おしゃれ泥棒のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > おしゃれ泥棒
 > (レビュー・クチコミ)

おしゃれ泥棒

[オシャレドロボウ]
How to Steal a Million
1966年【米】 上映時間:124分
平均点:7.19 / 10(Review 67人) (点数分布表示)
サスペンスコメディ犯罪ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-01-29)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウィリアム・ワイラー
助監督ロバート・スウィンク(第二班監督)
キャストオードリー・ヘプバーン(女優)ニコル・ボネ
ピーター・オトゥール(男優)シモン・デルモット
イーライ・ウォラック(男優)リーランド
シャルル・ボワイエ(男優)ド・ソルネ
ヒュー・グリフィス(男優)シャルル・ボネ
マルセル・ダリオ(男優)パラビデオ
ジャック・マラン 〔男優・1919年生〕(男優)チーフ・ガードマン
池田昌子[声]ニコル・ボネ(日本語吹き替え版【DVD/フジテレビ/テレビ東京】)
中村正[声優]シモン・デルモット(日本語吹き替え版【DVD】)
穂積隆信リーランド(日本語吹き替え版【DVD】)
久松保夫シャルル・ボネ(日本語吹き替え版【DVD】)
野沢那智シモン・デルモット(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
富田耕生リーランド(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
羽佐間道夫ド・ソルネ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
雨森雅司シャルル・ボネ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
広川太一郎シモン・デルモット(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
大塚周夫リーランド(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
内海賢二ド・ソルネ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
大平透シャルル・ボネ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
脚本ハリー・カーニッツ
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
撮影チャールズ・ラング〔撮影・1902年生〕
配給20世紀フォックス
美術フィル・ノーマン(タイトル・デザイン)
衣装ユベール・ド・ジバンシー
編集ロバート・スウィンク
あらすじ
パリの豪華な邸宅に住む美術品収集家のボネ氏の本業は、実は贋作画家で、隠し部屋で名画をそっくりに描いては愛好家に高い値段で売っていた。娘のニコルはそんな父の仕事が嫌でたまらない。 ある時、ボネ氏は所有する「チェッリーニのヴィーナス」の像をラファイエット博物館に貸し出す事にする。 でもそれはボネ氏の父親(ニコルの祖父)が作った贋作だった。ニコルは危険なので父にやめてほしいと懇願するがボネ氏は展示を了解してしまう。 そしてある夜ニコルが1人で家にいると泥棒が忍び込んできて。・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
67.軽快なコメディ。んなバカなっていうのもあるけどまあ許せる。
オードリー・ヘップバーンの相手が歳食ったおっさんじゃないっていうのもいいね(オードリーがその分おばさんになったのだけれど)。
タイトルも全体的におしゃれだしジャガーもいいね。
ume0214さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-03-15 20:55:02)★《新規》★
66.アラフォーで年を重ねてもかわいいね。軽妙洒脱で楽しい作品でした。
ProPaceさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2016-10-05 22:36:05)
65.気楽な映画。オードリー・ヘップバーンはキレイで、観ていて気持ちいい。
でも、こういった軽い映画でないと本人の良さは活きないのだろうか。
simpleさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2016-07-30 13:55:08)
64.《ネタバレ》 物語の流れに引っかかる点が無く、進行がとても自然でなおかつ理由付けが納得できるという見事な脚本。ピーター・オトゥールとオードリーの軽妙でオシャレな台詞におおいに笑い、かつ唸らせてもらいました。強いて(ホント強いて)言うと、舞台がフランスパリだからフランス語ならもっといい雰囲気が出ていたかも、かな? このような「さりげなく」しかし「綿密」に構成された作品は観終わったあとの充実感が違いますね。オードリーのファンでない方も(オードリーのファンの方は当然に!)楽しんで頂ける内容であるかと思います。オススメ!!
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2014-04-27 23:58:04)
63.《ネタバレ》 監督がウイリアム・ワイラー、主演にオードリーという『ローマの休日』コンビとくれば期待は膨らむ。
ハードルが上がりすぎたせいか期待ほどではなかったけど、よくできたラブコメ。
贋作者の娘と贋作の摘発人という設定がユニーク。
ラブコメによくあるご都合主義は見られるものの、贋作がバレないように盗みに入る展開が楽しい。
警報器の誤作動は十分ありえることだけにそれを利用したアイデアは説得力があった。
飛鳥さん [地上波(字幕)] 6点(2013-09-03 21:23:13)
62.《ネタバレ》 ○軽快なコメディ。気軽に見られる。○ヘプバーンとそれを取り巻くキャラもいい。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 7点(2013-08-31 11:43:28)
61.再見。初めて見たときは、オードリーとピーター・オトゥールの組み合わせはどうだろうと思ったのですが、全くの杞憂でした。おしゃれで適度にユーモアがあり、楽しめます。彫像を盗むのはそれほどスマートではなく、時間がかかったりするのですが、笑えるので問題ありません。全体にトボケた味が出ているのが、とってもいい!
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-08-18 20:15:42)
60.《ネタバレ》 夜の公共施設って誰でも夢見たことがあるんじゃないか。美術館以外でも、学校とかデパートとか劇場とか、夜中にふと目覚めたりすると、昼間にぎやかだった「あそこ」は今どんな感じなんだろう、と想像してみること。そういうロマンが本作の底にはあって、そこにさらに「異性と一緒だったら」と想像を広げれば、恋愛のロマンスも自然に絡んでくる。見どころはいかにして美術品を警備の厳重な美術館から持ち出すかで、ブーメランやら鍵の位置の計測など、いったい何やろうとしてるんだろう、というハテナを前もって観客に提示しておいてから、盗みの夜を迎え、ひとつひとつ種明かしをしていくという趣向。壁を這い進んでいく鍵など楽しい。二人が潜む階段裏の物置が、盗みの支度部屋と恋愛の密会部屋の重なる空間となり、出ていくときにオードリーが記憶にとどめとこうと見回すのがいい。本作で主役の二人は、役者としてよりも映画スターとしての華やかさや洒脱さを前面に出しており、だから観客は、トイレはどうしてたんだろう、なんて心配してはいけないのだ。
なんのかんのさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-08-13 10:09:59)
59.《ネタバレ》 いまリメイクするとアン・ハサウェイとブラッド・ピットなんかがキャスティングとしては自分の妄想イメージですが、ヘップバーンとオトゥールの軽妙洒脱さにはとうてい及ばないだろうな。ヘップバーンが映画で着こなしたジバンシー・モードは数多いけれど、この映画で見せるファッションが私の中ではベストです。最初に登場するシーンで着ているあの白い帽子のファッションなんかあまりにも有名ですよね。ピーター・オトゥールのとぼけた軽妙な演技がまた絶妙でして、ほんとこの人は上手い役者です。 泥棒映画は盗み方をいかに工夫して見せるかが命ですが、まるでこのジャンルの名作『トプカピ』をおちょくった様な脱力系の手口には意表を突かれました。いろいろと粗が見えるところはあるストーリーですけど、そこはラブコメですから楽しんだ者勝ちです。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-08-09 22:45:58)(良:1票)
58.最初から最後まで退屈にならずテンポよかった。あの黄色の車かっこいいなー。
ホットチョコレートさん [ビデオ(字幕)] 6点(2012-07-24 21:11:28)
57.犯行動機、計画立案、過程、首尾、結末、登場人物全員の一つ一つの身のこなしと台詞。全てがお洒落で軽妙洒脱。ウキウキ・ワクワク・ウットリし通しの素敵なひと時を過ごさせてもらいました。名セリフを拝借して「いやぁ、映画って本当にいいものですね」
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 10点(2012-06-21 21:21:39)
56.オードリーの映画では好きな方、ピーター・オトゥールも結構はまっていて格好良い。
コメディながらサスペンス風というか、サスペンスながらコメディ風というのが好き。邦題も洒落ていて素敵。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 8点(2012-01-14 22:44:24)
55.《ネタバレ》 まずなんといっても『おしゃれ泥棒』っていうタイトルが本当にとってもオシャレ! 原題よりはるかにステキよねー。 今回もジバンシィを着こなすオードリーのかわいさは健在だし、ストーリーもよくできてて面白かったんだけど…もうちょっとコンパクトにまとめてあっても良かったかしらね。 ところで!あの警備のオジサンって『シャレード』の警部と同じ人よね? 昔の知り合いに思わぬところで会ったみたいで、なんだか妙にうれしかったわ。 おじいちゃんになった特別出演のシャルル・ボワイエも拝めたし、アタシ的にはその辺のオマケが何気に見所のひとつかも。 あ、馬顔ピーター・オトゥールの演技も良かったのよ、いかにもヨーロッパの俳優さんって感じで。 ホホ。
梅桃さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-10-07 22:23:47)
54.タイトル通り、とてもおしゃれな映画。
オードリー37歳の時の作品でかなり痩せているが、遠目から観ると女豹のようで、
泥棒さんのシーンではぴたりハマっている。彼女が着こなす様々なファッションも見所。
まるでドリフのコントを見ているようなシーンがあり、ロマンチックコメディーと言うより、
ライトコメディーといったほうが合ってるかも。
ストーリー自体は取り立てて大きなヒネリやオチはなく、オードリーのための映画、
センスのいいアイドル映画といった感じ。ピーターは相変わらず個性的な顔をしていて、
いかにも好みが分かれそうだが、トンマな探偵役をスマートに演じていて好感が持てた。
とにかく観ていて肩が凝らないのがいい。何も考えないで気分転換したい時などにお薦めの作品。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 5点(2011-08-03 16:18:05)
53.セットも俳優もテーマもゴージャスなのに、泥棒の作業自体が地味なのが教訓的に感じた。
アイランド・ジョーさん [DVD(字幕)] 5点(2011-07-24 09:12:09)
52.《ネタバレ》 やっていることは泥棒でも動機に同情できるから悪事に見えない。そこが肝ですね。30代後半のヘプバーンはさすがに可憐という感じではないけれど、可愛さを残した大人の女性も悪くない。掃除用具入れの鍵を内側から開けるシーンには感心。徹底したアナログ手法が、昔に観た時より新鮮に映りました。その鍵開けも含めてセキュリティ技術が進んだ現代では作れないお話に、古き良き時代の優雅な空気が感じられる。それがこの邦題と絶妙にマッチしています。泥棒がおしゃれでいられた時代という意味で、当時より今の方が邦題の価値が増していると思いました。
アンドレ・タカシさん [地上波(吹替)] 8点(2011-06-07 20:49:34)(良:1票)
51.オードリーのようなお姫様顔だと、やっぱりこういう軽いタッチの作品には合わないんじゃないかな・・・。多少はアホさ(広い意味で)を感じさせるくらいでないと、この種の主役には違和感があります。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-05-24 02:33:05)
50.泥棒をする動機が一捻りあって面白いし、泥棒のところも出来すぎ感はあるが巧くやっていてドキドキ感もあって良い。特に鍵開けのシーンが好きです。オードリーも親父も目がデカいね。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-05-22 00:41:47)
49.《ネタバレ》 ヘプバーンとピーター・オートゥール豪華共演。2人が互いに芽生え始めた恋の息吹を感じながら犯行を企てる後半部はスリリングで引き込まれました。ピーターが内側から物置の扉を開ける一連の動作はまるで神業です。あとこの作品はヘプバーンの衣装に注目、特に目を覆うフードを装ったコスチューム。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2010-12-28 00:44:19)
48.だるくなるところがある
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-03-05 20:36:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 67人
平均点数 7.19点
000.00%
100.00%
200.00%
311.49%
411.49%
5710.45%
61116.42%
72131.34%
81420.90%
957.46%
10710.45%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.14点 Review7人
2 ストーリー評価 7.75点 Review8人
3 鑑賞後の後味 8.42点 Review7人
4 音楽評価 6.66点 Review3人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS