新しい靴を買わなくちゃのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 新しい靴を買わなくちゃ
 > (レビュー・クチコミ)

新しい靴を買わなくちゃ

[アタラシイクツヲカワナクチャ]
2012年【日】 上映時間:115分
平均点:5.50 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-10-06)
ドラマラブストーリー
新規登録(2013-05-21)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2019-01-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督北川悦吏子
キャスト中山美穂(女優)
向井理(男優)
桐谷美玲(女優)
綾野剛(男優)
脚本北川悦吏子
音楽コトリンゴ
坂本龍一(音楽監督)
撮影岩井俊二(撮影監督)
製作岩井俊二
遠藤茂行
平城隆司
東映(「新しい靴を買わなくちゃ」製作委員会)
キングレコード(「新しい靴を買わなくちゃ」製作委員会)
テレビ朝日(「新しい靴を買わなくちゃ」製作委員会)
電通(「新しい靴を買わなくちゃ」製作委員会)
木下グループ(「新しい靴を買わなくちゃ」製作委員会)
東映ビデオ(「新しい靴を買わなくちゃ」製作委員会)
プロデューサー岩井俊二(総合プロデュース)
配給東映
編集北川悦吏子
岩井俊二
掛須秀一
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 中山美穂さんが魅力的でした。淡い感じの映画ですね。薄っぺらいっちゃ薄っぺらいですが、中山美穂さん観てるだけで満足です。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2018-01-19 20:16:50)
7.《ネタバレ》 正直、なんじゃこりゃっていう感じです。
パリに行ったことない人への観光映画、もしくは行ったことがある人が懐かしがるには良い映画かもしれませんが。
結局、向井理と中山美穂はやったのかやってないのか?
そこをはっきりさせるためにもセックスシーンは必要でしょう。
キスシーンすらありません。
別にアラフォーの中山美穂の乳が見たいというわけじゃなく、
2日目の夜に抱き合って寝ただけで終わったのかい!!っていう感じの演出で、
それなら別れはそれ程名残惜しくないのでは?
キスすらしないのだから、楽しかったよ心の友よまた会いましょう。っていう感じですよ。

また、逆にやっていたという事なら、3日目の恋人のふりをするという演出も、今更手を繋ぐだけ?
さよならのキスもない?
というどっちつかずな、中途半端な演出で、結局なんだったのという、モヤモヤ感だけが残る。
まあ、とりあえず飽きずに最後まで観れたし、音楽は良かったので5点という感じです。
シネマファン55号さん [インターネット(邦画)] 5点(2017-03-23 16:09:49)
6.中山美穂がすっかりおばさんになっていて時の流れを感じたのだけど、滲み出る愛らしさは健在で良かったです。
この監督の作品は須らく内容が薄っぺらいんだけど、今回はその薄っぺらさが良い方に出た印象。
高い建物の無いパリの街並みにエッフェル塔が映えるように薄っぺらい物語の中で中山美穂の魅力が際立ってたように思う。
桐谷美玲と綾野剛の存在理由が全くわからなかったけど、中山美穂と向井理と近所のおばさんだけで物語を成立させた手腕は評価に値する。
あと、映像と音楽とアロンアルファも素晴らしいです。
もとやさん [DVD(邦画)] 8点(2016-08-03 11:02:41)
5.《ネタバレ》 見てから時間がたったせいもあるだろうが、ストーリーはあまり入っていないし印象に残った記憶もない。ただ、とにかくパリの景色が良かったな、というのを覚えている。電話をしながらホテルまで歩く場面があって、それだけはよく覚えている。
lalalaさん [DVD(邦画)] 5点(2015-05-29 10:06:43)
4.中山美穂の芝居が、とにかくすばらしかったです! 今までは、もっとアンニュイでベタベタした演技をする人という印象で、それほど評価したことはありませんでしたが、こんな芝居ができるんですね。ビックリしました。彼女が演じたアオイは、女性とか男性とかを超えて、一人の人間としてとても魅力的でした。表現が細かかったうえに、なんか空を飛んでいました。千を演じた向井理は、演技力も魅力も足りないし、鈴愛とカンゴのくだりはつまらなかったし、全体に漂う「おしゃれ感」は、気持ち悪かった。フリーペーパーの編集者とカメラマンなどという設定も、勘弁してほしい。でも、それらのマイナスを帳消しにするほど、中山の芝居がよかったです。あと、パリのロケーションも美しかった。アドリブ中心で撮られた前作の「ハルフウェイ」とは違って、今回はきちんと台本で進んでいく映画でしたが、主演女優の力に支えられた作品であるというところは共通していましたね。
コウモリさん [DVD(邦画)] 8点(2014-10-23 08:54:03)
3. 女優の年の取り方って本当に難しいと中山美穂を見るたびに感じてしまう。徐々に、徐々に、ゆっくり、ゆっくりと少し年齢の上の役をこなしていけば、それほど酷い劣化とか落差を感じさせなくて済むのだが。(キョンキョンと薬師丸は稀有な成功例)
 おそらく本人の自己評価は20代の頃と全く変わらず、周りもあえて逆らおうとしないのが現在の惨状をもたらしているわけで。
 若い頃の中山美穂に比べたら全然問題にもならない桐谷美玲の方がはるかに魅力的に映ってしまってる段階で失敗作
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2014-09-22 16:29:36)
2.《ネタバレ》 大人版ハルフウェイinパリ。ターゲットは純粋で夢見がちなアラフォー独身女性だろうか。ハルフウェイと同じように人の純粋な一面のみを抽出したかのようなラブストーリー。恋人達はとても幸せそうに手を繋いで歩いているからね、まるで全てのことが上手くいっているかのように見えるよね、真実は二人しか知らない。そんな話。日常を切り取ったかのようなとりとめもない会話が繰り返される。撮り方はおだやかで主張しない。ただ、高校生ならまだしも大人でそれをやるのは苦しいと思いました。
中山美穂の全ての言動が計算されたものに見えて仕方がない。おそらく、裏表の無い素直な女性という設定でしょうが、意図的に可愛らしい振る舞いをして男を誘ってるように見え、女性の嫌な一面を見せられてるような気持ちになる。甘えるタイミングも自然で絶妙。
向井理は何を考えてるのかよくわからない。言動はとても紳士的で誠実そのもの。しかし、女性の扱いに手慣れた様子も見え、全ての発言が上っ面で感情が伝わってこない。深入りする気もないくせに、彼女のナイーブな過去話も巧みに聞き出す。
私の心が汚れているから穿った見方をするだけで、汚れなき心をお持ちの方はまた別の捉え方をするかもしれない。
それにしても何でこんな深みもなければ展開も平坦でハルフウェイから何一つ進歩してない脚本に名のある役者やスタッフが揃ったんだろう?道楽か?
そもそも、あっても無くてもどうでもいいような映画のレビューをしてること自体がバカバカしい。単に日頃の鬱憤を込めて何かを愚痴りたいだけかもしれない。
エウロパさん [DVD(邦画)] 4点(2014-03-17 18:52:31)
1.パリはきれい、認める。うーん、映画はいまいち、のめりこめないし、わざとらしすぎるよーー!
HRM36さん [インターネット(字幕)] 4点(2014-02-10 11:00:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4337.50%
5225.00%
6112.50%
700.00%
8225.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS