キリング・フィールズ 失踪地帯のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > キリング・フィールズ 失踪地帯
 > (レビュー・クチコミ)

キリング・フィールズ 失踪地帯

[キリングフィールズシッソウチタイ]
TEXAS KILLING FIELDS
2011年【米】 上映時間:105分
平均点:4.14 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-04-14)
ドラマサスペンス犯罪もの刑事もの実話もの
新規登録(2012-08-08)【8bit】さん
タイトル情報更新(2013-07-18)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストサム・ワーシントン(男優)
ジェフリー・ディーン・モーガン(男優)
クロエ・グレース・モレッツ(女優)
ジェシカ・チャステイン(女優)
アナベス・ギッシュ(女優)
シェリル・リー(女優)
スティーヴン・グレアム(男優)
ジェイソン・クラーク〔男優・1969年生〕(男優)
撮影スチュアート・ドライバーグ
製作マイケル・マン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.最後までストーリーに入って行けなかった。
登場人物の誰にも感情移入ができませんでした。
プラネットさん [インターネット(字幕)] 3点(2017-09-02 20:34:06)
6.場面場面の繋ぎに違和感有りすぎ。
あれ?なんか一瞬見逃したのかいな? と巻き戻してみたこと数回。
なんじゃ無駄に手間かけさせおってからに こーのバカたれが。
正直、ヘッタクソだなと思ってしまった。

それに実話をもとにしてのものだから 話を変にいじれなかったのでしょうが、それにしても面白みがなかった。

ただ、死体の醸しだす雰囲気やら殺伐感やらは意外によく撮れていたと思う。
だとしたなら、今後、一度親父の手元を離れてみてホラーの分野に突き進んでゆかれたならばさ、まあ、それ相当のもんは撮れるんではないのかなと思ってみたりもいたしましたが。とまあ、偉そうなこと言って申し訳ないですが。
あと、血気盛んな刑事役のサムワシントーーーンが良かった。あとクロエだとか モーガンだとか。
3737さん [DVD(字幕)] 5点(2013-10-20 13:26:23)
5.《ネタバレ》 文句いっぱいです。
編集でカットしてる?的なパツパツな進行。
残酷な少女殺人事件なのに、犯人捜しも全くスリル無し。
危険な場所に相棒ひとり置いて、死んだ?と聞くや、応援班がぞろぞろ。
結構、豪華キャストなのにもったいない。時間返せ映画。
木村家の娘さん [CS・衛星(字幕)] 2点(2013-09-15 00:22:52)
4.《ネタバレ》 まだ映画作りの基本をいまいち分かってないんじゃないかなー、というのが正直な感想。画面、画面の繋がりが観ていてしっくりこないし、登場人物の関係性も分かりづらいからどうにも感情移入できない。監督はあのマイケル・マンの実娘みたいだけど、もっと親父の下で修行しなおしてきなさい!というのが正直な感想。でも画面の薄暗い感じとか乾いた荒野とかの描写はちょっと良かったかな。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2013-04-21 16:57:01)(良:1票)
3.《ネタバレ》 他の方々、"マイケルマンの娘"という事象さえなければこんな点数にはならばいはずですが……。
クロエモレッツ出演ということだったので見たのですが、ひどい部分あ多すぎる。まともに心理描写が有るるのは、ブライアン(ジェフリー・モーガン)ぐらいですし、これ程真犯人がまるわかりなサスペンスそうないでしょ。ハラハラドキドキが一度もないまま打ち合い切り合いで三者とも死んでますが、ラスト数十分の投げやり感が、とてもじゃないけど否めないです。タトゥーの白人と黒人もほったらかしで、もう少しまとめれただろ、といったところです。今後の作品を気長に待とうと思います。
走馬灯さん [DVD(吹替)] 3点(2012-11-03 18:15:15)
2.《ネタバレ》 マイケル・マンの娘さんが監督したというのには驚きましたが、親父さんのサポートもあってか、初監督作にしてはきちんとした作りになってましたね。演出や撮影などの点において特段問題ないのですが、サスペンスものとしては脚本が少し弱かったかなと。犯人も「あ、なんだやっぱりそいつかぁ」て感じだし、それでいてあの2人組の動機もいまいち見えてこない。そんなわけで犯人探しの面白さは乏しいのですが、代わりに刑事側、特にブライアンの正義感には胸を打たれるものがありましたね。被害者を少しでも冒涜するような奴がいれば、これでもかと殴りまくる。遺体に指紋がついてれば、身体を張って守ろうとするし、そして自分の命をかけて、犯人と対峙しようとする。リトル・アンは誰からも見捨てられていたと感じていた女の子だけど、ブライアンが守ってくれた、そのことに彼女は生きる希望を見いだしたに違いない。そんなわけで、サスペンスとしては弱いけど人情劇としてはまずまずなので、全体としては佳作かなと思います。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2012-09-27 17:45:24)
1.《ネタバレ》 監督はなんとマイケル・マンの娘さんだそうで、父親の影響がうかがえる渋めの刑事ドラマに仕上がっています。
正義感の強い刑事ブライアンを演じたジェフリー・ディーン・モーガンのカッコ良さに惚れ惚れしました。この熱い男の描き方も父親ゆずり。
相棒のサム・ワーシントンはいつものように表情に乏しい仏頂面ですが、モーガンとのコントラストという意味で今回はそれが吉と出ていたかも。
クロエたんはどんどん色っぽくなっていて、ヒットガールも今は昔といったところ。
このまま個性派女優として成長していって欲しいですなあ。
映画の内容自体は脚本の練り込みがいまひとつ。登場人物の行動が全く意味不明だったり容疑者のミスリードも全然上手くない。肝心の真犯人の描写も中途半端なので、いきなり彼が真犯人ですって言われてもなあ…。
8bitさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2012-08-14 13:29:12)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 4.14点
000.00%
100.00%
2114.29%
3228.57%
4114.29%
5114.29%
6228.57%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 0.00点 Review1人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS