マダガスカル3のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マダガスカル3
 > (レビュー・クチコミ)

マダガスカル3

[マダガスカルスリー]
Madagascar 3: Europe's Most Wanted
2012年【米】 上映時間:93分
平均点:7.30 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-08-01)
コメディアドベンチャーファンタジーシリーズものファミリー動物ものCGアニメ3D映画
新規登録(2012-08-08)【+】さん
タイトル情報更新(2015-09-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エリック・ダーネル
トム・マクグラス
コンラッド・ヴァーノン
ベン・スティラーアレックス(ライオン)
クリス・ロックマーティ(シマウマ)
デヴィッド・シュワイマーメルマン(キリン)
ジェイダ・ピンケット・スミスグロリア(カバ)
サシャ・バロン・コーエンキング・ジュリアン(キツネザル)
セドリック・ジ・エンターテイナーモーリス(キツネザル)
ジェシカ・チャステインジア
ブライアン・クランストンビターリ
マーティン・ショートステファノ
フランシス・マクドーマンドシャンテル・デュボア警部
アンディ・リクターモート(キツネザル)
トム・マクグラスペンギンズ隊長
クリス・ミラー 〔男優・監督〕コワルスキ(ペンギン)
コンラッド・ヴァーノンメイソン
ヴィニー・ジョーンズフレディ(犬)
パズ・ヴェガエスメラルダ(馬)
フランク・ウェルカーソーニャ
エリック・ダーネル司令官/男飼育員 他
玉木宏アレックス(日本語吹き替え版)
柳沢慎吾マーティ(日本語吹き替え版)
岡田義徳メルマン(日本語吹き替え版)
高島礼子グロリア(日本語吹き替え版)
おぎやはぎキング・ジュリアン(小木博明)/モーリス(矢作兼)(日本語吹き替え版)
菅生隆之ビターリ(日本語吹き替え版)
堀内賢雄ステファノ(日本語吹き替え版)
園崎未恵ジア(日本語吹き替え版)
高乃麗デュボア(日本語吹き替え版)
飛田展男隊長(日本語吹き替え版)
手塚秀彰コワルスキー(日本語吹き替え版)
チョーメイソン(日本語吹き替え版)
山口勝平モート(日本語吹き替え版)
石住昭彦イタリア警官2(日本語吹き替え版)
脚本エリック・ダーネル
ノア・バームバック
音楽ハンス・ジマー
編曲リック・ジョヴィナッツォ
挿入曲フランシス・マクドーマンド「水に流して」(Non je ne regrette rien)
クリス・ロック"Afro Circus/I Like to Move It"
制作ドリームワークス・アニメーション
東北新社(日本語版制作)
配給パラマウント・ジャパン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.《ネタバレ》 1作目をみたとき「あり得ねえ」と思い、2作目を見たとき「超あり得ねえ」と思い、3作目を見たとき、これはあり得るかあり得ないかということはもはやどうでもよくなっているとわかった。おもしろくて楽しい、だけどあり得なさすぎて、私はちょっと引いてしまった。特に、ド派手な上に絶対あり得ないサーカスの芸を見て、こりゃやりすぎだよ、と思って気持ちが冷えた。
チョコレクターさん [インターネット(字幕)] 7点(2015-12-03 21:32:15)
9.でた!奇跡の続編。3はトイ・ストーリーもすごく良くなってびっくりだったけど、マダガスカル3も驚きの進化でした。デュボア警部とペンギンには笑ったなぁ。大きなクマちゃんにも口効いて欲しかったけど、あの方が味があるのかな。二輪の扱いはプロ級なのがミソだね。相変わらずメインキャラは色が薄いけど、今回はサーカスの毛皮パワーで大盛り上がりして助けられたみたいです。これは何度か見返したくなる作品。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2013-06-17 15:24:33)
8.《ネタバレ》 ストーリー自体は定番の運びで特筆するものではありませんが、テンポの良さ、そして終盤の楽しそうにサーカスしてみせるアニマル達の愉快さが印象深い。尋常でない嗅覚で動物たちを追いつめるデュボア警部は、アニマルよりもアニマルっぽい(笑)。ビターリ、ジア、ステファノといったキャラもそれぞれ魅力的ではあるが、一番ツボだったのはクマ。あの顔は、画面に映るだけで笑ってしまう。
あろえりーなさん [DVD(吹替)] 6点(2013-01-06 22:35:57)
7.マダガスカルらしさを残しつつ、かなり梃入れして派手になってますね。
相変わらずメインキャラより脇役の方がいい味出してて、もうそっちがメインのつもりで楽しんでます。
ストーリーはどうでもいい感じで、ノリの良さと勢いだけで突き進む。
小ネタもいちいち秀逸で、特に頬タッチは斬新だった。
あと、アフロ行きます!は嵌り過ぎ。
元々は動物園の檻の中でぬくぬくと生活するのと大自然の中で自由に生きるのとどっちが幸せか?みたいなテーマらしきものがあったはずだけど、最終的にはサーカスに落ち着くわけですか。
これで一応の結論が出てシリーズ完結なのかな。
もとやさん [DVD(吹替)] 7点(2012-12-29 19:15:18)
6.前2作のもう一歩感を見事に越えた。ナイスな三作目。
「魅せる」事がかなり意識されていたようで、ショウムービーとしての面白味が増している。クレイジーな悪役を配置したことによる緊張感や、スペクタクル性も増量され、かなり贅沢に楽しめる作品となっています。しかも、上映時間は90分ちょっとと、ほぼ据え置きなのが偉い。サクっと満足できる良作。
すべからさん [DVD(吹替)] 8点(2012-12-22 13:36:21)
5.マダガスカルを初めて観る者としてご容赦下さい。今回のお話はアレックスがサーカスに拾われてそこのダメダメサーカスを再生させる話ですけど、あんだけのものができるのに、何で今までしなかったの?と思いました。アレックスがやる気を出させたとはいえ、でき過ぎ。アクションもトムとジョリー風で、今いちノリきれなかった。こういうもんなのかもしれませんけど、マダガスカルファンの方すいません・・・
Yoshiさん [映画館(吹替)] 4点(2012-08-23 16:31:36)
4.美しいアニメーションとテンポの良い展開で安心の子供向け作品だ。フランス系カナダ人が動物のいないサーカスをヒットさせていることなどにチクリと皮肉ったり子どもには分からないような笑いも盛り込まれており、大人が見ても楽しめる内容でもある。それにしても相変わらずペンギンズがかっこよくて面白い。ペンギンズ主役のスピンオフアニメが作られているのも良く分かる。この作品を見てますますペンギンズファンになってしまったよ。好み30/50、演出12/15、脚本10/15、演技7/10、技術9/10、合計68/100→7/10点
chachaboneさん [映画館(吹替)] 7点(2012-08-19 23:56:29)
3.《ネタバレ》 いやあ、これは思わぬ拾い物!1作目から全部見てるという友達があまりにも絶賛しているものだから、本当?全く期待もしてなかっただけに凄い面白くてあっという間に終わってしまった気がする。何しろ私は最初の二つとも見てません。だからどんな話でどんなキャラクターが出てくるのかも全く知らなかった。正直、馬鹿にしていました。謝ります。ごめんなさい。この映画、とにかくテンポが良い。絵が綺麗。美しい。そして、何と言っても出てくるキャラクター達がどいつもこいつも面白い奴きりでとにかく面白かった。序盤の動物園から逃げ出したアレックスとその仲間達とそれを追いかけるあの恐い女警官との攻防のスピード感、画面全体からおう!てもうすぐそこにあるような3Dによる映像効果も相成って、凄い凄いとただただ食い入るように見入ってしまった。途中で仲間にしてもらうサーカス軍団の他の動物達との交流、サーカスの仲間であるといことを騙していたものの、騙した方も騙された方も一度は同じように力を合わせて見にきている人間達を楽しませた事の喜びを知るが故にもう一度、力を合わせて頑張る姿は感動的である。もう、余計な突っ込み、野暮な愚痴など言わずに楽しめばそれで良いのである。アニメなんだから子供が楽しめれば自然と周りの大人達も同じように笑い、感動して楽しむことだって出来るんだということをこの映画を満員の子供だらけの映画館の中で見ていて感じることが出来た。この祭、大人も子供も男も女も全く関係ない。大きなスクリーンの中で繰り広げられるユニークな動物達の会話、やりとりを見て楽しむ為の映画だと言いたい。大人にしか理解出来ないとか如何にも子供向けで大人が観る映画とは違うとか男なら解る。女なら解るというようにそういうアニメとは全く違う誰が見ても楽しめる映画としてこの夏一番のお薦め映画である。出来ることなら、いや、絶対に3Dで観ることをお薦めします。
青観さん [映画館(吹替)] 9点(2012-08-09 22:01:23)(良:1票)
2.《ネタバレ》 「アニメとは運動する絵である」。そんな当たり前の事が、このところのアニメからすっぽりと抜け落ちていたような気がします。絵が世界を説明し物語を運ぶための手段としてばかり機能していて、ピクサーやアート系作家の作品ですら物語の前で絵は道具としての役割以上のものを担っていないような、それだけアニメの表現法に停滞感が漂っているような。そんな中で目からウロコ、まさかの『マダガスカル3』。「運動する絵」の生み出す純粋な楽しさ美しさに溢れ、ドタバタカートゥーンから3DCGアートまでを駆け抜けてみせます。基本中の基本な追いかけっこの楽しさ、反復される飛翔と落下、推進力と重力の生み出す気持ち良さ、そしてサーカスシーンでのCGが生み出す動く絵の美。一本のアニメ映画にアニメが本来持つ魅力が網羅されているような状態。更には3Dが効果的である以上に3Dの視覚効果をアートとして成立させる見事なテクニック。ドリームワークスアニメーションの3Dは常に他より先を行っているのですが、遂にここまで来たか、という感じ。ファミリー向け娯楽アニメがアートでアート作品を圧倒し、先進性でアニメ先進国のアニメを圧倒してゆく、ハリウッドだの巨大資本だのと文句をタレる前にとにかくこの圧倒感を味わって頂きたいです。
あにやんさん [映画館(吹替)] 9点(2012-08-09 15:58:07)(良:1票)
1.やべえ!超面白え!大人から子どもまで大満足できる素敵な娯楽映画です!
本作のストーリーの主軸は3つあります
①メインの4人の故郷のニューヨークに帰りたい!という願いのもとで繰り広げられる冒険
②イカれた女刑事「デュボア」との攻防戦
③落ちぶれたサーカス団の再建物語
そのどれもがお互いを邪魔することなく、むしろ相乗効果で各場面が面白くなっているのは見事。とってもボリューム感があって満足できます。
つーか、②の悪役のキャラがヤバいのなんのって・・・予告編でも相当なインパクトを残してくれましたが、映画本編ではそれをはるかに超える変態っぷりを見せてくれます。
そして本作の最も優れた要素は、迫力満点のアクション描写。
序盤のカーチェイスの面白さ、サーカスの練習シーンのワクワク感、終盤の伏線を生かしまくってくれた展開。
その全てが楽しいのですが、中盤にある予想もしなかったサーカスの映像は、観るものをとりこにするでしょう。
その美しさは「塔の上のラプンツェル」の名シーンを思い出させました。
自分は時間が合わず2D版で観ましたが、これは3Dで観ればよかった!と若干後悔。これから観る人は3Dをオススメしたいと思います。
音楽もこれまたハイセンス。
「Firework」「Wannabe」などの有名な曲とのシンクロっぷりも抜群です。
映画自体は前作を観ていなくても全く問題なく楽しめます。この夏のイチオシとして、オススメです!
ヒナタカさん [映画館(吹替)] 9点(2012-08-09 00:59:31)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 7.30点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4110.00%
500.00%
6110.00%
7440.00%
8110.00%
9330.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS