Menu
 >
 >
 > ストレージ24

ストレージ24

Storage 24
2012年【英】 上映時間:87分
平均点: / 10(Review 4人) (点数分布表示)
ホラーSF
[ストレージニジュウヨン]
新規登録(2013-11-09)【新しい生物】さん
タイトル情報更新(2017-07-16)【+】さん
公開開始日(2013-01-12
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ヨハネス・ロバーツ
キャストローラ・ハドック(女優)ニッキー
脚本ヨハネス・ロバーツ
配給クロックワークス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》  ダメ男が自分を馬鹿にする男友達や元カノを見返してみせるという、非常に分かり易い映画。

 である以上、自分としても感情移入しやすい内容のはずなのですが、どうにもノリ切れない気持ちの方が強かったですね。
 主人公が男友達に対し
「俺を利用してた」
「間抜けな俺といればクールに見えるもんな」
 と言い放つシーンなんかは、妙にリアルに感じられたりもして、何だか落ち込んじゃったくらい。
 こういったやり取りを中盤で描いた以上「女を巡って喧嘩はしたけど、やはり友情は本物だった」というオチになるんじゃないかな~と予想していたのですが、結局それは外れて、男友達にしろ元カノにしろ最後まで「嫌な奴ら」としか思えなかったのも残念です。

 主人公が成長する良い映画、と言えなくもないですが、自分としては彼が逞しくなったという以上に「主人公以外の人物が酷過ぎて、相対的にマシに見えるだけなのでは……」なんて思えてしまいました。
 最後の「閉鎖された空間からやっとの思いで脱出したら、外の方が地獄だった」というオチもお約束過ぎて、目新しさは皆無。

 主人公達が武器らしい武器を持っておらず、玩具のぬいぐるみや花火を利用して戦うという辺りは面白かったし、もうちょっと明るいコメディタッチで作られていたら、印象も変わったかも知れませんね。
 モンスターの造形も嫌いじゃないし、低予算ながらに頑張って良い映画を撮ろうとしている気概は、ちゃんと伝わってきました。
ゆきさん [DVD(吹替)] 4点(2017-07-12 07:09:04)
3.《ネタバレ》 『アメリカでの興行収入がわずか72ドル』と聞いたので観てみた。銃社会のアメリカで、市販の花火やらバールで戦うのでは、興行収入の意味では分が悪いだろう・・・
内容的には、普通のB旧映画ですね。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 4点(2016-05-26 01:19:39)
2.《ネタバレ》 クリーチャーの造形がそれなりに良質で、且つ見せ惜しみしていないので、限りなくC級ながらもギリB級SFホラーと判断いたします。ただし、基本的にはネタ映画として楽しむのが正解でしょう。ご都合主義のみで物語が展開しますし、市販の花火を怪物に撃ち込んで「多分死んだと思う」なんて寝ぼけた台詞を平気で吐きます。アメリカ映画なら当然銃器で応戦するところで、日用品で戦うあたりはイギリス映画の面目躍如。この点は評価します。
目隠シストさん [DVD(吹替)] 5点(2014-04-09 19:25:03)(良:1票)
1.《ネタバレ》 主人公(さむいですが)軽くコメディで、人間関係の絡みからいうとすっきりした内容になっています。「ここは俺に任せろ」と言いながらあっさり殺されるおじいちゃん、面白いです。バッドエンドです。
新しい生物さん [DVD(吹替)] 5点(2013-11-14 14:51:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 4.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4250.00%
5250.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS