほうが上。どちらも子供向けではありますが、強いて言うなら前作のほうがスリリングでサスペンスフルかと。
 ですが、神秘の島の造形、美しさ、そして生物の多様性、こういった観点からすると今作のほうが見応えがあります。
 まずは巨大な竜巻。これが圧巻。
 島に着いてからは巨大とかげ。巨大卵。巨大アリ。巨大な蜂。巨大な蜘蛛。巨大な電気ウナギ。直接襲ってくるものは少ないですが、そーゆー生き物達が席巻している世界にいるというだけでわくわくするのです。
 アトラクションムービーとしての完成度は高い。間違いなく子供は喜ぶはず。
 映画として見ると・・・何しろ前作以上にストーリーがあってないようなものですからね。島にやってきてすぐ島が海底に沈むピンチに遭遇するなんて、相当いい加減なシナリオ。それに、海に沈んだり浮かんだりする島に、これだけ多種多様な生き物が繁栄できるわけがありません。
 まあ、まともに考えれば頭がおかしくなるので、あくまで空想ファンタジーアドベンチャーとして、ありえない世界を楽しもうって気持ちが大事だと思います。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2020-02-08 04:53:00)(良:1票)
10.ついついドウェイン・ジョンソンのタトゥーにばかり目がいってしまう。でも映像はとてもキレイでした。ご都合主義の細かい事は気にせず楽しむのが一番ですね。
真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2015-06-08 15:28:31)
9.この映画はあまり難しく考えずに、ただ観て感じる、楽しむだけでよし。あまり深く考えると、この映画の魅力は半減する。だからこれから観る人は頭を空っぽにして観る事をお勧めする・・・・決して考えては駄目だ、決して…
N.Y.L.Lさん [地上波(吹替)] 7点(2015-03-28 00:13:08)(良:1票)
8.子供向けアドベンチャー。良く出来てます。ドウェイン・ジョンソン目当てだったけどヴァネッサ・ハジェンズばっかり見てました。
にしきのさん [地上波(吹替)] 6点(2015-03-05 11:40:55)
7.《ネタバレ》 内容は一作目の方が好きです。「子供向け」結構!映画は「子供向け」「思春期向け」「後期高齢者向け」「ヲタク向け」いろいろあってこそのエンタメです。蜂チェイスや、金山までの道のりが軽すぎて。ノーチラス号での再会もあっさり。なんか一作目の方が楽しんだな~。
ハンク(ドウェイン・ジョンソン)の二の腕とTシャツの汗にばかり目が行ってしまう。でも結論としてこういう映画が好きなんです。
LOISさん [地上波(吹替)] 6点(2015-02-10 09:16:32)(良:2票)
6.《ネタバレ》 ハッピーエンドぶりがすごいです。こういうアホなノリ大好きです。
クレイバードさん [地上波(吹替)] 7点(2015-02-08 19:34:05)
5.ありきたりで子供向け、と言ってしまえばそれまでだけど、映像のクオリティは相当なものだし見せ場の連続でダレることがなく、まさにアトラクションのような映画。それにしてもこの内容の映画にマイケル・ケインが出るとは。制作陣の「B級とは言わせねーぞ」という気概が伝わる。でもマイケル・ケインである必要なかったんじゃない?
54dayoさん [ビデオ(吹替)] 6点(2015-02-07 09:18:57)(良:1票)
4.《ネタバレ》 あまりにもオーソドックスな展開をたどるファンタジーアドベンチャー映画でした。
このオーソドックスさと都合の良さがアメリカのお茶の間では魅力的なのかもしれません。
ドウェイン・ジョンソンって人が演じるフルスキンヘッドの男が無駄にいいガタイしてます。
島や遺跡などの描写は美しいんですが、綺麗すぎて何も印象に残らないと思います。
蜂で飛んでいましたがどうやって操縦するのか分からないです。
アトラクション映画以外の何ものでもないところが魅力でもあり、
つまらなさでもあります。
いや、お決まりの展開をたどることを抜きにすれば笑えて面白かったと思います。
鳥どうしがぶつかったシーンは4KテレビのCMとかに使うといいと思います。
CG映像は実写とはかけ離れすぎて、まるでアニメやゲームのようでした。
島に行くまではちょっとだけラピュタでした。
褐色嬢ちゃんの汗がしたたる胸元とか、いろいろ見て損はありませんでした。
ゴシックヘッドさん [地上波(吹替)] 6点(2015-02-07 00:04:14)(良:1票)
3.《ネタバレ》 邦題から地底へ行くのと思いきや島じゃん!
まるっきり予想を裏切られたが、期待度も予想と大きく(よいほうに)ずれていた。
何、このわくわく感、ストーリーはありきたりで、大小が逆転した状況もあまり描写されていないんだけど、何でこんなに楽しいの?
理屈抜きで気持ちが晴れ晴れとする映画です。(連れの女性が魅力的だったのも一因かな)
tiger_katzeさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-02-06 01:27:19)(良:2票)
2.内容は島に行って帰ってくるだけ。
生息してる動物や昆虫もサイズの違いはあるものの有り触れた感じ。
それでも、なんだかワクワクするのは何故だろう?
南の島とむちむちのパラオ娘の相性が抜群だからだろうか?
細かいことを気にしたら見てられないけど、テンポもいいし、ぼ~っと眺めてる分には害のない作品かと思います。
それにしても、邦題が酷過ぎますね。
更に続編があるとしても押し通すんだろうか???
もとやさん [DVD(吹替)] 6点(2012-08-17 16:56:12)
1.《ネタバレ》 「センター・オブ・ジ・アース2」という邦題ですが、
今回は地底の話ではありません。神秘の島に冒険に行くお話です。
前作は、正直あまりに幼稚過ぎて楽しめなかったのですが、
本作は子供だけでなく、ロマンの心を持ち続ける大人が見ても
存分に楽しめる内容。
なにが素晴らしいって、映像ですよ、映像。
金の火山に巨大な花、木の上の秘密基地に神秘的な古代遺跡。
どれをとっても見事な造形、そして美しさ。
島に住む動物達も、たとえば小さいゾウや巨大なトカゲ、
巨大な魚に巨大蜂など、終始ワクワクしっぱなしです。
そしてCGの出来映えがほんと凄い。
ストーリー自体は、島に行って、その島が沈む前にノーチラス号を
見つけて脱出する、ただそれだけなんですけど、
アドベンチャーに小難しさなんて不要。
あれこれとツッコミ入れるより、楽しんだもん勝ちです。
あろえりーなさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2012-08-09 00:07:13)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 6.36点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5214.29%
6642.86%
7535.71%
817.14%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS