ロンドンゾンビ紀行のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ロンドンゾンビ紀行
 > (レビュー・クチコミ)

ロンドンゾンビ紀行

[ロンドンゾンビキコウ]
Cockneys vs Zombies
2012年【英】 上映時間:88分
平均点:5.00 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-01-12)
ドラマホラーコメディ
新規登録(2013-06-24)【HRM36】さん
タイトル情報更新(2015-05-12)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストハリー・トレッダウェイ(男優)アンディ
アラン・フォード(男優)レイ
オナー・ブラックマン(女優)ペギー
ダドリー・サットン(男優)エリック
リチャード・ブライアーズ(男優)ハミッシュ
デクスター・フレッチャー〔1966年生〕(男優)ダッド・マクガイア
配給彩プロ
編集ニール・ファレル〔編集〕
あらすじ
ロンドンの造成地で謎の地下墳墓から蘇ったゾンビ。隣接する閉鎖直前の老人ホームでは、そうとは知らずに余生を楽しむ老人たちが憩う。一方、祖父たちの暮らす老人ホームを救うべく銀行強盗を企てるオマヌケ兄弟とその仲間たち。そして、ゾンビの増殖が彼らの人生を一変させる。果たしてロンドンの運命は?!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.今世紀に入ってロメロ式のゾンビ映画は飽和状態、ド派手な火器でゾンビを蹴散らすなんてのも目新しくはなく、もはや作中でもロメロ式ゾンビが公知のものになっちゃってる、というお手軽モード、なんですが。
しかし本作、ゾンビに立ち向かう老人たちに、諦念のようなものがそこはかとなく感じられて、なんとなく良いではないですか。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-07-01 14:00:59)
8.《ネタバレ》 年寄りが年甲斐も無く銃を片手に敵と闘っちゃう趣向がほんとイギリスっぽい。じーさんもばーさんも武闘派。特にホーム園長のアラン・フォードのかっこ良いことったらない。ああなるべきだなあ人は。気概が人を作るのだ。ああ、よもや非業の死を遂げるのか、と涙ながらラストシーンを見守りましたが、次の瞬間快哉を叫ぼうとは。いやあ素晴らしい場面でした。
序盤の銀行強盗のくだりは、そうですねちょっと長いかも。メインのゾンビを客は待ってるので強盗が上手くいくかどうかは二の次ですしね。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-03-14 01:22:29)
7.《ネタバレ》 お笑い度では「ショーン・オブ・ザ・デッド」に負けるけれど、
ホノボノ度では「ゾンビーノ」に圧勝。
ただ、シナリオの構成がまずい。
まるで映研の学生が書いたかのような、順番を大事にした構成。
ひじょうにもったいない。
伊達邦彦さん [DVD(字幕)] 6点(2015-10-14 03:57:40)
6.《ネタバレ》 冒頭でバタリアンレベルのゾンビが二人を食い殺すところから始まり、期待したのですが、本格的にゾンビが登場するまで30分くらいかかります。
長かったなぁ~…(ため息)。
間抜けな強盗たちの会話のやりとりにはウンザリします。日本人には受けないギャグです。
どうして、この強盗をする若者たちと老人ホームの人たちだけが生き残っているのでしょうか?
見せ場は、10分間にわたる、おじいちゃん、おばあちゃんたちの銃撃戦でしょうけど、私にはついていけませんでした。
つまんなかった~。
タイトルの「ゾンビ紀行」というのは、ただ単に、ロンドンバスで逃げるシーンがあるだけだからだと思います。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2013-12-16 02:25:38)
5.《ネタバレ》 企画段階では結構盛り上がったのではないでしょうか。「死人VS死にかけ(失礼)なんて、超ハイブローなセンスっしょ。」「イギリスは銃の規制が厳しいからなあ。でも主役を銀行強盗にすれば、銃器使いたい放題じゃん。」「頭蓋骨に鉄板が仕込んであるからヘッドショット無効とか面白くないっすか?」「やっぱロンドンが舞台だから2階建てバスで逃げたいよね。」(注:若者言葉に他意はありません)各アイデアは面白いと思います。ただし、アイデアを活かすアイデアが不足していたような。例えば老人とゾンビのスローモーション対決。画的には面白いですけど、それだけでは“出オチ”のようなもの。亀の甲より年の功。老人ならではの知恵でゾンビに対抗してくれたらもっと面白かったのではないかと。それに主役を銀行強盗にしたのも前述の理由と推測しますが、銀行強盗“未遂”で良かった気がします。主人公は観客にとって感情移入の受け皿。出来れば悪人でない方が好ましいですから。英国製ゾンビコメディと言えば傑作『ショーン・オブ・ザ・デッド』。そのイメージがあったので若干期待値のハードルが上がっていたかもしれませんが、正直イマイチでした。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-12-06 19:25:31)
4.《ネタバレ》 うーん、思ったよりB級だった。ドラマ部分はそれなりに楽しめるところもあるがゾンビ部分がかなり雑。ショーン・オブ・ザ・デッドとの差はゾンビ愛の差か。
Robbieさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-12-05 00:37:13)
3.《ネタバレ》 ゾンビ映画というとホラー路線とコメディ路線があるわけですが、この映画は後者。まぁ邦題見ればわかりますけどね。原題は「コックニー対ゾンビ」ですから、日本で言えば「下町っ子対ゾンビ」とかになるんでしょうか。
コックニー訛というとオードリーの「スペインの雨は主に平野に降る」しかわからない自分にはこの映画の本質がやや理解できないかもしれないわけですが(実際その訛を使ったネタがいくつかありましたし)、それでもこの映画は面白いです。なんたってじいちゃんかっこいい!(笑)主役は間違いなくじいちゃんです。
もはやゾンビについては老人だろうとその存在を知ってるという割り切り感。
「頭を打つのよ」「なぜ知ってる?」「…常識よ」なんて素敵な会話でしょうか。
わかりやすい「嫌な奴」や「バカ」だけがみんな死ぬというわかりやすい作りも最高。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-11-25 23:43:59)
2.《ネタバレ》 イギリス映画のゾンビものということで、ウィットに富んだコメディを期待しましたが…ハズレました。
そこそこ面白いやりとりや表現はあるのですけれど(老人ホームでの老人vsゾンビとか、イラク帰りのイカレ野郎がゾンビ化して頭を撃たれるけれど治療用の金属でターミネーター化しちゃうとことか)、逆に中途半端にチープなスプラッターなとことかあって素直に楽しめない。もっとコメディ要素を詰め込んで欲しかった。ヒューマンドラマ的要素を盛り込むのはいいんですけれどね。
ま、観るのが嫌になるほどヒドイ出来ではないので4点献上です。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 4点(2013-07-25 01:46:42)
1.くだらない、が合言葉です。くっだらないけど、ゲーム感覚なのかな、ゾンビを撃ち殺してすっきり痛快で終わるのは。イギリスで大流行ですよね。興味のある方はみておいていいのではないでしょうか。
HRM36さん [DVD(字幕)] 4点(2013-07-01 10:57:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3111.11%
4333.33%
5111.11%
6333.33%
7111.11%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review2人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS