ラ・ワンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラ・ワン
 > (レビュー・クチコミ)

ラ・ワン

[ラワン]
RA.ONE
(रा.वन)
2011年【インド】 上映時間:156分
平均点:6.75 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
アクションSF
新規登録(2013-05-27)【鱗歌】さん
タイトル情報更新(2014-12-18)【カニ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
助監督アンディ・ギル〔スタント〕(第二班監督)
演出アンディ・ギル〔スタント〕(スタント・コーディネーター)
スピロ・ラザトス(スタント・コーディネーター)
キャストシャー・ルク・カーン(男優)シェカル・スブラマニアム/ジー・ワン
カリーナ・カプール(女優)ソニア
アルジュン・ラームパール(男優)ラ・ワン
トム・ウー(男優)アカシ
ラジニカーント(男優)チッティ(特別出演)
サンジャイ・ダット(男優)(特別出演)
プリヤンカー・チョープラ(女優)(特別出演)
アミターブ・バッチャン(ナレーター)
音楽ヴィシャール・シェーカル
製作シャー・ルク・カーン(ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 「ロボット」はもろに「ターミネーター」、というか要するにラジニ様にターミネーターをさせたかった「だけ」で作ったとしか思えないのですが、こっちは話が進めば進むほど、どこをどう見ても「2」。ここまでそのまんまだと、逆にあっぱれといいたくなるほどです。ただ、入口のところで子供がわがままで小生意気なのと、父親もそれに振り回されているところが、やはり、一連のラジニ様(=絶対的聖人君子)主演作とは異なり、主人公の格好良さを削いでいます。さらに、話の尺を稼ぐためか、中盤でみんなでインドに戻ってきてからは、ラ・ワンのことなどどこかに忘れてしまって完全にのんびりしているのも、緊張感を落としています。それと、いろいろ視覚効果技術にも手を出しちゃってるところが、20年くらい遅れてハリウッドを追いかけているようで、何だかなあ。
Oliasさん [DVD(字幕)] 5点(2017-06-05 02:40:09)
3.インド映画でゲームネタの作品とのこと、軽く考えていました。
男組と女組で歌ってダンスするのかな、と。
なんのなんの、期待を裏切って実に面白かった。

ストーリーが良いですねぇ。
子供の笑顔も良いし、主役の夫婦の演技も良かった。
だからありえないお話にも、気持ちをぐぐっと引き付けられました。

アクションの切れが良い。
動きが良い、撮り方が良い、見せ方が良い。
豪華なセットもあって、ありゃ~凄いなと満足。

そしてもちろん、歌は素晴らしいし民族衣装は美しいし、腰を回すダンスも上手いな。
さすが本場は違うと堪能しました。

これからは先入観を持たずにインド映画を楽しみたいと思います。

たんぽぽさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-01-11 21:06:21)
2.ムトゥ以来、10年ぶりくらいのインド映画鑑賞。
 
おもしろかった。
ストーリーがどこかつぎはぎで物語に入り込みにくいけど、インド特有のダンスをねじ込むことを優先してのことなのよね?ちっさいことよりダンス!ダンス!というノリ。
 
これでダンスがショボかったらカルト映画だけど、さすがインド!
みんな生まれたときから踊ってまっせ風な体に染み付いた見事なダンス。
SFも最新だからショボくないし、良作。
 
あと、ジョークなのかセンスなのか、言葉のニュアンスが日本人には分かりにくいのが残念。
+αがあるとすれば少年がいい顔してる。親父も。
僕はそういう趣味はないからあれだけど。
 
長いから何回かに区切って観た。
ストーリーも難しくないし、あんまし感情移入する映画でもないから軽いノリで見たらいい映画。
あたりさわりないA級映画。
おでんの卵さん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-30 11:55:47)
1.『ロボット』があまりにも大傑作だったので、コチラの作品も同じくらいスバラシかったら、どうしようと思ったのですが(別にどうもしませんけれど)、予想通り、そこまでの作品ではなかったですね、作品の密度、テンションは、『ロボット』には敵わない、だけどそれは比べる相手が悪すぎるのであって、この『ラ・ワン』も豪快に我々を楽しませてくれる、元気な作品です。ま、『ロボット』のパクリやろ、みたいなシーンはあるし、それ以前に、全体的に『ターミネーター2』のパクリやろ、みたいな作品ですが、いいじゃないの、アイデア満載、足りないアイデアは他から借用して無理にでも満載しろ、ってな勢い。ターミネーター2のロボット対決とは違って、こちらはテレビゲームから飛び出たゲームキャラ同士の戦いなんですが、片や母子を守る正義のヒーロー、片や誰にでも顔形を変える悪の超人。ははは、明らかにパクリですね。ところでターミネーター2には「1作目に引き続き何故またシュワ型ロボットを登場させてしまったのか」という難点があって、シュワ人気にあやかった安直でミーハーなキャスティングとしか言いようがありません。わざわざ言い訳がましく、予告編でシュワ型ロボットが量産される場面を見せて、でも何であんな目立つ「人間型だけどどっちかっていうとゴリラ型」なのを量産するのか? サラ・コナーがシュワを見て取り乱すシーンも、シュワをキャスティングしちゃったせいで取り入れざるを得なかったシーン、という以上の意味を見いだせないし(最後は互いに打ち解けあって、なんだゴリラみたいでも実はいい人、じゃなかった実はいいロボットじゃないの、人間同様ロボットも見た目では判断できぬものよ、ってか? んなアホな。映画というものは基本的に「見た目がすべて」です)。とか、まあ、何かにつけターミネーター2をクサすのは本意ではないのですが、この点、このラ・ワンでは、母子を守るヒーローの容貌を「亡き父」と設定したのが実に上手く、「ほら、これが正解でしょ、キャメロンさん」と言いたくなるのです。しかもそれが超男前のシャー・ルク・カーン様ですから。文句なしですね。さらにはあの大物ゲストまで登場するに至って、私と一緒に観てたウチの子供たちも大喜びなのでした(あ、そういやターミネーター2も喜んで観てたっけ、ははは)。
鱗歌さん [DVD(字幕)] 7点(2013-05-27 23:16:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 6.75点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5125.00%
600.00%
7250.00%
8125.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS