思秋期のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 思秋期
 > (レビュー・クチコミ)

思秋期

[シシュウキ]
(ティラノサウルス)
Tyrannosaur
2010年【英】 上映時間:98分
平均点:7.00 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-10-20)
ドラマ
新規登録(2012-11-03)【TM】さん
タイトル情報更新(2012-11-26)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督パディ・コンシダイン
キャストピーター・ミュラン(男優)ジョセフ
オリヴィア・コールマン(女優)ハンナ
エディ・マーサン(男優)ジェームズ
脚本パディ・コンシダイン
撮影エリック・ウィルソン〔撮影〕
配給エスパース・サロウ
特撮フレームストアCFC(視覚効果)
その他ゲイリー・オールドマン(スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 長年連れ添った妻を亡くし、癒しきれない孤独感から酒に溺れ、ロクでもないどん底生活を送っている初老の男ジョセフ。毎夜、深酒してはトラブルを引き起こす嫌われ者の彼だったが、とうとう酔った勢いで愛犬を蹴り殺してしまうほど、最悪の状態に。人生の〝思秋期〟を迎え、出口のない迷路へと迷い込んでいたそんなジョセフは、ある日、夫からの激しいDVに苦しむハンナという女性と出会う。最初は反発しあっていた2人だったが、閉塞感漂うお互いの人生に共鳴しあうかのように次第に距離が縮まってゆく。だが、彼らの仲を誤解した夫によってハンナは顔の形が変わるほどの酷い暴力をうけてしまうのだった。人間的にかなり問題のある登場人物たちが織り成す、最後までうんざりするくらい暗~い哀切な人間ドラマ。いやー、観終わった後の気分を一言で表すなら、鬱(笑)。治まっていたおれのアル中も再発しそうになっちまったじゃん、このヤロー。ただ、この作品を通して「もしかしたら人生なんてしょせんはクソなのかも」という疑問へと必死に抗おうとしている、この監督の切実な思いには素直に好感が持てました。みんな、こうやって反吐が出そうな思いを抱えて必死に生きてるんだよ、うん、分かる分かる。でも、映画監督として才能を感じるのは、やっぱり「人生なんて、しょせんはクソさ」というシニカルな思想を持った、ラース・フォン・トリアーやミヒャエル・ハネケなんだよねー、皮肉なことに。シンプルな人間ドラマとして良かったとは思うんですけど、ちょっぴり地味で古臭く感じたのも事実。もうちょっと新しい部分も欲しかったですね。なんだか、昭和枯れすすきのような作品でありました。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2014-02-26 08:50:23)
5.《ネタバレ》 ワンコ殺しは許せんが、ブチ切れまくる爺さんの抱えているものが徐々にわかってくると、微笑ましい眼で見つつも、やっぱりこの人どうしようもないんじゃないかなー、なんて思う。一歩間違えれば、彼だってもっと最低クズのDV夫になってしまっていたかもしれないし、もっと最悪な人生もあったかもしれないんだよなー。辛いね。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2014-02-23 11:58:12)
4.《ネタバレ》 美男・美女が出てこないかつイギリス系の俳優さん中心だからか知らない人ばかり。F○CK等の汚い言葉が多すぎて耳(鼻)につく。全体的に暗い雰囲気で晴れの日がない(曇り空ばかり)。暴れん坊なこの主人公の人、私が犬を飼ってるせいかもしれないけど、自分の犬を「蹴って」殺してしまうなんてマジであり得ない。始まってすぐにこれだったから乗れなかったね正直。とんでもないDV旦那、寝ている自分の奥さんに小便かけるなんぞこいつは狂ってる。ストーリー上は関係ないけどRX-8ってイギリスにも走ってるんだね(知らなかった)、イギリスは右ハンドルだから違和感がこれまたない。総合的に、よくこんな暗いストーリーを考えたものだ、とても暗く憂鬱な気持ちになっていくよこれは。後半はかなり持ち直した感はあるけど、とても後味の悪い映画でゴザイマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 4点(2014-02-12 15:38:15)
3.落ちぶれた老人を助ける中年女性の話しと思いきや、この監督、見事に観客を裏切ってくれます。
キリストの肖像画…宗教啓蒙映画のように見せておいて、兎に角ひっくり返すわ、ひっくり返すわ。
シナリオが完璧なんです。
私の感動する映画って、一般的にエンディングロールで涙することが多いのですが、放送中、終始涙が出っ放しでした。
えげつない描写が多すぎて嗚咽する方がいるかもしれません。
でも、人間の心の底をえぐりきった、この映像を魅せられて、私の涙腺からは様々な色の涙が流れました。
それも約90分に絞り込んであるなんて!
今は客観的に判断できませんが、私が生涯観た映画の中でもベストの部類に入るかもしれません。
そうですねぇ…他に、ネタバレなしで例えが浮かばないのですが、「別離」を観て感動された方には是非ご覧になっていただきたいですね。
こんな素晴らしい映画に出逢えてよかった!
文句なしの10点。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2014-02-01 03:15:44)
2.《ネタバレ》 イギリス。「ブラス」「フルモンティ」の頃、いずれ景気はよくなるんじゃないか?明日はきっと良くなるんじゃないか?そんな期待が少しあった。しかしここにあるのは、人生の墓場としての人生だ。仲間は次々死んでいく。性格のいい人も踏みつけられて、崩れていく。簡単な道徳観なんか、もう支えにならない。それでも人間を信じて、生きていける瞬間があったら、そんな友達がいたら、幸せだよね。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2013-05-11 01:37:40)
1.《ネタバレ》  題材がイギリスの庶民の生活の実情を描いていて、主演がピーター・ミュランということでなんと言うか「マイ・ネーム・イズ・ジョー」のその後みたいな感じで観賞してました。

 ケン・ローチが取り扱うイギリス社会の問題を、クリント・イーストウッドが撮ったらこうなるといったような作品というのが個人的な感想でした。日本も無縁ではない問題を取り扱ってるので非常に興味深かったです。

 まあ、主人公達が日々感じている苛立ち、衝動的な怒りを理解できるか出来ないかでこの作品の評価はかなり違ってくるでしょうね。
TMさん [映画館(字幕)] 8点(2012-11-11 00:45:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4116.67%
500.00%
6116.67%
7233.33%
8116.67%
900.00%
10116.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review2人
2 ストーリー評価 9.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review2人
4 音楽評価 10.00点 Review2人
5 感泣評価 10.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS