プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
 > (レビュー・クチコミ)

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

[プレイスビヨンドザパインズシュクメイ]
The Place Beyond the Pines
2012年【米】 上映時間:141分
平均点:6.89 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-05-25)
ドラマサスペンス犯罪もの
新規登録(2013-06-04)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2015-08-07)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デレク・シアンフランス
キャストライアン・ゴズリング(男優)ルーク・グラントン
ブラッドリー・クーパー(男優)エイヴリー・クロス
エヴァ・メンデス(女優)ロミーナ
レイ・リオッタ(男優)警官 ピート・デルカ
ベン・メンデルソーン(男優)自動車修理工場経営者 ロビン
マハーシャラ・アリ(男優)ジェイソンの義父 コフィ
ローズ・バーン(女優)エイヴリーの妻 ジェニファー
デイン・デハーン(男優)ジェイソン・カンカム
エモリー・コーエン(男優)AJ
ブルース・グリーンウッド(男優)検事 ビル・キルカレン
ハリス・ユーリン(男優)エイヴリーの父 アル・クロス
ロバート・クロヘシー(男優)警察署長
内田夕夜ルーク・グラントン(日本語吹替版)
桐本琢也エイヴリー・クロス(日本語吹替版)
朴璐美ロミーナ(日本語吹替版)
手塚秀彰ピート・デルカ(日本語吹替版)
梅津秀行ロビン(日本語吹替版)
千田光男アル・クロス(日本語吹替版)
原作デレク・シアンフランス(原案)
脚本デレク・シアンフランス
挿入曲ダリル・ホール&ジョン・オーツ”Maneater”
エンニオ・モリコーネ”Ninna Nanna Per Adulteri”
ライアン・ゴズリング”Borriquito”
撮影ショーン・ボビット
製作シドニー・キンメル
製作総指揮マット・ベレンソン
配給ファインフィルムズ
特殊メイク辻一弘
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.《ネタバレ》 親子二代の人間ドラマ。
ありがちな話が淡々と流れていきエンディングはあれで落ち着いてしまったが宿命というキーワードはこのストーリーだと少し荷が重い。
エイヴリーの自己中心的な正義感と何事にもならなくて良かった感はやたら鼻につく。
ジェイソンが活きるためにもBAD ENDは少し勇気いるね。
結局さ、元凶はロビンよ。バイク壊すし、途中降りるし。出会わなければ歯車が狂うことは無かったさ。
Mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-05-13 23:24:47)
17.ルークがあれだけ元彼女と子供に執着するのがいまいち伝わらなかった。あと子供の世代でのつながりも、やや都合の良い展開があり宿命といえるかどうかは疑問。
nojiさん [DVD(字幕)] 6点(2017-02-05 23:54:20)
16.《ネタバレ》 2世代にわたる因縁の物語。前半も丁寧に描かれているがそれが序章に思えるような形で次世代のシーンが始まる。お互いの息子同士らが前半の流れをどのように受け継ぐか楽しみに観ていたがちょっと拍子抜けな感じでありました。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 6点(2016-11-16 20:57:50)
15.《ネタバレ》 鑑賞して爽快な気分になれる作品では無い。

頻繁に発生する銃犯罪、根強い人種差別と腐敗した警察組織。
仲間に入る事を拒絶すると命まで落とし兼ねない地獄の様な環境。
親の居ぬ間に自宅で乱痴気騒ぎを起こす金持ちの馬鹿息子 等々
これらは決して映画の中だけの出来事では無い筈。

つくづく、アメリカは不思議な国だ。
自由を謳歌出来る国なのか、金持ちだけが得をする欺瞞に満ちた国なのか。

ラストシーンは多少は救われた気分になるが、何とも言えないやるせなさが残る。

俳優陣は皆、素晴らしい演技をしている。
特にライアン・ゴズリング、デイン・デハーンは本当に稀有な存在。
そして、レイ・リオッタ。
多分、この人には今後も善人役のオファーは来ないだろう。

とにかく、このやるせなさは何なのだ・・・
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-06-03 23:43:58)
14.《ネタバレ》  デインデハーンのための映画。主人公が変わるように思えるが、デインデハーンで収束する。誰も悪人は出てこないが、悪いことはする。みんな必死に生きている中親の因果が子に報い。子どもたちの報いが救いのような形で終わったことに感謝。5000ドルでバイク買って私もどこかにいきたい。
JFさん [DVD(吹替)] 7点(2015-04-22 18:15:18)
13.《ネタバレ》 強盗、警官、その子供たちと主人公が変わっていき楽しみにしてたライアン・ゴズリングが前半でフェードアウトしてしまい少し残念。ストーリーは全体的に暗いが、子供の父親になりたくて罪を犯したルークと、正義のために子供との距離がわからなくなってしまったエイヴリー。こんな対照的な二人の子供たちの葛藤が何とも言えない作品だった。
ぷるとっぷさん [DVD(字幕)] 7点(2015-02-06 01:17:39)
12.三つの話が詰まっているので、少しまとまりに欠けた散漫な印象を受ける。
主人公が三人いるが、もう少し絞ったほうが良かったのでは。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 4点(2014-08-15 23:34:39)
11.《ネタバレ》 「不幸」の連鎖を描いた救いのない展開に少し落ち込む。最近一連のライアン・ゴスリングのハードボイルドな映画かと思ったが、その後のストーリーが深くて、そして暗い。。。最後少年はバイクに乗ってどこに行き着くのか。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-06-21 00:14:50)
10.《ネタバレ》 邦題の副題に「宿命」が付いているのはなぜだろう、と思いつつ鑑賞。子は、善悪や大きさの程度に寄らず、親の影響を受けて生きなければならない。といったところでしょうか。色彩を抑えた映像、配役、全体に漂う静的な雰囲気など、確かなストーリーに支えられたいい映画でした。
カワウソの聞耳さん [DVD(字幕)] 8点(2014-06-15 22:20:41)
9.《ネタバレ》 移動遊園地の曲芸バイク乗りとして全米を転々としていたルークは、久々に訪れた田舎町で昔付き合っていた彼女と再会を果たすのだが、彼女の口から驚愕の事実を知らされる。知らぬ間に彼女は自分の子供を妊娠出産して、彼はいつの間にか父親となっていたのだった。息子の側で過ごすためサーカスの仕事も辞めてしまった彼だったが、現実はどこまでも厳しく、ルークはろくな仕事にもあり付けずしかも彼女にはちゃんとした新しい彼氏が出来てしまう。仕方なく、手っ取り早く大金を稼ぐために、リスクを承知のうえでルークは銀行強盗へと手を染めることに――。物語は、中盤でそんなルークの犯罪ドラマから、偶然彼を追うことになった正義感のとても強い警察官エイヴリーの警察内部の腐敗と戦う彼の物語へと紡がれてゆく。そして15年後、さらには彼らの子供たちへと物語の種子は受け継がれてゆくのだった。まるでそれが親の代から続く宿命だとでもいうように…。理不尽で残酷な現実社会でもがく親と子の苦悩と救済を丹念に描き出すクライムサスペンス。久々に、こんなにも骨太の映画を観たような気がします。2時間20分という決して短くはないこの作品の中に、15年に渡る多種多様な人々のドラマを見事に内包させ最後まで緊張感を途切れさせずに見せ切るこの監督の手腕は、素直に素晴らしいと思いました。豪華な俳優陣もそんな監督の要求に、見事な演技で応えていて見応え充分。第1部と第2部で主役を演じる、ゴズリング、クーパーの熱演は言わずもがななのですが、第3部で主役を演じるデハーン君(やっぱり「クロニクル」の彼だったのですね!)のまだまだ荒削りながら、見る者に鋭いナイフを突き付けるような圧倒的な存在感は凄かったです。将来性をビシバシ感じて今後の成長が今から楽しみ。うん、久し振りに作品世界へとどっぷりと浸れる良質の映画に出会うことが出来ました。この監督の過去の作品もあらためて観てみようと思います。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2014-06-14 00:11:24)(良:1票)
8.誰しも、本当は“真っ当”でありたい。
悪に染まることなどなければ、勿論それに越したことはない。
でも時にそういうわけにもいかなくなるのが、この世の常。
「正義」と「悪」、本来相反するものである筈のその狭間で苛まれ、持って生まれた血脈と宿命に対峙する人間たちの生き様。その行き着く先に涙する。

結局、与えられた「宿命」が何であれ、「行動」を選び取るのは当人自身であり、結果として何が起ころうとも何が起こらなかろうとも、それが“生きる”ということなのだと思える。

タイトル「The Place Beyond the Pines」は、「森林の向こう側」という意味。
薄暗く、すぐに出口を見失いそうになる鬱蒼とした茂みを越えて、彼らが辿り着いた場所は何だったのか。
終始“いやな予感”しかしない映画世界だったけれど、最後の最後、走り去って行く若き主人公の背中には、ほんのわずかではあるが、希望じみた光が見えたような気がする。

「ブルーバレンタイン」おいて、残酷で美しい男と女の身につまされる関係性を描き出したデレク・シアンフランス監督の才能は、今作によって疑いの無いもになったと思う。
前作同様に、残酷なまでに美しい映像美とカメラワークによって、俳優の演技力というよりも、描き出されるキャラクターの実在感を導き出して見せている。

前作に引き続きタッグを組んだライアン・ゴズリングの存在感は言わずもがなだが、一幕目のヒロインを演じたエヴァ・メンデス、二幕目の主人公を演じたブラッドリー・クーパーらも、他の映画では見られない“表情”を見せており、素晴らしかった。

ただし、個人的には、ライアン・ゴズリングよりも、ブラッドリー・クーパーよりも、三幕目の主人公を演じたデイン・デハーンが最も印象的だった。
作品の結論を成す三幕目なので印象度が強いことは必然だとは思うが、登場のファーストカットを見た瞬間にちょっと唸ってしまった。
昨年鑑賞した「クロニクル」で既にその才能は認識していたけれど、レオナルド・ディカプリオの「陰」の要素を爆発的に増大させ、今にも満ち溢れんばかりのバランスで場面を支配するこの若い俳優の存在感は、この先さらに特別なものになり得るだろうと断言せずにはいられない。

監督と、三者三様の主人公を演じた俳優たちを筆頭に、これからの映画界の根幹を成していくだろう才能が結集した、エポックメイキングな映画だと思う。
鉄腕麗人さん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2014-04-19 23:23:18)(良:1票)
7.『ブルーバレンタイン』の監督によるクライムドラマですが、丁寧な映画作りは相変わらずです。本作で提示されるのは、人間とは善と悪の間を行ったり来たりしながら生きているのだというひとつの真理。第1部の主人公・ルークは、自分が感知せぬ場所で生まれた息子を見捨てることができず、現在の生活のすべてを捨てて元カノと息子の元に向かうのですが、当の元カノはとっくに新しい恋人を作り、義父を含めた親子3人で仲良く暮らしていました。その後、ルークは悪質なストーカーと化すのですが、それでも観客はルークに感情移入し、彼の心理や行動を肯定したい気持ちにさせられます。やっていることは最低だが、当初の目的は美しく崇高だったではないかと。このあたりの感情の持っていき方のうまさには感心させられました。もしくは、第2部の主人公・エイヴリー。身内の不正に我慢できず行動を起こした正義の人だったが、この一件を自身のキャリアアップに利用しようと画策した瞬間から、狡猾な悪魔になってしまう。善とも悪とも割り切れない人間の業の深さが、見事にドラマ化されています。。。
豪華キャストの中でも、ルークを演じるライアン・ゴズリングのカリスマ性には目を奪われました。本作の登場人物の中で、もっともダメな人間はルークなのですが(ストーカーになる→復縁のための金が欲しくて強盗する→犯罪のスリルに飲まれて自滅する)、彼こそが作品中もっとも光っているという点に、ゴズリングの威光を感じさせられました。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2014-04-08 00:12:55)
6.《ネタバレ》 二組の親子の腐れ縁。そして、罪と罰。彼らの行動に、善悪をつけることなどできない。
ゴズりん親父は、やっぱり誰がどうみてもクソ野郎だと思うんだけど、残された子供にとってはたったひとりの父親。彼が父性に目覚めてしまったばかりに悲劇は起きる。彼の悪行が多くの人間を負のスパイラルに巻き込んでいくのだ。
勢いあまった警察官も、周りに責められるような行動をとったわけでなかったのに、それを発端に良心、家族、保身、野心と様々な葛藤を抱え続けることになる。
彼は、人の何倍も努力したのに、息子や自分の罪とまっすぐに向き合うことができなかった。
そして、それがまた新たな悲劇の火種となる。業の重いこと重いこと。
正しく生きるとは何と難しいことなのだろう。
すべからさん [映画館(字幕)] 8点(2014-02-05 00:44:49)
5.17歳のJasonが育ての父と夜中にアイスを食べているシーンがなぜかずっとずっと印象的で切なかったです。父性に目覚めたルークが唯一持っていた写真も・・・。レイ・リオッタの気味悪さったら、カレはもう普通の人を演じさせてもらえないかもしれないですね。
HRM36さん [DVD(字幕)] 7点(2014-01-27 11:12:50)
4.《ネタバレ》 めっちゃおもしろい。
まあライアン・ゴズリングが好きだっていうのも
少々甘めに評価することになってしまっているが。
ライアンが死んでしまうのはショックだった。
でもやっぱかっこいい。最初のナイフとなんか煙草の音で入るの
めっちゃくちゃかっこいい。
ラストのパトカーの音、余韻あるし未来を暗示させてる。
観て良かった。
らんまるさん [映画館(字幕)] 6点(2013-07-08 23:45:36)
3.予告で考えてた内容で劇場に行ったらライアン・ゴズリングがアッサリ死んでビックリ。
がーその後の話も程よい刺激もあり見続けられたがーやや魅力には欠けたか。劇場だから見きれたがDVDで家で見きれるか自信はない。見終えた印象としてブルーバレンタインほど心はえぐられなかった。何か足が地着いてないような、そんな感覚。善悪が曖昧なのは魅力なハズだがー散漫な印象の原因かもしれないー最後にもう少しゴズリングの面影が感じられれば違ったのかー。レイ・リオッタの気持ち悪さが最高でもっと見たかった。
reitengoさん [映画館(字幕)] 7点(2013-06-17 01:44:04)
2.《ネタバレ》 確かに自分も第一幕が一番面白かったですかね。普通の映画は事件が終わるか主人公が死ぬか、などで終わるもの。けれど、現実だったら終わることなく「その後」が続いていくわけで、普通だったら描かれない「その後」のお話と思えば面白かったです。ジェイソンと養父が実父のことを思い出しながら、ダースベイダーのセリフを言っておどけるシーンが好きです(ある意味スターウォーズのような大河ドラマだしね)。そしてこのシーンで、ジェイソンが無意識にアイスクリームを食べていたのが、見てて凄く嬉しかったです。赤ちゃんのときに実父からアイスクリームを食べさせてもらったときのことがフラッシュバックします。本人は気づいてないけれど。こういう一風変わったスタイルの映画なければ味わえない瞬間だったと思います。
ゆうろうさん [映画館(字幕)] 7点(2013-06-06 01:04:31)(良:1票)
1.《ネタバレ》 『①:息子のために銀行強盗でお金を稼ごうとする男』と『②:その男を撃ち殺してヒーローになった男』と『③:先の二人の子供』と言う大きく3パートに分かれている。
①に関しては以前この役者が演じた『ドライブ』に雰囲気が似ており、一番面白かった。
②は①の主人公を撃ち殺した警官が一躍ヒーローになるも、そのポジションを利用され警察の暗部(ゆすりや窃盗、押収品の横流し等)に絶望すると同時に、逆にそれを利用し成り上がっていくダークなサクセスストーリーで、カメラワーク等細かい演出が急に悪くなった(意図かな?)が悪くはない。
③ははっきり言って微妙。①と②の子供が知らずに仲良くなるも、真実を知り復讐に燃えると言う、何ともありきたりな内容。親と違い子供の素行は、大出世した②の主人公の方が悪くなっているが、①の子供も中途半端に悪でカブり気味、どうせならもっと真面目な感じにした方が退避が聞いて良かったと思う。
・・・・と言った感じで、話が切り替わる度に出来がだんだん悪くなっていき、おまけに尺の長さもあって③の時点でかなりへとへとだった。
決して駄作ではないが、雰囲気や演出、尺の長さ等総合的に見ても『ドライブ』の方が良いかな?

総評
良くも悪くもなく長い作品。
ムランさん [映画館(字幕)] 5点(2013-06-05 19:58:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 6.89点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
415.56%
515.56%
6422.22%
7633.33%
8527.78%
915.56%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS