チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~
 > (レビュー・クチコミ)

チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~

[チキントプラムアルバイオリンヒキサイゴノユメ]
(チキンとプラム)
Chicken with Plums
(Poulet aux prunes)
2011年【仏・独・ベルギー】 上映時間:91分
平均点:6.00 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-11-10)
ドラマラブストーリーコメディファンタジーロマンス漫画の映画化
新規登録(2012-11-18)【すねこすり】さん
タイトル情報更新(2017-02-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ヴァンサン・パロノー
マルジャン・サトラピ
キャストマチュー・アマルリック(男優)ナセル・アリ
マリア・デ・メディロス(女優)ファランギース
ゴルシフテ・ファラハニ(女優)イラーヌ
キアラ・マストロヤンニ(女優)リリ(成人後)
イザベラ・ロッセリーニ(女優)パルヴィーン
ジャメル・ドゥブーズ(男優)乞食
木下浩之ナセル・アリ(日本語吹き替え版)
恒松あゆみイラーヌ(日本語吹き替え版)
一城みゆ希パルヴィーン(日本語吹き替え版)
多田野曜平(日本語吹き替え版)
出演ロン・チェイニーエリック(ファントム)(アーカイヴ映像 / ノンクレジット)
原作マルジャン・サトラピ「鶏のプラム煮」(小学館集英社プロダクション刊)
脚本ヴァンサン・パロノー
マルジャン・サトラピ
撮影クリストフ・ボーカルヌ
製作ヘニング・モルフェンター(共同製作)
配給ギャガ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.白い巨塔の一節、父から「里見脩二に嫁ぐ限りお前の生涯の仕事は家事と雑事だ・・・・・・それが学者の妻の務めだ」と教えられて参りましたわ。が浮かびました。この二人は強い絆で結ばれていましたが、本作の二人が傷つけあう姿は目を背けたく、耳をふさぎたくなるものでした。悲恋を引きずり続けた男の遣る瀬無い生涯を表現したマチュー・アマルリックに拍手喝采。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 7点(2018-12-24 13:02:07)★《新規》★
5.あぁ、どうしよう。下記の方々とコメントがかぶる・・・。私もアニメ化したらもっと良かった気がしてなりません。 奥さんもアーティストと結婚するなら食わせる覚悟がないといけませんぜ。 そしてイラーヌの人、めっちゃ美しい!
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-05-18 19:15:20)
4.《ネタバレ》 「ペルセポリス」がよかったので期待しすぎたかなあという感じです。
間に入るアニメやノスタルジックなイランの街並みや風景の美しさや小物にまで隅々まで監督の美意識が感じられます。ちょっと乙女チックなテイストが入っていてまたそれもよし。
でもストーリーは…ありきたりすぎで革命前のイランというエッセンスがなければ「ああそうですか」で終わってしまうものなので、いっそのこともっとおとぎ話風にしてしまえばよかったのでは…。いくら絶望のあまり・・といっても8日ベットで断食して(まあ水飲まなきゃ死ねるかな?)死んでしまうってとこからしてなんでやねん!!という感じだったんで、アズラエルとか出すんだったらやっぱりアニメにしちゃったほうが監督のセンスがいかされるんではと思いました。
しかしチキンとプラムってあまり重要じゃなかったですよね。奥さんの得意料理?ってことでもっとこの料理がストーリー上重要な意味を持ってくるのかと思ったのですが…。奥さんもかわいそうですな…。バイオリン壊しちゃったのはどうかと思うけどさ。
ぺーこさん [DVD(字幕)] 5点(2014-05-06 11:18:55)
3.ヴァイオリンの美しい音色に誘われ鑑賞。コミカルでファンタジックで切ないロマンスもある。最初バラバラだったストーリーが、後半になって繋がっていく過程が良い。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 6点(2013-07-24 06:25:46)
2.《ネタバレ》  なんというか、作風はファンタジックですが内容は非常にシビアでしたね。主人公の思いも、周囲の人たちの思いも結局は自分の中で秘めたもので終わってしまい、悲しい結末を受け入れざるを得なくなってしまいましたからね・・・。
 
 相互理解の大切さ、そして難しさを痛感させられる映画でした。
TMさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2013-05-23 00:23:34)
1.原作既読。んー、マルジは、映像作家としてはちょっとどーかな、という感じですねぇ。原作とほとんど同じ流れで内容もほぼ原作をなぞっています。それはいいんだけど、そこにこだわり過ぎじゃないですかね。原作は漫画であり、漫画だからこそ、あの表現は突き抜け感があって面白いのであって、映像でそのまま再現しようってのは、なんつーか、スピードスケートの選手がフィギュアスケートの試合に間違って入ってきちゃったみたいな(先日フィギュア見たばかりなもんでこういう例えしか浮かばず、、、)、土俵が違うんだってば、という感じがするわけです。大分前に、『動物のお医者さん』をテレビドラマ化していましたが、あれを見たときのいたたまれなさと似たような感じを受けました。前作『ペルセポリス』でも感じたけれど、こっちはまだアニメだから良かったけど、本作は実写なので余計に違和感が。やはり、映像は漫画とは全く別物、一度、原作の構想を捨て去って、ゼロから構築してほしかったなぁ。多分、原作を読んでいない人には、話が飛び飛びで非常に分かりにくいと思います。あと、やっぱり、バイオリンにしない方がよかったんじゃ、、、。原作にこだわるなら、むしろ、タールにこだわってほしかったような。・・・でもでも! そうはいっても、さすがマルジ、美的センスは素晴らしいです。途中で一部アニメが出てきますが、その美しいこと・・・。本作もいっそアニメで作った方が良かったんじゃないかしらん、とさえ思いました。ヴァンサン・パロノーもあの『ピノキオ』を読めばすごい天才だと分かるけれど、彼も漫画家なんだよな、やっぱり。マルジの本望を果たしたければ、彼女は一流の映像作家と組むべきですね。せっかくの素材がもったいない!!
すねこすりさん [映画館(字幕)] 6点(2012-11-26 21:55:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5233.33%
6233.33%
7233.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS