47RONINのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > 47RONIN
 > (レビュー・クチコミ)

47RONIN

[フォーティーセブンローニン]
47 Ronin
2013年【米】 上映時間:121分
平均点:4.76 / 10(Review 25人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-12-06)
アクションアドベンチャーファンタジー時代劇3D映画
新規登録(2013-11-05)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2018-09-09)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
助監督デヴィッド・R・エリス(第二班監督)
演出ツヨシ・アベ[スタント](格闘指導)
キャストキアヌ・リーヴス(男優)カイ
真田広之(男優)大石内蔵助
柴咲コウ(女優)ミカ
浅野忠信(男優)吉良上野介
菊地凛子(女優)ミヅキ
赤西仁(男優)大石主税
田中泯(男優)浅野内匠頭
ケイリー=ヒロユキ・タガワ(男優)将軍綱吉
出合正幸(男優)磯貝
ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン(男優)カピタン
森川智之カイ(日本語吹き替え版)
真田広之大石内蔵助(日本語吹き替え版)
柴咲コウミカ(日本語吹き替え版)
浅野忠信吉良上野介(日本語吹き替え版)
赤西仁大石主税(日本語吹き替え版)
菊地凛子ミヅキ(日本語吹き替え版)
田中泯浅野内匠頭(日本語吹き替え版)
菅生隆之将軍綱吉(日本語吹き替え版)
大木民夫天狗の主(日本語吹き替え版)
志村知幸オランダ男(日本語吹き替え版)
東地宏樹ナレーション(日本語吹き替え版)
原作クリス・モーガン[脚本](原案)
ウォルター・ハマダ(原案)
脚本クリス・モーガン[脚本]
ホセイン・アミニ
撮影ジョン・マシソン
製作エリック・マクレオド
製作総指揮アーウィン・ストフ
ウォルター・ハマダ
配給東宝東和
特撮ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
デジタル・ドメイン社(視覚効果)
美術ヤン・ロールフス(プロダクション・デザイン)
衣装ペニー・ローズ
字幕翻訳戸田奈津子
冲方丁(字幕監修)
スタントツヨシ・アベ[スタント]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
25.《ネタバレ》 スタッフがどっかから聞きかじってきた赤穂四十七士の物語が Oh,ジャポニズム!てなわけでダークファンタジーな世界観でもいける、と思ったんでしょうかね。初めのほんの数分こそ日本史ベースでがんばるのかと思いましたが、幻獣みたいのが現われた瞬間「指輪物語」になり、その後もディア・ハンターだったりブレードランナーだったり三国志もどきだったりでいやあ居ずまい悪かったー。どこに拠点を置いて観ればいいのか分かんないんだもん。キアヌすら主人公の扱いじゃないんだもの。”真田広之と仲間達”でそれなりに話が進んでゆくうち、うっかりキアヌの存在を忘れそうになったりもする。
誰を軸に、何を柱として描きたいのかもっと絞りましょう。
主君の敵討ちと姫様奪還をひとつのパッケージにするのは欲張りすぎ。妖術女までいては化け物退治の必要も出てくるし。忙しすぎる。
収穫といえば真田広之の太刀捌きの美しい身体の動きが健在であるということ。久しぶりに観ましたが、衰えぬ運動神経に感嘆でありました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-09-11 23:56:33)
24.《ネタバレ》 ものすごく中途半端に忠臣蔵の設定を使っており、これを忠臣蔵といわれると、なかなか厳しい映画ではある。
最初から、忠臣蔵にインスパイアされた別の映画として、名前や人数なども違う、アイデアだけいただきました映画にすれば、
恋愛あり、アクションありの忠臣蔵とラストサムライにインスパイアされた日本が舞台のファンタジー映画として、もうちょい評価もあがったかもしれません。
なにより、これを忠臣蔵とするならば、大石内蔵助が敵の目を欺くために遊び人になるとかしなければ、もう復讐してくるだろということがバレバレな気がする。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 5点(2015-11-12 14:43:58)
23.『ド○ゲナイ』でお馴染みSEKAI N○ ○WARIさんが『忠臣蔵』をモチーフにした新曲のMVですと言われたら、私は素直に信じたでしょう。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-03-03 21:25:21)
22.《ネタバレ》 皆さん評価厳しいけど、私はそうは思いませんでした、ニューエイジの47と考えれば、それなりに、よく撮れていました、世界中に配信、配給される映画ですから、それなりに西洋風にデフォルメされなければ、理解されないだろう、その苦労が垣間見えましたので。キアンヌはかっこよくしびれました、女性陣は色気がいまいち足りないような気はしましたけどね。この程度の映画でも、日本映画の10倍も20倍も制作費をかけているだろう、永遠の0でも、わずか5億円の映画ですから、それを考えれば、素晴らしい仕上がりだと思います、そもそも、日本にしかないだろう、忠義、切腹、これを世界に知らしめたのだから、彼らには、善と悪、悪いのは自分ではなく悪魔の仕業なのだから、それを考えれば、この程度の変更は必要だったのだろう、と思います。戦争映画なんかでも、日本映画は上官は後方から、旗振って、突撃、、、一兵卒が走る、これが日本スタイル、アメリカンの映画では、上官が先に走り、付いて来い、のシーンが多いですよね、この違いを理解して映画を観れば、許せる範囲なのかな、と思う、それになぜかエックスメンが好きでHDDから、削除できない、それと同等な様な作り方を感じます、映画楽しめました。
yasutoさん [ビデオ(字幕)] 10点(2014-12-14 01:49:13)
21.《ネタバレ》 大体の予想はついてたが設定が訳わからない。日本人をたくさん起用してる割には日本の雰囲気ゼロ。衣装も兜も中国じゃね?と思った。無理して日本の映画を作らなきゃいいのにと思う。出島のシーンは某海賊映画みたいで少し盛り上がったけどそれ以外は終始地味。肝心の仇討もあっさり終わって見せ場がわからない。とりあえず天狗様が最強でいいのかな?
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-12-12 00:35:13)
20.《ネタバレ》 前の人も書いていたけど、昔の香港の歴史ファンタジー映画もこんな感じだったなーと。これはこれで面白かったんだが、いかんせん最後の切腹シーンがきつい。時代劇で切腹の悲惨さを知っている日本人には介錯人がいないあの後の地獄絵図が想像できてとてもじゃないがハッピーエンドには思えない。もっともっとトンデモ感を出して、切腹の後に妖術かなんかで、実はみんなで生き延びました。しちゃえばよかったのに。
木村一号さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2014-12-06 22:07:14)
19.東洋ファンタジー映画としてはっちゃけるなら
史実など無視してもっと飛びぬけて欲しかった。

主の仇と言うならショーグンこそその仇じゃないだろうかと、
これを観た西洋人はまず思うだろう。

あと、セップクに外国人が付き合う必要も無いんじゃ・・・
潔いというより滑稽だった
郭嘉さん [地上波(字幕)] 3点(2014-11-29 23:45:22)
18.忠臣蔵を元にしたヒロイックファンタジーだそうだが、これは日本人には厳しい映画だ。忠臣蔵を忠実に映画化してもまず欧米では受け入れられないだろうということで、キアヌや菊池凛子扮する魔物が登場したり、君主への忠義のほかに姫奪還という大義を加えたりしている。画面全体も明るく派手でいかにも外国映画だが、これを忠臣蔵というといかにも安っぽい。忠臣蔵をよく知る日本人が観るとガッカリするに違いない。
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2014-11-29 10:06:02)
17.《ネタバレ》 「誰だよ!?」「どこだよ!」「髪型ww」「衣装おかしいだろ」「化粧!」と突っ込こみ続けているうちに話がタラタラと進んで行くので、ストーリーが全く頭に入ってきません。
でも大丈夫。そもそも内容がないので話が頭に入らなくても全く何も困らないのです。
この映画、すさまじいほどの「これじゃない感」は、まだそれなりに楽しめるからいいのですが、とにかく「話が面白くない」。これが致命的です。脚本の内容のなさと単純なストーリーなのになぜか矛盾と穴だらけでボロボロなのはもはやそれで逆に感動できるレベル。「これはひどい」その言葉しか脳裏に浮かびません。

せめて話が面白ければ「これじゃない感」も昇華されてきっと面白い映画になったと思うんですよねぇ。


あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2014-11-06 10:05:03)
16.忠臣蔵を基にしたヒロイックファンタジーと思えば、それなりに楽しめると思うのだが、変なところで忠臣蔵にこだわっている所がイマイチだなぁ。
やはり字幕版で見るべきだっか・・・ でもなぁ、キアヌを除けば大半は日本人だしなぁ・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(吹替)] 4点(2014-08-29 00:24:55)
15.《ネタバレ》 いや、そんなに悪くないと思うんだけどなあ(なのにどうしてこうなっちゃったんだろう)、という作品。基本テイストはかつての香港製妖怪映画。忠臣蔵を下敷きにしつつもどんどんイマジネーションを膨らませ、「こんな忠臣蔵もありえたか」とうならせてくれればそれで良かったものを、ハチャメチャな割には妙に「これはあくまで忠臣蔵なんです」と念を押そうとする。それが余計。どう見ても架空の世界が舞台なのに、「忠臣蔵だから」という短絡的な理由だけで、わざわざ日本の俳優をかき集めるのは、労力のかけ方が間違ってるし(とは言えアメリカ映画に真田サンが出てると何となくうれしい私は、ミーハーなのだけど)、無理矢理「忠臣蔵」に話を戻そうとするラストの切腹は、蛇足としか言いようがない。忠臣蔵からせっかく飛び立ったオハナシを、どうしてこうも小さくまとめようとするんだろうか。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-07-31 22:34:15)(良:1票)
14.《ネタバレ》 主君に絶対的な忠誠を誓った誇り高き47人の侍たちが、非業の死を遂げた主君の無念を晴らすため、市中でひたすら耐え忍ぶ生活を続けた挙句、自らの死をも省みずに復讐を果たす――。かつては年末年始に必ずといっていいほどドラマ化され、日本人の古きよきメンタリティに強く訴えかけてきた古典的名作「忠臣蔵」を、なんとハリウッドが巨額の予算を投入し、さらには豪華な日本人俳優を多数そろえ最新のCG技術を駆使して、まさかの映画化!しかも、その内容はといえば、「忠臣蔵」をこよなく愛する真面目な日本人が見たら怒り狂って卒倒しそうな程のトンデモファンタジー映画でありました。いやー、バカですね、これ。「忠臣蔵」という極めて日本的な物語を「ロードオブザリング」風味の欧米フィルターにかけるとこんな感じになるんだなー。それならそれでもっと無茶苦茶なエネルギーでもって徹底的に我が道をゆく「<300>」のようなおバカ映画にしてくれたらまだ観れただろうに、なんか中途半端に真面目に創ってるトコがけっこう失笑でした。とにかく、キアヌ・リーブス演じる主人公が強いのか弱いのか人間なのか妖怪なのか愛する女性を救い出したいのか侍として名誉ある死を選びたいのか最後までふわふわふわふわしている所なんか、「で、結局アンタ何がしたいねん!」と思わず突っ込んじゃったし(笑)。でもね、この作品の随処に見え隠れする「とんでもなく頭の悪い人が、自分はこう見えてけっこう頭良いんだぞって無理してアピールしているような雰囲気」、僕はけっこう嫌いじゃないです。クラスに1人くらい居ますよね、そんなあまり友達にはなりたくないけど、周りで見ている分には面白いって人。監督さん、恐らくそんなタイプの人なんじゃないかな~って、この幼稚な映画を観るかぎりそう思います。というわけで、決して面白いわけじゃないですけど、僕はけっこう暖かい目で観ることが出来ました。まあ、事前にトンデモ映画だって情報を仕入れてて、ハードルを1㎝くらいにまで下げて観たからかもですけどね(笑)。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2014-07-26 20:52:06)
13.《ネタバレ》 まぁ、あれですね、ぜーんぶ英語なのね。でもってマジメに行くかと思いきや変な怪獣?が出てきた時点で自分的にかなり予想外。多少の意味不明さ(苦笑)は勢いで押していけるけど、ちょっとついていけんかったかな~~?。キアヌさんも活躍?が少なくて物足りない、もうちょっと出番が欲しかったネ。まぁファンタジーが好きな方にはイケルかと思いますハイ
Kanameさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-07-09 18:44:01)
12.前評判がすこぶる悪いので期待せずに見ましたが意外に面白いじゃん!
外国が日本を描いた映画ってどうも違和感を感じるけど、この作品はファンタジーっぽくてSFっぽくもあってあんまり違和感を感じませんでした。
日本を舞台にしたロードオブザリングみたい。武士の描写もかっこいいです。
同時期に公開していたウルヴァリンSAMURAIよりこっちの方が断然オススメです。
南雲しのぶさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-07-05 09:41:41)
11.《ネタバレ》 映画や歌舞伎の『忠臣蔵』、講談や浪曲の『赤穂義士伝』が好きな人間としてのコメントです。 ■衣装デザインをはじめとした各種デザインにガックリ…… 日本じゃねぇよ、支那だよ、これじゃ。兜のデザインが、どう見ても蒙古襲来。姫様たちのお着物が、どう見てもチャイニーズ・ゴースト・ストーリー。 ■ガイジンの想像したニッポンというファンタジーなんだ、とストーリーに集中するが…… サムライが狭量で偏屈過ぎちゃって、どうしようもなく不快。 ■結論:本作に比べればラストサムライが永遠の名作のレベル
伊達邦彦さん [DVD(字幕)] 2点(2014-05-30 15:22:05)
10.《ネタバレ》 レンタルの新作で借りたんです。
はじまってすぐ「うわっ、失敗した」感がすごかったと久しぶりの映画でした。

その後すぐ登場のでっかい獣には、正直ビックリした!!
あぁ、これはファンタジー映画だったのですね。
獣がモンハンみたい(モンハンやったことはないのですが・・・)
菊地凛子は強ぇ!アナタが吉良に化けて支配すればいいのにってみんな思います。

ほとんど同じ話なラストサムライの方が、これよりは面白いと思ふ。
たかしろさん [DVD(字幕)] 3点(2014-05-07 14:45:16)
9.《ネタバレ》 ●カイに命を助けられた安野という武士の活躍がない●大石を穴蔵に閉じ込める→1年が経つ→開放する→すぐに仇討ちを決意する。駆け足過ぎてビックリ!●ベイダーを彷彿とさせる鎧武者の最後があっけない●大石VS吉良もあっけない●赤穂浪士たちを罠にかけて、死体もないのになにを喜んでるんだバカな吉良●ゴージャスさはあってもスケール感が全くない●将軍がショボイ
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 4点(2014-05-05 11:39:51)(良:1票)
8.《ネタバレ》 忠臣蔵を下敷きにしたストーリーとはいえ、ほぼオリジナルの話といっていい脚色だし、日本を舞台にしているとはいえアジアのごった煮のような無国籍風のヴィジュアルなので、これはまったくオリジナルのものとして見るべき映画でしょう。そう、いわばファンタジー作品なわけですね。本作は多額の制作費をかけた割に全然ヒットしなかったそうですが、だからといってつまらないわけではない。だけど、ヒットしなかった理由もなんとなくわかる。いくらキアヌが主演とはいえこのメンツだと海外では客入りは難しいと思うし、いわゆる日本的な上下関係やら切腹やらといった要素が、映画のダイナミズムや解りやすさを抑制する働きをしてしまってるように感じる。印象的なのは、菊地凛子の悪女演技とその変身っぷり、やたらとでかいシルバー甲冑の敵、それから恐竜みたいな顔した天狗かなぁ。あぁ、そういう風にリイマジネーションするのね、と、その独特の表現が終始楽しかった。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-04-13 23:39:18)
7.《ネタバレ》 元々「忠臣蔵」がどちらかというと苦手でしたけど普通に楽しめる作品でした、斬新なチャンバラアクションを期待すると割と普通なので残念かもしれない。頭が悪いので悪霊だか鬼だかの目的がイマイチよくわからん。あとキアヌがあんまし目立ってないのが残念かも?
ないとれいんさん [映画館(字幕)] 6点(2013-12-24 09:49:49)
6.47士の人物の掘り下げやカイと浅野の絆の描写が少ないせいか淡々と進む印象で、少々物足りなく感じました。その中でも吉良方の銀鎧武者は真柄十郎左衛門を想像させるもので格好よく、是非このキャラを使って次回作は「ANEGAWA」を製作希望です。
ジェイコブさん [映画館(吹替)] 4点(2013-12-22 20:43:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 25人
平均点数 4.76点
000.00%
100.00%
214.00%
3416.00%
4728.00%
5624.00%
6520.00%
714.00%
800.00%
900.00%
1014.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 7.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS