ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
 > (レビュー・クチコミ)

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

[ライフオブパイトラトヒョウリュウシタニヒャクニジュウシチニチ]
Life of Pi
2012年【米・台湾】 上映時間:127分
平均点:7.35 / 10(Review 112人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-01-25)
ドラマアドベンチャー動物もの小説の映画化3D映画
新規登録(2013-01-06)【3737】さん
タイトル情報更新(2019-06-12)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アン・リー
助監督ウィリアム・M・コナー(第一助監督)
キャストスラージ・シャルマ(男優)パイ・パテル
イルファン・カーン(男優)パイ・パテル(成人)
アディル・フセイン(男優)パイの父 サントッシュ・パテル
タブー(女優)パイの母 ジータ・パテル
レイフ・スポール(男優)カナダ人小説家
ジェラール・ドパルデュー(男優)貨物船コック
ジェームズ・サイトウ(男優)保険調査員(上司)
アンドレア・ディ・ステファノ(男優)教会司祭
本木雅弘パイ・パテル(成人)(日本語吹き替え版)
矢島晶子パイ・パテル(11歳~12歳)(日本語吹き替え版)
木下浩之サントッシュ・パテル(日本語吹き替え版)
山像かおりジータ・パテル(日本語吹き替え版)
菅生隆之貨物船コック(日本語吹き替え版)
土田大カナダ人小説家(日本語吹き替え版)
脚本デヴィッド・マギー
音楽マイケル・ダナ
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕
コンラッド・ポープ
撮影クラウディオ・ミランダ
製作アン・リー
ギル・ネッター
ウィリアム・M・コナー(製作補)
製作総指揮ディーン・ジョーガリス
配給20世紀フォックス
特撮ビル・ウエステンホーファー(視覚効果スーパーバイザー)
ギョーム・ロチェロン(視覚効果スーパーバイザー)
ドナルド・エリオット(特殊効果コーディネーター)
リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
BUFカンパニー(視覚効果)
美術デヴィッド・グロップマン(プロダクション・デザイン)
アンナ・ピノック(セット装飾)
ガーソン・ユー(タイトル・デザイン)
編集ティム・スクワイアズ
録音ユージーン・ギーティ
フィリップ・ストックトン
ダグ・ヘンフィル
ロン・バートレット[録音]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
112.《ネタバレ》 本当にトラと漂流したと思って、キャッチコピーどおり「どうやって少年は生き延びたのか」という海洋サバイバル物語として見てたので、最後にポカーンとなりました。
どうやら、実際は日本人の保険調査員に語ったもうひとつの物語が事実のようだけど、どちらが事実かを考えさせるのではなく、哲学だから、何を信じたいのか、ということなんですね。
そうやって少年は生き延びたのか・・・と考えると怖いお話です。

どんな神様でも信じるパイは、一つの神様を信仰してる人たちからは不思議がられるかもしれないけど、無宗教でクリスマスパーティもするし初詣出にも行くしお寺巡りもする私のような日本人には、宗教観のお話はピンとこないのではないかと思いました。

映像はとても綺麗でした。
nanapinoさん [映画館(字幕)] 6点(2018-06-10 18:01:44)
111.《ネタバレ》 "リチャード・パーカー"という海難中の飢えで喰われた乗組員の名前をトラに与えることで、最後にトラが主人公に喰われるのかと思いこませて、実はおぞましき人肉食(=現実)をカモフラージュするためのミスリードだった。ベジタリアンの主人公が極限状態ゆえに寓話として捏造しなければ、その事実に心が壊れてしまうのだろう。そう思うとトラが全編フルCGで作られた意味が強調されたといえる。トラに具現化した己との闘いだった。とは言え、バナナが海中でも浮くことが現実でも証明されているので、どこまで事実か不明瞭なところに救われる。己の中の獣性がどこで目覚めるか分からない。ヒトがヒトで居続けるための信仰が無力だとしても、その均衡によって生き残れたのかもしれない奇跡がきっと存在する。
Cinecdockeさん [3D(吹替)] 8点(2018-04-23 19:20:20)
110.CMとタイトルから気軽に観られる冒険ファンタジーかと想像していましたが、
全然違って中々深い作品でした。
漂流開始まで約45分・・・。
最後まで観ると、冒頭の宗教の話が伏線になってたんだってわかるんですけど、退屈でした。(いつトラと漂流の大冒険始まるんだよと・・・)
ちょっと気持ち悪いしな〜。
へまちさん [DVD(字幕)] 4点(2018-02-19 22:01:19)
109.映像はすばらしい。
ただ皆さん高評価ですが、俺的にはそこまでは…。
kontikiさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-10-09 22:34:39)
108.《ネタバレ》 いろいろ小さい疑問はあったけど
最後の種明かしで納得
食人島の真意はよくわからなかったけど・・・
(食人島を離れた=人肉が無くなった?)なのかな?

エンディングは見る人によって見解が分かれる

実際にはとても見れないような残酷な物語だが
要所要所はしっかりと違う見せ方をしていて楽しめた映画
人間バージョン(真実?)の映画は・・・絶対に見たくないなぁ・・・
メメント66さん [DVD(字幕)] 7点(2017-08-10 21:38:25)
107.《ネタバレ》 やっぱりトラがよいですねぇ。怖いけど愛らしいしコミカルな部分もあるし。少年と長い時間を共にし、信頼関係が芽生えるわけでもないけど最初の頃とはやはり違う関係が生まれている。お互い飢餓に苦しむ状況で少年の膝の上で横たわる姿。そして最後に振り返ることなくジャングルに消えていく姿。トラとの友情なんて幻想だし、人間と動物だから生まれる関係、これが良いのだと思う。
珈琲時間さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2017-03-08 21:39:31)
106.《ネタバレ》 前半部分は異文化の物語に引き込まれました。生涯忘れてはいけない授業は
宗教と言う枠組みを超えて存在しえる息子を思う父の気持ちであり威厳であり
世代間の価値観の違いなど今の日本ではほぼ消えた文化や考え方でありそこから感じる物も多い。
漂流シーンになってからは映像美で乗り切っている感じ、つまらなくはないが。
最後のオチの部分は、正直皆があれこれ推測するような話しには思えなかった。
辛く直視できない現実の記憶を映像美のように綺麗に面白く装飾した。そういう事だろうと。
あれこれ考えるのは深読みしすぎな気がして好きではない。
どちらの話が好きかと問われると、私は後者の話の方だ。辛いが。
しかし、それを踏まえて生きる上で頭の中の妄想を作って生きて行く姿そのものにこそ共感を覚える。

最後にこの映画には日本人と言う設定の者が出てきますが、制作者はまるで日本人を理解していない。
そう感じました。日本人なら日本人を使えという意味ではありませんし映画の評価に
影響する所ではありませんが、日本人としてそう思いました。
デミトリさん [DVD(吹替)] 6点(2016-12-06 10:25:33)
105.《ネタバレ》 人によっては色々解釈ができる映画でした。とは言うものの、遭難に会うまでは、ちょっと退屈。でも後のヒントがここで色々語られるので必要なんですけど。僕は、この映画を観終わった時に、思い浮かんだのは、宗教=物語なのかもってゆうこと。この映画は、映画というものの本質を映画の中で描いたメタ的な部分もあるんだけど、僕たちは、いつだって物語を欲してる部分がどこかにあって、宗教もその一部と言えるかもしれない。ただ一つの宗教に盲信するのは危険なことだってのは、人食いの島で表現されてる通りだけど。んなこと色々考えたけど、日常のなんの変哲もない出来事とか、友達のちょっとした出来事とかを、おもしろおかしい物語に変えて話すことがあるやん、そのままあるがまま話すよりそっちの方が楽しいし。それと同じって風にも考えられるかなー。パイのすべらない話的な。
なにわ君さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-10-13 17:49:27)
104.《ネタバレ》 虎と漂流した冒険談を、たっぷりお金をかけたCG映像美で見せるだけの映画かと思ってましたが・・意外や一種のサイコサスペンス。
大嵐の中を素潜りしてボートに戻ってくるとか、隠れる所が無いはずの所からいきなり虎が飛び出てくるとか、「あれ、おかしいな?」という数々の部分が最後に回収されるのがお見事でした。
回想という形で、最初から主人公が助かる事を明らかにした上での展開もこれなら納得。最後の方の食人の島は何の寓意だったんだろうか。
こういう変わった映画が、ディズニーアニメ等と一緒に散々CMで流されてたのは不思議。
番茶さん [DVD(字幕)] 7点(2016-07-02 20:57:34)
103.《ネタバレ》 ○CG多様だが、見事な映像美。映画館で観るべきだった。○トラの象徴としての存在が面白い。その前にいた動物も含め。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-05-11 21:59:55)
102.不思議な世界の張り詰めた映画
マンデーサイレンスさん [DVD(字幕)] 7点(2016-03-05 17:13:19)
101.「作者の意図を十分理解してください」みたいな隠喩的な映画に見えますが、宗教観は別として、極限状態での生存本能や食糧確保の倫理観は伝わってきます。船上で4頭の動物が絡む所や主人公とベンガルトラの駆け引きに引き込まれますが、喩えの中身より映像から溢れだす緊迫感に圧倒されます。きれいでリアルなCGの迫力は3Dでなくても見事でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-02-14 02:39:50)(良:1票)
100.《ネタバレ》 「すごく変わった映画だな」と数年、観るのを保留にしていました。
とてもキレイな映像で、まるで一緒に海を漂流していたみたいな気分。
美しい異世界に行ったようで、楽しい映画体験でした。
「虎と小さなボートで?」「そんな馬鹿な」という疑問を、納得のカタチで答えてくれました。
他にない映画ですね。好きな映画です。
焼肉の掟さん [DVD(字幕)] 9点(2016-02-07 22:18:57)
99.《ネタバレ》 とにかく圧倒的な映像美と迫力がある映画でした。
リアリティもあり、隅からすみまで計算しつくされた完成度の高い作品です。
宗教的な話がベースにあるようなので、最後まで見るとじつはとても深い話だったということが分かるのですが、日常的に一神教やヒンドゥーに接することが多くない日本人には分かりにくいかもしれません。
ただ個人的にはユーモアがあって見ていて楽しくなるコメディー映画が好きなタチなので、追い詰められる心理を描いたパニックモノは好ましくありません。よって限りなく6点に近い7点としました。
mhiroさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-01-10 06:31:41)
98.宗教の話。というのは聞いていたので、前半部分からそう単純な話ではないのだろうとは思ったが、漂流中は災害による極限状態の孤独と不安という神の試練や自然の力・恵みといった神の創造物と向き合う少年の話なんだろうなという理解だった。無神論と言われる日本人も宗教的な儀式は色々とするし、311では神仏に祈った人も多かっただろうと思う。人生は思い通りにはならないし、人間は完璧ではないし、基本的に無力だ。だから神頼みをする。それが最後の最後でわけのわからないネタが飛び出してきて、鑑賞者を翻弄させる。こういうドンデン返しは基本的に好きじゃない。それまでの鑑賞時間がムダに思えるし、バカにされているように思えるから。鑑賞中にこの構造に気がついた人はどれだけいるんだろう?しかも綺麗にひっくり返してくれるならまだしも、いったいなんだったんだよ?という疑問ばかりが残る。少年の記憶も曖昧だろうし、全てが夢幻かもしれないし、納得しない日本人にエグイ創作話をしたのかもしれないし真相はわからない。そこに様々な解釈が生まれるのだろうし、そういうのを読むのもキライではないのだが、それでは作品は最後の最後で問題提起をしたにすぎなくて、作品そのものではなく皆の解釈を楽しむ作品になってしまう。それも鑑賞の楽しみのひとつではあるのだが、自分自身はどうもスッキリしない作品ではある。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-01-04 13:48:57)
97.《ネタバレ》 なんともいえないほど不思議で、映像もきれいで、考えさせられる作品だった。いつかもう一回観ようと録画を残しておこうという気になる。何がほんとにあった事実かというのは解らないから、それはいったんわきに置くとして、作品が語ろうとしている限りでの真実を推測するとしてもやっぱり次のようになる。トラの物語は、一人で漂流をつづける間に少年が、それまでの船上での惨劇から自分の心を守るために、動物たちの物語に置き換えて作り上げたものだった。だから救出されたときの一番の感情も、そういう自分との別れ、、その悲しみ、そこからの新たな出発ということになったのかもしれない。日本の神さまとも近いはずだから、これからはヒンドゥーの神々のことも少しは勉強しなくては…と思った。なんか人間の宗教的な悲しみというようなものが、映像の美しさとともに、強く心に残る作品だった。
さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-01-03 14:29:33)
96.《ネタバレ》 比喩表現だと、後半で気づき衝撃を受けた。また観たい、素直に良い作品。
朴モグタンさん [試写会(邦画)] 8点(2015-09-23 16:30:21)
95.《ネタバレ》 久しぶりに2回連続で見た作品。(翌日にもう1度鑑賞)
映像美、構成の上手さでファンタジー作品としても楽しめるが、物語に隠された真実を知ってからはより一層深みが出て、
2回3回と見たくなる。
どんでん返しや叙述トリック作品であっても必ずしも2回見たいと思わないのはなぜか、複数回の鑑賞に耐えうる作品とそうではない作品の違いとは何か、など考えさせられた。
Sugarbetterさん [DVD(字幕)] 8点(2015-09-17 21:07:26)
94.アン・リーは、CG使わないと思ってたんだけど
ここまでの表現がされてるとは驚きました。
ファンタジー系では、指標となる映画だと思います。
というかこれ以上ないかも。映画館か大画面でもう一度みたいな~
glxynt2さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2015-08-22 01:40:44)
93.大人も楽しめるファンタジー!
映画館で観たい映画。

タイトルとCMに騙された。
こんな内容なら映画館にすっ飛んだのに‥( ´∀`)
思ってたような説教くささはなく、ユルい映画として楽しめる。

DVDなら夜に観た方がいいと思う。
エログロないから子供にもみせられるけど、子供には理解しづらい大人向けの映画。
おでんの卵さん [DVD(字幕)] 9点(2015-08-13 16:47:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 112人
平均点数 7.35点
000.00%
110.89%
200.00%
300.00%
421.79%
543.57%
62320.54%
72825.00%
83228.57%
91614.29%
1065.36%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.44点 Review9人
2 ストーリー評価 7.53点 Review13人
3 鑑賞後の後味 7.25点 Review12人
4 音楽評価 6.77点 Review9人
5 感泣評価 6.12点 Review8人
chart

【アカデミー賞 情報】

2012年 85回
作品賞 候補(ノミネート) 
監督賞アン・リー受賞 
撮影賞クラウディオ・ミランダ受賞 
オリジナル主題歌マイケル・ダナ候補(ノミネート)“Pi's Lullaby”(作曲)
作曲賞(ドラマ)マイケル・ダナ受賞 
視覚効果賞ギョーム・ロチェロン受賞 
視覚効果賞ビル・ウエステンホーファー受賞 
視覚効果賞ドナルド・エリオット受賞 
音響効果賞フィリップ・ストックトン候補(ノミネート) 
音響効果賞ユージーン・ギーティ候補(ノミネート) 
音響賞ロン・バートレット[録音]候補(ノミネート) 
音響賞ダグ・ヘンフィル候補(ノミネート) 
音響賞ドリュー・クニン候補(ノミネート) 
美術賞アンナ・ピノック候補(ノミネート) 
美術賞デヴィッド・グロップマン候補(ノミネート) 
脚色賞デヴィッド・マギー候補(ノミネート) 
編集賞ティム・スクワイアズ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2012年 70回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
監督賞アン・リー候補(ノミネート) 
作曲賞マイケル・ダナ受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS