エリジウムのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > エリジウム
 > (レビュー・クチコミ)

エリジウム

[エリジウム]
Elysium
2013年【米】 上映時間:109分
平均点:5.98 / 10(Review 66人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-09-20)
アクションSF
新規登録(2013-08-17)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2014-11-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニール・ブロムカンプ
キャストマット・デイモン(男優)マックス・ダ・コスタ
ジョディ・フォスター(女優)デラコート高官
シャールト・コプリー(男優)クルーガー
アリシー・ブラガ(女優)フレイ
ファラン・タヒール(男優)パテル大臣
ディエゴ・ルナ(男優)フリオ
ウィリアム・フィクトナー(男優)ジョン・カーライル
ホセ・パブロ・カンティージョ(男優)サンドロ
ワグネル・モウラ(男優)スパイダー
土田大マックス・ダ・コスタ(日本語吹き替え版)
戸田恵子デラコート高官(日本語吹き替え版)
斎藤志郎クルーガー(日本語吹き替え版)
宮島依里フレイ(日本語吹き替え版)
脚本ニール・ブロムカンプ
撮影トレント・オパロック
製作サイモン・キンバーグ
ニール・ブロムカンプ
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
衣装エイプリル・フェリー
編集ジュリアン・クラーク
リー・スミス〔編集〕
あらすじ
人口爆発と環境破壊で荒廃した2154年の地球。少数の超富裕層は、宇宙に浮かぶ楽園衛星「エリジウム」へと移住。あらゆる病気・怪我を完治できる万能医療ポッドを所有し、悠々自適に人生を謳歌していた。地上に残された貧困層の人々は、犯罪の蔓延る社会で劣悪な労働環境の元で働き、辛うじて生活していた。地上で暮らすマックスは、職場の工場での被曝事故によって余命5日と宣告される。絶望の中、彼は一縷の望みに掛け、エリジウムの万能医療ポッドの利用を目指し、ある組織に近づく...。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
66.《ネタバレ》 大けがを負い、サイボーグと化した漢の逆襲。「上」の特権に立ち向かう。SFアクションだけど、要所の描写が弱い。だいぶお年を召されたジョディ・フォスター。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2019-08-31 23:29:29)★《新規》★
65.《ネタバレ》 第9地区が好き過ぎてこれも発売日にBD購入。

が、凡作。
なんだろう、普通のハリウッド超大作になってしまった。
毒がないのである。
あと、世界が狭い。
第9地区だとごく狭い町の中だけなのが当たり前だが、
エリジウムの場合は地球対コロニーになるはずが
主人公のいる地上対コロニーにしか見えず広がりがない。
多分脚本も初稿は面白かったんだと思うが
いわゆるハリウッド的売れるための検閲で逆に面白くなくなった感。
惜しくはあるんだが、結果は結果、普通です。
にんじんさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2019-06-02 23:12:46)
64.貧乏で情けない描写は丁寧でいい。骨折しているのに無理言って働く(しかも給料を半減されてしまう)。役所でロボットに懇願してもにべもなく断られてしまう。それに対して金持ちの描写が雑。自然豊かな場所にプール付きの豪邸があってフランス語で喋る。ステレオタイプで浅い。
福本伸行もビール1杯をすごくおいしそうに描くけど、金持ちの描写は美女を侍らせてフルーツをたべるというステレオタイプしか描けない。ニール・ブロムカンプと福本伸行。似た者同士かもしれない。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-01-29 23:54:10)
63.主人公が身勝手に見えて応援できなかったです。秩序を乱され、死傷者続出であろうエリジウム側が可哀想とさえ思えた。
リンさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2018-01-23 11:59:05)
62. ロボコップの悩みなんかバカバカしくなるくらい先を行っている、と思っているうちはかなり高得点。
 その技は赤影とかゴエモンにまかせとけ、と思い始めた後半は残念。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-08-18 19:14:33)
61.《ネタバレ》 マット・デイモンとジョディ・フォスターなんて著名な二人を起用しないほうが良かったんじゃないかな。マットは地上で、社会底辺で生き延びるのに必死な貧民層、かたやジョディは天上の楽園にて移民を排斥するのに躊躇しない選民意識バリバリのエリートとくれば、この二人が対決するんだろうなーと素直に思ってしまった。
意に反して、ジョディはあっさり部下に殺られちゃった。実にあっさりと。マット・デイモンとの接点はあの「死んでも構わないわ」の一瞬だけだった。悪辣キャラにしても中途半端に終わっちゃって、ジョディほどの大御所が演るべきではない役だなこれは。作品のキャラバランスを壊している。
第9地区を彷彿とさせる圧倒的な貧民窟の描写力。空にぽっかり浮かぶ人工の楽園といい、設定はベタではあるものの舞台、小道具といった隅々まで美的な精度が高くて目が飽きない。
人間性をも顧みない苛酷な格差社会の未来図を、練り上げた画の力とテンポの速い展開で構築した監督の頑張りはなかなかのもの。でも大物スターは似合わないなやっぱり。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-10-19 00:40:42)
60.《ネタバレ》 この作品でひっかかったのが、マックスの幼馴染の女性の、白血病にかかった娘が「森に住んでる強い動物が木の上のエサを全部食べちゃって、小さな動物が死にそうになったけど、カバの背中に乗って木の上のエサを食べることができたのよ」って思わせぶりにマックスに話す場面。

弱った小動物=自分
カバ=マックス

といいたいのだろうが、マックスがそれを自覚して「カバは何のトクがある?」ときくと「友達になれたわ」と答える娘。

てことはなんだオイ、娘は「さぁさぁ私を助けなさい。そうすれば私が友達になってあげるわよ?さぁどうなの?フフッ」って言いたいわけか。
なんたる、こまっしゃくれた娘(笑)

血さえつながってはいないものの、今まで一緒に遊んだよとか、昔娘に助けてもらった恩があるよとかならともかく
ついさっき会ったばかりで言葉も交わしていない間柄なのに、マックスの包帯をマキマキしてあげてマックスに純真そうな上目づかいでカバ話をすれば、無料でエリジウムに連れてってくれて病気を治してもらえると思ってのことなら、なんとまぁ計算高い娘よ(笑)

ゆえに、マックスが自爆ボタンとなるキーボードのエンターキーをポチンと押してカクンとなっても、「命無駄にしたな」としか思えない残念な展開。

そもそも主人公を自爆させるってのは、映画的にはハイリスクハイリターンだ。

オチのネタバレになるのでタイトルは伏せるがジャン・レノ主演のアレとか、ブルース・ウィリス主演のアレで描かれた”自爆して愛するものを救う!”は、私てきには、しっかりとしたプロットのおかげでハイリターンになっていると思っている。

ということで、それなりの脚本・映像・音楽を主人公のために用意ができないままマックスを自爆させちゃったのは最大の誤算。

・・・といいつつ、「第9地区」を思い出させるホコリくさい画面に引き込まれたのも事実(自爆)
フィンセントさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-04-11 20:44:39)
59.残念ながら主人公の戦う姿勢に共感できなかった。

主人公マックスは特権階級が支配する「天国のカギ」にアクセスしたうえで、クーデター的な市民解放を目指す。
たしかに真実や不死の力が一部の人間に独占される世界は間違っているのかもしれない。しかしだからといってそれを大げさに空からバラまくようなやり方が本当に正しい解放だといえるだろうか。

主人公は安易な戦い方を選択したと思う。その捨て鉢な態度から伝わってくるのは愛情ではなく憎しみであり、祈りではなく絶望である。すべての市民にわけへだてなく与えられるようになった「不死」は新しい時代の怠惰や隷属を意味するもののように思えてならない。

この監督は映画の厳しさに真剣に向きあおうとはせず、表現の前におびえ、その力を疑った。とってつけたようなハッピーエンドも娯楽映画に埋没する監督の自己弁護にしかきこえない。
月のさん [DVD(吹替)] 4点(2016-01-01 11:08:23)
58.《ネタバレ》 傑作『第9地区』の監督にしては、なんかしまらないお話しでしたね。ゴチャゴチャしたスラムが舞台というとすっかりこの監督のトレードマークみたいな感じですけど、『第9地区』ではそのスラムに住むのがエイリアンだというとびっきり秀逸なプロットだっただけに、「下層階級が押し込められてます」と言われたって同じ様なプロットの映画は腐るほどあるので全然新鮮味がありません。メキシコシティでロケしたそうですけど、曲りなりにもOECD加盟国の首都が既にこんな状態になっているという現実の方がはるかに恐ろしいです。荒廃した未来のLAというのが発展途上国で楽園エリジウムが先進国、という判り易いメタファーなんですけどなんか薄っぺらい思想を聞かされている様で白けます。アメリカやEU諸国のどこが楽園なんだよ、とマジで突っ込んでおきます。 マット・デイモンも訳のわからないスーツを装着してるけど致死量の放射線を浴びて余命5日の身体とは到底思えない元気っぷりです。どうもあのスーツはイマイチ意味が判らない代物でしたね。でも最大の失敗は、すっかり皺くちゃおばさんになったジョディ・フォスターの中途半端な悪役ぶりに尽きるでしょう。せっかく大物女優を引っ張って来たんだから、実は彼女はエイリアンでした、ぐらいの弾けっぷりを見せて欲しかったです。そこら辺がこの監督は真面目すぎるんですよね。 とはいえ、格差社会において最大の問題は医療である、という指摘は実に正しいと納得せざるを得ません。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-12-07 21:53:42)
57.《ネタバレ》 地上から成層圏を軽く貫くロケットランチャー。そう、序盤に出たこの武器を見た瞬間に気付くべきだった、これがトンデモSFだという事に。放射線病や白血病、脳さえあれば死んでても蘇生させちゃう万能医療ポッド。セキュリティの甘い中央制御室。銃弾をガード出来るビームシールドなどなど何でもアリ。でも観てて退屈しないのは監督の手腕だろうか。
真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2015-05-12 03:38:52)
56.《ネタバレ》 あの「第9地区」の監督でなんか映画の舞台もおもしろそうと思っていましたがここでのレビューがあまりよろしくない。。ということであまりハードル上げずに観ましたけど予想通りな感想でした。超裕福層が地球を捨てて宇宙コロニー(エリジウム)で生活するっていう設定が良いです。死期が迫っている主人公がエリジウムにある「なんでも回復器(?)」を目指すというのも悪くありません。ただ「第9地区」にあったようなワクワク感というかオモシロ感がこの映画には足りない気がします。。うーん、なんでだろうと考えたものの明確な答えが出てきません。「なんとなく」足りないんです。強いて言うのであればジョディーフォスターが「なんか違う感」がありました。何も考えずに観れるのは良いのですがもっとこの題材を活かして欲しかったです。
珈琲時間さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2015-05-11 08:38:35)
55.予告編に騙された..主演が マット・デイモン だから、ハズレはないだろうと、高を括っていたら、コケタ..ストーリー設定は良いとしても、細かい部分でツッコミどころ満載..登場人物の言動や、ストーリー展開が、ご都合主義そのもの..物語の中身は薄~くて、ぺらぺら..典型的な、ハリウッドらしい、B級映画って感じ..あんなに科学技術が発達しているのに、スペースコロニーの防衛力、脆弱すぎ..格好つけてないで、天井付けろよーって思う..残念ながら、期待ハズレ..しょぼ過ぎる..ガッカリ...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 5点(2015-02-14 13:32:30)
54.《ネタバレ》 富裕層はスペースコロニーで貧民は地上で生活する遥か未来。
被曝し数日の命となった主人公が肉体修復装置のあるスペースコロニーへ侵入を謀る。
オーソドックスなSF物だけど結構好きですね。
SASUKEさん [DVD(字幕)] 6点(2015-02-14 02:25:23)
53.どこかで見たことがある感じが満載な映画です。
あの後、人類は滅んだんだろうね・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 5点(2015-01-03 19:09:13)
52.全体的にクオリティーは高いのに、映像もストーリーも既視感満載。よく出来た映画にもかかわらず、最近乱発される凡百の近未来SFに埋もれてる印象。第9地区はあんなに毒の効いたインパクトある作品だったのに、どうしちゃったんだ?
54dayoさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-11-10 00:04:46)
51.《ネタバレ》 貧困格差問題にスポットを当てた感じ。地球とエリジウムを対照的に表現する画はきれいなんだけど、内容的にはB級SFぽいテイスト。それにマットデイモンジョディフォスターというスーパースターが出演することでなんとかもってる。でもジョディフォスターの劣化ぶりが悲しい驚き。年齢のためにキャラチェンジ狙っているのかな。メリルストリープ路線のような。悪役がシステムダウンする時のブゥーンという音はせつないコミカルさ。高い評価は無理な作品です。
タッチッチさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-10-16 17:00:48)
50.凄く期待させる始まりですが、意外に普通の出来。
設定はいいものの、B級映画感が満載で、それはちょっと残念かもしれないしやじゃりこういったものかもしれないし。映像でキレイなところも多いですけどね。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-10-08 21:28:15)
49.《ネタバレ》 そもそもエリジウムのセキュリティがあまい。あれだけハイテクな機械作れるのにあの緩さはないよ。あとマックスのキャラもなんか微妙だった。まぁ地球の人を救ってやるって感じの主人公じゃなかったからかな。でも急に最後にマックスがいい人感出してきたけどそもそも自分が体治したかっただけじゃんってツッコミたくなった。あと地球に医療船が行っちゃったからますます人口が増えるけどどうするのかな?
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-09-30 00:36:55)
48.《ネタバレ》 世界観、美しい映像、一流の出演者たち。これらが揃っているのに粗が目立ちすぎて楽しめませんでした。致命的にな粗を3つ上げておきます。

第一に、エリジウムでは各家庭に置けるほど普及している「アノ装置」、地球にも数台置いてあげればこの映画のほとんどの問題は解決したはず。第二に、主人公がああまでして命に執着したのにも関わらず「事の発端」は入ったらダメな原子扉内へ自ら入ったことが原因です。(さすがに意味不明だわ) 最後に、人類の箱舟エリジウムの「防衛の甘さ」です。特攻して入れるくらいなら過激分子はどんどん入りますね。オマケにプログラム解除していきなり地球が祭りなんて・・ どんだけセキュリティが甘いんだよ!と怒りすら・・

以上、3つの矛盾があったのでぜんぜん楽しめませんでした。映像の美しさに4点献上です。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2014-09-23 11:13:47)
47.《ネタバレ》 ガンダムのおかげで日本人には慣れ親しんだコロニーの風景はデジャブ感満載。これガンダムUCですか?なんて思っちゃいます。さて、未来のユートピア&デストピアという使い古されたテーマをどう扱うかと思ってみてみると、何のひねりもなくごく普通に料理しただけの映画でした。無難という言葉がものすごーく似合う映画です。決してつまらないわけではないけど、結末まで含めてすべてが予定調和の中。こういう映画ってサプライズがないとダメだと思うの。あ、ジョディフォスターがあっさりあそこで退場したのがある意味サプライズでした。あれなら即死でもいいじゃん!!何かありそうで何もないという見事な逆サプライズ。でもまぁそれもどうでもいいです。

あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-09-07 01:53:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 66人
平均点数 5.98点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
457.58%
51725.76%
62842.42%
71015.15%
846.06%
900.00%
1023.03%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.42点 Review7人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review6人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 5.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS