ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
 > (レビュー・クチコミ)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

[エヴァンゲリヲンシンゲキジョウバンキュー]
Evangelion: 3.0 you can (not) redo.
2012年【日】 上映時間:95分
平均点:5.49 / 10(Review 86人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-11-17)
アクションSFアニメシリーズものTVの映画化
新規登録(2012-10-07)【8bit】さん
タイトル情報更新(2020-11-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督摩砂雪
鶴巻和哉
前田真宏
中山勝一(副監督)
庵野秀明(総監督)
増尾昭一(特技監督)
助監督轟木一騎(総監督助手)
緒方恵美碇シンジ
三石琴乃葛城ミサト
林原めぐみアヤナミレイ(仮称)
宮村優子【声優】式波・アスカ・ラングレー
山口由里子赤木リツコ
石田彰渚カヲル
立木文彦碇ゲンドウ
坂本真綾真希波・マリ・イラストリアス
清川元夢冬月コウゾウ
子安武人青葉シゲル
長沢美樹伊吹マヤ
結城比呂日向マコト
麦人キール・ローレンツ
大塚明夫高雄コウジ
沢城みゆき鈴原サクラ
大原さやか長良スミレ
伊瀬茉莉也北上ミドリ
山崎和佳奈
野田順子オペレーター
勝杏里多摩ヒデキ
原作庵野秀明
脚本庵野秀明
鶴巻和哉(脚本協力)
前田真宏(脚本協力)
音楽鷺巣詩郎
作詞宇多田ヒカル「桜流し」
作曲宇多田ヒカル「桜流し」
編曲宇多田ヒカル「桜流し」
主題歌宇多田ヒカル「桜流し」
製作スタジオカラー
企画庵野秀明
プロデューサー庵野秀明(エグゼクティブ・プロデューサー)
大月俊倫(エグゼクティブ・プロデューサー)
制作スタジオカラー(アニメーション制作)
配給ティ・ジョイ
スタジオカラー
東宝(2020年リバイバル)
東映(2020年リバイバル)
特撮板野一郎(CGI監修)
作画貞本義行(主・キャラクターデザイン)
山下いくと(主・メカニックデザイン)
井上俊之(作画監督)
樋口真嗣(イメージボード・画コンテ)
鶴巻和哉(イメージボード・画コンテ)
庵野秀明(イメージボード・画コンテ)
渡部隆(デザインワークス)
安藤雅司(原画)
轟木一騎(画コンテ)
前田真宏(イメージボード/画コンテ/デザインワークス/原画)
本田雄(総作画監督/デザインワークス/原画)
松原秀典(原画)
竹内敦志(原画)
増尾昭一(原画)
亀田祥倫(原画)
錦織敦史(原画)
今石洋之(原画)
板野一郎(アニメーション・マテリアル)
尾上克郎(アニメーション・マテリアル)
美術加藤浩[美術](美術監督)
その他スタジオカラー(宣伝)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
86.《ネタバレ》 頑張って観ないといけないったことは、ツラいんでしょう。
序と破を経て、なお突き放される感じは、ニワカファンになろうとするものには厳しかった。
わからなくっても、別にいいやと思ったわたしは新作を観ることもないでしょう。
ろにまささん [地上波(邦画)] 3点(2020-11-07 07:14:19)
85.《ネタバレ》 予想をはるかに超えた内容で、まったく理解できませんでした。使徒が「神の側」で人間が「悪魔の側」だとかいう話はネットで仕入れたニワカ知識だったのですが、その解釈がほんとうに正しいのかどうかすら自信がなくなりました(笑)。あらためて調べてみると、どうやら人間の始祖たるリリスも使徒であることに変わりなく、いわば使徒どうしの闘いなのだという背景が分かってきましたが、それにしても謎だらけです。
14年のあいだに、かつての仲間たちが何故ネルフと敵対したのか。シンジくんの肉体と精神はどう変容したのか。なぜアスカが生きてて綾波レイが死んでるっぽいのか。鈴原トウジくんはどうなったのか。シンジくんの母と綾波レイの関係とは何なのか。ゼーレとは何者で「人類補完計画」とは何なのか。渚カヲルくんとは誰なのか。2本の槍の意味は何なのか。シンジくんがずっと聴いていたカセットテープは何なのか。なぜ「急」ではなくて「Q」なのか。等々。
もともと「福音」というのはイエスの死と復活による救いのことだと思いますが、この物語におけるイエスの位置づけはまったく不明で、至るところに登場する十字架のモチーフも、イエス以上に根源的な意味がありそうなのですが、それも分かりません。
いろいろ分からないことだらけだったので、今回はレビューというより疑問点をメモしただけです(これから勉強します)。ちなみに、この作品が「理解不能なのに最後まで観れてしまう」のは、上記のような疑問の数々をシンジくんと観客が共有しているからですね。実際、置いてけぼりのシンジくんの姿は、わたしたち観客そのものです。「きっとシンジくんの目を通して謎が解けていくはずだ」と期待して、ついつい最後まで観てしまう…。これは端的にストーリーテリングの手法として優れていると思います。そのことと映像的な面を加味して評価しますが、『破』と同様に点数は暫定値です。

追記:あくまで個人的な推測ですが、使徒の個体性(自我境界=結界?)を守っているのが「A.T.フィールド」だとすると、それを破壊的に破るのが「槍」のような兵器であり、融和的に破るのが「シンクロ」のような現象じゃないかと思います。乗員とエヴァの「シンクロ」は双方を変容させるようだし、何らかの形で使徒との「シンクロ」も起こってる気がします。エヴァの変容のことを「擬似シン化」と呼ぶ場合があるようですが、この「シン」とは(シンゴジラのそれと同じように)「神」の意味を含むのでしょう。ただし、こうした自我境界の消失は、いわば核融合みたいに「インパクト」のトリガーにもなるのかもしれません。
この物語は、突きつめると、人間や使徒が「自我を守るために戦うこと」と「自我を超えて融和/融合すること」との両面によって展開してるように見えます。
まいかさん [地上波(邦画)] 7点(2020-08-29 10:37:20)
84.『破』でそれなりに盛り上がってきたものを、続く本作では「それはともかく、はい、14年後」とか言ってご破算にしてしまうあたりに、エヴァンゲリオンという作品の本性を見せられた気が。
登場人物の風貌を見る限り、14年という歳月を感じさせるものは殆どありませんが、内容的には14万光年くらいはかけ離れてしまった印象で、でもまあ正直、『破』の続きが気になってた訳でも何でもないので、文句はございません、はい。
という訳で、今まで以上に、ワカッタようなワカランようなよくわからないオハナシが展開されて、その分、映像面では最もやりたい放題、最も見応えのある作品になっている、気もするのですが、ワカランもんはワカラン訳で、映像を楽しむしかない。
中間部は、同性愛的な雰囲気も若干漂わせて、しっとりとしており、派手な爆発シーンだけが見せ場じゃないよ、というのが伝わってきます。
最後は「つづく」とか言ってるけど。本当に「続き」なんでしょうな?
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-08-14 16:24:00)
83.ははーん、これはこれは。確かに皆の評価がガタ落ちなわけだ。庵野とか日本映画とかのよくないところが出てんのかね。俺たちリリンはこの映画見るのにお金と時間を使ってるわけだから、作家性が強すぎて意味わからなくなると受け入れにくくなるよね。コロナだから、余った時間を何かに使いたい人は見れば良いよ。
センブリーヌさん [インターネット(邦画)] 6点(2020-07-05 22:29:36)★《更新》★
82.面白いのか面白くないのなわからない。ただ最後まで鑑賞出来たのだから楽しめたということなんだろう。
とりあえず序破Q制覇し、考察動画をたくさん見たので、にわかファン位にはなれただろう。
tonaoさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-04-30 19:46:47)
81.《ネタバレ》 決して熱心とはいえないエヴァ鑑賞歴ですが、「序」「破」に続いて外出自粛期間でのYouTube無料公開にて鑑賞。冒頭からいきなり前作で「死んだ?」と思っていたアスカが全開で登場して「え?」となり、その後のミサトやリツコの変貌に「えええ?」となり、巨大戦艦がヤマトっぽく出てきて「えええー?!」となる。ポカーンとなったまま物語はズンズン進み、カヲルとのBL展開に「あ、そこは変わらないのね」と思いつつ、すっかり変わってしまった舞台設定に戸惑いながら、あ、でもエヴァってこうゆうやつだったな、という感覚がだんだん蘇ってくる。そう、この振り回され具合、予想の斜め上展開こそ、それが面白いかどうかは別としても「エヴァ体験」だったのだ。伏線回収などの「整った」シリーズ物語を見たければ、ハリウッドが何百億ドルもかけて作ってくれている現在、破綻の美学をここまで体現したシリーズは逆に貴重。つねに期待を裏切ってこそのエヴァ・・・とたいして熱心ではないからこその勝手な意見ですが、そんなことを思いました。そういう意味で楽しめました。ただ、残念なほうの「期待外れ」は「使徒」の描写。今作ではオリジナリティあふれる「使徒」の描写が少なめだったので、圧倒的な「外部」の存在が消えて完全な内輪ものと化してしまった。まあ、それはテレビシリーズも旧劇場版もそうだったので、お約束だったのかもしれませんが。
ころりさんさん [インターネット(邦画)] 7点(2020-04-27 09:16:47)
80.話の展開自体に不満はありませんが、新キャラさんあまり好きになれないのでしゃしゃって欲しくないかな。
次作で締められるかどうか気になりますが、個人的にエヴァについて大団円的展開がそんな見たい訳でもないので
作りたいように作ってくれれば良いかと思います。
TAKIさん [DVD(邦画)] 6点(2018-08-31 00:56:21)
79.「破」の予告をみて、ワクワクして観に行ったら、ぽか〜〜ん。
置いてけぼりでした。
次の日また、観に行きました。
最終作でうまく締めることができるのだろうか。。。期待と不安
へまちさん [映画館(邦画)] 6点(2017-12-02 00:04:21)
78.TVシリーズと、こんなにストーリーを変えて..“ 庵野 ” は何をしようとしているのか.. 次作を観ないと答えは出ないけどね..
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 6点(2017-04-30 13:39:48)
77.評価も低いし、否定的なレビューが多いけど、観客を置いてきぼりさせるのは、今に始まったことじゃないと割り切るのと、次作に期待を込めて7点としたい。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 7点(2016-12-23 23:35:48)
76.否定的な評価が多いみたいだけど、自分からすれば今に始まった話じゃないじゃないかなって思ってる。
テレビアニメでもラストは散々だった。だけどまたか…。という感じではない。
破から180°ひっくり返したようなQのストーリーは庵野監督のチャレンジ精神を感じた。
キャラクターの温かみがまるで消えてしまっているからだ。サードインパクト後だから当然かもしれないが、この冷たさが本来のエヴァの世界観かも。
ポッカリ空いてしまったような感覚は拭えないので、この点と点をどう結べるかがラストにかかってるということは言うまでもない。
mighty guardさん [映画館(邦画)] 6点(2015-08-09 02:54:13)
75.《ネタバレ》 このシリーズ生きてる間に腑に落ちる結末が観れるのだろうか?いっそのことTV版だけで終わらせといて、現時点で忘れ去られた存在にしてしまっていた方が良かったのではなかろうか?
いっちぃさん [地上波(邦画)] 2点(2015-01-31 09:34:46)(良:1票)
74.想定の斜め上を行き過ぎる話に、見ていて置いてけぼりを食らいました。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 5点(2014-12-16 14:13:19)
73.今まで心地よかった人間ドラマを交えた、どこか救いのあるエヴァの世界を期待して観たらとんでもなく肩透かしで置いてけぼりをくらう心情もわかりますが・・・。でも庵野が破の続編を放棄したって見方はちょっと違うかなという気もしました。これも彼が作りたかった続編の1つの形かなと。「冷たい」映画に感じるのは私も同じで、シンジが目覚めたときに感じた世界観そのままの投影かも。スケールや展開の狭さは「もうちょっと広げて!」とは思いますが、こういう観終えたあとに複雑な気持ちになるのがエヴァですから。

パヤオ好きの私としては、師匠と仲直りした今、庵野には最後までもう好きにやってほしい。もちろん単体では点数つけられません。でもいきなり3作目だけ観る人も少ないでしょうしね。4部作序破急○、の「急」にあたりますから。ましてや「Q」ですから。どんなついていけない急展開でも許したくなります。破の途中からオリジナルな展開なわけで、どう広がってもエヴァの世界に浸れればそれでいいです。
この作品に「ふざけんな」と思った方の大半は続編も見るでしょうね。エヴァに整合性求めるのはあまり意味がないのどこかでわかってても期待してる自分を理解してるんですよね、皆さんいい人ですよ。
まさかずきゅーぶりっくさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2014-11-09 17:33:06)
72.率直に言うと「置いてけぼり」をくらった。意味が分からん。
そもそもエヴァンゲリオンって、正体不明の敵が、なんの脈絡もなく襲ってきて、
その正体不明な何かって何ナノ?という興味から、観始めて気付いたら最後まで観ちゃう。
という、単純な人間心理をつつきながら、進んでいく話で、
アニメ放送から劇場版に至るまで、描き手と観る側が納得のいくラストが見つかっていないというのが、結局現状で、それに決着をつけるべくの新劇場版なのだと思うのだけど、
「Q」に関しては話が飛躍しすぎていて全然付いていけなかった。
エヴァンゲリオンとヱヴァンゲリヲンは違うのだよ、と言われてしまえばそれまでだが、
描き手の表現方法としては、最のつく底辺なのではないだろうか?と個人的には思う。
0点でもいいくらいの作品だが、一応ラスト1作で、すべてに決着をつけてほしい。
そして、この作品が決着に必要なものになりえることへの期待として2点という感じです。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 2点(2014-10-10 04:34:51)
71.《ネタバレ》 TV放映されていたので一気観しました、話が飛び過ぎててついて行けなくなりました、戦艦とか意味わからん。成長したように見えたシンジ君が、そうでも無い感じなのが消化不良。
ないとれいんさん [地上波(邦画)] 5点(2014-09-22 17:35:43)
70.エヴァンゲリヲンてやっぱつまんないなと思わせる映画。旧劇ほどじゃないがエヴァの悪い部分が凝縮されている一作。
勾玉さん [地上波(邦画)] 3点(2014-09-07 01:52:52)
69.ダイ・ハードの新しいやつと一緒だな。出てるキャラの名前は一緒だけど、なにかどかんどかんばっかりですっきりしない。あの巨大戦艦、いる?あの骸骨はだれのよ?みんななに食べて生きてるの?こんな地球どうにでもなっちゃえ。最終章はぜひ残酷な~で始まって、フライミ~で終わってください。そしたら4作まとめて10点。あとはもうなにも期待しない。
Skycrawlerさん [地上波(邦画)] 4点(2014-09-06 22:01:52)
68.なるほど、新劇場版を作るとなるとここまで謎を深める必要もあるのかと。
ただし、世界観が小さくなったような気もするし、わけわからない状況はともかくとして映画としてのスケールもダウンしていると感じた。
当然ながら、次の最終編(?)でどうなるかがこのシリーズの成否を決めるんだろうと思う。期待値込み。
simpleさん [地上波(邦画)] 6点(2014-09-06 12:10:16)
67.庵野監督って子供ですよねぇ。いつも同じパターンで癇癪起こすというか
がんばれ阪神タイガースさん [ブルーレイ(邦画)] 2点(2014-08-16 23:03:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 86人
平均点数 5.49点
033.49%
122.33%
289.30%
344.65%
466.98%
51820.93%
61719.77%
71213.95%
866.98%
966.98%
1044.65%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.88点 Review9人
2 ストーリー評価 4.69点 Review13人
3 鑑賞後の後味 4.92点 Review13人
4 音楽評価 6.69点 Review13人
5 感泣評価 3.55点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS