ワイルド・スピード/EURO MISSIONのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > ワイルド・スピード/EURO MISSION
 > (レビュー・クチコミ)

ワイルド・スピード/EURO MISSION

[ワイルドスピードユーロミッション]
FAST & FURIOUS 6
2013年【米】 上映時間:130分
平均点:6.86 / 10(Review 42人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-07-06)
アクションサスペンスシリーズもの犯罪もの
新規登録(2013-05-06)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2019-07-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャスティン・リン
助監督スピロ・ラザトス(第二班監督)
演出アンディ・ギル〔スタント〕(第二班スタント・コーディネーター)
スピロ・ラザトス(スタント・コーディネーター)
キャストヴィン・ディーゼル(男優)ドミニク・トレット
ポール・ウォーカー(男優)ブライアン・オコナー
ドウェイン・ジョンソン(男優)ルーク・ホブス
ミシェル・ロドリゲス(女優)レティ・オルティス
ジョーダナ・ブリュースター(女優)ミア・トレット
タイリース・ギブソン(男優)ローマン・ピアース
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(男優)テジ・パーカー
サン・カン(男優)ハン・ルー
ガル・ガドット(女優)ジゼル・ヤシャ
エルサ・パタキ(女優)エレナ・二ベス
ルーク・エヴァンス(男優)オーウェン・ショウ
ジーナ・カラーノ(女優)ライリー・ヒックス
ジョン・オーティス(男優)アルトゥーロ・ブラガ
シェー・ウィガム(男優)マイケル・スタジアック捜査官
ジョー・タスリム(男優)ジャー
ジェイソン・ステイサム(男優)イアン・ショウ(ノンクレジット)
楠大典ドミニク・トレット(日本語吹き替え版)
高橋広樹ブライアン・オコナー(日本語吹き替え版)
小山力也ルーク・ホブス(日本語吹き替え版)
甲斐田裕子レティ・オルティス(日本語吹き替え版)
園崎未恵ミア・トレット(日本語吹き替え版)
東地宏樹オーウェン・ショウ(日本語吹き替え版)
林真里花ライリー・ヒックス(日本語吹き替え版)
後藤哲夫アルトゥーロ・ブラガ(日本語吹き替え版)
山路和弘イアン・ショウ(日本語吹き替え版)
東條加那子ジゼル・ヤシャ(日本語吹き替え版)
原作ゲイリー・スコット・トンプソン(キャラクター創造)
脚本クリス・モーガン[脚本]
音楽ブライアン・タイラー〔音楽〕(テーマ音楽)
編曲ジェフ・アトマジアン
撮影スティーヴン・F・ウィンドン
製作クレイトン・タウンゼント
ニール・H・モリッツ
ヴィン・ディーゼル
製作総指揮ジャスティン・リン
クリス・モーガン[脚本]
配給東宝東和
特撮ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
美術ヤン・ロールフス(プロダクション・デザイン)
衣装サーニャ・ミルコヴィック・ヘイズ
ヘアメイクロッキー・フォークナー(メーキャップ)
編集クリスチャン・ワグナー〔編集〕
スタントジャック・ギル[スタント]
あらすじ
モスクワで軍隊が襲撃され、特殊チップが奪われる事件が発生する。元英国特殊部隊のオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンズ)率いる国際的犯罪組織を追跡していたFBI特別捜査官のルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)は、捜査の協力をドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)に要請する。ドミニクはホブスに手渡された資料に、死んだはずの元恋人であるレティ・オルティス(ミシェル・ロドリゲス)の写真を見つける。真相を確かめるべく、ドミニクは仲間を集めイギリスを拠点に活動を始める。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
42.《ネタバレ》 懲役25年の刑から逃げていたのに、犯罪者を掴まえるのに警察に協力しただけで、全員無罪とか話が美味し過ぎない?そもそも犯罪者に協力を仰ぐとか日本とは価値観が違い過ぎてちょっとびっくりしてしまう。
まあ、そんな細かいこと気にしていたら本シリーズは見れないのだろうね。
ひたすら終わりの見えない滑走路での延々カーチェイス&バトルはリアリティーを無視しまくってて笑えてくる。でも面白い。
ヴレアさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-08-05 16:46:11)★《新規》★
41.《ネタバレ》 車、お姉ちゃん。そして、友情。ラップてきな音楽にも乗って楽しめる映画。
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2019-01-26 21:45:41)
40.最後の滑走路、長すぎる。
たろささん [インターネット(字幕)] 6点(2018-09-28 22:52:28)
39.アクションの派手さは相変わらずだが、少々食傷気味。
戦車は凄かったが、滑走路は暗くてちょっと分かりにくい。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-04-01 09:52:26)
38.安定の面白さ、ってことですかね。2、3を除いて制覇。最初は敬遠していましたが、このシリーズは麻薬的な魅力があって観るたびに引き込まれます。新作を待つか? 2、3も観るか?
kaaazさん [インターネット(字幕)] 8点(2017-05-03 22:49:01)
37.とにかくカーアクションと格闘にこだわり後々考えるとめちゃくちゃなシーンばかりだったが、観てる内はかっこよく派手に魅せるのでそこそこ楽しめた。
ラスウェルさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-04-17 22:56:56)
36.《ネタバレ》  『MEGA MAX』と比べると、対立構造が単純になっていますね。
 今回は、はじめからFBIのホブスと共同戦線を張るため、残念ながら緊迫感に欠けます。
 また、前作同様の仲間が、最初から簡単に集まってしまうので、『仲間が集まるワクワク感』も前作に比べると劣りますね。
 前作と違うのは、今作の敵がかなり強い武闘派集団であること。ボスのショウはもちろんのこと、その部下に至るまで戦闘のスペシャリストが揃っています。それは車の運転から格闘までと幅広い。
 そしてその集団の中に、レティがいます。今回は『チップ奪還阻止』と『レティ奪還』のストーリー。はっきり言って、ストーリーは単純そのものであり、そこに面白さや新鮮味はほとんどありません。
 また、『攻め』と『逃げ』を同時進行でこなしていた前作に比べると、今作は『攻め』一辺倒。どうしても一本調子になってしまいます。
 ただアクションに関しては、前作よりもパワーアップしている感じがあるので、見所も多いんです。
 カーアクション、ガンアクションに加え、今回は格闘アクションもアツイ。
 『レティVSジーナ・カラーノ』、『ローマン&ハンVSジョー・タスリム』は個人的にベストバウト。
 ですが、前作のクライマックスに匹敵するものは、今回なかったですねー。
 それに、レティが戻ってきたのは嬉しい限りなのですが、今回のミッションでジゼルとハンが抜けるのが何とも寂しい。
 それともレティみたいに、『実は生きてました』パターンでカムバックしてくれるのでしょうか。この二人なら、同じネタで復活しても全然許すけどな。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-10-01 17:41:03)(良:1票)
35.《ネタバレ》 いかに派手にアクションをかますかが焦点になってきたシリーズ6作目、ついには戦車やら飛行機まで参戦してかつてのクルマ愛はどこへやらといった趣きである。
ストーリーはとりあえず脇に置かれているカンジで、観てるこちらも「あれ、今これって何が目的なんだっけ?」と度々思うシマツ。もっともそんな観賞態度でも全体通しては大した支障も無いのがFFシリーズの良いところ。
死んだはずのメンバーが戻ってきて、代わりに二人ほど卒業。ここらへんのキャストの入れ替えって何か業界の力関係が働いてんのかなーといらん勘繰りをしたりもする。個人的にレティって余人を持って変え難いとは思わないんだけどな。
男優陣は各々役割がうまいこと性格分けされているけれど、女優らはキャラがかぶってるのも気になる。外見も性格もそっくりさんがシリーズごとに増えてゆく印象なんですが。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-08-25 00:45:30)
34.面白かったです。カーアクションより格闘の方に興奮しました。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 7点(2016-02-17 10:24:18)
33.ストーリーよりも新趣向を盛り込むことに苦心しているようなアクション、アクション、アクション。ちょっと疲れます。ラストの渋谷のジェイソン・ステイサムの方が気になりました。
ProPaceさん [地上波(吹替)] 5点(2016-02-16 23:12:22)
32.シリーズ初鑑賞。「ドウェイン・ジョンソンとヴィン・ディーゼルってそっくりだよなあ」「共演したら笑っちゃうな」「見分けが付かないだろうなあ」と思っていたらまさかこんな有名作で…。アクション映画は好きですが荒唐無稽過ぎて完全に冷めてしましました。本作特有?の軽いノリになんだかフラストレーションが。1から見てれば違うのかな?
Kの紅茶さん [地上波(吹替)] 3点(2016-02-13 20:14:56)
31.《ネタバレ》 6作目ともなりマンネリに耐えられるか心配でしたが、まだまだイケる気がする。但し、そこで撃てばええやんとか素手で戦うんかいとか野暮なツッコミはいけません。今回ラストはプロレスですダブルインパクトですロックさすが強え~。
一番のカーアクションシーンと言いますと、私ラストよりも戦車のシーンです。画が目まぐるしく切り替わるので誰がどっち向いて走ってんのか誰が先行してんのか把握が難しいですが、ともかく発想がスゴイのでした。
i borgさん [地上波(吹替)] 7点(2016-02-02 00:09:10)
30.《ネタバレ》 ミッションインポッシブルと被るしハゲばっかりで一瞬誰が誰だか・・ しかしながら金が掛かっているだけあってアクションは大いに楽しめます。アトラクション映画と割り切ればMIシリーズよりずっと面白いかもしれません。公道レースとか厨二病シーン満載かと思いきや、出てくる車はシブメで通好みだったりもしますし、なかなか侮れない。

ラストはご都合主義で終ると思いきや、最強ハゲが出てきてカッコいい終わり方をします。なんだかんだいっても結構面白い映画です。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-10-16 11:05:08)
29.《ネタバレ》 アクションがてんこ盛りですが、最後の空港は何がなんだかわかりません。家族として最後はしめくくる、監督の思いが伝わってきます。スタッフと俳優の雰囲気のよさが伝わります。ポールを見ているだけで、切なくなります。ラストの最強ハゲの登場は驚きです。
エイドリアン・モンクさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2015-04-29 16:42:36)
28.本シリーズは友人の影響もあり、殆ど劇場へ足を運び鑑賞している。シリーズを重ねるごとにアクションシーンも派手になっているが、本作は高速のシーン、滑走路のシーン等、力を入れ過ぎているシーンが多い。個人的に前作のMEGA MAXが程よいアクションで、シリーズの中でも1番見応えがあった。

初期メンバーのミシェル・ロドリゲスが復活したが、ポール・ウォーカーが交通事故で亡くなられた為、次回作への不安は大きい。
ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソンの2人はどちらも似たタイプなので、新キャスト追加の有無が気になる。

カーチェイスがメインだったワイルド・スピードも今では、普通のアクション映画へと変化している。しかし、子供でも楽しめる分かりやすい内容になっている為、初期よりも個人的に注目度が大きい。不運の事故でメンバーを失ってしまったが、今後もシリーズを続けて欲しい作品である。
4th Officer Boxhallさん [映画館(字幕)] 6点(2014-09-05 09:59:00)(良:1票)
27.《ネタバレ》 面白いですが、前作の「金庫」の方がインパクトがありました。賢くて強そうな印象だった悪役が戦車で暴走してひっくり返って捕まり、結局何がやりたかったのかわからなかったり、ラストで滑走路を延々と走ったり、かなり適当な部分が見受けられます。個人的には、ガル・ギャドットちゃん(ジゼル)が本作で退場してしまったのが大きなマイナスでした。
DAIMETALさん [映画館(吹替)] 5点(2014-08-14 23:40:11)(良:1票)
26.《ネタバレ》 ワイルド・スピードの世界観満載で良いね!
しかし、終盤に出てくる空軍基地の滑走路は何キロあるんだよ(笑)
あきぴー@武蔵国さん [DVD(吹替)] 8点(2014-08-13 22:27:18)
25.ストーリーはと言うと、「良い者チームと悪者チームがカーチェイスで戦います」というだけ。両者の間で多少の交換トレード(?)らしきものはあるけれど、ヒネリという程のヒネリは無く、いたってシンプル。ややこしい点があるとしたら、ハゲとムキムキが多いので、誰がどちらのチームだったっけ、と混乱する方もいるかも知れませんが。でも、こんなシンプルなオハナシになっているのは、アクションの凄さに対する自信の裏返しかも知れません。やり過ぎ、走り過ぎ、壊し過ぎ。地面を這いまわる2次元的なカーチェイスが、ここではまるで3次元の空中戦のような。それどころか、もはや、カーアクションは重力を超越し、3次元の立体世界での戦いに向っています。とりあえず、お腹いっぱい。ありがとう。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-03-02 20:38:06)(笑:1票)
24.《ネタバレ》 シリーズも6作目になり完全にカーチェイスもインフレである その中で新しいカーチェイスを作ろうとしている作り手は評価できる 今回はフォーミュラーカーに装甲を施したフリップカーが登場 前面からくる車を次々とひっくり返す まったくよく考えるものだ しかし延々と続くカーチェイス&バトルアクションはやはりインフレでちょっと長いかな その中でも格闘家ジーナ・カラーノとミシェル・ロドリゲスの女バトルは見物だった 「脳男」とかJ格闘物とは比べ物にならない あたりまえか やはり俳優を鍛えるより格闘家に演技を教えるべきだ 高速道路での戦車チェイスでも次々に車が煎餅のようにぺちゃんこになるのは新鮮だった しかし前作のようなカーチェイスにキレが無いかな ラストの滑走路チェイスはもう何がなんだか目まぐるしすぎてわけがわからない 延々と飛行機は滑走路を走り続け、空中に浮いてる時間の長い事、いったいこの滑走路は何キロあるんだよ(笑) しかし最後はシリーズ中、私のお気に入りの韓国人のハンと長身美人のジゼルがようやく分り合えたのに、直後ジゼルを失う そしてハンは運命の「TOKYO DRIFT」に続く哀しさを残した しかもハンの死の影にジェイソン・ステイサムがからむ次回予告が流れて終わる そろそろ世代交代か?今回全体を通して何時ものノリの良さがいま一つで、爽快感にも欠けると思ったが、十分普通にはおもしろい  しかしこのまま7作目を作るならそろそろリセットするべきだろう
にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-02-08 07:47:01)(良:1票)
23.迫力満点で素直に楽しかった。空中でキャッチ!はさすがに笑ってしまったが、車をつかった色々アクションは前作から色あせず。味方は魅力満載だったけど、敵のキャラクターの魅力がもう少し欲しかったかな。
元祖さん [DVD(字幕)] 7点(2014-01-08 17:46:21)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 42人
平均点数 6.86点
000.00%
100.00%
200.00%
312.38%
400.00%
549.52%
6921.43%
71535.71%
81228.57%
900.00%
1012.38%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.66点 Review3人
2 ストーリー評価 7.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.80点 Review5人
4 音楽評価 6.33点 Review3人
5 感泣評価 4.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS