クロニクルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ク行
 > クロニクルの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

クロニクル

[クロニクル]
Chronicle
2012年上映時間:84分
平均点:6.63 / 10(Review 63人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-09-27)
アクションドラマサスペンスSF青春もの
新規登録(2013-07-02)【8bit】さん
タイトル情報更新(2015-08-07)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョシュ・トランク
キャストデイン・デハーン(男優)アンドリュー・デトマー
アレックス・ラッセル(男優)マット・ギャリティー
マイケル・B・ジョーダン(男優)スティーブ・モンゴメリー
マイケル・ケリー〔男優・1969年生〕(男優)リチャード・デトマー
アシュリー・ヒンショウ(女優)ケイシー・レター
水島大宙アンドリュー・デトマー(日本語吹き替え版)
阪口周平マット・ギャリティー(日本語吹き替え版)
後藤敦リチャード・デトマー(日本語吹き替え版)
土井美加カレン・デトマー(日本語吹き替え版)
佐古真弓ケイシー・レター(日本語吹き替え版)
原作ジョシュ・トランク(原案)
マックス・ランディス(原案)
脚本マックス・ランディス
撮影マシュー・ジェンセン
製作ジョン・デイヴィス〔製作〕
アダム・シュローダー
20世紀フォックス
製作総指揮ジェームズ・ドッドソン〔製作〕
配給20世紀フォックス
特撮リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
美術スティーヴン・アルトマン[美術](プロダクション・デザイン)
編集エリオット・グリーンバーグ
あらすじ
友だちもなく、母親は重い病の床にあり、思うように働けない父親は荒れた生活を送る…そんな境遇にあったアンドリューの唯一の友だちはビデオカメラだった。ある日、いとこのマットと同級生のスティーブに誘われて謎の洞窟に入った彼は、そこに埋まっている不思議な物体の力である能力を身に付けることに。そこから全てが始まり、やがて彼の人生の歯車が狂い始めるのだった。 ふとしたことから超能力を身に付けた高校生が、その力に溺れていく悲劇を描いた青春SFアクション。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
63.《ネタバレ》  POV方式にありがちな、画面の揺れなどはそこまでひどくない。むしろ、空を飛ぶシーンやラストのパニックシーンでは、POVだからこその臨場感を味わえます。わざわざテーマパークまで行かなくとも、ここまでの映像体験ができるなんて良い時代になったものです。
 ストーリーは青春サクセスストーリー風ながら、終盤は一気にサスペンスへと模様替えしていきます。主人公のアンドリューが、まるで共感できない人間なので、見ていてイライラしたり、辛い気分になったりすることもしばしば。友人のマットとスティーヴが良いやつなので余計に辛い。
 スティーヴがアンドリューを誘って、マジックを披露させるまでの流れがかなり好き。
 虐げられ続けてきたアンドリュー。怒りをため込み続け、常に被害者意識に囚われている。そのアンドリューが、最も強いサイキックパワーを持ったことで、いつ爆発するかわからない緊張感がずっとあります。
 そのストッパーになっていたのがスティーヴ。アンドリューが車を誤って転落させてしまい、そのせいでマットとアンドリューが気まずい感じになってしまった翌日、2人の前で空を飛んで明るい空気に変えてしまうスティーヴ。そのスティーヴが途中退場してしまったことで、アンドリューの暴走は歯止めが効かなくなっていきます。
 こーゆー破滅への暴走を見ているのは、引きこまれますがやはり辛い。
 個人的にはアンドリューの置かれた環境は、恵まれてはいないがよくある話で。その後スーパーパワーと親友二人を手に入れたのなら、むしろ普通の人より恵まれているわけで。もう少し前半に、これ以上ないってくらい理不尽な暴力や圧力を受けるアンドリューを描いてくれていたら、キャリーのような歪んだカタルシスを得ることもできたかもしれないです。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2023-09-25 00:25:09)
62.《ネタバレ》 超能力を手に入れた若者たちの悪ふざけを延々と見せられる動画。
演出意図は理解できるけど、手持ちカメラの映像をずっと見てるのは気分が悪くなる。
驚くような展開もなく、行動がエスカレートして悲惨な結末を迎えるというだけ。
もとやさん [インターネット(吹替)] 4点(2022-10-14 05:32:32)
61.《ネタバレ》 アンドリュー役はディカプリオっぽい顔立ちの味のある役者さんで、マットとスティーブはメチャクチャいい奴らでそれぞれのキャラに感情移入しやすくて非常に良かった。終盤まではモキュメンタリーということもあり超能力ものながらこじんまりとした感じだったが、ラストはホラーっぽい雰囲気もありながら迫力もある異色の感じの演出で面白かったし没入感もあり楽しかった。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 10点(2020-12-16 20:21:28)
60.《ネタバレ》 YouTubeで投稿された動画が"本物"と言われても誰も信じないだろう。投稿されることを前提にした撮り方であるため、話の繋げ方が強引に感じられたが、特殊能力を持ったことによる承認欲求の暴走が、"いいね"を提供するSNSとマッチする。主人公の恵まれない境遇に初体験の失敗がさらに追い打ちをかけた形で、人と社会からの肯定と無敵の人の誕生は表裏一体だなと思わせる。スパイダーマンで「大いなる力は大いなる責任を伴う」という名言があるように、思わぬ力(権力でもいい)を手にしたとき、どこに"生き甲斐"を見出せるか一度立ち止まる必要がある。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 7点(2019-10-06 23:01:18)
59.《ネタバレ》 いたずらの過ぎる子供に、超能力を与えるとこういうことになるのかな。ちょっとやり過ぎた感あり。終わり方も良くない。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 4点(2018-05-05 13:34:13)
58.《ネタバレ》 「犬屋敷」はクロニクルのパクリ?
さておき
単純明快でなぜ超能力が身に付いたのかはどうでもいい話。
ドラゴンボールのように自由に空を飛んでその気になればモノはなんでも壊せる。
急激に情緒不安定になっていく主人公に苛つきますね。童貞がゲロ吐いてメンブレ起こしたのか。
だとしたら間抜けなお話。親父のせいにはさせないぞ。
致命的は視点ショットの意味はまるで感じない。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2018-03-19 23:25:57)
57.《ネタバレ》 面白かったしテンポも良かった。90分ダレることなく見れた。
そして「陰キャは結局陰キャだな」と言う感想で終わった。
悲喜こもごもさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2017-10-28 03:30:47)
56.《ネタバレ》 ​鬱屈した童貞に力を持たせるとヤバい
主人公アンドリューの境遇は最悪だ。悲しくて泣けてくるくらい最悪だ。
だけどある日最強の力を得て最高の友達を得た。しかしその最悪の中で育ってきた彼の心が変わるにはあまりにも急すぎて強すぎた。そして悲しみと怒りが臨界に達した彼の感情はあまりにも辛く苦しく悲しい。
POVジャンルながらも超能力でカメラを操り、空を飛んだり独特のアングルで撮ったりと同撮影方式の映画とは一戦を画する迫力だ。普通の映画だったら超能力といっても大したものには見えないのだが、撮影方式を変えるだけで新鮮に見えてしまうから驚きである。そして力と力がぶつかり合うラストのバトルはヒーロー映画に勝るとも劣らない大迫力だ。だがPOVによって巨大な力を持ってしてもどうしようもない現実感をコレでもかと見せつけてくれる。
そしてPOV独特の一瞬先すら読めない一体なにが起きるかわからないハラハラ感はダレること無く最後の最後まで続いて目が離せない。
重厚なドラマに新鮮な映像体験。これぞ映画と言える、悲しき若者達の悲劇でした。
えすえふさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2017-04-11 13:07:33)(良:1票)
55.駄作とは言えないが傑作ではない。いろいろと最近の流行りのやりかたを混ぜた感じだった。パッケージのストーリー解説にAKIRAを出すのはストーリーがそのままで反則だと思った。
さん [レーザーディスク(吹替)] 6点(2017-04-10 21:45:42)
54.《ネタバレ》 比較的良く出来てはいるけど、まぁ率直に言って「童夢」ですね。
ぴのづかさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-11-23 21:44:19)
53.《ネタバレ》 超能力を手にしてしまった青年達に起った悲劇。これは謂わばスーパーパワーを授けられた人間は、ヒーローになるのは難しいことを描いている作品だった思いました。誰しもスーパーパワーを手に入れれば、まずはそれを私利私欲の為に使うでしょう。アンドリューの様に、劣悪な生活環境に身を置いている青年にとっては尚更なのは感覚で分かります。これは所謂プラトンの哲人王思想とも言えます。数少ない哲人により人民は支配されるべきだという思想です。
アンドリューは破壊衝動に囚われて街や人を攻撃し続けますが、マットは何とかそれを阻止しようとする。この相反する哲学が衝突する様が何とも哀しくも魅力的でした。最後にマットはアンドリューが行きたがっていたチベットにカメラを置くのですが、アンドリューがあのテレキネシスを素晴らしい方法として使い、世のヒーローとして皆から祝福されればどれだけ幸せだったろうかと想像せずにはいられませんでした。
民朗さん [DVD(字幕)] 8点(2015-09-23 23:49:46)
52.《ネタバレ》 唐突ではあるが、私が思うに「大事の前の小事」ということわざは、たまに「大事の前の小事は、重要ではない」と誤認・誤用されている事があるように思う。

正しくは「大事の前の小事を疎かにしていると、うまくいかないよ?」という意味である。

そう。この映画もまさしく「大事の前の小事」ということわざが、ピッタリ当て嵌まる。

超能力という分不相応かつとてつもない大事に対して、貧困、家庭内不和、ヲタ属性、童貞という小事をクリアにしていかない主人公が、人生の歯車を狂わせるのだから。

小さな事からコツコツとやれない(してない)人間は、どこか欠落している。超能力という現実感のない題材ではあるが、実は決して他人事、絵空事ではない、スコブル現実味あふれる映画なのである。イヤハヤ、恐れ入った。

「貧困も家庭内不和もヲタ属性も、ましてやどどどどど童貞も!ぜんぜん小事とちゃうわー!」と仰りたい諸兄らの気持ちは痛いほどわかるのだが、こればかりは遺憾ともし難く。
aksweetさん [DVD(字幕)] 8点(2015-03-18 06:09:59)
51.《ネタバレ》 圧倒的な力を身につけるとこうなっちゃうのかな。
隠してイザって時にはこっそり利用するとは思うけど。
虎王さん [DVD(吹替)] 5点(2015-03-05 12:02:12)
50.《ネタバレ》 既にご意見も出ていますが、私も『キャリー』を思い浮かべてしまってからは、顛末が予想出来てしまい、あとは最新映像を楽しむため最後まで観ました。結果としてはまぁまぁ楽しめました。でもそれは映像としてであり、正直、物語としては想像を越えない物でした。友達同士でイタズラしてるところまでは、もしかして想像とは違う展開??なんて、少し期待をしてしまいましたけどね。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-11-16 00:34:24)(良:1票)
49.《ネタバレ》 青春SFアクション。この手のジャンルでは最高峰。ぬるさも目立つが、TEENが力を手に入れたら、というもしもボックスてきな部分を存分に味わえた。ラストを含めて、これでいいんだと素直に鑑賞。青春SFアクション。いい言葉だ。
JFさん [DVD(吹替)] 8点(2014-10-20 13:26:53)
48.それ程期待していなかったが、まあまあ面白かった。
密度も濃いので短編のような印象。能力を身につけたのが三人いるというのが意外にポイントか。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-10-04 22:13:48)
47.《ネタバレ》 子供の頃、妄想していたようなそんな高校生活。撮り方も自分的には面白かったです。けどちょっとの歯車の違いでこんな不幸になってしまうとは…。続編でハッピーエンドにして欲しい。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-09-25 22:00:15)
46.モキュメンタリー(フェイク・ドキュメンタリー)に新しい視点を持ち込んだ功績は正当に評価されるべきだろう。ただし本作の問題は、映像があまりに「普通の映画」の範疇に過ぎる(=綺麗過ぎる)こと、それによってフィクション色が大幅に強まってしまっている点であり、そのためにせっかくの周到な企みも台無しになっている。
野良猫さん [映画館(字幕)] 5点(2014-09-09 19:56:06)
45.《ネタバレ》 私の父も集中治療室で昏睡状態の母に怒鳴り付けるようなクズなので、本作には感情移入できました。スティーヴ(マイケル・B・ジョーダン )が堂々としてて、私の憧れそのもので格好良かったです。アンドリュー(デイン・デハーン)は髪が薄くて寿命が短そうな美しさが印象に残ります。パーティで知り合った女がブスだったのと、救いのない結末だったのが残念です。
DAIMETALさん [映画館(字幕)] 6点(2014-08-15 22:44:59)
44.《ネタバレ》 この映画、個人的に好きです。
余計なところはバッサリとカットした編集。テンポの良いストーリー。撮り方は好みが分かれるかも知れないですが、僕は臨場感・リアルさが感じられて良かったです。超能力SFネタものなので、陳腐な映画になりそうですが、主人公の感情や超能力の威力や迫力などを無理に視聴者に押し付けるようなところがなく、引き込まれるように見てしまいました。
Keytusさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-05 00:57:45)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 63人
平均点数 6.63点
000.00%
100.00%
200.00%
323.17%
469.52%
557.94%
61320.63%
71930.16%
81219.05%
946.35%
1023.17%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 4.00点 Review2人
5 感泣評価 5.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS