グランド・イリュージョンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > グランド・イリュージョン
 > (レビュー・クチコミ)

グランド・イリュージョン

[グランドイリュージョン]
Now You See Me
2013年【仏・米】 上映時間:115分
平均点:5.66 / 10(Review 62人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-10-25)
サスペンスシリーズもの犯罪もの
新規登録(2013-10-21)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-08-29)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ルイ・レテリエ
キャストジェシー・アイゼンバーグ(男優)J・ダニエル・アトラス
マーク・ラファロ(男優)ディラン・ローズ
ウディ・ハレルソン(男優)メリット・マッキニー
アイラ・フィッシャー(女優)ヘンリー・リーヴス
デイヴ・フランコ(男優)ジャック・ワイルダー
メラニー・ロラン(女優)アルマ・ドレイ
モーガン・フリーマン(男優)サディアス・ブラッドリー
マイケル・ケイン(男優)アーサー・トレスラー
マイケル・ケリー〔男優・1969年生〕(男優)フラー
コモン(男優)エバンス
ジョセ・ガルシア〔男優・1966年生〕(男優)エチエンヌ・フォーシエ
イライアス・コティーズ(男優)ライオネル・シュライク(ノンクレジット)
宮内敦士ディラン・ローズ(日本語吹き替え版)
内田直哉メリット・マッキニー(日本語吹き替え版)
細谷佳正ジャック・ワイルダー(日本語吹き替え版)
坂口芳貞サディアス・ブラッドリー(日本語吹き替え版)
小川真司〔声優・男優〕アーサー・トレスラー(日本語吹き替え版)
原作ボアズ・イェーキン(原案)
脚本ボアズ・イェーキン
エド・ソロモン[脚本]
音楽ブライアン・タイラー〔音楽〕
編曲ロバート・エルハイ
撮影ラリー・フォン
ミッチェル・アムンドセン
製作アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
ガイ・リーデル(追加撮影班ライン・プロデューサー)
製作総指揮ボアズ・イェーキン
スタン・ヴロドコウスキー
配給KADOKAWA
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
美術ピーター・ウェナム(プロダクションデザイン)
編集ロバート・レイトン〔編集〕
その他スタン・ヴロドコウスキー(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
謎の男に集められた4人のマジシャン。彼らは大観衆が見守るステージで、遠く離れたパリの銀行の金庫から大金を奪い、観客の頭上からばら撒くというとんでもないイリュージョンを敢行。すぐさま、FBIは彼らの身柄を拘束するが、犯罪のトリックを暴けずにやむなく釈放。そこで、捜査チームはマジックのネタを暴く番組をプロデュースしている元マジシャンのサディアスに協力を求め、更なる犯行を阻止しようとするのだが…。果たして、謎の男と4人のマジシャンの真の目的とは?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
62.《ネタバレ》 ほとんどのマジックがCGやカットで出来てしまい、催眠術に至っては演技でどうとでもなってしまう。
マジックと映画の相性の悪さがよくわかる映画でした。

内容に関しては娯楽映画なので、
全てのシーンで突っ込みたくなるくらいのご都合主義はもちろん
「アイ」の説明が不十分なため、マジシャン達がそんな危険を犯してまでの動機がさっぱり
マジシャンの映画なのにマジックと映画の相性のせいでマジックに対しての感動0

ウインターポールのお姉さんが綺麗
スピード感もあり、ちょこちょこと笑えるネタ、爽快感、ラストで少しのサスペンス要素もありと
娯楽映画としては十分に楽しめると思います。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-03-27 02:12:51)★《新規》★
61.《ネタバレ》 もし自分がホースメンショーの客の一人なら、
疑いの目を強く抱いてしまうだけに、そのぶん虜になってしまうだろう。

あたかも義賊、答えとしても義賊。
マジックの力を信じて疑わなかったメンバーの心情と
マジックの演出は美しかった。

別に黒幕がどうだの、というよりも、
そんなエンターテイメントしてる映画として終わらせた方が、
義賊としても嬉しいのではないか。

復讐劇やちょっとした恋愛劇は陳腐であり、
それが演出のスパイスにはなれていない、かな。
元祖さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-01-02 22:40:58)
60.《ネタバレ》 華麗なマジックアクションは見ものでしたが、それはマジックというより
もはや「超魔術」レベルの代物ばかりで、どういう風に見ればいいのやら、と最後まで戸惑ってしまいました。
大風呂敷は、遠慮せず広げてしまえ、という感じなのかな。
彼女が実は〜なのかと思ってたら、実はあの人物が〜のどんでんは流石に予想できませんでしたが、
ファンタジー過ぎるマジックや広すぎる風呂敷等、人を選ぶ作品だと思います。
あろえりーなさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-07-16 20:26:43)
59.マジックだ、すごいでしょ、CGを後から付け足し。なんてやられてもすごいなぁとはおもわないでしょう。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 3点(2018-06-23 23:09:50)
58.あくまでも好みの問題ですが、ラストのオチを知って、ものすごく時間を損した気分になります。物語の土台を壊すようなことをして、何が楽しいんだろうと。同じマジシャンものなら、日本の名作「トリック」(ただしドラマ版)のほうがずっと奥深いんじゃないでしょうか。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2018-06-18 01:07:11)
57.《ネタバレ》 この作品が良いのは、肝心のマジックのシーンを、4人を格好良く、そして台詞回しもコテコテで撮りきっていること。マジックというのは現象面を見て楽しめばよいので、タネがつまらんとか怒るものではないのですよ。中盤のジャックの格闘シーンも、マジシャンならではの技があったりして、なかなか。ところが、そこから重心が捜査側にシフトして、4人の出番が少なくなって、急に失速してしまいました。こういう作品の捜査側は、あくまでも狂言回しあるいは引き立て役でいいんで、メラニー・ロランなんか完全に余計ですよ。したがってもちろん、黒幕の正体がどうのこうのもまったくの蛇足。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2018-04-20 00:14:30)
56.《ネタバレ》 続編を観ようと思ったが前作の記憶が薄れているものだから再鑑賞。

映画でマジックを題材にするというのはなかなか難しいと思う。カット割りでどうとでもなるし特にCG技術が発達した今ではどんなすごいイリュージョンを見せつけても「ふーん」で済まされてしまう恐れがある。映画というハッタリの中で二重にハッタリをするのは大変なことだ。本作もそのリスクを回避できているとは言えない。が、この作品は四人のマジシャンは目的があるのではなく誰かの指令のままに動いているというところが少し不思議で興味の持続に繋がっている。作品自体もテンポが良く進んでいくのでこの流れに乗るかという気にもなってくる。

キャストも豪華だが実力派が多いから安心して観ていられる感もある。あ、安心しちゃダメか。この手の映画はハラハラしないと!メラニー・ロランがやはり綺麗だった。フォー・ホースメンの方たちは是非近所に来て自分の口座を数桁増やしていって欲しいもんです。
さん [インターネット(吹替)] 6点(2017-10-25 02:35:39)
55.《ネタバレ》 なんだか種明かしがマジックの領域を超越しているように思えてなりません。じゃあ、現実にそれで人を騙すことができますかと。ただ、最初のトランプのマジックで私が覚えたカードがビルに映し出された時は素直にすげぇって思いました。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-09-17 01:54:33)
54.主人公らがなんかパッとしない。それを追う刑事も地味めです。でも勢いだけはもの凄くて、それだけで押し切ってくれた。純粋に勢いを楽しむ映画だと思う事にする。
真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2017-08-16 20:19:50)
53.私がバカなのか?マジックは大好きですが、この映画のタネはつまんないしちっとも面白さが理解できませんでした。(ジェシーアイゼンバーグは大好きな俳優ですが)

ロラン姫の可愛さばかりに目が行って、「彼」が大ボスだったラストでも「だから?」という感じでちっとも楽しめませんでした。。そもそもですが、全員の動機がわからない時点でちっとも入り込めませんよ。。ロラン姫に2点献上の4点です。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 4点(2017-03-20 13:27:52)
52.他の皆さんのレビューを見ていると、単純に生まれてきてよかったーと、しみじみ思いました(笑)
やっぱり、主人公がマジシャンだったりすると、どんでん返しがあるのかな?とか、絶対に騙されまいと先読みして観がちみたいですが、僕の場合、素直に楽しめました。
プラネットさん [DVD(字幕)] 6点(2017-01-28 22:51:00)
51.話が出来過ぎてる感があって、自分はどうにも乗れませんでした。オチもそうですが、全編に渡って「騙してやるぞ」感がありすぎて逆に冷めた目で見させられたからかなあ。
もんでんどんさん [地上波(吹替)] 4点(2016-12-01 14:05:51)
50.《ネタバレ》 けっこう深いストーリーですが、説明不足とネタばらしの順序に瑕疵があり失敗気味です。
ルパンと銭形のような追いかけっこ。ここでマジシャン側の目的が見えません。実は魔法使いになりたかったと云う動機に非現実な飛躍を覚えました。能無し刑事が魔法使い組織「アイ」の一員だった(=魔法使いだった)のですが、彼が正体を隠して暗躍した動機も最後に明かされます。これがとても単純な復讐(親の仇)で、魔法使いならもっと楽にやれただろうにと思われました。マジックのネタばらしの現場で復讐を完遂したかったようですが、リスキーな綱渡りです。私はあの刑事がどのようにして「アイ」の一員になったかにとても興味を覚えましたが、そこは省かれていて残念でした。総じて、ネタばれしない丁寧な脚本が却って満足感を減衰させたって意見です。
余談。ルパンの盗みのテクニックって、マジック的要素が強かったのだと再認識しました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-11-03 07:13:01)(良:1票)
49.《ネタバレ》 盛り上がりそうなテーマで、映像的にも綺麗なんだけどなあ。なんなんでしょうねこの残尿感みたいのは。

個人的には、彼ら新鋭のマジシャンたちが姿もあらわさずにコンタクトを取ってくる『アイ』に、なぜここまで執心し、信望し、協力しているのかと言うこと。そこらへんの描写が全然なく、正体もわからない人物・組織のために彼らがなぜ体を張って刑事事件まで起こすのかと言うことがさっぱりわからない。そこで置いてけぼり状態なので、当然そこからの展開も「?」状態が続く。彼らのモチベーションの源を描くのは大事ですよね。そこをかっとばして展開するので視聴者は置いてけぼりを食らうという・・・。残念な構成。

あと、自分でググればわかるんでしょうけど、"The Four HorseMen"ってなんか意味あるんですかね。できればそういうのも知らない観客を置いて行かずにしっかり説明してくれるとありがたいのだが。

新鋭のマジシャンたちが『アイ』なる男に見初められ、全世界の目の前で壮大なイリュージョンを行うという本作。上述のようにとにかく置いてけぼり感が半端ない。「近くで見れば見るほど・・・」というセリフで始まるのですが、内容は視聴者が全然近くに寄らせてもらえなかった印象。

映像美やダイジェストが華やかなだけに、よくある『予告編で稼げる映画』にはなってると思います。
TANTOさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2016-10-17 19:14:11)(良:1票)
48.《ネタバレ》 続編の予告が面白そうだったんで、このパート1を観てみました。手品を扱うからには、やっぱ、こっちがあっと驚く手品的な仕掛けがあるのかなーってちょっと期待したんだけど、これを観てると、どうやら、先に、手品師たちがチームを組んでルパン的なことをして、悪い奴を追いつめるって設定が出来て、あとから、手品ネタをストーリーにそってテキトーにちりばめたようにしか思えない。だから、手品の種がよくある感じっていうーか、安直ってゆーか。催眠術が万能過ぎってゆーか、そこは残念でした。後は普通な感じかな。手品師の4人もなんか存在感にそこまで魅力が感じられなくて、テンポも可もなく不可もなく。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 5点(2016-09-07 00:37:17)
47.《ネタバレ》 序盤、めちゃめちゃ面白かったんですよ。
劇場の予告編とかでかかってた、ベガスにいるのにフランスの銀行を強盗しちゃうあたりまで。
これはひさびさにアタリか?と思って観てたわけなんですよ。
そしたら、あれあれ??なんかそっから思ってた感じと違うんですよ。
あれ、そっち?みたいな方向に話が進んでいくんです。
僕が観たいのはそっちじゃなくて…と思うわけですが、残念ながらそんな僕の想いは通じるはずもなく、いかにもルパン3世あたりで普通にありそうなお話になっていき、そうなると序盤ワクテカしただけにがっかり感が、ね…

冷静に考えればそこまで悪くもない映画だと思いますし、映像的にもワクワクできるところもあったわけですが、肩透かし感が強かったので個人的にはあまり点は高くつけられません。

あと、手品はあそこまで自由度高くないし(さすがに格闘には向いてないと思うんだけど)、催眠術もあんなにスカスカかかりません(テレビなんかでは裏で予備催眠かけてるのが普通)
この映画の中のあのあたりの演出は映画的な演出って事で一つ。
クォーターバックだ!!のとこはよかったですけどね(まぁこれもまたお約束シーンですが)。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-08-31 23:01:02)
46.《ネタバレ》 映像がきれいで、本当のショーを見ているようです。音楽もよし。ホースメンに不可能はないのかというぐらい、なんでもイリュージョンでできちゃいます。おちもよろしい。
エイドリアン・モンクさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2016-05-05 17:49:29)
45.《ネタバレ》 最初の30分ぐらいは面白かったんだけどねーー、段々つまんなくなったかな~? 最後のオチも「え、あなた?」な人で正直地味で華がない気が。あー、でも人の心を読む?人すごかったね、あんな能力あったらいいかも~とか思ったり。まぁそんな印象でゴザイマス
Kanameさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2016-01-09 10:37:17)
44.手品と映画の親和性が非常に低い事を発見できる映画。

テンポと演技が面白いので爽快感のある作品であるが、
主人公側の武器、つまりは手品が脚本しだいで何でもできてしまうという点が残念。

こうしたクライム系の映画では仕掛けが肝心だが
いや手品だったんです。となればこちらもそうですか。
としかいえない。いってしまえばゴジラを召還して追っ手をぶちのめすような
事だって出来てしまうのではなだろうか。

そういう意味で抑制が効いておらず、評価しにくい作品ではあるが、
素直に面白さは確保できている点。
手品としてではなくイリュージョンの映像としては面白い点、
甘めの判断で6点献上。
病気の犬さん [DVD(字幕)] 6点(2015-11-08 12:23:10)
43.爽快感のある映画だった。
いうなればハリウッド版まじっく快斗な本作!
期待しすぎず軽い気持ちで観たらすっきり爽快な映画。
 
ちょっと頭使うけど、エログロなしで子供からおじいちゃんまで楽しめる構成。
夏休みに家族で観てもいい映画。
おでんの卵さん [DVD(字幕)] 7点(2015-08-11 20:30:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 62人
平均点数 5.66点
011.61%
100.00%
200.00%
323.23%
41219.35%
5914.52%
62133.87%
71219.35%
846.45%
900.00%
1011.61%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review4人
2 ストーリー評価 5.33点 Review6人
3 鑑賞後の後味 5.80点 Review5人
4 音楽評価 5.25点 Review4人
5 感泣評価 3.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS