ウルトラマンギンガ 劇場スペシャルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル
 > (レビュー・クチコミ)

ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル

[ウルトラマンギンガゲキジョウスペシャル]
2013年【日】 上映時間:45分
平均点:5.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-09-07)
公開終了日(2013-09-27)
アクションSFシリーズもの青春もの学園もの特撮ものTVの映画化モンスター映画
新規登録(2013-09-16)【こんさん99】さん
タイトル情報更新(2021-10-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アベユーイチ
キャスト根岸拓哉(男優)礼堂ヒカル
宮武美桜(女優)石動美鈴
大野瑞生(男優)度会健太
雲母(女優)久野千草
草川拓弥(男優)一条寺友也
宇野祥平(男優)柿崎太一
木野花(女優)白井杏子
津川雅彦(男優)礼堂ホツマ
石丸博也ウルトラマンタロウ
関智一イカルス星人
杉田智和謎の声
真地勇志ウルトラマンティガ
脚本長谷川圭一(シリーズ構成)
作詞高見沢俊彦「Legend of Galaxy 〜銀河の覇者」
作曲高見沢俊彦「Legend of Galaxy 〜銀河の覇者」
編曲高見沢俊彦「Legend of Galaxy 〜銀河の覇者」(名義「高見沢俊彦 with 本田優一郎」)
主題歌高見沢俊彦「Legend of Galaxy 〜銀河の覇者」(名義「Takamiy with 宮野真守」)
宮野真守「Legend of Galaxy 〜銀河の覇者」(名義「Takamiy with 宮野真守」)
製作大岡新一(監修)
円谷プロダクション(「ウルトラマンギンガ」製作委員会)
バンダイビジュアル(「ウルトラマンギンガ」製作委員会)
バンダイ(「ウルトラマンギンガ」製作委員会)
プロデューサー北浦嗣巳(チーフプロデューサー)
制作円谷プロダクション(製作・著作)
配給松竹
編集矢船陽介
あらすじ
ウルトラマンを倒すために、イカルス星人が出撃してもいイカ? スパークドールになってしまった怪獣たちを集めて、最強の刺客を作り出していイカな? (イカルス星人の独白風に)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 テレビシリーズの合間に劇場公開された作品だが、ノリとしてはテレビシリーズと変わらず、時間も40分ほどと短いので本当にテレビシリーズの前後編のエピソードを見ている感じで、イベント上映作品とはいえ、昔の東映まんがまつりじゃああるまいしこれだったら本当にテレビシリーズの一篇として放送してても何も違和感がない。この後のテレビシリーズの展開でもこの劇場版を踏まえた展開があるのでよけいにわざわざ劇場公開しなくてもと思うのだが。ただ、6体の怪獣の人形とイカルス星人が合体してタイラントになるシーンはけっこう凝っていて、ここだけは劇場版らしく力が入っていた。しかし、よく考えるとこの「ウルトラマンギンガ」という作品は今まで登場したウルトラヒーローや怪獣すべてが人形になっているという設定(某玩具メーカーの宣伝臭が少ししなくもない。)なので、わざわざに怪獣の人形を集めて合体させるまでもなく、タイラントの人形が別個に存在してるはずで、それを実体化させればいいだけではと思わずツッコミたくなる。まあそれだとこの劇場版のストーリーは違ったものになるわな。
イニシャルKさん [地上波(邦画)] 4点(2014-06-18 01:02:24)
1.《ネタバレ》 テレビシリーズから派生したものであるが、ベムスターやキングクラブなどウルトラ兄弟を苦しめた怪獣たちを合成してタイラントが誕生するシークエンスや、ダークザギとの空中戦などダイナミックな映像はスクリーンでの鑑賞に堪えうるもの。
でも、もうちょっとしっかりしたものを見せてもらいたかった気もするが・・・
低予算ながらよく頑張った作品。
こんさん99さん [映画館(邦画)] 7点(2013-09-16 18:47:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4150.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS