リアル鬼ごっこ5のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リアル鬼ごっこ5
 > (レビュー・クチコミ)

リアル鬼ごっこ5

[リアルオニゴッコファイブ]
The Chasing World 5
2012年【日】 上映時間:74分
平均点:5.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-05-26)
アクションホラーサスペンスシリーズもの
新規登録(2012-09-07)【あろえりーな】さん
タイトル情報更新(2017-09-02)【くるきまき】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督安里麻里
キャスト井上正大(男優)草野大地
浅利陽介(男優)浩太
河合龍之介(男優)朔也
古井榮一(男優)
山﨑賢人(男優)スグル
原作山田悠介〔原作〕「リアル鬼ごっこ」
脚本瀧田哲郎
安里麻里
企画柴田一成
プロデューサー柴田一成
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 [2018-08-17修正] このシリーズは3以外見ない予定だったが事情があって4を見てしまい、同じ監督だったこともあってこれも見た。
3と4はそれぞれ孤立的な物語だったが、やっとこの5で三部作の全体像が示され、スケールの若干大きい荒唐無稽な未来物語(なんと西暦3000年)としての展開も見られるようになる。また、そのような真面目に見る必要のない部分以外のところでちゃんと登場人物の人間ドラマも作ってあるが、今回はかなり笑いあり涙ありの感動作で、三部作中ではかなり異色の印象がある。

3と4では高校生が主体だったため、映画自体の対象年齢もその程度だろうという気がしていたわけだが、この5は大人が主人公なので精神年齢を高くして見なければならないかと思えばそうでもなく、純粋で一途な真心は必ず届く、といった感じの非常にベタで気恥かしい純愛ストーリーになっている。黙って傘を置いたのを見られていたなど恥ずかしくて笑ってしまう。
しかし3、4と同様に柔軟かつ寛容な態度で見れば見られる物語にはなっており、特に付箋の裏に書かれていた言葉には不覚にも泣けてしまった。自分としては業務用のメモであってもこういう余計なことを書かれてしまうと捨てられなくなって困る性格であり、これは弱いところを突かれてしまった気がする。今回は素直にハッピーエンドといえる物語だったのも嬉しくなる。
結局のところ、今回を含めた三部作は同じ設定のもとで統合された形にはなっているものの、その設定自体に大した意味はなく、3~5それぞれ独自のお話を作っており、かつ自分としては全て嫌いでない(好きだ)という結論に達した。全部見てシリーズとしての愛着もわいて来たので全部を好意的な点数にしておく。

そのほかこのシリーズは若手女優の個性的な魅力が見どころだったわけだが、今回はヒロインがあまりに正統派(洋風)美女のため、最初は少し冷たい目で見ていた。しかし最終的には守ってあげたい/守られたいキレイなお姉さんに見えてきて、今回も一応これが見どころだった。ほか男連中もなかなか面白かったと書いておく。
なお余談として、終盤の採血室に張り渡してあった赤い布は、見た目が“血”をイメージさせる以外に現実的な機能のない代物だったが、これはこれで低予算という条件下での一つの工夫なのかと思ったりした(同じ監督の以前の映画で似た感じのものがあった)。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 7点(2014-07-22 23:57:48)★《更新》★
1.《ネタバレ》 やってることは同じです。
舞台を学校から会社に移したってだけで。
ただ、三部作の最後だけあって、
今回はあの芸人みたいな王様の裏側が
明らかにされます。そして、
なぜB型がターゲットにされたのかも
明かされます。
B型を選んだのは単なる気まぐれではなく、
ちゃんと理由があったのですね(笑)。
ストーリーはたいしたことないけど、
大地が希に思いを寄せることになった
ささやかなエピソードが良かった。
あろえりーなさん [DVD(邦画)] 4点(2012-09-07 11:18:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4150.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS