上京ものがたりのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 上京ものがたり
 > (レビュー・クチコミ)

上京ものがたり

[ジョウキョウモノガタリ]
2013年【日】 上映時間:109分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-08-24)
ドラマ青春もの漫画の映画化
新規登録(2013-07-18)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2018-06-28)【くるきまき】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督森岡利行
キャスト北乃きい(女優)菜都美
池松壮亮(男優)良介
谷花音(女優)沙希
松尾諭(男優)
西原理恵子(女優)
木村文乃(女優)
黒沢あすか(女優)
岸部一徳(男優)
瀬戸朝香(女優)吹雪
荒井萌(女優)
高山侑子(女優)
森田亜紀(女優)
趣里(女優)
護あさな(女優)
小沢真珠(女優)(友情出演)
原作西原理恵子『上京ものがたり』
脚本森岡利行
製作ポニーキャニオン
ファントム・フィルム
配給ファントム・フィルム
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.この映画もまた、作り手の思い入れ過剰な役者のアップがくどい。
何故にそこまで、というくらい寄りまくって気色悪くなるほどだ。
物語の支障ですらある。
一方で見晴らしの良い川沿いの情景や、鉄道の走る橋のロングショットなどが所々で
織り込まれるのでなんとか釣り合いがとれている。
西原原作作品では馴染みの海辺も、例によって死を暗示する場として印象的だ。
その中、北乃きいが良く寝、良く食べ、良く歩く。
とりわけ苛立ちを持て余しながらひたすら街中を前進していく歩調がいい。
または、池松壮亮の出ていった暗がりの部屋で、一人おにぎりをほおばる北乃の表情。
案の定、涙が一粒流れ落ちてというのが陳腐ではあるが、いい表情を見せる。
連載打ち切りを伝える編集者になりふりかまわず必死に食ってかかる姿もグッとくる。
要は、反グラビア的な表情、不格好なアクションこそ感動的なのだ。



ユーカラさん [映画館(邦画)] 6点(2013-09-06 00:25:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS