ホビット/思いがけない冒険のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > ホビット/思いがけない冒険
 > (レビュー・クチコミ)

ホビット/思いがけない冒険

[ホビットオモイガケナイボウケン]
The Hobbit: An Unexpected Journey
2012年【米・ニュージーランド】 上映時間:170分
平均点:6.47 / 10(Review 53人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-12-14)
アクションドラマアドベンチャーファンタジーシリーズもの小説の映画化3D映画
新規登録(2012-11-17)【+】さん
タイトル情報更新(2017-05-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・ジャクソン
助監督アンディ・サーキス(第二班監督)
キャストマーティン・フリーマン(男優)ビルボ・バギンズ
イアン・マッケラン(男優)ガンダルフ
リチャード・アーミテージ(男優)トーリン・オーケンシールド
ケイト・ブランシェット(女優)ガラドリエル
オーランド・ブルーム(男優)レゴラス
イアン・ホルム(男優)ビルボ・バギンズ(老年期)
クリストファー・リー(男優)サルマン
ヒューゴ・ウィービング(男優)エルロンド
イライジャ・ウッド(男優)フロド・バギンズ
アンディ・サーキス(男優)ゴラム(スメアゴル)
ルーク・エヴァンス(男優)バルド
リー・ペイス(男優)スランドゥイル
ビリー・コノリー(男優)ダイン2世
ジェームズ・ネスビット(男優)ボフール
ブレット・マッケンジー(男優)リンディア
森川智之ビルボ・バギンズ(日本語吹き替え版)
羽佐間道夫ガンダルフ(日本語吹き替え版)
東地宏樹トーリン・オーケンシールド(日本語吹き替え版)
稲垣隆史バーリン(日本語吹き替え版)
玄田哲章ドワーリン(日本語吹き替え版)
平田広明ボフール(日本語吹き替え版)
稲葉実グローイン(日本語吹き替え版)
小島敏彦オイン(日本語吹き替え版)
土田大キーリ(日本語吹き替え版)
茶風林ドーリ(日本語吹き替え版)
宮田幸季オーリ(日本語吹き替え版)
野島昭生ラダガスト(日本語吹き替え版)
山野史人ビルボ・バギンズ(老年期)(日本語吹き替え版)
浪川大輔フロド・バギンズ(日本語吹き替え版)
菅生隆之エルロンド(日本語吹き替え版)
家弓家正サルマン(日本語吹き替え版)
塩田朋子ガラドリエル(日本語吹き替え版)
チョーゴラム(スメアゴル)(日本語吹き替え版)
飯塚昭三バート【トロル】(日本語吹き替え版)
斎藤志郎ウィリアム【トロル】(日本語吹き替え版)
土師孝也大ゴブリン(日本語吹き替え版)
多田野曜平トム(日本語吹き替え版)
落合弘治フィーリ(日本語吹き替え版)
原作J・R・R・トールキン「ホビットの冒険」(日本語翻訳版・岩波書店、原書房刊)
脚本フラン・ウォルシュ
フィリッパ・ボウエン
ピーター・ジャクソン
ギレルモ・デル・トロ
音楽ハワード・ショア
編曲ハワード・ショア
撮影アンドリュー・レスニー
製作フラン・ウォルシュ
ピーター・ジャクソン
フィリッパ・ボウエン(共同製作)
ニュー・ライン・シネマ
MGM
製作総指揮トビー・エメリッヒ
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクリチャード・テイラー〔特撮〕
特撮ウェタ・デジタル社(視覚効果)
美術ダン・ヘナ(プロダクション・デザイン)
振付ベネディクト・カンバーバッチスマウグ/ネクロマンサー(モーションキャプチャ)
衣装リチャード・テイラー〔特撮〕
録音クリストファー・ボーイズ
ゲイリー・サマーズ
字幕翻訳アンゼたかし
その他ゼイン・ウェイナー(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ハワード・ショア(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
53.《ネタバレ》 『ロード・オブ・ザ・リング』が原作読み込んだファン向け(としか思えない)のに比べるとこちらはいちげんさんにも優しい。ストーリーも状況もよく分かる。進まないんだけどね。

個人的には序盤のしつこい食事風景が良かった。登場人物がちゃんと血の通う人間類(?)で文化や様式は異なっているがそれぞれの生活があることが想像できる。ホビットはただのひ弱な小人ではなくて立派な文明人なのだ。

『ロード~』に比べるとドワーフやホビットの「小ささ」がきちんと表現されているシーンが多いのも良い。そしてこれまでヒゲオヤジしかいなかったドワーフにちゃんと若いヒゲイケメンがいる。これファンタジー作品として画期的じゃない?そしてヒゲオヤジ連中もみんな個性的で味がある。

相変わらずガンダルフは何が出来て何が出来ないのかよく分からないしストーリー展開は偶然に頼りすぎだが、ドワーフのキャラ、特にトーリン王子が格好良いので2時間ついていける。2時間ならね。でも3時間なんだよな。原作薄いらしいのになぜそう長くしたがる?
tubirdさん [インターネット(字幕)] 7点(2018-01-05 01:46:55)
52.ロードオブザリング系の映画は大嫌いな類の映画です。(LOTLは3作すべてみましたがほぼ苦痛) Amazonプライムで見られるのでホビットシリーズも3作全て見てやろうと頑張ってみましたが、、やはり無理でした。ホビットシリーズに関しては3作全部見るのは無理そう。(1作目で限界)

これ系のゲーム(オブリとかスカイリムとか)は嫌いじゃないですが、9割CGの映画ってどうなんだろうと??と。。でも冷静に考えたらエクス・マキナには10点を与えていますので、CGだから嫌いというわけではないですね。ご都合主義感しか感じられないドラマと戦闘とビジュアルが嫌いなんだと思いますね。。あ、トランスフォーマー系やヒーロー系の映画も大嫌いでトライすらしていません。。

結局のところファンタジーとか子供っぽいのが嫌いなんだろうなと。。まあとにかく、一体何が面白いのか全く理解できない映画の代表ですこれ。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 2点(2017-04-23 18:12:24)
51.《ネタバレ》 指輪物語より前のストーリー、という違和感のない設定でしっくり見られる。映像美に加え、シリアスさを出すときは出す、コミカルさを出すときは出すというバランスもよかった。ガンダルフの登場のタイミングがいつもよすぎるのが珠に傷かな?序盤のドラゴンあたりで一気に引き込まれた。中盤はやや退屈。締めは次回に期待できる終わりかただった。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-01-17 00:24:12)
50.《ネタバレ》 僕はロードオブザリングを観て楽しんだ方なので、これも楽しめるかなと遅ればせながら、観ました。やっぱ、こーゆうのは映画の大画面で観なきゃ、本当の意味で楽しめないとは思うんですけど、色々な上映手法でやってたみたいだし、でも、それなりに楽しめました。最初の方は、冒険に出るまで、あまり新鮮味もなく、ちょっと飽きた感があってダレたんだけど、冒険に出てからは、さすがに見所も沢山あって面白かったです。危機一髪⇒味方登場のパターンばっかりだけど、特にガンダルフはおいしい登場ばっかですけど、それは前作のシリーズも同じだし、これはこれで十八番って感じで、そんなに気にはなりませんでした。前作のシリーズの前日譚なので、前作で語られてた場面が登場し、そこは素直におおってなりました。印象的なシーンはやっぱゴラムとビルボのなぞなぞ対決ですかね。ゴラムの細かな表情はやっぱスゲーです。あと、ゴブリンの地下王国でのチェイスは迫力ありました。
なにわ君さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-09-23 18:21:02)
49.ロードオブザリングは3作映画館で観ましたが、これはそこまでの魅力を感じなかったのでレンタルで。
印象としては、本伝には及ばないが、魔法学校よりはまし、という感じでした。同じ人が同じ世界観で同じ3部作として作っているので、1作目の流れ・雰囲気は本伝の1作目とそっくりな感じでした。
「始めから鳥でいけばええやん」というご意見は尤もなのですが、指輪入手ルートだと思うことにしましょう。
マー君さん [DVD(吹替)] 6点(2016-05-21 14:36:57)
48.洞窟でビルボと話しながらこっそり石を手にするゴラム、ああこの後どうなるんだろうか、ってのがサスペンスであって、オモシロい映画というものにおいては、こういった場面の積み重ねが我々をワクワクさせると思うんですけれども・・・・・・本作、上述のシーン以外にあとどのくらい、こういうサスペンスを感じさせるシーンがありますかね?? どうも単調。敵の襲撃を受けるシーンなんかでも、味方の様子と敵の様子とを同じように描いて、戦況はわかるけどサスペンスが無い。敵がいつ襲ってくるんだろう、どこから襲ってくるんだろう、などのワクワク感の無さ。そもそも、切れ切れのエピソードを単調に積み重ねていく構成自体、難しいものがありますね。最初の方、旅の仲間が集まってくるあたりのエピソードをあんなに時間かけて描くのは、ある意味とても几帳面、ただし何のための几帳面さなのやら、そこがよくわからない。ただこうやって几帳面にエピソードを積み重ねて3時間近い尺を埋めて見せ、確かに退屈するほどではありませんが、やっぱり3時間弱は必要ないでしょう、と。
鱗歌さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2015-04-26 08:35:04)
47.《ネタバレ》 いくらおとぎ話とはいえ幾つ命があっても足りない展開。高所恐怖症には厳しいです。ゴラムと指輪がでてきて後半2作や指輪物語とどうつながるのかが楽しみ。まだパート1なので暫定8点です。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2015-04-02 22:28:20)
46.映像は綺麗で、テンポも良くて、そんなに長く感じなかった。ただ、ご都合主義展開は相変わらず。見せたいシーンの予定調和が鼻につく。

最初っから鳥に乗っていけばいいのに。
まぁまぁさん [ビデオ(吹替)] 6点(2015-02-02 16:19:26)
45.《ネタバレ》 ただ単に「危機が起こる」→「何か助けが入る」(または、「逃げ切る」)の繰り返しがあるだけで、表現や発展が何もありません。LOTRとの関連性の部分は喜ぶ人は喜ぶのでしょうが、それだけで作品が一本成り立つわけではないです。
Oliasさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2015-01-06 02:48:50)
44.もうちょっとマシなものを期待してたのに。。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-08-20 01:50:48)
43.《ネタバレ》 長尺の映画を飽きさせずに見せるのはさすがだと思いますが、子供も観るであろう作品で首がブンブン飛ぶというのはどうかと思いました。また、あんなに鳥を自由に操れるなら、危険な山路を歩かず最初からつかえば!とツッコミたくなりました。2作目以降に期待します。
モリーさん [DVD(字幕)] 6点(2014-06-22 16:08:39)
42.第一作として無難な作り。3時間弱、飽きさせないのは前三部作への思い入れか、監督の力量か・・・?
Junkerさん [DVD(字幕)] 7点(2014-06-21 17:08:55)
41.(LOTRが大人も楽しめるファンタジーであるのとは違って)こちらの原作「ホビットの冒険」は子ども向けの童話という体裁になっているのですが、この映画も少しコメディタッチになっていて原作の雰囲気あると思います。でも映画は子どもが楽しむには尺が長すぎますね。おもしろかったですが。
よしふみさん [DVD(字幕)] 8点(2014-03-08 15:49:19)
40.《ネタバレ》 んんーー・・・?指輪関係はオタクと呼ばれるほど好きなのですが、今回の映画は「んんーー・・・?」です。確かに冒頭の山の下の王国のシーンなど鳥肌ものですが、中盤から結末までがちょっとコメディー色が強く感じられ、ロードオブザリング(映画)を高評価しているものからすると物足りない感じがありました。あと(ちょっとおじさんチックな)ホビットとドワーフとおじいちゃんばっかりで画面に華がないなあ・・・(その分ケイト・ブランシェットの美しさが際立ちますが)。次回作にはその「華」要員なのかレゴラス(ともう一人女性のエルフ)が出てくるそうなので乞うご期待!!
わたたさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2014-01-25 03:37:51)
39.《ネタバレ》 「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚 「ロード・オブ・ザ・リング」の旅立ちのきっかけから始まるなどファンにとってはたまらない展開 要所要所に「ロード・オブ・ザ・リング」の登場人物(とくに遺恨のきっかけになるエピソードの人物)を配して楽しめる 当初別の監督(ギレルモ・デル・トロ)を予定してたらしいが、ピーター・ジャクソン監督でよかったのではないか 別の監督だとこの統一感はなかったと思える 特にリングをはめたときのビルボのエフェクトなど「ロード・オブ・ザ・リング」と全く同じで監督が変わっていたら別の表現をせざるおえなかったのではなかろうか ただギレルモ・デル・トロのホビットも見たかったと思うのは欲張り過ぎか 映画は「ロード・オブ・ザ・リング」と違って展開がわかりやすい ちっちゃいドワーフが食べて、落ちて、走る。の繰り返し それだけで3時間近い上映時間を飽きる事無く見せるのは見事 反面、原作がある事なのでしかたがないのかもしれないが むさくるしいおやじ達しか出てこないので画面に花が無い 始終じじいか汚いゴブリンやらオークやらと、とにかく汚い 「ロード・オブ・ザ・リング」よりスケールダウンした感はいなめないがあくまでもスピンオフとしては逆に「ロード・オブ・ザ・リング」のスケールが大きすぎたので凝縮して理解しやすい ただ、ガンダルフは何故ビルボを仲間に選んだのだろうか? けなすところが見つからない希有な映画
にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-01-02 16:16:35)
38.ロード・オブ・ザ・リング三部作も原作未読の私にとっては、よく分からないところもあって、今回の物語も長そうで敬遠していたんですが、CSで録画できたんで見てみました。今回もよく分からないまま物語が進んでいる部分もあるのですが、ロードオブザリングよりも敷居が低く感じられ結構楽しめました。ただ、本編を見ていない人にはあまり面白く感じられないかも…。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-12-29 21:50:58)
37.ロード・オブ・ザ・リングの新3部作の1作目ということで期待通りの映画でした。3D放送で観たのですが、凄い臨場感で映像美だけでも楽しめます。内容は相変わらずで2作目、3作目も想像できそうなお話です。それにしても、3D映画に170分は長いです。眼が疲れるので120分ぐらいでお願いします。
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2013-11-10 16:15:41)
36.「SHERLOCK/シャーロック」のサード・シーズンがおくれているのは、主演の2人が映画に出てるからのようで、それなら映画で会いたい! ワトソン役マーティン・フリーマンはグリーナウェイの「レンブラントの夜警」でも主演でしたが、レンブラント→ワトソン→ホビットってスゴイ変遷。 キャラ的にはレンブラントよりワトソンに近い?主人公ビルボが巻きこまれる冒険は「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚、LOTRのキャラクターがちりばめてあるのでファンの人はうれしいのでは。 イライジャ・ウッド(フロド)は30才すぎても妖精のようなルックス、ケイト・ブランシェット(ガラドリエル)が神秘的に美しく見えるのは威厳があるせいか。 冒頭ビルボが住んでいるホビット庄は桃源郷のような美しさですが、ファンタジーが映像化される場合、邪悪でグロテスクなものまで形として見せられるのがツライところ。 ゴラムもしっかり出てきて「いとしいしと(MY PRECIOUS)」をシツコクやってるのでゲンナリ。(でもそれに耐えたごほうびか、指輪がココで宙に舞う) 旅なんかしたことがなさそうで他人にも興味なさそうなビルボが、友情と勇気を知る第1部。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-09 07:00:04)
35.三部作になることを知らずに観た。ロード・オブ・ザ・リングと同じく第一作は導入部でしかなく、これを観ておかなければ先に進めない(楽しめない)。という感覚で作られただろうし、そのままその通り観る作品。前作同様それを踏まえたうえでの2・3で勝負だろう。視覚効果等は完璧。
monteprinceさん [DVD(字幕)] 6点(2013-09-01 18:46:30)
34.見方さえ間違えなければ十二分に楽しめる作品。これは単体として見るのではなく、ロード・オブ・ザ・リング三部作を見終えて何年か置いた後に、懐かしいあのキャラにもう一度会いたいという同窓会的な感覚で見るのが一番正しい見方だと思います。ピーター・ジャクソン監督作品なのでアクションも作品自体のレベルも高いのですが、やはりロード・オブ・ザ・リングと繋げてみないと非常にもったいない作品。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-08-27 15:56:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 53人
平均点数 6.47点
000.00%
100.00%
211.89%
311.89%
423.77%
547.55%
61935.85%
71426.42%
81018.87%
923.77%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.25点 Review4人
4 音楽評価 6.00点 Review4人
5 感泣評価 4.33点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

2012年 85回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 
美術賞ダン・ヘナ候補(ノミネート) 
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS