ヘヴンズ ストーリーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ヘヴンズ ストーリー
 > (レビュー・クチコミ)

ヘヴンズ ストーリー

[ヘヴンズストーリー]
2010年【日】 上映時間:278分
平均点:7.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-10-02)
ドラマ
新規登録(2013-01-06)【にじばぶ】さん
タイトル情報更新(2015-01-22)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督瀬々敬久
キャスト寉岡萌希(女優)サト
長谷川朝晴(男優)トモキ
忍成修吾(男優)ミツオ
村上淳(男優)カイジマ
大島葉子(女優)直子
菜葉菜(女優)タエ
吹越満(男優)サトの父
江口のりこ(女優)カナ
片岡礼子(女優)サトの母
嶋田久作(男優)弁護士
菅田俊(男優)鈴木
光石研(男優)シオヤ
津田寛治(男優)黒田
根岸季衣(女優)チホ
渡辺真起子(女優)美奈
長澤奈央(女優)女医
佐藤浩市(男優)波田
柄本明(男優)ソウイチ
諏訪太朗(男優)マスター
外波山文明(男優)木村
鈴木卓爾(男優)教師
古舘寛治(男優)笹田
不二子(女優)ナナミ
三浦誠己(男優)施設の人
伊藤猛(男優)オカチ
翁華栄(男優)サッチン
音楽安川午朗
作詞瀬々敬久エンディング曲「生まれる前の物語」
作曲安川午朗エンディング曲「生まれる前の物語」
撮影斉藤幸一
あらすじ
愛する人を殺されたら、殺した人間を憎み、そこに復讐心が生まれる。瀬々敬久監督が放った278分に及ぶ大作にして、“生と死”そして“愛と復讐”というテーマを、深く追究した力作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 映画は落とし前の芸術だ。2時間の枠組みの中で落とし前をいかにつけるか。
でも、映画が終わった後もドラマは続いてるはずなのだ。
作家なら一度は取り組みたい素材だろう。一つの事件が様々な人を巻き込み、事態が収れんしていく人生模様を。
この映画は、一つの殺人事件を実に丁寧に扱っている力作だ。
復讐が済めば、話は終わりではない。果たして「悪人」に幸せは来ないのか?そして復讐の復讐。復讐する人に自分の無念さを捧げる女性もいる。
もう4時間半、画面に釘づけだった。
復讐の連鎖は何を生むか?大きなテーマだ。今をときめくドゥニヴィルヌーブの「灼熱の魂」もその辺を扱っていたと僕は思っている。
とても見応えがあった。映像も印象的で、実に作家の全力投球ぶりを感じさせられる力作だと思う。
エンディングに流れる歌の歌詞が実に説明っぽいのだが、でもこの4時間半の映画が全然説明調でなかったため、心地よかった。
トントさん [DVD(邦画)] 9点(2017-12-18 00:30:03)
2.サトとトモキ、ミツオとキョウコを軸にしたストーリーに絞ったほうが良かったのでは?2時間で十分おさまる内容になります。
源八さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2013-02-02 08:24:08)
1.《ネタバレ》 愛する人を殺されたら、殺した人間を憎み、そこに復讐心が生まれる。
暴力として復讐を実行しても、そこには悲劇しか生まれない。

人は生まれ、やがて死んでいく。
それでも街と、その上に広がる青い空は変わらない。

死んでしまった人も、この世に残った人のことをどこかで見ている。
だけど、残された人は、一人でこの世を歩いていくしかない。

“生と死”そして“愛と復讐”というテーマを、深く追究した力作。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-01-06 20:18:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5133.33%
600.00%
7133.33%
800.00%
9133.33%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS