アイアン・フィストのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アイアン・フィスト
 > (レビュー・クチコミ)

アイアン・フィスト

[アイアンフィスト]
The Man with the Iron Fists
2012年【米・香】 上映時間:95分
平均点:5.55 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-08-03)
アクションファンタジーカンフー
新規登録(2013-04-28)【カニ】さん
タイトル情報更新(2014-04-27)【カニ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督RZA
演出コーリー・ユン(アクション監督)
キャストラッセル・クロウ(男優)ジャック・ナイフ
RZA(男優)ブラック・スミス
ルーシー・リュー(女優)マダム・ブロッサム
リック・ユーン(男優)X-ブレイド(ゼン・イー)
デイヴ・バウティスタ(男優)ブラス・ボディ
ジェイミー・チャン(女優)レディー・シルク
カン・リー(男優)ブロンズ・ライオン
バイロン・マン(男優)シルバー・ライオン
ダニエル・ウー(男優)ポイズン・ダガー
パム・グリアー(女優)ジェーン
リュー・チャーフィ(男優)ジ・アボット
チェン・カンタイ(男優)ゴールド・ライオン
レオン・カーヤン(男優)群狼団頭領
アンドリュー・リン(男優)ジェミニ(夫)
テレンス・イン(男優)皇帝
イーライ・ロス(男優)群狼団メンバー
ジェイク・ガーバー(男優)ジェイク
山路和弘ジャック・ナイフ(日本語吹替版)
原作RZA(原案)
脚本RZA
イーライ・ロス
音楽RZA
撮影トニー・チャン[撮影](第二班撮影監督)
チャン・チーイン(撮影監督)
製作マーク・エイブラハム
エリック・ニューマン〔製作〕
イーライ・ロス
製作総指揮トーマス・A・ブリス
特殊メイクジェイク・ガーバー
特撮セントロ・デジタル・ピクチャーズ(視覚効果)
衣装トーマス・チャン
その他クエンティン・タランティーノ(提供)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.素直に面白かった。足りないものはエロ!これが加わるとエンターテイメント完成。
リニアさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-07-17 02:46:41)
10.アイアンフィスト出てくるまでが長い
修羅雪姫みたいなおどろおどろシリーズながらパンチ力は弱め。
ポテチ食べながら観ても退屈するからいっそポテチ作りながら観るとちょうどいい映画
おでんの卵さん [DVD(字幕)] 5点(2015-08-13 18:01:21)
9.RZAが贈る、オレ様仕様のカンフー映画。任侠映画っぽい設定ながら、「ワケがわからんけどとにかく強いヤツが次々やってくる」という『カンフーハッスル』的な荒唐無稽さが楽しいですな。両手を失った主人公が義手で戦う、と聞けば、手塚治虫の『鉄の旋律』を思い出したりもしますが、ああいう屈折したところはなくって実にストレート、ムキムキ金剛との戦いを迎える場面なんて、カンフーどころか、ほとんど『ロッキー』のノリ。画面分割なんぞも駆使して、なんでもアリの雑然ゴチャゴチャ作品、ケチをつけようと思えばそりゃ完成度の必ずしも高くないところもあるかもしれないけれど、作品を一本の「思い入れ」が貫いていて、映画を作る楽しさが、観る楽しさとして伝わってきます。ただそれでも一点、苦言を呈させてもらうと、「子供の頃以来、カンフー映画にハマった」というんだったら、この映画も子供たちに見せられるように、あの噴水みたいな流血シーンをもう少し控えめにしていただけたらな~と思うんですけれども。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-12-13 10:55:38)
8.《ネタバレ》 古き良きカンフー映画や日本の少年漫画が好きで創ったんだろうな、という制作側の愛情は感じられるが、色々なキャラを登場させた上に、それぞれの物語を描こうとしてまとめきれなくなっており、観客は置いてけぼりなので、同人映画の域を出ていない。物語の構成要素は良いので、もっと主人公の鍛冶屋の物語を中心に進めたほうが話がまとまったのにと思う。彼の腕切断の件を物語序盤に持ってきて、偉い師匠に修行をつけてもらい、悪に打ち克つような流れにしたら、もっとカンフー映画の王道っぽくなったんではないか。まあ各キャラのバトルシーンは荒唐無稽で結構興奮したし、物語的には好きな内容なので、この点数で。
しぇんみんさん [DVD(吹替)] 5点(2014-09-09 21:44:30)
7.《ネタバレ》 ハチャメチャな武器とカンフーを織り交ぜた無茶苦茶な映画。ただただ暴れまくるだけで清々しい。よくもまぁいろんな武器を考えつくなと驚かざるをえない。でもあのゴーレムみたいなのは武器なのか?そこだけ引っかかる。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-07-11 00:37:33)
6.《ネタバレ》 舞台はいつの時代かすら分からない、悪党どもが群雄割拠する中国の山村。X刀(X-ブレイド)という男が、父親を裏切り無残にも殺した男・銀獅子へと復讐を果たすため、村へと帰ってくる。迎え撃つ銀獅子も、身体を自由自在に鋼鉄へと変えられる殺し屋を雇い、さらには金塊強奪計画をも進めていた。そこに、様々な思惑を抱えた個性豊かな男や女が絡んでき、まさに無国籍な何が出るか分からない闇鍋のような濃ゆ~い世界が展開されていく。ラッセル・クロウ&ルーシー・リュウが出演、タランティーノが絶賛していた(?)くらいの情報のみで鑑賞しちゃいました。いやー、くだんなかったっすね~。個人的に、こういう中国の古臭いカンフー時代劇ってあんまり好きじゃないんで、最後までいまいち乗り切れなかったっす。つーか、いくらなんでも、ちょっとお馬鹿過ぎますね、これ。まるで中学生が学校の休み時間に考えたようなキャラクターがてんこ盛り(笑)。それに誰が主人公なのか最後までよく分かんないから、クライマックスも誰に肩入れすりゃいいねん!って感じでした。突然ですが、もうすぐ消費税増税(本日2014/3/27)ってことで、ゲオで買い溜めならぬDVDの借り溜めしたせいで、今週は仕事も忙しいってのにやたらと映画を観なけりゃいけない羽目に(泣)。というわけで、いま、この映画を「アホな映画やで」と非難できる立場かぁって自己突っ込みを入れつつ、ヘロヘロになりながらこのレビューを書いております。あと4日で5作品…。我ながら、アホだ~(笑)。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2014-03-27 00:17:15)
5.んー。タランティーノ絡みって事で期待し過ぎたのか、余り響かず。古き良きカンフー映画を目指したんでしょうけど、ワイヤーアクションがイマイチ。登場人物もイマイチ個性がはっきりせず。リュウ・チャーフィーを観られた事と、ジェイミー・チャンが奇麗だった事で4点は献上。あと、カン・リーがYOSHI-HASHIに似てたのでプラス1点。
キノコ頭さん [DVD(字幕)] 5点(2014-03-25 12:26:00)
4.《ネタバレ》 グラインドハウスっぽいB級バイオンレス・カンフー映画。ヒップホップとカンフーの不調和を楽しんでくれという感じでしょうか。鉄の体を持つ人がいたり、中途半端にミュータントな人がいます。首や腕が頻繁にもげます。お腹もパックリ割れます。アクションはヘボいです。決め画がイチイチダサいです。お話は全く面白くありません。中盤は当然中だるみします。
カンフー映画なのに、多国籍で一昔前の格ゲーのような世界観です(スト2というより餓狼伝説っぽいかな)。要は劣化キル・ビル。
なんと言ってもキャラの名前が、「ジャックナイフ」「X-ブレード」「ポイズン・ダガー」「マダム・ブロッサム」「ブロンズ・ライオン」…って、小学生か!!ダメ映画と言ってしまっても問題ないと思うんですが、無邪気に一生懸命作った感じが、結構好きです。
広い心で観てあげてください!
すべからさん [映画館(字幕)] 7点(2014-02-10 23:54:17)
3.《ネタバレ》 中華風の建築セットなり衣装なりは、さすがハリウッド映画なだけあって目にも楽しい絢爛を感じるのですが、残念ながらアクションシーンはカンフー映画のオマージュというか焼き増しそのまんまという感じで実に陳腐。監督さんが、そういうカンフー映画が好きで愛情が伝わってはくるのですが、もう少し映像的な創造性を見せてほしかったです。ラッセル・クロウもよくまぁこんな映画に出たなと少々驚きなのですが、その演技に特段の不満はありません。神秘の力で鉄を動かし、肉体と一つになるってなんじゃそりゃ、てな感じですけど。タランティーノが絡んでるそうですが、タランティーノっぽさを感じたのはやはり血しぶきでしょうかね。まるで噴水のように飛び出す漫画的な血しぶきの数々は、彼の作品でもよく見かけました。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-01-05 21:13:08)
2.《ネタバレ》 オープニングのShame On A Niggaは、かっこよかった。ルーシーリューや双飛の女が無表情で死んでゆくとこは、哀しさがあって良かった。以上が良いところ。以下は文句。なんですかこれは、グリーンディスティニー+キルビルでしょうか。全く個性なし。これではタランティーノやロドリゲスの劣化版と言われても仕方ない。せっかくRZAが監督するのであれば、こんな場面とこんな音楽の組み合わせがあったのか!!みたいなところが見たかった。あと、パム・グリアやゴードン・リューなんかをチョイ役で出演させ、ありがたがる風潮はなんとかなりませんか?もう飽きました。
わんたんさん [映画館(字幕)] 5点(2013-09-01 03:01:52)
1.こういう映画は早めにレビューを書かないと、ドーでも良くなっちゃうからね。

小品ながらも結構面白かった、やはりタランティーノよりはそれぞれ(話、役者、エロ、グロ、流れ、ほくそ笑み等々)少しずつ落ちるけど、アクションはやりたい放題、小気味良かった。
RZAなどは良く知らなかったが、こういうチャンスを与えてくれて、そこそこの作品にまでもっていく土壌が素晴らしいと思う、次の機会に話と役者に+αがあればヒットが見込める可能性もある。
尺もいい感じで、全員に見せ場があり飽きない、十分楽しめる仕上がりでした。Cool!!
カーヴさん [映画館(字幕)] 6点(2013-08-09 14:38:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 5.55点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
419.09%
5654.55%
6218.18%
719.09%
819.09%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS