ばしゃ馬さんとビッグマウスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > ばしゃ馬さんとビッグマウス
 > (レビュー・クチコミ)

ばしゃ馬さんとビッグマウス

[バシャウマサントビッグマウス]
2013年【日】 上映時間:119分
平均点:6.05 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-11-02)
ラブストーリーコメディロマンス
新規登録(2013-08-28)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2019-01-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督吉田恵輔
キャスト麻生久美子(女優)馬淵みち代
安田章大(男優)天童義美
岡田義徳(男優)松尾健志
山田真歩(女優)マツモトキヨコ
清水優(男優)亀田大輔
秋野暢子(女優)天童育子
松金よね子(女優)馬淵絹代
井上順(男優)馬淵治
脚本吉田恵輔
音楽津島玄一(音楽プロデューサー)
撮影志田貴之
製作白倉伸一郎
東映(「ばしゃ馬さんとビッグマウス」製作委員会)
キングレコード(「ばしゃ馬さんとビッグマウス」製作委員会)
電通(「ばしゃ馬さんとビッグマウス」製作委員会)
木下グループ(「ばしゃ馬さんとビッグマウス」製作委員会)
東映ビデオ(「ばしゃ馬さんとビッグマウス」製作委員会)
配給東映
編集太田義則
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.《ネタバレ》 多少まどろっこしいものの、このテーマはとても興味深い。
夢を追って、でも現実に戻って去っていく。単純だが人生における普遍的な状況だ。
誰かがいつかどこかで夢を叶えるが、それは自分ではない、という事実に人は優しくなっていく。それが哀しい。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-10-07 21:13:29)
18.《ネタバレ》 とても面白かったです。シナリオがよくできてるんですよね。
多くの人が自分の夢を追いかけながらも、実現できるのは一握り。
ほとんどの人が、途中で諦めていくわけですが、夢を実現するってのが映画の王道ストーリーですからね。
実現できない多くの人に焦点当てる作品は実はあまりないような気もします。
本作のテーマである「夢の諦めかたがわからない」ってやつは強い共感を持ちます。
みち代はラスト、田舎に帰るわけですが、彼女が言うようになぜか最後は爽やかで満ち足りた気持ちになります。
ようやく夢から解放された、とでも言うのかな。
麻生久美子さんはさすが大物女優だけあって見事に演じてらしたけど、
意外にも安田章大くんも巧かったなと。はまり役でした。
あろえりーなさん [地上波(邦画)] 8点(2017-02-03 23:15:27)
17.《ネタバレ》 昔、有名脚本家の話を聞きたいという理由だけでシナリオ学校の説明会のようなものに参加した事があります。
そういうミーハーは自分だけで、まわりの空気は殺気立っていて怖かったです。ちょうど主人公のぐらいの中年女性が殆どでした。本作を見て、会場に居る人々は色々と追い詰められていたのかなと思いました。
「夢を諦める」というのはどういう事なのか。そもそも夢とは何なのか。そこには生活(カネ)と承認の問題がある。主人公は生活はできているようであるが、承認がない。脚本でカネが貰えているわけでもないので、脚本は仕事ではなく趣味になっている。趣味を諦める。という台詞はあまり聞かない。夢と趣味の違いは承認の有無。脚本を書くのが好きなら続ければいい。それが続けられないのは承認がないから。脚本家には年齢制限もないし、承認など無視して、趣味を続ければいいのにと思うのだが、辞めてしまうというのは結局書く事が好きではなかったという事なのかな?という気がした。世の中には兼業作家ってのはいくらでもいるし、書く事を続ける事は難しい事ではない。
作品自体は入れ子構造になっていて少々見難いような気がした。(と偉そうに批評するなら自分で作ってみろよ!という監督の怒りのメッセージとも受け取れなくもないが。)
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-01-24 13:53:14)
16.脚本は単に雰囲気でつないでいるだけだし、主演の2人は演技というものをまったくしていません。輪をかけて照明やカメラにも何の工夫もないとなれば、一体どこを見ろというのでしょう。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2017-01-24 03:50:55)
15.《ネタバレ》 ばしゃ馬さん!あんたシナリオライターなんてとんでもない!!あんた、そんなにキレイでかわいくて、演技も抜群なんだから、”女優!”やるっきゃないでしょ!、、、、、、、とは誰も言わない、、、、よね、、、、。 どっかで既に見たような内容でいて、しかし、今までになく、新鮮な感じもしました。自分が若いころ、ほんの少しの間、”エキストラ”のバイトをしていた時の雰囲気が、少し、アタマをよぎり、せつないなあ。とても魅力的でキレイな女性が去って、いなくなってしまうラストは、ホント!せつない。さびしい、、、、、、、むなしい、、、。
男ザンパノさん [地上波(邦画)] 6点(2017-01-17 23:24:18)
14.《ネタバレ》 夢を追いかける2人の脚本家を描いた青春コメディー。最初の方は、ちょっとノれんかったです。ばしゃ馬さんは、がんばってるけど理屈が多くて痛い感じだし、ビックマウスの方はほんま薄っぺらな口だけ男っぽい感じで。ただ、観てるうちにドンドン映画にのめり込み、この二人がドンドン魅力的になっていき、クライマックスにはなんか高揚感に包まれ、鑑賞後は、久しぶりにドラマらしい、いいドラマを観たなーって感じで清々しい気分。僕は昔から夢らしい夢なんてもたず、バンドやるぞーとか、税理士になるぞーとか、表面的な思いつきの夢を一時的にもつくらいで、夢なんて語る人間ではないんですが、それゆえに最初にビックマウスのキャラを観たときは、あー、こんな感じ、わかるわーってなって、なんか同族嫌悪で、観てるのが辛くて、それが最初の方でノれんかった理由かな。このキャラはもちろん、そんなキャラではなく夢もちゃんとしてるってのが後半わかっていくんだけど。あと、そんな夢に苦しめられた事のない僕でも、所々にある描写が、ほんとアルアルな感じで、リアリティーがあって、そのへんも面白かったなー。テーブルにぶつかる店員さんとか、どなるおばさんとか、みんなで盛り上がってる横に会話に全く入らない人がいたり、背景描写も日常でよくある感じだし、テンション高めで挨拶したら向こうが自分の事を覚えてなかったり、なぐさめからのオスになる元彼とか、嫌な気持ちになってるのに、そんな感じじゃないですよって振舞ったり、見に覚えるのある細かい描写てんこ盛りで、それ観てるのなんか楽しい。
なにわ君さん [DVD(邦画)] 7点(2016-11-10 12:17:59)
13.《ネタバレ》 馬渕にとって松尾は未来の自分であり、天童は過去の自分である。そして、その逆もまた然りの鏡像関係。
だから馬渕は松尾に叱咤激励され、天童に厳しく当たる。みんな過去の自分が憎くもあり、愛おしくもあるから。
そして夢はバトンタッチされる。シナリオの取材という名の告白を通して、過去の自分に夢を託す。
松尾は馬渕を振り、馬渕は天童を振る。
夢を諦めた者は、夢を追う者に振り向く事はない。夢に振り向いてしまったら、夢を諦められなくなってしまうから。
だから馬渕は振り向かず歩く。それは、天童(過去の自分)に対しての決別でもある。
天童の未来は、また誰かに夢を託すのか自分自身で夢を叶えるのかは分からない。
ただ言える事は、夢をひたむきに真っ直ぐ追う者は眩しく美しい。そして痛々しく、残酷でもある。
ちゃじじさん [DVD(邦画)] 6点(2016-07-06 02:12:01)(良:1票)
12.《ネタバレ》 吉田恵輔監督は、「平成の川島雄三」と呼べるところまで来ているかもしれません。軽妙なタッチでありながら、人間観察の鋭さ、シニカルさが冴え渡っており、でも、そこはかとなく漂う温かさ・・・・。今後も注目していきたい監督です。それにしても、見ていて「痛く」なる映画でした・・・・
TMさん [DVD(邦画)] 8点(2015-02-22 23:36:52)
11.麻生久美子の役者っぷりに大いに拍手!素晴らしい!ブラボー!一生懸命に考えて作ったモノよりも、勢いや行き当たりばったりで作ったモノが評価されることってよくある。そんな世の中だけど、たとえどんなに回り道をしても、自分の居場所だけは見つけ出したいものです。そんなことを感じさせてくれた映画でした。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 6点(2014-07-02 21:48:47)
10.何の変哲もない登場人物にして、何の変哲もないストーリー。
…「だが、それがいい」と言うべき作品なのかもしれません。…が、特にいいとは思えませんでした。
麻生久美子贔屓が多少入っているから見れたものの、そうでない人には厳しいかと思います。
牛若丸さん [DVD(邦画)] 5点(2014-06-19 22:10:45)
9.なま夏→ 机のなかみ→ 純喫茶磯辺→ さんかくと来て その後、待ちわびていた吉田恵輔監督の第五弾。でも、なぜにこんなベタでスローなものを出してきたのだろうか キャスティングと予告編のイメージからして、たぶん面白くないんじゃないかなという想定のもとで今までお見送りをしてたんですが、不安が的中、ほんと残念ながら面白いものではなかった。そんな意味では想定内に治まり、後味の悪さというのは別になかったのでよいのですが、吉田恵輔ブランドへの信頼は薄れ、勢いは少し止まってしまった 。今後、ほぼ同時期に製作されてたんじゃないかと思える堀北真紀主演の〝麦子さんと〟のほうに期待。
〝ばしゃ馬さんとビッグマウス〟悪くは無いんだけども面白さが一個もナイ。
3737さん [DVD(吹替)] 5点(2014-06-09 21:04:30)
8.《ネタバレ》 うーん。これはつまり、ビッグマウスこと吉田監督が、映画の世界を目指していた若い頃に「自分のすべてをさらけ出して」書いた脚本の暖め直しとみた。そうだとすると、「夢」なんてフワフワした言葉がポロポロ出てくるのも合点がいく。しかし、ワタシはそんな小便くさいセンチメンタルはごめんなのですね。一番共感したのは、めちゃくちゃ未練があるけど、それは押し隠しつつ、今の仕事に専心していた彼でした。
なたねさん [DVD(邦画)] 2点(2014-04-29 20:42:27)
7.《ネタバレ》 麻生久美子演じるヒロインが元恋人の部屋で泣くシーンが良かった。
自分は才能無いし最低なんだと吐露して泣きじゃくり、元恋人に慰められるというシーンなのだが、カメラが固定されておらず、画面はゆらゆら漂い続ける…まるで不安定なヒロインの心情を表したかのよう。

そして、2人は抱き合い、メガネがぶつかりそうなほど濃密なキスを交わす。
男はそのまま女を押し倒すが…

「ねえ、いいの?」

「わたしまた好きになっちゃうよ?」

ここで我に返って手を止める男。
おい!そこまでいってやめるなんてそれでも男か!?と思わず怒鳴っている自分が居た。
いや、決してラブシーンを期待していたわけじゃないよ?
あまりにヒロインが可哀想だったものでつい…。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 7点(2014-04-12 20:24:51)
6.《ネタバレ》 出てくる人間のペラい事、ペラい事。どこか他人ごとと思えなかったりする痛さ。共感できる部分は、やはりある。でも、痛さを表現することが得意な吉田監督からすると、切れ味はずいぶん物足りない。
馬渕さんは、いい年して理屈っぽくなってて、力のある人に媚び売ったりするところが、本当に痛いなー。悲劇のヒロインぶりたがり、悲しみを演出するために音楽を変えたりするところぐらいはカワイイが、全然魅力的でないヒロインである。自分に才能がないと思うならさっさと辞めちまえ!!
脚本家とかミュージシャンとかお笑いとかは、むしろ才能がないやつが売れちゃダメだ。業界のためにならない。そんな才能もないやつが書いた、冒険のない作品を誰が観たいと思うのだ?何も作ってなくても、ビッグマウス君の方が余程好感が持てた。
まさに本作こそが、「そんなつまらないやつが作ったペラい内容」を体現していたりする。大してドラマもないし鋭さがあるわけでもない。主人公を始め、登場人物にまるで深味もない。超えるべき試練も障害も与えられず、なんとなく過ぎていくテンプレート的な日常。
それを徹底してのっぺりと描いた事こそが本作の面白さなのかもしれない。夢がどーだこーだと、繰り返されるセリフもむず痒い。だけど決してつまらなくないのが不思議。
ひところで言うならば、この映画はつまらな面白い!!と言ったところだろうか。
すべからさん [映画館(邦画)] 7点(2014-03-06 01:02:53)(良:1票)
5. 一握りの成功者の裏に、たくさんのそうでない人がいます。人によっては思い当たるよ部分があるでしょう。盛り上がりのない作品ですが、ちょっと心にしみる作品でした。
海牛大夫さん [DVD(邦画)] 6点(2014-01-01 13:37:29)
4.《ネタバレ》 映画館で開映を待っていると、他の客は若い女の子ばかり・・・。えっ、何?なに??急いで調べると、関ジャニの安田章大が出演とのこと。ああなるほどジャニーズか・・・。けれど、見てみるとびっくり、安田章大こそこの作品のMVPでした。彼が何か行動する度に客席から「カワイイ~♪」ってな黄色い声が沸いてましたが、ファンでもない自分が見てもとても楽しかったです。なかなか夢が叶わないという物語の中で、彼がとても救いになっていました。

それに対して、麻生久美子への追い込みは半端なく切実。畳み掛けるように次から次へと追い込みがかかります。結婚式の席で、今まで見下していたBL系を書いていると言ったとき、仲間たちは「へーぇ、BLねえ」と微妙に納得している様子。人を見下していた過去の自分自身から、逆に見下される感じ。えぐい。

私が選んだ仕事は、シナリオライターと違って、努力すればある程度なんとかなる業界。なので今でもなんとか働いてますが、それでも学生の時、もしくは就職してからも諦めていく人を何人か見ました。その度、麻生久美子の台詞にもあったように「夢を諦めるのってこんなに難しいの・・・」と思ったものです。なので、自分の周辺と照らし合わしてしまってジーンと来ました。むしろ、スパっと諦めた人よりも、ダラダラ続けてる自分の方がダメなのでは?と思ってしまうことも。成長するって大変だあ。せめてこの映画の安田章大のようでいたい。・・・それこそ無理か、諦めまーす。
ゆうろうさん [映画館(字幕)] 8点(2013-11-29 10:02:56)(良:1票)
3.《ネタバレ》 夢を追いかける人の姿を残酷に描いた良作。ここまで女主人公をどん底まで突き落とす作品も少ないと思います。特に結婚式の場面で旧友に、見栄を張ってしまうシーンの儚さは半端じゃない。その後にゲロまで吐かせる容赦のなさ。最後までばしゃ馬さんこと馬淵は一次審査すら通らない。努力しても才能がなく夢が叶わない人、つまり世間一般の人々の姿を徹底的に映し出す。
彼らを映す画も素晴らしい。ビッグマウスこと天童が落選し奇声を上げながら全力疾走する様を、クローズアップとロングショットを織り交ぜて可笑しく哀しく映し出す。介護の現場で大失態をしでかした馬淵の錯乱状態を一人称のカメラが揺れることで表し、第三者視点から外で泣きじゃくる彼女を映し出す場面も良く出来ていた。会話劇や元カレの家でのロングテイクも印象的でした。
しかし残念な部分もありました。まず上映時間が長すぎる。馬淵がドン底に突き落とされるシーンが謂わばこの映画の谷間。そこからエンディングまで40分近くもある。優れた映画ならクライマックスに至るまでをタイトに描くと思います。
この映画は色々な場所での会話が出てくる。居酒屋、レストラン、シナリオ教室、エレベーター前、etc...。そこの会話劇は面白いのだけれど話してる当人以外の人物は完全な背景と化してしまう。居酒屋やレストランのシーンは特にひどい。主人公二人が口論してるのに周囲の人達は普通に会話を続けている。そこは場が白けるとかそれなりのリアクションをするべきじゃぁ。
風呂場でのオッサンの股間のモザイクも意味不明。それまで主人公に感情移入してるのにモザイク映った瞬間に「あ、これ映画だよな」って我に返っちゃう。実に無粋。
また私は馬淵に足りないのは何より"ストイックさ"だと思ったんですよね。本人は「ストイックにやらないと~」と何時でも何処でもタイプしてるんだけど(正直場所や状況を考えろと大いに思いますが)、ボーイズラブのシナリオを書いているマツキヨさんに「私はそういうのはちょっと興味ないかな~」とか言っちゃってる。私からすればどんなに自分の好きじゃないジャンルの企画であれ足がかりに挑戦していく位のスタンスが必要だと思うんだけどな。どんなジャンルでも深い部分はあるわけだし。そういうとこには最後まで気づかず終いで自分の宇宙の中だけで完結している馬淵の姿に納得できなかったというのが正直なところです。
民朗さん [映画館(邦画)] 7点(2013-11-11 22:23:17)
2.書き仕事が中心となるシナリオライターのドラマを如何にアクティブに描出するか。
映画としては困難な題材だろうが、『風立ちぬ』の図面書きのようによく工夫している。
最後の挑戦となる執筆を前に、髪を束ねる麻生久美子の凛とした横顔。
安田章大と麻生のリズミカルなカットバックと、キーボードを打つ手のアクションが、
手持ちカメラの躍動と共に画面を弾ませる。

一方で、要所要所では丹念な長廻しによって俳優の心情の静かな昂ぶりを収めきる。
友人の結婚式の帰り、安田に携帯電話をかけるシーン。
岡田義徳の部屋で泣きだすシーン。それぞれに、麻生のナチュラルな芝居が活きている。

脚本あっての映画だが、俳優の活かし方が良いのだろう。
主演らの芝居の背後にさりげなく映っている助演たちもまた彼らの世界を生きている、
という細やかさがいい。
双子の姉妹とか、本筋とは無関係ながらそのキャラクターたちから
映画が豊かに肉付けされていく感覚がある。
出番としては少ない山田真歩も、彼女なりのドラマを持った役柄となっており、
それが作劇にも活かされている。


ユーカラさん [映画館(邦画)] 7点(2013-11-10 21:55:35)
1.例えば、このストーリーの脚本をコンテストに出しても一次予選通らないと思う。リアリティもあるし、不真面目さとか不愉快さとかは、欠片もない丁寧なストーリーなんだけど………。山も落ちも伏線も全く何もない、こんなに起伏のない展開で映画を作ってもらっても。
 彼女の生活を通して、何か観る側に伝えたいものがあったのか?あるいは、彼女の生活の何かが大勢の人の心を捉えて大勢の人が観にきてくれるという目算があったのか?
 仲間内で、「ああ、こういう人いるよね」とか「切ないね」で盛り上がって映画を作るなら、別に批難する必要もないが、大勢の人に協力してもらって、資金も集めて製作される商業映画としては、はっきり言うと不真面目。
 残念ながら麻生久美子に対する評価が少し下がる日が来てしまった。これだけ趣味に合わない映画に出られたら。
(別サイトに投稿したもののをそのまま使ってます。お気づきの方も見えるかもしれませんが、同じHNということでご理解ください。こんな稚拙な文章、パクる人間いませんからw)
rhforeverさん [映画館(邦画)] 6点(2013-11-06 17:03:31)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 6.05点
000.00%
100.00%
2210.53%
300.00%
400.00%
5210.53%
6736.84%
7526.32%
8315.79%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 2.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS