ザ・パッケージ/暴かれた陰謀のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザ・パッケージ/暴かれた陰謀
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・パッケージ/暴かれた陰謀

[ザパッケージアバカレタインボウ]
The Package
1989年【米】 上映時間:107分
平均点:5.50 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(1989-11-11)
アクションドラマサスペンス政治もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-02-12)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・デイヴィス〔監督〕
助監督テリー・J・レナード〔スタント〕(第二班監督)
演出テリー・J・レナード〔スタント〕(スタント・コーディネーター)
キャストジーン・ハックマン(男優)ジョニー・キャラガー
トミー・リー・ジョーンズ(男優)トーマス・ボイエット
ジョアンナ・キャシディ(女優)アイリーン・キャラガー
ジョン・ハード(男優)グレン・ウィテカー
デニス・フランツ(男優)ミラン・デリーチェ
パム・グリアー(女優)ルース・バトラー
チェルシー・ロス(男優)ホプキンス
マルコ・セント・ジョン(男優)マース
レニ・サントーニ(男優)シカゴ警察警部補
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
編曲ブラッド・デクター
撮影フランク・タイディ
製作チャールズ・ニューワース(製作補)
アンドリュー・デイヴィス〔監督〕(共同製作)
製作総指揮アーン・シュミット
配給ワーナー・ブラザース
美術メイハー・アーマッド(ビジュアル・コンサルタント)
衣装マリリン・ヴァンス
編集ビリー・ウェバー
ドン・ジマーマン
字幕翻訳岡枝慎二
その他チャールズ・ニューワース(プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.《ネタバレ》 ○総じて普通のポリティカル・サスペンス。○結構ピンチなはずなのに、それを煽る場面も少なく、良い意味での裏切りが少ない。○アンドリュー・デイヴィス監督の後の傑作「逃亡者」を想起させるシーン、作風があるのは映画ファンとしては嬉しいところ。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-02-11 23:55:18)
9.《ネタバレ》 『野獣捜査線』『刑事ニコ/法の死角』等アクション俳優との仕事が多かったアンドリュー・デイビスが、渋い大人のキャストを得て作り上げたサスペンスアクション。後の傑作『逃亡者』へと繋がる要素が多く、彼の演出スタイルを確立する上での重要作であったことは伺えるのですが、映画の出来自体は大したものではありません。。。
米ソの歴史的和解を拒む軍産複合体による大規模テロを背景とし、殺人の濡れ衣を着せられた主人公の逃走劇と謎解きという、たいそう面白そうなお話であるにも関わらず、これがイマイチ盛り上がりに欠けます。主人公の行動は自分の身を守るためなのか、それとも軍人としての大義のためなのかが明確に描写されないため、感情移入が難しいのです。主人公を演じるのはジーン・ハックマンですが、オスカー受賞で名優と持て囃されたのも今は昔、本作製作時は低迷期にあり、『追いつめられて』や『カナディアン・エクスプレス』等、同傾向の映画に出演しまくっていました。本作もそんな雇われ仕事のひとつに過ぎず、肩に力の入らない演技で映画のテンションを下げまくっています。軍縮会議場警備に失敗しても、護送中の囚人に逃げられても、自身に殺人容疑がかけられても顔色ひとつ変えず、常に余裕の表情。その貫禄には素晴らしいものがありますが、巻き込まれ型サスペンスでこの安定感は不要でしょ。他方、当時無名に近かったトミー・リーは、少ない出演時間ながらなかなかの存在感を披露しています。おしゃべりで気の良さそうな男から一転して、口数の少ない殺し屋の本性を現すという演技の振れ幅も素晴らしく、後の大スターの片鱗を見せつけています。
ザ・チャンバラさん [DVD(字幕)] 4点(2014-08-27 00:26:47)
8.《ネタバレ》 はじめに、ただの民間人カップルのような二人が実は傭兵(軍人?)で、その二人が政府の要人を襲撃するところが一番の見所のような気がしました。あとは何が起こっているのかもよくわかりませんでした。そもそも敵は誰だ?ヘンクといい、トーマス・ボエットといい、目的もよくわからない謎の人物が次々登場するので、理解してついていくのに必死でした。謎や伏線が多ければ映画が面白くなるわけではないようです。結局目的は大統領の暗殺。あんなに手のこんだことしたら、逆に足がついて失敗しそう。暗殺はシンプル・イズ・ベストで良いと思います。不謹慎ですが。
たきたてさん [DVD(字幕)] 4点(2011-10-06 23:00:19)
7.《ネタバレ》 ほぉ~こんなものがあったとは…知りませんでした まぁ内容的にはそれほど取り立てて言うほどじゃないかなー的印象ですが、ジーン・ハックマン トミーリー・ジョーンズ始め「しぶい」キャストでなかなかのものでアリマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-07-01 23:06:43)
6.《ネタバレ》 89年製作のポリティカル・サスペンス物でした。結構スケールも大きく、あまり華やかな配役ではありませんでしたが、渋い上手い俳優さんを使っていました。特にシカゴ警察の唯一の味方「マイラン」は、ある意味では理想の友人とも感じられる程素敵な人柄で、何回観ても大好きになります。大統領の車列の方向から観ると、シカゴ美術館からシカゴ・ヒルトンまでの方向は、着陸した空港がオヘア空港ではないことなども分かり、シカゴに居住していた私にとっては非常に懐かしいショットでした。ループも、シアーズタワーも出てきて楽しかったです。
亜酒藍さん [DVD(字幕)] 7点(2008-05-06 00:16:05)
5.《ネタバレ》 事件の真相は一体?。スリルとサスペンスに満ちたストーリーです。
哀しみの王さん [地上波(吹替)] 10点(2005-07-02 15:10:33)
4.役者が生かせてない…影が薄いのか?? なんか観ていて、パッとしなかったなぁ~~
レスマッキャン・KSKさん [地上波(吹替)] 4点(2005-04-06 14:17:02)
3.なんかごちゃごちゃしててイマイチ入り込めなかった。ラストもお決まりだし。
ゆきむらさん 5点(2005-03-16 17:30:59)
2.これほどまでにチンタラしたサスペンスも珍しい。ほとんどすべての場面が、脚本と演出の稚拙さを物語っている。ハックマンとトミー・リーの壮絶な無駄遣い。
Oliasさん 2点(2004-04-17 02:20:09)
1.おぉ!!ジィさま走る!ジィさま撃つ!ジィさま頑張ってる!!って感じでがす。アクション映画でここまで若者が出てこないものがあるなんて!!かといって静かなサスペンスじゃないんすよ、ホントにサスペンス+アクションなんですもの。う~ん、ジーン・ハックマン様ス・テ・キ。トミー・リー・ジョーンズはインパクトあるのに、登場時間短~っ。なんだかオトナの時間(^.^)ってカ・ン・ジ。
ちっちゃいこさん 7点(2002-03-11 02:01:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
2110.00%
300.00%
4330.00%
5220.00%
600.00%
7330.00%
800.00%
900.00%
10110.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 7.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.50点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS