Menu
 >
 >
 > フラクチャー

フラクチャー

FRACTURE
2007年【米・独】 上映時間:113分
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
サスペンス法廷もの犯罪もの
[フラクチャー]
新規登録(2013-06-25)【鉄腕麗人】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督グレゴリー・ホブリット
キャストアンソニー・ホプキンス(男優)
ライアン・ゴズリング(男優)
ロザムンド・パイク(男優)
デヴィッド・ストラザーン(男優)
ビリー・バーク〔男優〕(男優)
クリフ・カーティス(男優)
エンベス・デイヴィッツ(女優)
フィオナ・ショー(女優)
ボブ・ガントン(男優)
ゾーイ・カザン(女優)
脚本ダニエル・パイン
音楽マイケル・ダナ
その他ダニエル・パイン(原案)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.アンソニー・ホプキンス×ライアン・ゴズリングという新旧の個性と実力を兼ね備えた二人の競演作でありながら、日本国内未公開どころか今なおDVDスルーにも至っていないことが、まず腑に落ちない。
内容がお粗末な作品ならまだしも、これほどクオリティーの高いサスペンス映画も昨今なかなか無いので、殊更だ。
どうやら劇中の或る描写が、現実的な倫理観と照らし合わせて問題視されているようだが、まったく何のための「フィクション」という言葉なのかと思う。

とにかく、日本では見る機会さえ無かったかもしれなかったことに憤りを感じるくらい、見応えのある「犯罪劇」であり、「法廷劇」だった。

何より、前述の主演の二人の相性が、思いのほか良かったと思う。
老獪で利口な犯罪者の「策略」に、対峙する若く野心的な検事が振り回されつつも追求していくという構図に、ぴったりと合ったキャスティングだった。

“レクター博士”ほどの強烈さはもちろん無かったけれど、アンソニー・ホプキンスは軽妙な語り口の奥底に秘めた恐ろしさをひしひしと感じさせる存在感を放っていた。
一方で、ライアン・ゴズリングは、若さ故の傲慢さと未熟さを放ちつつ、最後には相手を凌駕する雰囲気を醸し出していた。

この二人、タイプは全く違うように見えるが、俳優としての本質的な部分に何か似通った要素を感じる。
そういった俳優自身の素養を引き出し、混ぜ合わせることに成功した見事なキャスティングであり、演出だったと思う。

ラスト、“真相”の正体そのものには「なあんだ」と一寸肩透かしを食らう。
しかし直ぐさま、この映画ならではの“オチ”で静かに締める顛末がとても巧かった。

冷静で頭脳明晰な犯罪者が、犯行の最後の最後で抑えきれなかった“憎しみ”という感情。
その感情の一瞬の露呈が、完璧だった計画に、小さな小さな綻びを生んでいたのだろう。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 8点(2013-06-26 00:10:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS