もらとりあむタマ子のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > モ行
 > もらとりあむタマ子
 > (レビュー・クチコミ)

もらとりあむタマ子

[モラトリアムタマコ]
2013年【日】 上映時間:78分
平均点:6.71 / 10(Review 21人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-11-23)
ドラマ
新規登録(2013-09-16)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2015-03-27)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山下敦弘
キャスト前田敦子(女優)坂井タマ子
鈴木慶一(男優)坂井啓介
中村久美(女優)坂井よし子
富田靖子(女優)曜子
伊藤沙莉(女優)
脚本向井康介
主題歌星野源「季節」
撮影芦澤明子
池内義浩
配給ビターズ・エンド
美術安宅紀史
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.タマ子と同じ年の頃、僕も、学生と社会人の狭間でモラトリアムな日々を、実家で過ごしたことがある。
それは、決して褒められたことではないし、家族からしてみれば迷惑なことだっただろうけれど、あの「猶予期間」があったからこそ、自分は何とかマシな人生を送れるように至ったと思う。
誰にも迷惑をかけずに、トントン拍子で人生を歩んでいけたならそれに越したことはないんだろうが、そういうわけにもいかんのが「人生」だ。

何が起こるわけでもなく、一見すればただ自堕落なヒロインの一年間の「生活」を切り取っただけの映画である。
でもそこから不思議な愛おしさと、可笑しみがじわじわと滲み出てくる。
この手合のミニマムな味わい深さは、山下敦弘監督お手の物といったところだろう。
市井の人々の何気ない言動を細やかに描き出し、ドラマを紡ぎ出す手腕にこの監督は本当に長けている。

そして、その山下敦弘監督の映画世界の中で、主人公・タマ子を演じる前田敦子が見事に息づいている、いや“居座っている”。
前田敦子というアイドルが持つ「オモテ」と「ウラ」その両面を集約させて、曝け出して、タマ子という主人公像を創り上げている。
AKB48卒業直後の主演映画に相応しく、“アイドル”というレッテルの境界を越えた存在感を放っていたと思う。

また父親役の康すおんも、朴訥とした父親像を味わい深く体現しており、とても印象的だった。
この父親は、劇中から察するに、娘二人が成人した途端に妻に逃げられた駄目な男なのだろう。
だけれども、黙々と自営業に励み、きちんと料理をして洗濯をする様は、何とも健気で好感が持てたし、出戻ってきた娘を黙って受け入れ面倒を見る様子からは、娘に対する心配や憤りと同時に、嬉しさも伝わってきて、同じく娘を持つ父親としてとても微笑ましかった。
何よりも、ああやって往く宛が無くなった次女は頼って帰ってきて、嫁いだ長女も大晦日まで忙しい旦那を連れて帰省してくるのだから、この父親が根本的な部分で娘たちはもちろん、人から愛される人間であることは明らかだ。

一人の人間として「大人」になっていく以上、自立していかなければならないことは当然のことだ。
でもそれは、親をはじめとする家族を頼ってはならないとうことではない。
頼れるのであれば頼ればいいし、甘えられるのであれば甘えたっていいと思う。
大切なことは、その前提として、頼り頼られる「家族」という人間関係をちゃんと構築できているかどうかということだと思う。


恐らくは家族に受け入れて貰えなかったのであろう旧友の姿を遠目に見送り、感謝を心に刻むタマ子の後ろ姿に共感した。
そして、「渡辺ペコ」と「ねむようこ」の漫画を愛読するタマ子に、性別を超えて自分自身を重ねずにはいられなかった。
鉄腕麗人さん [インターネット(邦画)] 7点(2017-11-20 17:07:58)
20.特にこれといった出来事があるわけじゃないけど、人間関係の微妙なやり取りだけで楽しませてもらいました。
季節ごとに切り取った4部構成の超大作シリーズにしてくれても見てられそう。
もうちょっとこの世界観の中でだらだらしてたかったので、ラストはちょっと寂しかったです。
前田敦子はとても魅力的な女優さんだと思うけど、本作のようにオーラを封印した演技もなかなかいいですね。
あと、子分の中学生も味わい深くて良かった。
もとやさん [DVD(邦画)] 8点(2016-12-08 13:00:30)
19.家でウダウダしているプー太郎の女性とお父さんの何気ない1年を描いた映画。派手なことはなく地味、変わった色と形の扇風機だなーとか、野菜ばっか食って、あれは青汁か?とか、細かい部分の描写に思わず目がいってしまうほど地味目で特に何も起こらないけど、その何気なさや空気感が好きってゆう人には、恐らく、ずっと観てられる映画かもしんない。細かい描写も丁寧に感じました。前田敦子が演じるタマ子がとても自然なぐーたら感でそれでいて、仕草の一つ一つが普通なんだけど、なんか魅力的。あと、手下的な男子学生が登場するだけで面白く、タマ子とのやりとりはさすがに笑ってしまいました。ただ、ほんま淡々とふつうの生活を描いているので、全体的に面白いかと言えば、派手目な映画好きな僕には、微妙でした。
なにわ君さん [インターネット(字幕)] 5点(2016-11-06 17:45:13)
18.《ネタバレ》 これはなかなか面白かったですねぇ。
登場人物たちの顔がいい!
前田敦子さんも良かったですね。
短い作品でコメディ要素もふんだんに入ってるので映画としては成功していますが、
実社会ではこのモラトリアム期間はなかなか重い。
現在進行中でモラトリアム期間だよ、って人もたくさんいると思うけど
この映画を楽しめるように頑張ってほしいですね。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2016-04-17 11:03:18)
17.《ネタバレ》 変化と呼ぶにはあまりにも些細な経時的な変化を楽しめる事ができるかで、大きく評価が分かれると思った。
度々差し込まれる食事シーン。
食事の仕方では、始め一人で食べていたものが、父と食べる(それぞれの皿、違うものをたべていたが、最後は同じ皿の食べ物を共有することになる)ようになり、最後には第三者(中学生の少年)と家の外で食べるようになる。その変化をとるだけでも、タマ子の他者との心の距離感が伺える。
そして食事に対する姿勢の変化。始めは全て用意されたものをただ受動的、作業的に食べるが、自分で食事を用意し、能動的に食事をする=生きようとするようになる。
食事という行為一つとってもこれだけの変化があり、それ以外にも、洗濯、家業に対する関わり方、父との会話、服装、歩き方などそれぞれが全て少しずつ変わっていっている。
それらの変化は普段自分達が日常生活を送る上での何気ない変化(自分でも気付かず他人に言われて始めて気付く、意識しない程の些細な変化)とも近いものがある。
行動が変われば習慣が変わり、習慣が変われば性格が変わり、性格が変われば人格が変わり、人格が変われば人生が変わる。という言葉を聞いた事がある。
台詞に頼ることなく、現代の日本人の若者に合わせた形で具体的に表現してくれた、素晴らしい作品だと思った。
ちゃじじさん [DVD(邦画)] 8点(2016-04-11 17:57:38)
16.《ネタバレ》 正直なにも起きない映画。映画を見ようという気持ちで見ると、無駄なシーンが多すぎて、しかも何の展開もなく、ただだらけた女の日常を見ているというだけでしかないので、つまらないだろう。なんで、どちらかというと雰囲気を味わう映画である。内容だけなら、30分もので十分という内容しかないが、前田敦子がAKBのコンセプト通りのその辺にいる普通レベルの可愛い子というのが分かる気がする。妙にだらしない服装を嫌らしい目線でついつい見てしまうのは私だけではないはずだ。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 5点(2015-12-28 16:58:46)
15.もう少し娘や父の背景が描かれているとよかったかな。演技は普通です。「恋に部活に忙しいんだよな」のセリフには笑った。
nojiさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-10-24 07:26:26)
14.可もなく不可もなくといったところ。
前田敦子のO脚ひどいなーとか、左利きなんだなーとか、どうでもいいことを考えながら見ていた。

ストーリーの前提である「実家に帰ってくる」というのが理解できないので(大学生からは実家を出て行くのが当然という家庭で育ったので)感情移入もできず…。父と2人きりで暮らすというのも自分には無理なので、そこでも他人事としか思えず…

結論として、こういった大きな起伏のない物語は苦手だなぁ…と。
Sugarbetterさん [DVD(邦画)] 6点(2015-07-12 19:32:21)
13.《ネタバレ》 私は正直、前田敦子さんは女優として成功していけるのか懐疑的でした。しかし、この映画を観てこの考えは大きな間違いであることを実感しました。冒頭のロールキャベツを頬張るタマ子の顔に度肝を抜かされ、トイレで奇声を上げるタマ子。中学生の男の子をこき使うタマ子。外面だけは一丁前のタマ子。どんどんと女優、前田敦子ワールドに魅了されていき、終始口元が緩みっぱなしでした。タマ子の就活用の写真には爆笑してしまいました。でも笑っては失礼ですね。だって、あの写真はタマ子の新たなる人生の第一歩なのだから。この映画の風景には、真っ青の大空も、透き通るように綺麗な海も出てきません。さびれた商店街と曇天とのコントラストのような、素っ気ない描写ばかりが映されます。しかしこの映像にこそ、タマ子のモヤモヤした心情が見事に表現されており、山下監督のセンスが光ります。物語が大きく展開するわけでもなく、あくまでタマ子のモラトリアムだけを写し続けます。そんなタマ子もいよいよこの町を出る決心をし、中学生の男の子にそのことを告げるが素っ気ない態度を取られます。その後の一瞬の間が可笑しい。最後に一言、「自然消滅なんて言葉、久しぶりに聞いたわ。」と小憎らしく吐き捨て突然のエンディング。この唐突な終わらせ方に、最後の最後でまた爆笑してしまいました。モラトリアムは終焉を迎え、これから厳しい社会の中での物語が幕を開けるのです。頑張れ!タマ子!そして女優、前田敦子さんのこれからの飛躍を応援します。
スノーモンキーさん [DVD(邦画)] 7点(2015-01-14 20:50:49)
12.《ネタバレ》 ロールキャベツを食う前田敦子の顔面に釘付けにされ、一気にもってかれる。時に般若のような顔つきを見せている。前田敦子の顔面、その表情が楽しい。
わんたんさん [DVD(邦画)] 7点(2015-01-04 23:35:23)
11.《ネタバレ》 就職しなくちゃいけない。でも社会に出る覚悟もない。こんな時、ダメ人間が取る行動は決まっています。とりあえず寝ます。漫画を読みます。TVゲームをします。要するに現実から逃げるんです。選択の回避=自己責任の放棄。私も正真正銘のダメ人間気質ですので、その思考は痛いほど分かります。それがモラトリアムの真相。学生時代は社会的に容認された執行猶予期間と言えますが、卒業後も続けるのはご法度です。というか、物理的に無理なのです。通常は。世間体が、親が、そして何よりお財布が、許しません。そういう意味ではタマ子がモラトリアムを延長出来たのは、恵まれた生活環境にであったからに他なりません。実家住まいで3食昼寝マンガ付き。もちろん家事なんか手伝いません。それが許容されるのは、財政的ゆとりは勿論、父親がタマ子を子供扱いしていた証拠。そう、紛れもなくタマ子はガキでした。メンタル的には写真屋倅と同レベル(だから話が合う)。図体のでかい中坊でした。ラスト、父から家から出ろと言われ「合格」と返すタマ子。何生意気言ってるんだ?という話です。アイツは東京の母親の元へ逃げますよ。間違いなく。そこで“とりあえずの今”を続けるつもり。もっとも男親より女親の方が娘には厳しいもの。果てさて、何時までこの生活が続くことやら。真夏の棒アイスが溶けるのと、実は結構切羽詰った現状に気づくのと、一体どちらが早いでしょうか……。主人公は冴えない無職女子。少なくとも芸能界デビューの夢なんて無理に決まってるでしょ、と思わせる地味なキャラでなくては務まりません。これは意外と難役でした。当たり前ですが、映画女優全員がデビューを勝ち取った“選ばれし者”だからです。特に主演女優はそう。例えば北川景子、石原さとみ、橋本愛。彼女らにタマ子役は無理です。スターのオーラは簡単には隠せません。現役主演女優クラスでこの役にハマるのは黒木華くらいのもの。輝きを消してなお、(必要な)存在感は消さない。女優のお仕事でした。前田敦子にとっては大変な挑戦だった気がします。彼女が進むべき道が、明確になった一作だったと思います。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-12-30 18:59:00)(良:1票)
10.最小限の手数で最大限の効果を発揮している映画。
ちょっとした画面の揺れや、遠くから聞こえる声や、何気ない動作で
心情や関係性や時間の積み重ねが瞬時に理解できる。
リンダリンダリンダ、区役列車、もらとりあむタマ子とクオリティの高い映画をコンスタントにつくってくれる期待を裏切らない頼もしい監督。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 8点(2014-10-12 01:04:13)
9.たま子の日常を淡々と描き、大きな出来事はないのだが、心の微妙な変化が見られる。クスっとできるシーンもある。ただ良くも悪くも前田敦子主演という以外に作品にひかれるものがなかった。
Yoshiさん [DVD(邦画)] 4点(2014-10-09 22:26:48)
8.《ネタバレ》 前田敦子のネコのような大きな目。あ、そうか!タマ子のタマって・・
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2014-08-14 00:43:39)
7.《ネタバレ》 なんも起きない(笑) 
タマ子で始まったのにタマ子の一言目の台詞が5分経っても6分経っても聞かれない(笑) 
実はこのまま最後まで何も発しないじゃないかと思えてきたりもするこの数分。(笑) 
名前呼ばれてトイレでキレる(奇声)(笑) 
でも確か、きっと始まって5~6秒もしないうちからもうタマ子のとりこになってしまってたですやん(自分。) 
だってワンカット目から可笑しさが充満しきっているんだもん(笑) 
最後までずっと可笑しさこらえるのに大変だったもん(笑) 
ぐうたらりあむタマ子、別名、食う寝るりあむタマ子、 まさか70分ちょいで急激に終わってしまった時には寂しく感じてしまいましたもん。(淋。) 

ただし、最初に〃なんも起きない〃とは言ってしまいましたが、実は確実になんも起きている。父がタマ子に突きつけた〃 おまえ出ていけ 〃 と、そしてタマ子が二呼吸ほど置いて返した〃合格〃 という僅か二文字のこの台詞。これは夏以降に確実に何かが起こるという事。それは親子間に起きた革命、その瞬間を目撃してしまった私らは、そうです 今後私らは貴重な瞬間を目撃してしまった 歴史的証人となるのです なるのです。おもしろいです ぐうたらりあむタマ子。続編やるんだったらまた観ます。
3737さん [DVD(邦画)] 8点(2014-08-07 23:51:45)(良:1票)
6.《ネタバレ》 父親からすればそうそう娘ってこんな奴だよって感じ 親に呼ばれてもすぐ動かないし自分の事を棚に上げて都合のいい事をいいやがって、いつも携帯ばっかいじってる 部屋も汚くって休みは汚い格好でグダグダ 親には不遜な態度を取る癖に外面はいい リアルな父親と娘の関係を描く 前田敦子もうまい しかし実際には父親の立場としてはリアルすぎて笑えない ヒロインもさほど成長しないし父親としても娘が実家を卒業するのも寂しい この話の骨子がよくわからなかった 全編グダグダな前田敦子を見て楽しむ映画だと思うが、父親としては「本当は父親が大事だ」的な所が無いので救いが無い 母親の態度もリアル過ぎて笑えない 食べるシーンがやたら出て来るがあまりうまそうじゃないとか父親がストーブに給油する仕草が必要以上に寒そうで可哀想とか、父親に対して妙に毒があるところが嫌いだ By高校生のバカ娘を持つオヤジw
にょろぞうさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2014-07-29 00:26:59)(笑:1票)
5.ニートで毎日ゲームに漫画でダラダラ暇を潰すタマ子。まるで『俺はまだ本気出してないだけ』の女版である。違うのは『俺はー』の主人公は遂に本気を出すが、タマ子は全然変わらない事である。いよいよ家を出される宣告を受けるが、あまり危機感は無く近所の中学生とだらだらアイスを食べている。目標も何もなくただなんとなく、何とかなるだろうという思考のタマ子。自分も大体そんな楽観的な性格なのでとても共感できました。基本的に終始タマ子がだらだらしているだけの映画なので、短気な人はタマ子に対してイライラするかもしれない。もしくはキレて怒鳴りつけている事でしょう。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 6点(2014-07-04 21:45:09)
4.《ネタバレ》 実家でニート暮らしをするダメな娘と、その父親(離婚済み)のお話。ダメさ加減が絶妙。
1.家事手伝いもほとんどしないくらいだが、外面はソコソコ良い
2.近所のガキを子分みたいに扱うけど、実は同情されちゃってる
3.努力している姿は絶対に見られたくない
4.家から出ないことを甘すぎる親父のせいにしてる
そんなたま子は、自分に働かない言い訳(4)を作っていたのに、あろう事か親父の再婚という危機が訪れる。この時の、先行き不安を表す曇天模様は素晴らしかった。
なおかつ、ずっと変わらないはずだった親父が成長したことで、言い訳が封じられたタマ子は観念するのである。
「きっかけを待っていたが、予想より早かった」だけの話だったのだろう。 
長らく堕落しちゃうと、いきなりキリっとするのも恥ずかしいものだ。そうなると、自分から努力して失敗するところを絶対に見られたくないっていう気持ちもよくわかります。
親父の成長をきっかけに、娘の成長を描いた作品でした。ニートを抱えている親御さんに、まずあなたから変わろう!というメッセージなのかもしれない。

ところで、前田敦子の臆面もなく不細工顔をさらせるところは大きな武器である。なんだかんだで、カワイイ時はカワイイので、キャラクターとして実に個性的で魅力的。名女優の要素を彼女は秘めていると思ったのでした。
それにしても、近所のガキとのやりとりは最高だったなー。
すべからさん [映画館(邦画)] 8点(2014-02-23 12:28:50)(良:1票)
3.山下監督の映画の好きなところは、何が起きても(大きな事件はそもそも起きないが)深刻にならないところです。悲壮感がない、悲観的にならない!面白かったので平均点下げたくない気もしますが、この手の映画は6~7点ぐらいが満点みたいなもんじゃないかなと個人的には思ってます。あっちゃん、可愛くなかったけど…演技よかったです。
なこちんさん [映画館(邦画)] 6点(2014-02-09 05:53:43)
2.《ネタバレ》  父が写真を見て笑いだすシーン、その写真が一体どんなものであったのかはもうちょっと後になって明らかになるわけで、こちらは映画を遡って思い返す事で父の笑いの意味を理解できるのですね。
 そこに焼き付いたのは無愛想で横着でだらしなくて無表情なタマ子が、外に出るため、状況を変えるために作った精一杯の笑顔。

 ただ食べて食べて食べて続いてゆく日常。そのユルさと、心地よさと、そしてそれじゃダメだって意識と。

 家では勝手気まま(に見える)なタマ子が外では卑屈になったり、心を許した人間に対しては饒舌になったり。胸に色々抱え込んでいる様子が伝わってきて、短い上映時間の中に細かく織り込まれた「生」が楽しく切なく溢れ出します。
 エピソードを演技を上手にすくい取り、タマ子の何気ない日々が等身大の存在を形作り、1つ1つを思い返すごとに人間タマ子が見えてきて、どんどん愛おしい映画になってゆきます。

 前田敦子がとても魅力的にタマ子という個性を創造していて、女優としての彼女にとってとても貴重な一編として刻まれたのではないかと思います。

 見終わった後からじわじわと染みてくる印象深い一編でした。
あにやんさん [映画館(邦画)] 8点(2013-12-04 21:24:36)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 6.71点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
414.76%
5314.29%
6314.29%
7838.10%
8628.57%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS